飛んで曲がらないスイング理論 Vメソッド

登録ID
1579530
サイト名称
飛んで曲がらないスイング理論 Vメソッド
URL
http://vmethod.blog.fc2.com/
紹介文
飛距離と正確性は両立できる! 客観的な分析から導き出した「飛んで曲がらないスイング理論」を紹介しています
カテゴリ
  • ゴルフ (100%) - 23 / 379人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ヘッドを加速させる動作は、スイングモデルの違いで真逆になる
    下の絵の車は、止まっています。では、車の前にあるタイヤは、この後どうなるでしょうか?この絵を見ただけでは、分かりません。でも、下の映像を前に見ていたら、タイヤは弾き飛ばされないと思うはずです。急ブレーキをかけた後、タイヤの直前で止まったよう…08月01日 13時38分
  • 反省した
    決められたことに従って行動することを、ルールを守るという他者の立場を考え、思いやりを持って行動することを、マナーを守るという同伴者がアドレスに入ったとき、静かに見守ることは、相手の立場を思いやるマナーの一つだと思うスコアが悪い同伴者を笑った…07月30日 15時37分
  • 読んだ
    元ミドル級世界チャンピオン・竹原慎二氏が著した、「見落とされた癌」いい本だと思う☆☆☆☆☆07月27日 08時40分
  • 結局は人
    コーチは導く人それは、間違いないしかし、「良い方」に導く人もいれば、「悪い方」に導く人もいる結局は人何年もコーチに習ったのに、上達しなかったでも、コーチを変えたら上達したこの違いを、なぜ判断できなかった?それは、知識がないから知識がなければ…07月25日 11時36分
  • 真実は一つでも、方法は様々
    最近の若い人たちは、突出して優秀な人が多く出てきていると感じます。その中の一人、高校野球で活躍している清宮幸太郎選手。ご存知のように、高校通算106本目のホームランを先日打ち、最多とされる107本まであと1本としました。彼のスイング映像を見…07月23日 15時09分
  • 努力は報われる?
    結果につながらなかった努力であっても、無駄にはならない今は報われなかった努力でも、いずれ形を変えて報われる努力もせず、失敗も成功もせず、挫折感も達成感もなく、悲しみも喜びもない、こんな人生だけは送りたくないおじさんにだって夢はある努力が結果…07月21日 08時36分
  • 参考にして頂きたい、過去の記事
    実践編をお読みいただいた皆様、誠にありがとうございました。かなりの長文なので、読むのに疲れたと思います。そこに追い打ちをかけるようで恐縮ですが、補足として参考にしていただきたい過去の記事があります。それは、カテゴリーの「公式マニュアル 補足…07月19日 14時55分
  • 右肩は一度も前に出ない
    実践編 Step3 スイングに仕上げる (メカニズムと身体の融合)の出版許可が下り、楽天koboにてご案内しております。今回のStep3は、総集編的な位置付けでしたので、文章量も画像量もかなり多くなってしまいました。下図はその一部です。図を…07月14日 09時37分
  • Step3-13 軸運動の正しい連鎖がスパイラルとアークを作り出す
    さて、ここまでで「スイングを構成する6つの過程」と「重要な股関節と肩甲骨の動き」が理解できたと思います。そして、思ったよりも少ない動作で、それぞれの過程が行なわれていることにも気付いたはずです。「スイングに必要な5つの軸運動」を全て使う過程…07月13日 18時57分
  • Step3-12 ゴルフスイングで最も重要となる、股関節と肩甲骨の動き
    前章までのスイング過程のご説明で、「飛んで曲がらないスイング理論」では、「股関節と肩甲骨の動き」が非常に重要だということがご理解いただけたと思います。そこで、この重要な動きは「スイング中どのように連続して動いているのか」、これを再確認したい…07月13日 18時46分
  • Step3-11 フィニッシュの正体
    (途中略)ほとんどの人は○○の動きを全く意識していませんが、○○からは○○する動作を強く意識する必要があります。これを習得するドリルをご紹介いたします。(途中略)以上で全てのスイング過程の説明は終わりです。各過程の動作が理解できましたら、ド…07月13日 18時41分
  • Step3-8 ダウンスイングの正体
    (途中略)この様に「○○」の動きは、非常に重要な動きが同時に行われる、「飛んで曲がらないスイング」を実現するための必須の動作です。ですが、複雑で分かりにくい動作でもありますので、これを習得するドリルをご紹介いたします。(途中略)この「○○」…07月13日 18時26分
  • Step3-7 トップの正体
    (途中略)この、「○○」と「○○」が同時に行われる動きは少し複雑ですので、一連の動きを習得するドリルをご紹介いたします。(途中略)トップは、目一杯右に回転して作るものではなく、○○を感じながら○○の初動動作で作られるものなのです。-----…07月13日 18時23分
  • Step3-6 テークバックの正体
    この章からは各過程の詳細説明を行い、各過程でどの様に5つの軸運動が行われるかを理解し習得していきます。ですので、ステップ2でご説明した内容は、全て理解し行えるようになっていることを前提としています。(途中略)では、この下半身主体で行うテーク…07月13日 18時20分
  • Step3-3 スイングは6つの過程に分かれていることを理解する
    スイングを習得する上で重要なことは、部分的な形を覚えることではなく、連続した動作を習得することだ考えています。その理由は、実践編ステップ1・2でお伝えしたように、動きの連鎖(=筋肉を動かす順番)がゴルフスイングにおいては極めて重要だからです…07月13日 18時06分
  • Step3-2 合理的身体操作の再確認
    前章では合理的メカニズムの再確認を行いましたが、これは物理的アプローチから考えた合理的スイングを示したものです。しかし、その仕組みがいくら合理的であっても、人間の身体でそれを再現できなくては意味がありません。ですので、この章では前章の合理的…07月13日 18時02分
  • Step3-1 合理的メカニズムの再確認
    この章では、これまで解説してまいりました「飛んで曲がらないスイングを実現する、合理的メカニズム」とはどの様なものであったかを再確認していきます。先ずは、「曲がらないためのメカニズム」の再確認です。(途中略)これがスイングの仕組みとして絶対に…07月13日 17時59分
  • Step3 スイングに仕上げる (メカニズムと身体の融合)
    概念編及びスイングモデル編では、物理的アプローチから考えた合理的メカニズムを解説してきました。また、実践編 Step1及びStep2では、身体的アプローチから考えた合理的身体操作を解説いたしました。そして、この実践編 Step3では、これら…07月13日 17時56分
  • 入稿のご報告
    本日、楽天koboへ「実践編 Step3 スイングに仕上げる」 (メカニズムと身体の融合)、を入稿いたしました。これにて、Vメソッドシリーズは完結となります。一人のアマチュアゴルファーが、真剣にゴルフスイングを考え、懸命に取り組んだ、渾身の…07月12日 21時20分
  • 進捗状況のご報告
    セガサミーカップの最終ホール、今平選手は残念でしたね。優勝したC・キム選手の今大会での平均ドライビングディスタンスは315ヤード、最終日最終ホールでは340ヤード飛ばしていました。一打差をつけられた最終ホール、相手に340ヤード飛ばされたら…07月10日 11時53分
  • つくづく重要だと感じる、筋肉の連鎖
    「実践編 Step3 スイングに仕上げる」 の本文がほぼ書き上がりました。今週末前後には、入稿できそうです。実践編最後となるステップ3は、スイングを6つの過程に分類し、そこでどのような動作が行われているかを詳細に解説し、そこでポイントとなる…07月03日 11時23分