軽井沢で短歌と写真と

登録ID
1576922
サイト名称
軽井沢で短歌と写真と
URL
http://blog.livedoor.jp/mk4989/
紹介文
軽井沢徘徊短歌 写真と短歌をコラボさせています。
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 21 / 170人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 「冬の観音」
    「冬の観音」        *なむと無く ふる寺ゆきて観音の ふゆ日に温む お顔 見ていた だあれも居ない 午後の境内 日影に残雪 入るのがためらわれます 迎えてくれた石…02月24日 10時20分
  • 「マガモ」
    「マガモ」          *息とめて そろりそおろり ま合い詰め 不意に翔びたつ 眞鴨 追ひ撮る アオクビとも謂う鴨 羽が美しいですね この鳥が近…02月23日 07時15分
  • 「朋あり博多より来たる」
    「朋あり博多より来たる」        *冬ひと日 還暦祝ふ 岳晴れて 友ら家族と 雪に愉しむ 「有朋自遠方来 不亦楽 」 十八歳の時軽井沢へ研修に赴任、以来42年任地博…02月22日 09時12分
  • 「ゆうまぐれ」
    「ゆうまぐれ」         *なづみゆき 色のうせゆく ふゆ畑に 目立て赤し 農機休めり 天耕房からいつもの場所へ あああっ・・・ 落陽の輝きに間に合わなか…02月21日 10時11分
  • 「天耕房」
    「天耕房」        *そら仰ぎ 心耕し 描く里 山ふところに 花咲き 蝶まふ 絵師大島康紀 仙生のアトリエへ 小諸市糠地という所ですが小諸の人も知らない人が居るとい…02月20日 09時08分
  • 「野辺に坐禅するひと」
    「野辺に坐禅するひと」        *只 座する 万治石仏 川向こう 雪の樹下の 坐せしひと影・・・ 諏訪へ御神渡りを見に行った折、万治石仏を、 と、対峙するかのように…02月19日 08時22分
  • 「淺間の火口」
    「淺間の火口」        *火の口の 嶽の息継ぎ その間に間 雪影見ゆる 地獄内壁 淺間山をいつも仰ぎ見ていますが 火口は見えないもの。 それがここへ来るとわずかに見…02月18日 07時58分
  • 「ゴジュウカラ(五十雀)」
    「ゴジュウカラ(五十雀)」           *ふと見れば めずらな鳥が とび來ては つひばみ 居(お)るよ ゆき風の午後 ヒマワリの種を…02月17日 07時20分
  • 「過疎・限界集落」
    「過疎・限界集落」        *ふり仰ぐ 巌の畑の 荒れすすき 獣ゆき交ふ足跡ばかり 写真の岩山は 恩賀高岩、二度登りました 頂上に吹く空っ風 景色はすばらしい その…02月16日 09時00分
  • 「ボスのお仕事」
    「ボスのお仕事」         *護らむと のそりと出で来 大猿の 気迫 威しに たじろぎて逃ぐ 子猿を含む群れに出会いました 母親にしがみついて、かわわいい…02月15日 10時11分
  • 「男の神様、建御名方神(たけみなかたのかみ) 女の神様、八坂刀売神(やさかとめの…
    「男の神様、建御名方神(たけみなかたのかみ) 女の神様、八坂刀売神(やさかとめのかみ)」         *諏訪神の 寄り添ひ戀ふる 湖渡(こわた)りの 言問ふ戀を 拝し…02月14日 09時28分
  • 「2018年の御神渡り」
    「2018年の御神渡り」        *はれ朝に かしこ かしこみ み渡りを をろかみ拝す きしへ すわうみ 5年ぶりです。 前回よりおおっきい♪ 盛り上がる場所も違う…02月12日 07時20分
  • 「利根川水系にて」
    「利根川水系にて」       *雨 雪の 振り分け嶽の 滝氷り 融けし流れの 渚思ほゆ タモリ師は「高低差」を見つけると喜ぶ ぼくは「分水嶺」惹かれる。 同じ山に降った雪や雨が、…02月11日 09時22分
  • 「鷹 ?」
    「鷹 ?」        *出遇いたる くちばし凛々し 猛し鳥 さ迷ひ出でれば よきことの在り 木の上からぼくを見ているやつがいた ! このエラそうなやつは何者 ? カギ…02月10日 22時47分
  • 「鷹 ?」
    「鷹 ?」        *出遇いたる くちばし凛々し 猛し鳥 さ迷ひ出でれば よきことの在り 木の上からぼくを見ているやつがいた ! このエラそうなやつは何者 ? カギ…02月09日 23時09分
  • 「あ! アトリだ♪」
    「あ! アトリだ♪」 *雪のまふ ゆふべとなりて冷え凍へ 渡り來たりし あとり ふくらむ 和やんの好きな北国からの、まらうど。(客人) 部屋の中のぼくもコートを着て、お腹周りの脂肪を燃焼させて 耐えています。 そんな折 諏訪の御神渡りが出現…02月09日 13時28分
  • 「妙義の筆頭岩」
    「妙義の筆頭岩」        *おつ立ちの 筆頭岩嶺の 雲染める 早き陽落ちの ゆき影を 侘ぶ 徘徊徘徊また徘徊 徘徊よいか、おもろいか 徘徊犬棒出でればなんかある な…02月09日 10時11分
  • 「日本の雪だるまが人気よ」
    「日本の雪だるまが人気よ」        *リフト番 カメラを向ければ 恥らへる ノンタン ? 雪像 吾を迎へる 札幌ばかりでなく、今年の各地の市井の人々の造る雪像がユー…02月08日 09時37分
  • 「やままゆ」
    「やままゆ」      *山まゆの音ぞ魂ゆら ふゆやまに枝折り取りて ゆらせ哀しむ この繭は、ヤママユガ科のクスサンという蛾の繭です 網目の繭、スカシダワラ(透かし俵)とも謂うそうな。 振っ…02月07日 09時15分
  • 「妙義っ歯(端)」
    「妙義っ歯(端)」      *スルドキ歯(は) メウギ ヤマギ歯(は) 日ノクレノ 鋸(のこ)ノ歯ナラビ ソラヲヒッキ切ル 歯並びの悪い友達に、よく言ったものです、みょうぎっぱっ! って挨…02月06日 09時48分
  • 「アオゲラ」
    「アオゲラ」        *暇 こいて 歩歩向くところ 緑啄木鳥(あおげら)の 遊べる林 空見つつゆく 四季折々 徘徊していると見えてくるモノがある 気がつくことも、思…02月05日 10時09分
  • 「人工降雪機」
    「人工降雪機」        *雪欲しと 唸り轟く 扇風機 雪を造りて岳 ふるはせる スキーに何処へ行っても降雪機が・・・・ 雪の少ない時のために補助的に設置してある。 …02月04日 10時35分
  • 「2018年1月から2月にかけての皆既月蝕」
    「2018年1月から2月にかけての皆既月蝕」        *む月夜(よ)り きさらぎ月へ 天儀式(あまぎしき) 地の影 遷(うつ)り 月 代はりたり 1/31PM9時5…02月02日 09時49分
  • 「メジロが来た♪」
    「メジロが来た♪」        *この寒さ メジロが姉妹 尋ね來て むさぼり喰らふ 凍みし林檎を 軽井沢のぼくの住んでいる辺りでは珍しい鳥。 寒いところが苦手そうな鳥、…02月01日 09時43分
  • 「『私はフェルメール』フェルメール異聞」
    「『私はフェルメール』フェルメール異聞」        *匠なり 「ファン・メーヘレン」の ほくそ笑み 描き仕返し 似せ 「フェルメール」 この本にはいろいろ考えさせられ…01月31日 09時47分
  • 「ヒヨドリの縄張り意識」
    「ヒヨドリの縄張り意識」        *ひよどりは おらのもんだと ひとりじめ こ鳥らおどして リンゴつっつく この鳥が、餌場に來るだけで小鳥が散ってしまう 小鳥をこと…01月30日 09時42分
  • 「周期」
    「周期」        *くま笹の 枯れて三歳ゆ竹茎に刺さる落ち葉を 寂びて眺むる 不思議な笹の周期です。 いっせいに枯れた山の中、しかし全部の笹が絶えた訳ではなく枯れた…01月29日 14時52分
  • 「雪 花」
    「雪 花」       *こ雪まふ 山ふところの 滝溜まり 芹に寒々花の咲きけり 白糸の滝の溜まりの淀み 水草に雪が点々と積もっていました。 あれはセリではないでしょうか ? セリ…01月29日 09時34分
  • 「小瀬の冬・竜返しの滝」
    「小瀬の冬・竜返しの滝」        *山陰の狭間瀬 小瀬(はざませ こせ)も よお冷えて 飛沫 氷り(しぶきこおり)に 滝の隠れり 白糸の滝の下流、さすがの淺間の伏流…01月28日 10時58分
  • 「白糸の滝の水温 11.8℃」
    「白糸の滝の水温 11.8℃」        *寒充ちて 白糸滝に 靄(もや)かすみ 温(ぬ)くあるらし 嶽の胎内 日本列島が寒さで震えています。 軽井沢も、雪は少なめで…01月27日 09時00分
  • 「妙義哀愁」
    「妙義哀愁」        *峨々嶽の 影に落ちゆく 吾が想ひ 削ぎ断つ巌 妙義金洞 この崖の山を金洞山といいます、武者返しのような反りが 好きだなあ。 この山塊の中に、…01月26日 09時33分
  • 「軽井沢零下15度」
    「軽井沢零下15度」      *小鳥らの 難儀 さと雪 片脚を すぼめて待てる ひまはりの種 今朝は一段と冷えましたね。 小鳥たち、あの小さな身体で夜を過ごすって・・・きつそう。 ぼくはお…01月25日 12時59分
  • 「妙義中之嶽神社の狛犬君」
    「妙義中之嶽神社の狛犬君」           *色ぬらで 佳きと思ふは 石狛(いしこま)と 時の彩(いろ)つく みほとけの像 すこし、どぎついかな …01月24日 10時06分
  • 「オナガ」
    「オナガ」        *飛び来ては 凍てる林檎を 啄ばめる あお鳥長尾を しばし見惚るる 子どもの頃 お宮の欅に巣がありました 学校の帰り時々木に登って巣の卵を観察 …01月23日 10時11分
  • 「珍しいものを発見/ 緑の繭」
    「珍しいものを発見/ 緑の繭」        *山まゆの 夢見し繭はふゆの木に ゆかしき緑 ゆららと揺るる 近年数を減らしているお蚕さんの仲間で ウスタビガ( 薄手火蛾 …01月22日 08時55分
  • 「二年前のバス事故」
    「二年前のバス事故」        *この坂を 下りて散りし若き等の冬のあの夜の 無念かなしも もう二年も・ 我が家の近くの道でした。 スキーに行く若人が・・・ ウィキペ…01月20日 10時27分
  • 「賀状 卒業せむと思ひて」
    「賀状 卒業せむと思ひて」        *墨すりつ友に感謝の 賀状描き 辞めむと書かば 筆の乱るる 思ふところ在りて 長年の慣らひを辞めむとぞ したためし賀状、手が震へ…01月19日 10時24分
  • 「狛犬探し」
    「狛犬探し」        *ふゆひと日 さびし社(やしろ)に 歩きゆき 狛犬御座せぬ 謂はれ思案す 狛犬のおもしろさに目覚めました。 置いてあるところと、無いところがあ…01月18日 10時40分
  • 「なげき」
    「なげき」        *姥百合の 刈り残されて佇める 分譲区画 冬枯れの景 題が「嘆き」 この辺りには サクラソウ・アズマイチゲ・トラノオ・フシグロセンノウ ホタルブ…01月17日 10時02分
  • 「野茨」
    「野茨」        *さむ風に さらさる野への 赤き実は こ白き花の 野いばらの果て 冬の植物たちは よく見分けができません でも同じ所を徘徊している内に すこーし判…01月16日 10時00分
  • 「2018初滑り」
    「2018初滑り」        *冬慣らひ来たりし友と滑り初め さらさら雪に 歳を忘るる スキーをしたのは一昨日 一日おいて今朝はずいぶん遅寝 ? 疲れているのかな・・…01月15日 09時54分
  • 「冬の形見」
    「冬の形見」            *さまよへる ものらののこす あしかたを のこしやりたや ふゆのかたみに 雪の野辺を歩くと いろいろな足…01月14日 09時37分
  • 「お休みの所・・・失礼します」
    「お休みの所・・・失礼します」        *爪立てて おれの山だと 熊ごろう 寝ててくれよと がさり そろりと うつらうつらとしているクマゴロウ 枯れ葉踏む大きな音に…01月13日 09時32分
  • 「口説かれ道祖神」
    「口説かれ道祖神」        *言ひ寄られ石も傾(かし)ぎぬ 辻道祖 ほほ寄せられて 乙女逃げ腰 をなご道祖神、手を握られて引き寄せられています。 そして肩寄せられ頬…01月12日 08時28分
  • 「鳥撮り取り」
    「鳥撮り取り」         *この冬も 窓拭きしたぞ ちいぱつぱ 鳥ら來よ來よ 雪の無けれど 昨日こんな短歌して、今年は雪が少ないなあ・・・と噂して朝になっ…01月11日 09時37分
  • 「罠」
    「罠」         *野のものら 表示読むべしくくり罠 仕掛けし山に 吾は遊べる たくさん仕掛けて有るけれど・・・ かかっている所を見たことがない。 という…01月10日 09時06分
  • 「坂の上の雲(司馬遼太郎)文庫本全八巻」
    「坂の上の雲(司馬遼太郎)文庫本全八巻」        *坂上の 一朶の雲へ 駆けしとふ 明治の滾(たぎ)り と、想ひ空見る・・・ 本の「あとがき」に師は、 『日本史上類…01月09日 10時07分
  • 「村の社」
    「村の社」        *かみあらた紙垂(しで)の さがりて 古ほこら つじの社(やしろ)も 厳かに見ゆ なにが御座すかは知らねども・・・ ・・・いらっしゃるのでしょう…01月08日 09時40分
  • 「ルアー」
    「ルアー」        *竿 弾(はじ)き 失せし釣り鉤 偲(しぬ)び川 岩に雪かげ 芒 枯れ茅 ルアー(疑似餌)での釣りは、まことに効率はよくない。 引いては投げの繰…01月07日 09時08分
  • 「コブシの冬芽」
    「コブシの冬芽」        *小寒の春待つこころ 温(ぬく)とげな こぶしが和毛(にこげ) 皆で揺れゐし 春、一番早く咲く木の花はコブシ さすが段取りがいいわあ 、小…01月06日 07時18分
  • 「やま をろち」
    「やま をろち」        *すさまじく からまる 藤は 山 をろち 立ち木の無念 締められ朽ち死 人知れず山のなかで・・・ すごい生存競争が見える。 毎日が戦国時代…01月05日 10時03分
  • 「細流」
    「細流」        *冬乾き 幽(かそ)けし川に 張りはぢむ うすき氷を 侘びてながめし 早やくも2018年が4日も過ぎた・・・ 毎日徘徊三昧、野山を考察思案哲学の日…01月04日 10時34分
  • 「正月の徘徊」
    「正月の徘徊」        *木枯らしと 戯れ揺るる 狗尾草(いぬおくさ・ネコじゃらし・ゐのころぐさ) 墓所の空き間は 冬陽の柔し お正月のテレビ、バラエティなんぞ見て…01月03日 09時08分
  • 「鷺の正月」
    「鷺の正月」      *凍らずの 枯れ茅沼に 初日射し 狙ふなむぞ 鷺鳥ひとつ  穏やかな朝です 初日の出を撮っても 家へ帰りたがらないボクでした。 陽光がすべてを照らし始める時…01月02日 09時58分
  • 「平成三十年一月一日」
    「平成三十年一月一日」        *あらたまに ぬくみ賜り をろがみて やすき世となれ 垂れて願へる いいお天気です 気持ちも新たに 新年好 ! 皆様佳いことあります…01月01日 09時28分