万葉歳時記 一日一葉

登録ID
1597028
サイト名称
万葉歳時記 一日一葉
URL
http://blog.livedoor.jp/rh1-manyo/
紹介文
やまとうたは言葉の架け橋です。 『万葉集』を中心に、昔と今を結ぶ日本人のこころの歌を歳時記にしました。
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 3 / 176人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • #2058 紅の 深染めの衣を 下に着ば ・・・他俳句
    【旧 四月十二日 先負】小満・紅花栄(べにばなさかう)行く末は誰が肌ふれむ紅の花 〜松尾芭蕉 『西華集』 今日は七十二候の第23候「紅花栄(べにばなさかう)」。二十四節気「小満」の次候にあたり、紅花が盛んに咲く季節という意味。花は橙黄色です…05月26日 00時00分
  • #2057 千百余の 水漬く屍の 哭くごとく ・・・他一首と俳句
    【旧 四月十一日 友引】小満・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 賤ヶ岳の七本槍の一人でもあり、秀頼の傅役までなって豊臣家に尽くしてきた重臣、片桐且元。彼は徳川家との交渉過程で家康に半ば嵌められるようなかたちで、豊臣の家臣たちから徳川に内通…05月25日 00時00分
  • #2056 呆然と 漫画のうへに 涙垂る ・・・他全六首
    【旧 四月十日 先勝】小満・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 私の少年時代の愛読書は「少年サンデー」でした。赤塚不二夫の『おそ松くん』の登場人物、イヤミ氏の「シェー!」が大はやりしていた時代です。1964年夏発売の「別冊少年サンデー 夏休…05月24日 00時00分
  • #2055 足たたば 北インヂヤの ヒマラヤの ・・・
    【旧 四月九日 赤口】小満・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 2013年5月23日といえば今からちょうど5年前、プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎氏がエベレストの登頂に成功されています。当時三浦さんは80歳と7ヶ月でした。史上最高齢で世界…05月23日 00時00分
  • #2054 なかなかに 人とあらずは 桑子にも ・・・他一首と俳句
    【旧 四月八日 大安】小満・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)山里に夏蚕飼ふらん桑畠 〜正岡子規 「夏蚕(なつご)」 昨日から6月5日までが二十四節気の「小満」。七十二候ではそれを三等分した初候5日間は「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」…05月22日 00時00分
  • #2053 ふかみどり さくらにふくも 今はまた ・・・
    【旧 四月七日 仏滅】小満・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 今日は二十四節気の第8番「小満」。『暦便覧』には「万物盈満すれば草木枝葉繁る」と記されています。「盈満(えいまん)」は十分に満ち足りているの意。万物が次第に成長して、一定の大き…05月21日 00時00分
  • #2052 いなびかり 生簀に溢れ 一斉に ・・・他一首と俳句
    【旧 四月六日 先負】立夏・竹笋生(たけのこしょうず)和歌の浦漕ぎいでしより烏賊釣るゝ 〜萩原麦草 『麦嵐』 お刺身や寿司ネタでいただくイカの中でもちょっと大きめ、そして漁獲量が少なくお値段もお高めのアオリイカは、今が旬。食感もよく一番美味…05月20日 00時00分
  • #2051 蒲公英のたけて飛ぶ日となりにけり ・・・他俳句
    【旧 四月五日 友引】立夏・竹笋生(たけのこしょうず)馬借りて蒲公英多き野を過る 〜正岡子規 『子規句集』 蒲公英(たんぽぽ)は言うまでもなく春の季語です。日本タンポポの標準的な開花期は春先3月から5月のはじめにかけて。最盛期は4月ごろなの…05月19日 00時00分
  • #2050 心だに 西に向はば 身の罪を ・・・
    【旧 四月四日 先勝】立夏・竹笋生(たけのこしょうず) 来年(2019年)の5月はもはや平成ではありません。憲政史上では初となる退位による皇位継承が行われることを受けて、一連の日程が発表されました。2月24日以降に予定されている今上天皇在位…05月18日 00時00分
  • #2049 事あらば われも都の 村人と ・・・
    【旧 四月三日 赤口】立夏・竹笋生(たけのこしょうず) 今からちょうど150年前の今日、すなわち1868年4月17日(慶応4年4月25日)、新選組局長の近藤勇が板橋刑場で斬首されています。戊辰戦争で敗走した新選組は幕命により甲陽鎮撫隊と名を…05月17日 00時00分
  • #2048 我が背子を 何処行かめと さき竹の ・・・
    【旧 四月二日 大安】立夏・竹笋生(たけのこしょうず) 今日は七十二候の第21候「竹笋生(たけのこしょうず)」。二十四節気「立夏」の末候にあたります。おやおや、筍(たけのこ)の歌は先月一度掲げましたね。その時に旬をすぎると大きくなりすぎて食…05月16日 00時00分
  • #2047 卯の花の 咲く月立ちぬ 霍公鳥 ・・・
    【旧 四月一日 仏滅】立夏・蚯蚓出(みみずいずる) 今日は旧暦の四月一日。卯の花(ウツギ)の咲く月というので卯の花月を略して卯月と呼ばれるようになりました。しかし鶏が先か卵が先かのお話ではありませんが、卯月に咲く花なので空木(ウツギ)のこと…05月15日 00時00分
  • #2046 世間の 貴び願ふ 七種の ・・・続く反歌
    【旧 三月廿九日 先勝】立夏・蚯蚓出(みみずいずる) 今月7日、新潟市西区で小学2年生の大桃珠生(たまき)ちゃんが下校途中に連れ去られ、殺害されたうえ線路上に遺棄された事件から今日で丸一週間が経ちました。幼い子供を殺害するだけでも人間の行い…05月14日 00時00分
  • #2045 母刀自も 玉にもがもや 戴きて ・・・
    【旧 三月廿八日 赤口】立夏・蚯蚓出(みみずいずる) 5月の第2日曜日は「母の日」です。昨日はクリミア戦争で活躍したナイチンゲールの誕生日にちなんだ「看護の日」でしたが、この母の日の由来も戦争(南北戦争)と関わりがあります。1870年、南北…05月13日 00時00分
  • #2044 戦友と 言う名の友は 減りゆけど ・・・
    【旧 三月廿七日 大安】立夏・蚯蚓出(みみずいずる) 今日、5月12日は「国際看護師の日」。1820年のこの日、英国の看護婦、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで制定されたもので、日本でも「看護師の日」とされています。ナイチンゲー…05月12日 00時00分
  • #2043 越し先の 土見つからず 干からびし ・・・他俳句
    【旧 三月廿六日 仏滅】立夏・蚯蚓出(みみずいずる)出るやいな蚯蚓は蟻に引かれけり 〜小林一茶 『九番日記』 今日は七十二候の第20候「蚯蚓出(みみずいずる)」。二十四節気「立夏」の次候にあたります。「蚯蚓出る」は夏の季語なのですが、もう一…05月11日 00時00分
  • #2042 大和には 鳴きてか来らむ 呼子鳥 ・・・他全三首
    【旧 三月廿五日 先負】立夏・蛙始鳴(かわずはじめてなく) 今日、5月10日から16日までは「愛鳥週間」です。もともとはアメリカ人の鳥類学者のオリバー・L・オースチンの提唱によって1947年の4月10日に始められたものですが、4月では北日本…05月10日 00時00分
  • #2041 きのふまで 花にいとひし 心さへ ・・・他全三首と俳句
    【旧 三月廿四日 友引】立夏・蛙始鳴(かわずはじめてなく)目には青葉山ほととぎす初鰹 〜山口素堂 毎日放送の『プレバト』でこの俳句が初登場したなら、どんな評価が下されるでしょうか。上五、中七、下五の三句ともすべて季語。季重なりにもほどがある…05月09日 00時00分
  • #2040 かき霧らし 雨の降る夜を 霍公鳥 ・・・
    【旧 三月廿三日 先勝】立夏・蚯蚓出(みみずいずる) いつしか したり顏にも聞え、卯の花、花橘などにやどりをして、はたかくれたるも、ねたげなる心ばへなり。五月雨の短夜に寢ざめをして、いかで人よりさきに聞かんとまたれて、夜深くうち出でたる聲の…05月08日 00時00分
  • #2039 憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ ・・・他一首
    【旧 三月廿二日 赤口】立夏・蛙始鳴(かわずはじめてなく) 長い連休も終わってみればあっという間。無理矢理にでも元気なふりをして、さあ出勤というときにこのお天気はなかろうと天を恨んでも仕方がありません。逆に連休中にいいお天気でいてくれたこと…05月07日 00時00分
  • #2038 鬼灯を 口にふくみて 鳴らすごと ・・・他俳句
    【旧 三月廿一日 大安】立夏・蛙始鳴(かわずはじめてなく)手をついて歌申しあぐる蛙(かはず)かな 〜山崎宗鑑 昨日は夏の始まり、二十四節気の立夏」でしたが、期間としての「立夏」は次の「小満」の前日までの半月間です。さらにそれを三等分した初候…05月06日 00時00分
  • #2037 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の ・・・他一首
    【旧 三月廿日 仏滅】立夏・蛙始鳴(かわずはじめてなく)春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣乾すてふ 天の香具山 〜持統天皇 『古今和歌集』 巻3-0236 夏春が過ぎて 夏がやってきたようです(神祭りの)白い衣を乾すという天の香具…05月05日 00時00分
  • #2036 けふのみと 春を思はぬ 時だにも ・・・他全三首
    【旧 三月十九日 先負】穀雨・牡丹華(ぼたんはなさく)のどかなる 春の光に もえいでて みどりあたらし 野辺の若草 〜昭和天皇(昭和36年) 今日「みどりの日」にふさわしい昭和天皇の御製を掲げましたが、明日はもう「立夏」です。したがって、暦…05月04日 00時00分
  • #2035 萬軍は この日本より 消滅す ・・・他全三首
    【旧 三月十八日 友引】穀雨・牡丹華(ぼたんはなさく) 憲法記念日の今日、今年もまた各地で護憲派、改憲派の集会が行われます。私自身は改憲が必要だと考えておりますが、もはや両論共に論拠は言い尽くされているでしょうから、ここであえて書くこともい…05月03日 00時00分
  • #2034 大野らに 小雨降りしく 木の下に ・・・他一首
    【旧 三月十七日 先勝】穀雨・牡丹華(ぼたんはなさく)大野らに 小雨降りしく 木(こ)の下(もと)に 時と寄り来ね 我が思ふ人 〜柿本人麻呂歌集 『万葉集』 巻11-2457荒れ野に小雨が降っています この木の下に時には立ち寄ってくださいな…05月02日 00時00分
  • #2033 家家に さつき幟の ひるがへり ・・・他全三首
    【旧 三月十六日 赤口】穀雨・牡丹華(ぼたんはなさく)あるゆふべ 燭とり童 雨雲の かなたにかくれ 皐月となりぬ 〜与謝野晶子 『夢之華』 「燭とり童(しょくとりわらわ)」は宵の明星(金星)の異名です。今日は「新緑の候」あるいは「…05月01日 00時00分
  • #2032 人知れず 思ふ心は 深見草 ・・・他全三首
    【旧 三月十五日 大安】穀雨・霜止出苗(しもやみてなえいづる) 七十二候の第18候は「牡丹華(ぼたんはなさく)」。「穀雨」の末候にあたります。読んで字のごとく牡丹の花が咲く時季です。牡丹には「百花の王」「花王」「富貴草」「忘れ草」「ぼうたん…04月30日 00時00分
  • #2031 やすらけき世を祈りしも いまだならず ・・・他一首
    【旧 三月十四日 仏滅】穀雨・霜止出苗(しもやみてなえいづる)山色新(さんしょくあらたなり)山山の 色はあらたに みゆれども わがまつりごと いかにかあるらむ 〜昭和天皇 昭和3年 4月29日は「昭和の日」。国民の祝日の名称が時と…04月29日 00時00分
  • #2030 国の春と 今こそはなれ 霜こほる ・・・他一首
    【旧 三月十三日 先負】穀雨・霜止出苗(しもやみてなえいづる) 第二次世界大戦の終結は玉音放送が行われた昭和20年8月15日というのが我々の一般認識です。しかし国際法上は日本と、ソビエトなど一部を除く連合軍諸国との戦争状態が終結したのはそれ…04月28日 00時00分
  • #2029 語りえぬ ことについては 沈黙し ・・・他全三首
    【旧 三月十二日 友引】穀雨・霜止出苗(しもやみてなえいづる) 紀元前399年4月27日、すなわち2417年前の今日、古代ギリシャの哲学者ソクラテスが服毒による刑死をしています。今日はそれにちなんで「哲学の日」。ソクラテスは「知らないことを…04月27日 00時00分
  • #2028 花ちりて 春より夏に とぶ蝶の ・・・他一首
    【旧 三月十一日 先勝】穀雨・霜止出苗(しもやみてなえいづる) 街中の公園を歩いていると、蝶を見かけるようになりました。モンシロチョウはひと目で分かりますが、アゲハチョウは種類が多くてなかなか見分けられません。主に目にするのはキアゲハとナミ…04月26日 00時00分
  • #2027 春耕の 田植の準備 ととのひて ・・・他俳句
    【旧 三月十日 赤口】穀雨・霜止出苗(しもやみてなえいづる)田水張る静謐といふ四角形 〜安徳由美子 今日は七十二候の第17候「霜止出苗(しもやみてなえいづる)」。穀雨の次候にあたります。すっかり暖かくなって、もう霜が降りることもほとんどなく…04月25日 00時00分
  • #2026 はしきやし 今日の筍 手に持ちて ・・・他一首
    【旧 三月九日 大安】穀雨・葭始生(あしはじめてしょうず) 「旬」という文字は、上旬、中旬、下旬という言い方からもわかるように、ひと月の三分の一、すなわち10日間を意味します。筍(たけのこ)の文字の由来ですが、竹が一旬(10日間)成長した頃…04月24日 00時00分
  • #2025 妹が家に 伊久里の杜の 藤の花 ・・・
    【旧 三月八日 仏滅】穀雨・葭始生(あしはじめてしょうず) 桜の季節がすっかり終わった4月の下旬。この頃からバトンタッチして見頃になりつつある植物が藤の花ですね。桜と同じく沢山の花房が群れ集まり、鮮やかな紫が降り注ぐように輝いています。藤の…04月23日 00時00分
  • #2024 愛人でいいのと歌う歌手がいて ・・・他一首
    【旧 三月七日 先負】穀雨・葭始生(あしはじめてしょうず) 11月22日は「いい夫婦の日」。今まで何気なく使っていた「いい」という形容詞ですが、今日4月22日が「よい夫婦の日」だと知って、にわかに疑問が湧いてきました。辞書にある漢字「良」や…04月22日 00時00分
  • #2023 やすみしし 我が大君の あり通ふ ・・・続く反歌二首
    【旧 三月六日 友引】穀雨・葭始生(あしはじめてしょうず) 七十二候の第16候は「葭始生(あしはじめてしょうず)」。晩春、葦が芽吹き始めるころ。『日本書紀』に「豊葦原の瑞穂の国」と記されていたように、昔から我が国とは切っても切れない植物です…04月21日 00時00分
  • #2022 雹まじり 苗代小田に ふる雨の ・・・他全三首と俳句
    【旧 三月五日 先勝】穀雨・葭始生(あしはじめてしょうず)苗床にうす日さしつゝ穀雨かな 〜西山泊雲 『泊雲句集』 今日は二十四節気の6番目の「穀雨」。田畑の準備が整い、春の雨が降る頃で、穀雨とは穀物の成長を助ける雨のこと。「春雨降りて百穀を…04月20日 00時00分
  • #2021 これもまた 春の水なり スポンジに ・・・
    【旧 三月四日 赤口】清明・虹始見(にじはじめてあらわる) 江戸時代まで行われていた飛脚制度に終止符を打って、新しい郵便制度が始まったのは1871(明治4)年4月20日のことでした。これを記念して1934(昭和4)年に制定されたのが、4月2…04月19日 00時00分
  • #2020 名にしおふ 春に向ふが岡なれば ・・・
    【旧 三月三日 大安】清明・虹始見(にじはじめてあらわる) 4月も後半。後10日もすればゴールデンウィークに突入です。でも、旧暦で言えばまだ弥生三月になったばかり。ということで、今日は「弥生」にちなんだお話です。縄文式土器がその縄目文様から…04月18日 00時00分
  • #2019 龍田川 いはねのつつじ 影みえて ・・・他一首
    【旧 三月二日 仏滅】清明・虹始見(にじはじめてあらわる) 先週、会社帰りに見かけたご近所の植え込み。ちらほらと、もうツツジがいくつか咲いていたのです。例年であれば4月の下旬くらいから見かけるこの花、Wethernewsで調べてみると、確か…04月17日 00時00分
  • #2018 今年また 花の置かれし 端午の日 ・・・他一首
    【旧 三月一日 先負】清明・虹始見(にじはじめてあらわる) 「春の全国交通安全運動」は昨日15日でおしまい。街中でお巡りさんたちが目を光らせていましたがが、もちろん違反切符を切られないように注意するための10日間ではありません。今回の重点項…04月16日 00時00分
  • #2017 雨はれて 入日の雲に 虹ふけば ・・・
    【旧 二月三十日 先勝】清明・虹始見(にじはじめてあらわる) 「虹始見(にじはじめてあらわる)」は七十二候の第15候。二十四節気「清明」の末候にあたります。雨の後に虹が出始める頃、とわざわざ断っているのは、ちょうど半年前、二十四節気「小雪」…04月15日 00時00分
  • #2016 あのねとふ君の前歯の隙間から ・・・他全三首
    【旧 二月廿九日 赤口】清明・鴻雁北(こうがんかえる) 塩素ガスというのがどういうものかは存じません。平和な日本で思い浮かべるのは「混ぜるな危険」と書かれたトイレや浴室の洗剤のことくらいでしょうか。シリアの首都ダマスカス近郊で、塩素ガスや神…04月14日 00時00分
  • #2015 ますらおの 涙を袖にしぼりつつ ・・・
    【旧 二月廿八日 大安】清明・鴻雁北(こうがんかえる) NHK大河ドラマ「西郷どん」では小栗旬が坂本龍馬を演じると発表されました。もうひとり気になるのが佐賀の乱の江藤新平。こちらは噂ですが、遠藤憲一だそうです。今日はその江藤新平が処刑された…04月13日 00時00分
  • #2014 暖かき 余寒なるかな 音たてず ・・・他全三首
    【旧 二月廿七日 仏滅】清明・鴻雁北(こうがんかえる)夢くらき 夜半や小窓を おし開き星のひとつに顔照らさしむ 〜窪田空穂『まひる野』 今日は窪田空穂が亡くなって51年目にあたります。明治10年、長野県東筑摩郡(現松本市)に生まれた窪田空穂…04月12日 00時00分
  • #2013 海溝の ふかきところに 淡あはと ・・・他一首
    【旧 二月廿六日 先負】清明・鴻雁北(こうがんかえる) 春という清々しい季節を厭う人はもともとはあまりいなかったはずです。しかしスギ花粉やヒノキ花粉が散乱するようになってからは少々変わってきました。そろそろ花粉の季節が終わりますが、今度は黄…04月11日 00時00分
  • #2012 春霞 たつを見すてて ゆく雁は ・・・他全三首
    【旧 二月廿五日 友引】清明・鴻雁北(こうがんかえる) 七十二候、「玄鳥至(つばめきたる)」に続く第14候は「鴻雁北(こうがんかえる)」。夏の渡り鳥、燕がやってきた後、入れ替わるように冬の渡り鳥、雁は北の国へ帰っていきます。帰雁をよめる春霞…04月10日 00時00分
  • #2010 かくしあらば 何か植えけむ 山吹の ・・・
    【旧 二月廿四日 先勝】清明・玄鳥至(つばめきたる) さくらさくらと言ってる間に晩春から初夏にかけて次々と色々な花が咲いては枯れていきます。この時季は黄色い花を咲かせる植物が多いのですが、ヤマブキもその一つ。しかしヤマブキのオレンジがかった…04月09日 00時00分
  • #2010 花さそふ 比良の山風 吹きにけり ・・・他一首
    【旧 二月廿三日 赤口】清明・玄鳥至(つばめきたる) 日本人が桜の花をこよなく愛するのは咲き誇る姿だけではなく、その散り際の見事さにもあるのでしょう。本居宣長の大和心の歌にあるような精神的な潔さだけではなく、風に散る花吹雪の鮮やかさや水面を…04月08日 00時00分
  • #2009 曇りなき 春の朝日の 黄金の ・・・
    【旧 二月廿二日 大安】清明・玄鳥至(つばめきたる) 4月前半は入学式が続きます。私の母校、関西大学では先陣を切って4月1日に入学式が行われましたが、逆に殿(しんがり)は東京大学の4月12日。やはり受験勉強の疲れを十分にとってから来てくださ…04月07日 00時00分
  • #2008 門並に 柳植ゑたる 家つづき ・・・
    【旧 二月廿一日 仏滅】清明・玄鳥至(つばめきたる) 二十四節気「清明」の初候は七十二候の第13候「玄鳥至(つばめきたる)」。昨日4月5日から9日まで。冬の間に東南アジアの暖かい島々で過ごしていた燕がやって来る頃です。泥と枯れ草を唾液で固め…04月06日 07時11分
  • #2007 あさみどり 澄みわたりたる 大空の ・・・他俳句
    【旧 二月廿日 先負】清明・玄鳥至(つばめきたる)清明の路ゆくばばが念珠かな 〜飯田蛇笏 今日は二十四節気の5番目「清明」。この二文字からもにじみ出るように、万物がすがすがしく美しく見える頃です。『暦便覧』には「万物発して清浄明潔なれば、此…04月05日 00時00分
  • #2006 ほんたうの差別について語らへば ・・・他一首
    【旧 二月十九日 友引】春分・雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす) 3月3日は桃の節句、5月5日は端午の節句。女の子のお祭りと男の子のお祭りに挟まれた今日4月4日は「トランスジェンダーの日」と定められていた時期があります。性同一性障害者…04月04日 00時00分
  • #2005 桜花 咲きかも散ると 見るまでに ・・・他一首
    【旧 二月十八日 先勝】春分・雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす) 今年は例年になく桜の開花が早くなりました。したがってお花見のシーズンも足早に過ぎていこうとしています。いつもなら新入社員の歓迎会を兼ねたお花見をしているのに、新人はまだ…04月03日 00時00分
  • #2004 ありのまま 幸も不幸も うけ入れて ・・・
    【旧 二月十七日 赤口】春分・雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす) 今日から始まるNHK連続テレビ小説第98作目は『半分、青い。』。主人公の設定が1971年生まれと、私よりも若いというのはひょっとしたら初めてなのかもしれません。描かれる…04月02日 00時00分
  • #2003 そうだとは 知らずに乗った 地下鉄が ・・・他一首
    【旧 二月十六日 大安】春分・雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす) 阪急、近鉄、南海、京阪、阪神の関西の大手私鉄5社に次ぐ新しい私鉄が今日4月1日からスタートします。計9路線で年間輸送人員は約9億人と、最多の阪急を大きく上回る事業規模と…04月01日 00時00分