天竺堂の本棚

登録ID
1599136
サイト名称
天竺堂の本棚
URL
http://tenjikudo.com/book/
紹介文
読書は娯楽の最高峰。楽しい読書体験をつづります。
カテゴリ
  • 書評・レビュー (100%) - 28 / 196人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 「突き止めてやる」なんて気負わずに 『エジプト十字架の秘密』
    名高い「国名シリーズ」の5作目。クイーンの代表作にも数えられるとか。 磔にされた首無し死体。古代エジプトの太陽神を名乗る狂人。孤島にひそむヌーディストのカルト集団。ヨーロッパの旧家に伝わる宿怨。渋いスポーツカーを駆る探偵。意外や意外の真犯人…02月14日 14時47分
  • 奴隷を逃がすトンネル網 『地下鉄道』
    沢木耕太郎の『深夜特急』に、旅人を乗せてユーラシア大陸の闇夜を走る特急列車なんか出てこない。 ところが、本書には「地下鉄道」が登場する。 本来は19世紀アメリカで黒人奴隷たちを南部諸州から逃亡させてた秘密組織を指す言葉らしいけど、この物語で…02月01日 17時18分
  • イラっとくるやら恥ずかしいやらホッとするやら 『色彩を持たない多崎つくると、彼の…
    主人公は鈍感なんじゃなかろうか。 人生の重大な岐路が迫っていても、相手が繊細な内面を明かしてきても、ありのままには認識せず、夢や幻みたく“不思議な出来事”として捉えてしまう。 で、後から「あれは何だったんだろう?」なんて首をかしげたりする。…01月19日 16時47分
  • 台風みたいな物語 『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』(上・下)
    前作からそのまま続いて怒涛の展開。 ただし、大暴れしたヒロインのリスベットは、本作ではあまり動かない(動けない)。 国家を揺るがす陰謀と戦う主人公たちのグループと、陰謀を画策した秘密組織が、ヒロインを中心にビュンビュン走り回ってるカンジ。リ…01月15日 17時29分
  • ヒロインの魅力につきる 『ミレニアム2 火と戯れる女』(上・下)
    これはもう、主役級ヒロイン、リスベット・サランデルの魅力につきます。 小柄で痩せぎすで無愛想。恰好はトゲトゲしいパンクファッション。20代後半なのにハイティーンにも見える。虚弱そうだけど、実はボクシングの心得があり、修羅場に強い。凄腕のハッ…01月11日 16時43分
  • 伯爵や名探偵や博士たちが 『虚ろなる十月の夜に』
    ロジャー・ゼラズニィによる、ホラー風味のファンタジー。 19世紀のロンドン近郊を舞台にした魔術的ゲーム、恐るべき何かを召喚しようとする者と、それを阻止しようとする者の暗闘を描く。 主人公は犬で、ゲームに加わってる“切り裂きジャック”の相棒(…01月06日 16時19分
  • 政治への無関心を嘆く前に 『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』
    選挙において「泡沫候補」と揶揄される人びとに密着した、ユニークなルポルタージュ。 著者は「無頼派独立候補」との呼称を用い、ジャーナリストとして一定の距離を保ちながらも、個々の人柄や主張などを丁寧に取材してる。 政党や組織の後盾を持たず、“手…01月02日 12時55分