漢方1日1歩

登録ID
1570553
サイト名称
漢方1日1歩
URL
http://ameblo.jp/youdoutoudou/
紹介文
今日から臨床に役立つ漢方1日1話
カテゴリ

※最新の記事

  • 当帰飲子を使うコツ
    大塚敬節は当帰飲子の目標として ?発疹が小さい事?発疹の先がとがらず扁平?浸出液がじとじと出てかわいたと思ったらじとじと出る?かゆみが強い?老人 を列挙している。現在当帰飲子は浸出液がないものに応用されることが多いがじとじと出ていても構わな…05月25日 06時20分
  • 腹診習熟近道の参考書
    腹診で診断がすべて決まるとは決して思わない。しかし腹診が突破口になることも多々あることは事実である。胸脇苦満一つをとってもいろいろな問題点がある。もちろん胸脇苦満という腹候を認めそれを無視しなければならないケースなど日常茶飯事である。腹診は…05月23日 06時53分
  • 主婦湿疹と漢方
    主婦湿疹医学名を手掌角皮症とも言うがこれには温経湯が効く。大塚敬節は 手掌だけなら温経湯手背に及んだら温清飲 とまとめている。一理あると思う。 応援クリックお願いします。にほんブログ村 05月21日 06時25分
  • 十味敗毒湯を効かせるコツ
    別に十味敗毒湯に限らないが皮膚疾患で 肺(皮毛を主る)と大腸の表裏関係 は重要である。便秘があればまず便通以上を改善する必要がある。 十味敗毒湯加大黄は王道加味である。 応援クリックお願いします。にほんブログ村 05月18日 06時55分
  • 私の著効第1例
    まだ私が若い頃、ある女性患者が診察に来た。頭痛薬をくれという事だった。私が若いせいかその患者は不審な目で猜疑心の塊といった表情であった。以下はその時のやり取り 患者「どんな頭痛薬でもいいけど、ピリン系はやめてね。私アレルギーあるから。」私「…05月16日 06時50分
  • 月経痛と当帰建中湯
    月経痛で 生理の1〜2日目に痛みのピークは当帰芍薬散生理の終わりに痛みのピークは当帰建中湯 との口訣がある。当帰建中湯の方が血虚が強いのであろう。 応援クリックお願いします。にほんブログ村 05月14日 06時12分
  • 川に釣りに行く漢方
    加味逍遥散と抑肝散は 柴胡 甘草 当帰 朮 茯苓 が共通で抑肝散はこれに 川に釣りに行く(川芎と釣藤鈎) がプラスされている。釣藤散が抑肝の主流と考えられがちだが和田東郭は 川芎の抑肝の効を知るべし と念押ししている。川がないと釣りはできな…05月11日 06時08分
  • 漢方処方能力の見分け方?
    先日漢方メーカーのMRが面白い事を言っていた。それは私の「先生の漢方の実力をどこで判断しているのか?」という問いに対して、「六味丸の使用量である程度分かります。」との答えだった。そのMRによると「八味丸を使っていて六味丸を使っていないクリニ…05月09日 06時46分
  • 帯下の色と腹痛
    有持桂里(1758-1835)は 帯下の色が赤であれば芎帰膠艾湯帯下の色が赤で腹痛があれば当帰芍薬散 と言っている。我々内科医は陰部局所を診れない。しかし問診によって方剤的中率は内診したのと同じくらいに上げられると思っている。 応援クリック…05月07日 06時03分
  • 聞診の勧め!
    聞診は問診に比べて軽んじられている。しかし役立つことは多い。例えば 膿に匂いがあれば石膏を加える との口訣がある。中耳炎などではこの知識は必須である。 応援クリックお願いします。にほんブログ村 04月30日 06時58分
  • 八珍湯+桂枝加黄蓍湯は?
    十全大補湯と皮膚疾患がどうしても結びつかなかった。気血両虚であれば他に適当な方剤があるのではないかと思った。しかし山田光胤先生の次の口伝が私の疑問を氷解させた。 十全大補湯は桂枝加黄耆湯に四君子湯と四物湯を加味した方意である。 この1文でど…04月27日 06時44分
  • 六か八か?
    腎気丸は地黄が主薬だが腎陽虚なら八味地黄丸、熱候があり腎陰虚なら六味丸を選択することが多い。しかし宇津木昆台は 桂枝と附子がなければ地黄の力が発揮されない と書いている。陰虚に囚われず熱候があっても八味地黄丸投与はありだと思う、 応援クリッ…04月25日 06時50分
  • 寺師睦宗が命名者
    正中芯は虚証の兆候だが臍より上なら中焦の虚で胃腸障害、臍より下なら下焦の虚で腎虚の兆候と大まかには言える。この正中芯は 大塚敬節が創見し、寺師睦宗が命名 したという。先日寺師先生は95歳の天寿を全うされてお亡くなりになったがその偉業で漢方界…04月23日 06時45分
  • 子供の時にしもやけになってた時の漢方薬(当帰四逆加呉茱萸生姜湯ではありません)
    しもやけというと当帰四逆加呉茱萸生姜湯だが松田邦夫は大人になってしもやけにならなくなっても子供の時にしもやけの既往があれば 当帰芍薬散 が何病でも試してみる価値はあると書いている。卓見だと思う。 応援クリックお願いします。にほんブログ村 04月20日 06時41分
  • 朝腰痛がひどい時の漢方薬
    細野史郎の娘婿坂口弘は 朝腰痛がひどいのは五積散 との口訣を遺している。浅田宗伯の口訣医学伝承の系譜がここにもある。 応援クリックお願いします。にほんブログ村 04月18日 06時38分
  • 川芎と髪
    川芎というとすぐに血虚となるが和田東郭は 髪のもつれをすきとるがごとく、肝気の抑うつしたるところを疎通する と述べている。抑肝散に川芎が入っている意味が生き生きと感じられる。 応援クリックお願いします。にほんブログ村 04月16日 06時35分
  • 実は越婢加朮湯が最大です!
    麻黄には?解表?宣肺・止咳平喘?利水消腫の各作用がある。特に利水には麻黄は欠かせない重要生薬である。麻黄の感受性には個人差があり、少量で副作用が出る人もいるがその予測は困難である。麻黄の医療用漢方製剤含有量は麻黄湯(6g)が最も多そうだが、…04月15日 12時05分
  • 大黄牡丹皮湯が狂わせた人生
    馬場辰二は東大医学部銀時計組で将来を嘱望されていた。しかし手術不能で見捨てられた虫垂炎患者に最後の賭けで 大黄牡丹皮湯 を投与させて全治させた。しかし担当教授から「治ったか治らないかが問題ではない。何故治ったかを説明できない薬などまやかしだ…04月13日 06時11分
  • 胃苓湯の効く下痢
    簡単に言えばテネスムスを伴わないものが泄瀉であり、伴うものが痢疾である。曲直瀬道三 胃苓湯は泄瀉の総司 と衆方規矩に書いている。しかし曲直瀬道三の治験例では結構痢疾にも効くと言っている。結局臨床は微妙で教科書通りにいかないという事である。 …04月11日 06時11分
  • 頭痛に呉茱萸湯だけではない。
    頭痛というと呉茱萸湯や川芎茶調散に飛ぶつくが以外にも 半夏白朮天麻湯 の証がある。部位は眉棱骨から脳天にかけてと表現される。私の実力不足かもしれないが、煎じに比べ、エキス製剤では若干効きが落ちる気がする。 応援クリックお願いします。にほんブ…04月09日 06時01分
  • 葛根湯で不眠というけれど・・・
    元日本医師会長の武見太郎は疲れた時は 葛根湯 を就寝前に服用することにしていたそうである。葛根湯を飲むとよく眠れて、翌日頭がすっきりして良いとのことであった。葛根湯というとついエフェドリンで不眠と考えてしまいがちだが、西洋医学的常識の反対側…04月06日 06時50分
  • 時に初学者に戻ってみる。
    ビギナーズラックという言葉がある。漢方にも当てはまると思う。知識や判断手段が増えると物事を複雑に考えて反ってうまくいかないケースがある。不妊症は複雑な因子がからみ合ったその最たるものと言えるかもしれない。複雑な病態に複雑な処方が奏功する事は…04月04日 06時20分
  • 多分漢方医しか治せない!
    漢方を一生懸命勉強していると時としてご褒美みたいな症例に出会う。ある患者の友人の母親が認知症になって異常行動をするようになったので一度診て欲しいとのことであった。本人が病院に来られないというので往診して欲しいと言われた。往診して家族に事情を…04月02日 06時13分