万葉歳時記 一日一葉

登録ID
1597028
サイト名称
万葉歳時記 一日一葉
URL
http://blog.livedoor.jp/rh1-manyo/
紹介文
やまとうたは言葉の架け橋です。 『万葉集』を中心に、昔と今を結ぶ日本人のこころの歌を歳時記にしました。
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 2 / 179人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • シューベルトの絶望の果てに まだつづく ・・・
    【旧 十月二日 大安】立冬・金盞香(きんせんかさく) 1797年、オーストリア、ウィーン郊外のリヒテンタールに生まれシューベルトがベートーヴェンに初めて逢ったのは25歳の時。ベートーヴェンはシューベルトより27歳年長です。彼は若きシューベル…11月19日 00時00分
  • #1869 神無月 暮れやすき日の 色なれば ・・・他一首と俳句
    【旧 十月一日 仏滅】立冬・金盞香(きんせんかさく)風寒し破れ障子の神無月 〜山崎宗鑑 今日は旧暦十月一日。「神無月」です。寒さはもちろん、日暮れも冬至にむかってどんどん早くなってきます。ちなみに大阪の今日の日の出は6時33分、日の入は16…11月18日 00時00分
  • #1868 黄金もて つくれる月を 銀の ・・・
    【旧 九月廿九日 先勝】立冬・金盞香(きんせんかさく) 今日は七十二候の第57候、「金盞香(きんせんかさく)」。二十四節気「立冬」の末候にあたります。金盞とは金の盃のことで、金盞香とは水仙のこと。春になると黄色い花を咲かせる金盞花(キンセン…11月17日 00時00分
  • #1867 窓の外に 白き八つ手の 花咲きて ・・・
    【旧 九月廿八日 赤口】立冬・地始凍(ちはじめてこおる) 「地始凍」とまではいきませんが、一昨日の時雨のあと、すっかり冬らしい寒さになりました。週末には大阪でも最低気温が5℃を下回りそうで、これは1月上旬並みの気温だとか。ウコギ科の常緑低木…11月16日 00時00分
  • #1866 わたつみの 浜の真砂を かぞへつつ ・・・
    【旧 九月廿七日 大安】立冬・地始凍(ちはじめてこおる) 一応今日は「七五三」の日。一応、と言うのはかつては旧暦の十一月十五日であったからというだけではなく、今ではこの日ならずとも11月中のお参りができる日であればいつでもよいということにな…11月15日 00時00分
  • #1865 宵に逢ひて 朝面なみ 隠野の ・・・他一首
    【旧 九月廿六日 仏滅】立冬・地始凍(ちはじめてこおる) 皆さんの地域ではもう紅葉が見頃になっていますでしょうか。桜の開花を気象庁が発表するのに使われている「標本木」は生物季節観測のひとつで、桜に限らず、アジサイやイチョウ、カエデに関しても…11月14日 00時00分
  • #1864 さち願い 親が名付けし 名も哀し ・・・
    【旧 九月廿五日 先負】立冬・地始凍(ちはじめてこおる) 神奈川県座間市の殺人遺体損壊事件の被害者全員の身元が新聞に掲げられました。瑞季(21)、匠吾(20)、紅葉(15)、日菜子(19)、仁美(26)、あかり(17)、夏海(17)、一美(…11月13日 00時00分
  • #1863 凍土に 花の咲かずと 嘆く歳は ・・・
    【旧 九月廿四日 友引】立冬・地始凍(ちはじめてこおる) 16日まで 今日は、七十二候の第56候「地始凍(ちはじめてこおる)」。寒気によって大地も凍り始めるといった意味。二十四節気「立冬」の次候にあたります。空気中の水分が氷の結晶となると霜…11月12日 00時00分
  • #1862 なれや知る 都は野辺の 夕ひばり ・・・
    【旧 九月廿三日 先勝】立冬・山茶始開(つばきはじめてひらく) 11月11日はなんとかの日という記念日が10月10日につづいて2番目に多い日だそうです。Wikipediaによると、その数約30(ほんとはもっとありそう)。ただし殆どが1111…11月11日 00時00分
  • #1861 父君を見舞ひて出づる晴れし日の ・・・他全三首
    【旧 九月廿二日 赤口】立冬・山茶始開(つばきはじめてひらく) 平成は30年まで、あるいは31年のどこかの時点で幕を引き、次の元号に改まることが決まっています。日本の歴代元号の中で最も長く続いたのはその前の「昭和」で、64年までありました。…11月10日 00時00分
  • #1860 世のことを 何かなげかむ とる筆も ・・・他一首
    【旧 九月廿一日 大安】立冬・山茶始開(つばきはじめてひらく) 徳川慶喜が「大政奉還上表」を朝廷に提出し、受理されたのは1867年11月9日(慶応三年十月十四日)のこと。今からちょうど150年前の今日でした。その前日、二条城で在京諸藩の重臣…11月09日 00時00分
  • #1859 水昏れて 石蕗の黄も 昏れゆけり ・・・他一首と俳句
    【旧 九月廿日 仏滅】立冬・山茶始開(つばきはじめてひらく)石蕗の黄に十一月はしづかな月 〜後藤比奈夫 晩秋から初冬にかけてのこの時季、一気に紅葉が進んでいく中でひときわ目立つ黄色い花を咲かせているのが石蕗(つわぶき)です。俳句では初冬の季…11月08日 00時00分
  • #1858 寺庭に 夕静あゆみ さむけきに ・・・
    【旧 九月十九日 先負】立冬・山茶始開(つばきはじめてひらく) 今日は二十四節気19番目の「立冬」。『暦便覧』には「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」とあり、初めて冬の気配が表れてくる日であるとしています。期間としては次の「小雪」の前日…11月07日 00時00分
  • #1857 弟に 本読み聞かせ ゐたる夜は ・・・他全三首
    【旧 九月十八日 友引】霜降・楓蔦黄(もみじつたきばむ) 10月27日から11月9日まで、すなわち文化の日を挟んでの二週間は「読書週間」とされています。以前から若者の活字離れが叫ばれていて、書籍の出版や新聞の発行部数が減少し続けています。い…11月06日 00時00分
  • #1856 さし出づる 影にちしほの 色見えて ・・・
    【旧 九月十七日 先勝】霜降・楓蔦黄(もみじつたきばむ) 江戸時代、荷田春満、賀茂真淵、平田篤胤とともに「国学の四大人(しうし)」の一人と称された本居宣長が71年の生涯を閉じたのは1801年の11月5日。今から216年前の今日のこと。『古事…11月05日 00時00分
  • #1855 右足でペダル踏むとき メンデルスゾーンの・・・
    【旧 九月十六日 赤口】霜降・楓蔦黄(もみじつたきばむ) 今から170年前の今日(1847年11月4日)、ドイツロマン派の作曲家、メンデルスゾーンが亡くなっています。晩年の、といってもたった38年の短い生涯でしたが、おそらくは神経症と過労が…11月04日 00時00分
  • #1854 目の見えぬ 神に向ひて 耻ざるは ・・・他一首
    【旧 九月十五日 大安】霜降・楓蔦黄(もみじつたきばむ) 「文化の日」の趣旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめること」とされています。では文化とは何でしょうか。「社会を構成する人々によって習得・共有・伝達される行動様式ないし生活様式の総体」…11月03日 00時00分
  • #1853 故郷の 初黄葉を 手折り持ち ・・・
    【旧 九月十四日 仏滅】霜降・楓蔦黄(もみじつたきばむ) 今日は七十二候の第54候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」。木々は落葉の前に緑から赤や黄色に色を染め始めます。二十四節気「霜降」の末候にあたり、この5日間が過ぎればもう「立冬」を迎えるこ…11月02日 00時00分
  • #1852 先まくり いま二夜をば 満てずして ・・・他一首
    【旧 九月十三日 先負】霜降・霎時施(こさめときどきふる) 秋の名月と言えば中秋八月十五日、すなわち十五夜の月でしたが、実はもう一度「後(のち)の月」として愛でられた名月の日があります。それが今日、旧暦九月十三日の十三夜です。「後の月」のほ…11月01日 00時00分
  • #1851 南瓜の種 煎りて与ふる 夜長なり ・・・他一首
    【旧 九月十二日 友引】霜降・霎時施(こさめときどきふる) 今日はハロウィン。日本での盛り上がりは年々高まり、今や若者たちの間ではクリスマスを凌ぐほどになりました。その理由のひとつは仮装パーティーなど参加型のイベントになっているからかもしれ…10月31日 00時00分
  • #1850 北斎は 左利きなり 雨雲の ・・・他俳句
    【旧 九月十一日 先勝】霜降・霎時施(こさめときどきふる) 現在(2017年10月6日〜11月19日)大阪のあべのハルカス美術館で開催中の展覧会、『北斎−富士を越えて』は大英博物館との国際共同プロジェクトです。大英博物館やメトロポリタン美術…10月30日 00時00分
  • #1849 韓藍の やしほの衣 ふかけれど ・・・他一種
    【旧 九月十日 赤口】霜降・霎時施(こさめときどきふる)鶏頭は 冷たき秋の 日にはえて いよいよ赤く 冴えにけるかも 〜長塚節 『長塚節歌集』 鶏頭は耐暑性があるので、早いものでは7月頃から咲くのですが、寒さにはからっきし弱いのでそろそろシ…10月29日 00時00分
  • #1848 時待ちて 降りししぐれの 雨やみぬ ・・・他一首
    【旧 九月九日 大安】霜降・霎時施(こさめときどきふる) 今日は七十二候の第53候「霎時施(こさめときどきふる)」。二十四節気「霜降」の次候にあたります。もともと二十四節気も七十二候も古代中国から伝わった季節を表す言葉です。ただし、二十四節…10月28日 00時00分
  • #1847 勅封の 笋の皮 切りほどく・・・ 他一首
    【旧 九月八日 仏滅】霜降・霜始降(しもはじめてふる) 明日28日から11月13日まで、奈良国立博物館で「第69回正倉院展」が開催されます。今回出陳されるのは北倉(聖武天皇・光明皇后ゆかりの品)から10件、中倉(東大寺の儀式関係品・文書など…10月27日 00時00分
  • #1846 いつの間に 空のけしきの 変るらん ・・・
    【旧 九月七日 先負】霜降・霜始降(しもはじめてふる) 台風21号が大暴れしたあと今度は22号が虎視眈々日本列島に進路をとってきています。しかし本来この時季に起こるはずの自然現象といえば、「木枯らし」でしょう。木枯らしは「霜降」から次の「立…10月26日 00時00分
  • #1845 逢ふことも 今はなきねの 夢ならで ・・・他一首
    【旧 九月六日 友引】霜降・霜始降(しもはじめてふる) 承保元年10月3日、一条天皇の皇后にして後一条天皇、後朱雀天皇の母でもある藤原彰子(しょうし=上東門院)が崩御しました。西暦では1074年10月25日、今から943年前の今日のことです…10月25日 00時00分
  • #1844 秋晴の ひかりとなりて 楽しくも ・・・
    【旧 九月五日 先勝】霜降・霜始降(しもはじめてふる) 長い長い秋雨が約2週間、そして最後にとどめを刺すように台風が過ぎていきました。やっと秋らしい晴天が戻りましたが、10月の台風は甚大な被害を及ぼす恐れが多いと言われています。私も保険代理…10月24日 00時00分
  • #1843 朝霜の 消やすき命 誰がために ・・・他俳句
    【旧 九月四日 赤口】霜降・霜始降(しもはじめてふる)初霜や落葉の上の青笹に 〜泉鏡花 今日は二十四節気の18番目「霜降」。『暦便覧』には「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」とあり、夜露が冷気によって霜となって降り始める頃ということ。…10月23日 00時00分
  • #1842 衣笠が 仁王の如く 守りたる ・・・
    【旧 九月三日 大安】寒露・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) プロ野球クライマックスシリーズのファイナルシリーズが文字通りのクライマックスに差し掛かってきました。私は阪神ファンですが、尊敬する人物として名前をあげている方は元広島東洋カープの鉄…10月22日 00時00分
  • #1841 秋の夜は はやなが月に 成りにけり ・・・他一首
    【旧 九月二日 仏滅】寒露・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) 旧暦における月の名前で最も多く古歌詠まれているのは「五月(さつき)」だそうです。数えるわけにはまいりませんが、たしかに万葉集を例にとっても、ほととぎすが鳴きはじめ、五月雨が降る季節…10月21日 00時00分
  • #1840 雲よりも 高き所に 出でてみよ ・・・他一首
    【旧 九月一日 先負】寒露・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) 臨済宗の禅僧、夢窓疎石が76歳で亡くなったのは西暦1351年10月20日。今から666年前の今日のこと。和暦では観応2年、または正平6年の9月30日。年号が2つあるのは南北朝時代で…10月20日 00時00分
  • #1839 身にさむく 秋の夜風の 吹くからに ・・・
    【旧 八月三十日 先勝】寒露・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) 旧暦の八月は今日が晦日。明日九月はもう晩秋になります。日暮れも早くなって、ここ大阪では17時19分に日の入り。明日の日の出は6時13分とかなり夜の時間が長くなってきました。今日は…10月19日 00時00分
  • #1838 きりぎりす いたくな啼きそ 秋の夜の ・・・
    【旧 八月廿九日 赤口】寒露・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) 今日は七十二候の第51候、「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」。二十四節気「寒露』の末候にあたります。夏の間、働くこともせず歌とバイオリンで遊んでばかりいたキリギリスが、冬になると…10月18日 00時00分
  • #1837 秋山の 木の葉もいまだ 赤たねば ・・・他一首
    【旧 八月廿八日 大安】寒露・菊花開(きくのはなひらく) 秋らしく朝夕の気温がぐっと下がり、秋雨に野山が濡れてくると、次に待たれるのはやはり紅葉ですね。北海道や東北などではすでに見頃になっていますが、こちら大阪では紅葉はもちろん。御堂筋の銀…10月17日 00時00分
  • #1836 蓮葉の にごりに染まぬ 心もて ・・・
    【旧 八月廿七日 仏滅】寒露・菊花開(きくのはなひらく) 衆議院選挙の近い今、こう言っては何ですが、政治家の嘘にはもう慣れっこになっていて、どちらかと言うと騙されるほうが悪いと今では思っております。与党の公約違反は後で必ず結果が出ますが、野…10月16日 00時00分
  • #1835 國のため 命惜しまぬ 誠あらば ・・・他一首と川柳
    【旧 八月廿六日 先負】寒露・菊花開(きくのはなひらく)もりそばと かけそばだけで いきだおれ と、今更くだらない川柳を詠むまでもなく、民進党はとうとう分裂。党員の多くは自らの信条を曲げてでも希望の党に、また一部は無所属、あるいは立憲民主党…10月15日 00時00分
  • #1834 秋萩を 散らす長雨の 降るころは ・・・他俳句
    【旧 八月廿五日 友引】寒露・菊花開(きくのはなひらく)秋雨のつめたきことのこころよさ 〜富安風生 ここ三日間で昼間の気温がぐっと下がり続け、再び秋らしくなってきました。だいたい今まで10月とは思えない異常な暑さが続いていましたから、本来の…10月14日 00時00分
  • #1833 うすくこく うつろふ菊の まがきかな ・・・
    【旧 八月廿四日 先勝】寒露・菊花開(きくのはなひらく) 今日は、七十二候の第50候「菊花開(きくのはなひらく)」。二十四節気『寒露』の次候にあたります。菊は秋を代表する花のひとつであり、春の桜とともに日本を代表する花でもあります。秋になる…10月13日 00時00分
  • #1832 難波がた 霧間の小船 こぎかへり ・・・他俳句
    【旧 八月廿三日 赤口】寒露・鴻雁来(こうがんきたる)秋の夜をうち崩したる噺哉 〜芭蕉 今日は「芭蕉忌」につきこの句から。松尾芭蕉が大坂で息を引き取ったのが元禄七年十月十二日(1694年11月28日)。323年目の芭蕉忌ですね。さて、この句…10月12日 00時00分
  • #1831 葦辺なる 荻の葉さやぎ 秋風の ・・・他俳句
    【旧 八月廿二日 大安】寒露・鴻雁来(こうがんきたる)草木より人翻る雁渡し 〜岸田稚魚 日本語で風の名前がどれだけあるかとおもって辞書を広げると(電子辞書ですが)あまりの多さに数を数えるのは諦めました。その地方、あるいは特定の山から吹く限定…10月11日 00時00分
  • #1830 白雲に 心をのせて ゆくらくら ・・・他一首
    【旧 八月廿一日 仏滅】寒露・鴻雁来(こうがんきたる) 私がはじめてパソコンなるものを買ったのは1996年の春でした。Windows95が出て数ヶ月後のこと。ドキドキしながらスイッチを入れると、青空にWindowsのロゴマークがはためいてい…10月10日 00時00分
  • #1829 万国旗に 雨滴りて 水溜まる ・・・他一首
    【旧 八月廿日 先負】寒露・鴻雁来(こうがんきたる) 体育の日ですね。もともとは1964年に行われた東京オリンピックの開会式を記念して10月10日を体育の日にしていました。その後しばらくは学校の運動会もこの日や、その周辺の日曜日に行うことが…10月09日 00時00分
  • #1828 秋の夜の 露をばつゆと おきながら ・・・
    【旧 八月十九日 友引】寒露・鴻雁来(こうがんきたる) 今日は二十四節気の17番目、「寒露」です。露が冷気によって凍りそうになる頃で、『暦便覧』では「陰寒の気に合って露結び凝るらんとすればなり」と記されています。期間としては次の「霜降」の前…10月08日 00時00分
  • #1827 ももしきや 古き軒端の しのぶにも ・・・
    【旧 八月十八日 先勝】秋分・水始涸(みずはじめてかるる) 源実朝亡き後の将軍継嗣問題に端を発した後鳥羽上皇と北条義時との対立から、上皇が倒幕の兵を挙げたのが1221(承久3)年5月。承久の乱の勃発です。このひと月前、父後鳥羽上皇以上に倒幕…10月07日 00時00分
  • #1826 立ちそむる 霧かとみれば 秋の雨の ・・・他一首と俳句
    【旧 八月十七日 赤口】秋分・水始涸(みずはじめてかるる)秋の雨月になる夜のおもしろや 〜正岡子規 今日は沖縄と北海道を除いてほぼ全国的にお天気が崩れてきそうです。九州から近畿は雷を伴う大雨になる恐れもあるとか。雨のイメージを音で表現すると…10月06日 00時00分
  • #1825 風のおとに 秋の夜ぶかく 寝覚して ・・・
    【旧 八月十六日 大安】秋分・水始涸(みずはじめてかるる) 昨日の大阪の最高気温は22℃。先週の最高気温が30.4℃あったことを思えば雨を挟んで一気に8℃も気温が下がった事になります。もちろん朝夕も一段と涼しくなって、今日の最低気温は15℃…10月05日 00時00分
  • #1824 去年見てし 秋の月夜は 渡れども ・・・
    【旧 八月十五日 仏滅】秋分・水始涸(みずはじめてかるる) 今日10月4日は十五夜。中秋の名月が見られる旧暦八月十五日です。ただし今日の月齢は13.9で、15.0の満月になるのは明日の夜、それも日付が10月6日に変わったあとになります。とい…10月04日 00時00分
  • #1823 雲隠り 鳴くなる雁の 行きて居む ・・・
    【旧 八月十四日 先負】秋分・水始涸(みずはじめてかるる) 秋分の末候、七十二候の第48候は「水始涸(みずはじめてかるる)」。豊穣の秋、これまで稲を育ててきた水田の水を落として、いよいよ稲刈りを始める時季です。ちなみに、民間調査会社の米穀デ…10月03日 00時00分
  • #1822 初恋の 終わった夜の えびす橋 ・・・他一首
    【旧 八月十三日 友引】秋分・蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ) NHK、朝の連続テレビ小説「ひよっこ」に続いて、今日から始まる「わろてんか」。主人公のモデルとなった吉本興業創業者の吉本せいは山崎豊子の小説『花のれん』のモデルにもなり、幾度…10月02日 00時00分
  • #1821 奥山に もみぢ踏み分け 鳴く鹿の ・・・他一首
    【旧 八月十二日 先勝】秋分・蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ) 今日から10月。先週発表された長期予報によると、今月は平年より気温が低くなるところが多く、秋は一気に深まるそうです。我が家でも既に先週、タオルケットから羽毛布団に変えておりま…10月01日 00時00分