息子の嫁が嫌い

登録ID
1612480
サイト名称
息子の嫁が嫌い
URL
http://maikofamily.blog.fc2.com/
紹介文
一人息子の夫婦と二世帯同居生活をはじめてから、私の息子と旦那は嫁によって狂わされていきました。
カテゴリ

※最新の記事

  • いい歳した女がバカみたいなことをして
    私は嫁にさっき囁かれた指令を忠実に実行してしまっていました。牛のモノマネをして「モーモー」と言いながら宴会場の中を歩いたかと思うといきなり「ヒヒーン」と言って馬になり両手を前足に見立てて掲げながら走って見せたり、脚を折り曲げて歩いてアヒルに…05月27日 11時30分
  • 嫁の命令に従わなければならない屈辱
    宴会場の中で鳴り止まない拍手と「アンコール!」の嵐の中、ついに私は嫁がさっき囁いた指令を実行することにしたのです。「それでは皆さんのご期待に応えましてネタを披露させていただきます。コント『サファリパーク』!」それは屈辱の口上でした。私はゆっ…05月26日 11時30分
  • 私を何処まで貶めれば気が済むの
    宴会場の中と外から湧きあがる拍手と「アンコール!」の合唱に、いつのまにか噂を聞きつけた他のお客さん達や、旅館の仲居さんたちも集まってきていました。いやぁ、来ないで、そんなに集まらないで。私は顔を引きつらせながら怯えていると嫁がゆっくりと私の…05月25日 11時30分
  • 旅館の宴会場で窮地に立たされたんです
    宴会場にいるお客さんは拍手をしながら「アンコール!」「アンコール!」と私に向かって合唱してきたのです。嘘でしょ・・・。私はみっともないモノマネ芸を終えてホッとしていてまたそれをするなんて考えられませんでした。私は芸人じゃないんです。私はただ…05月24日 11時30分
  • 半端ない嫁からの圧力に押しつぶされました
    私が旅館の宴会場のど真ん中でお猿さんのものまねをしていると、いつしか宴会場の開かれた扉の向こうにも浴衣姿のお客さん達がだんだん増えていました。いやぁ見ないで・・・。皆の好奇と蔑みの視線を感じ、居たたまれなくなったのです。こんなサルのものまね…05月23日 11時30分
  • 嫁は本当に鬼です
    嫁の嫌がらせによって、宴会場にいるお客さんだけでなく宴会場の外にいたお客さんの視線まで一身に浴びてしまった私は、一気に恥ずかしさが何倍にも膨らんだ中で、最後のお猿さんのものまねをしなければならなかったのです。恥ずかしさに震える右手を頭の上に…05月22日 11時30分
  • 嫁の陰湿な嫌がらせを受けました
    私がゾウのモノマネをしながら宴会場の中を一周すると、続いて馬のモノマネ、牛のモノマネを同じようにさせられるのでした。そして、最後のお猿さんのものまねを披露しようとしている時でした。舞台袖に立っていた嫁が、宴会場の扉の方に移動してその扉を開け…05月20日 11時30分
  • こんな姿を撮らないで・・・
    旅館の宴会場は異様な熱気に包まれていました。私と同世代の男女は、突然現れた素人の私の見せる動物ものまねにハマったのか大爆笑の渦だったのです。そして、舞台袖に立つ嫁は意味深な笑みを浮かべながら私の様子をスマホで撮影しているのでした。こんな姿を…05月19日 11時30分
  • 嫁が用意した屈辱の舞台に立たされました
    私は舞台袖で心を決めたのでした。もうやるしかない。そして両手を叩きながら、満面の笑みを浮かべて宴会場の舞台に小走りで駆けていったのです。「どうもぉ〜」いつものセリフを吐くと、定番のアヒルのものまねから始めました。宴会場はすでに酔っぱらったお…05月18日 11時30分
  • 正気じゃない嫁に怯える私
    私が宴会場の舞台で仲居さんから紹介されると隣にいた嫁が私の耳元で囁いてきました。それは、これから私が披露するネタの説明でした。なんてひどい嫁なの・・・。いつもとは違うこんな大勢の他人様の前でそんな恥ずかしいマネをさせるなんて正気じゃない。私…05月17日 11時30分
  • 私は嫁を心から恨みました
    宴会場の中は30人くらいの浴衣を着た人たちで盛り上がっていました。年齢層はほとんどが私と同世代で男女半々くらいでした。こんなところでモノマネを披露しなくちゃいけないの・・・私は嫁を心から恨みました。そして宴会場の舞台に立つと、仲居さんが大き…05月16日 11時30分
  • この歳でいざ決戦の舞台へ
    嫁はなぜか旅館の宴会場の扉の前で仲居さんと立ち話をしていました。そして立ち去ろうとするところを嫁から強引に呼び止められた私は嫌々近づいていくと、嫁は恐るべき提案をしてきたのです。それは、私の家政婦としての命令でもありました。今からこの宴会場…05月15日 11時30分
  • 嫁の黒い陰謀に呑みこまれていきました
    私たち家族が宿泊した旅館の一階にはお土産物屋さんがあり、そこで私が一人ぶらぶらしていると近くにある宴会場から大きな笑い声が時々聞こえてきたのです。どうやら団体客が泊まりに来てて宴会場で盛り上がっているようでした。私は特に気にすることもなく部…05月13日 11時30分
  • それは嫁との場外戦のはじまりでした
    旅の目的地は山間部にある旅館でした。私たち夫婦と息子夫婦はそれぞれの部屋に分かれると、私と旦那は久しぶりの解放感を味わうことが出来ました。家の中では嫁に虐げられ、安らげる居場所などほとんどなかったのです。挙句に私は家政婦のように仕事をこなし…05月12日 11時30分
  • 嫁は絶対になにか仕掛けてくる
    家族での数カ月ぶりの旅行は列車で行く二泊三日のものでした。以前、息子の運転する車で旅行に行った時には助手席に座る嫁と後部座席に座る私の間でいきなりラップバトルが勃発して一触即発になった苦い経験があったので息子は列車で行くことに決めたみたいで…05月11日 11時30分
  • 鬼嫁と一緒に旅に出ることになりました
    こないだの連休中に、私たちは家族で旅行に出かけてきました。当初は、息子と嫁の二人だけで行く予定みたいだったのですが、息子が私のことを不憫に思ったのか私と旦那も強引に誘ってくれたのです。嫁は最初は嫌な顔をしていたもののなぜか息子の意見を受け入…05月10日 11時30分
  • REVERSE −嫁に堕とされた私ー
    嫁のいたぶりが続くうちに、いつしか私は町内の人達のほとんどに、みっともない芸を見られてしまっていました。その中のほとんどは昔からの顔なじみで嫁がこの家に来る前から知っていた人達でした。「あの人、どうしちゃったのかしら」「昔はあんな恥ずかしい…05月09日 11時30分
  • エスカレートする鬼嫁の嫌がらせ
    私が自分の家で「家政婦」として扱われているにも関わらず、だんだん元気を取り戻してくる姿に嫁はすこし驚いているようで、楽しくないみたいでした。そして、私にさらなる試練を与えてきたのです。それはもはや毎日の日課になってきていた「余興」のお仕事を…05月08日 11時30分
  • だんだん生きる力が湧いてきました
    旦那も息子も、嫁に虐げられている私の事を思いやってくれました。嫁の前では相変わらず私の事を「家政婦さん」や「ちょっと」としか呼んでくれませんでしたが嫁のいないところではちゃんとフォローしてくれたのです。この家に鬼嫁が棲みついてからというもの…05月06日 11時30分
  • 私と息子の絆を断ち切れなかった鬼嫁
    鬼嫁の嫌がらせによって、私が息子の前でみっともない動物のものまねを披露させられることになった後から、私と息子の絆は再び強くなった気がしました。嫁はきっと、私に息子の前で大恥をかかせて息子を失望させ、私と息子の絆を断ち切ろうと企んでいたに違い…05月05日 11時30分
  • 鬼嫁をこの家から追放する日 Good-Bye鬼嫁
    私は息子に自分の苦悩を少しでも分かってもらえたその嬉しさで一杯になり、どんなにみっともない動物のモノマネさえ、それほど恥ずかしいとも思わずに息子の前で演じ続けることができました。そして嫁は、そんな私の姿を見て、どこか面白くないような感じで、…05月04日 11時30分
  • ただ嬉しくて でも悔しくて 鬼嫁に流す涙
    息子に理解してもらえたのかもしれないという喜びが私の心の中に広がり私も涙が溢れそうになりました。母さんはこんなこと好きでやってるわけじゃないのよ。あなたのお嫁さんに弱みを握られて今はこの家で家政婦のように生きていくしかないの。そのお仕事とし…05月03日 11時30分
  • 息子の目が潤んでいました
    息子が呟いた「母さん、ごめんな」の一言に私はドキッとしました。どうしたの急に・・・。息子の真意がすぐには読み取れませんでした。そして、何も気づいていない嫁の手前、サルのものまねを続けながら、息子の方を見ると目に少し涙が溢れだしているのか、潤…05月02日 11時30分
  • PRIDE ー息子の立派な母親であるためにー
    私はもう母親として失格だと思いました。いくら嫁に弱みを握られてしまっているから仕方ないとはいえ、実の息子の前でこんな恥ずかしいものまねを披露するなんて息子に申し訳なく思えたのです。ご近所さんや赤の他人さまに見られるのも恥ずかしいですが、実の…05月01日 11時30分
  • 息子との思い出が走馬灯のように過ぎりました
    嫁の執拗なリクエストによって私は数分間も息子の目前でサルのものまねをし続けました。あまりの恥ずかしさに頭の中が真っ白になっていき遠のいていく意識の中で、息子が小さかった頃からの思い出が走馬灯のように過ぎりました。まだ小さかった息子の手を引い…04月29日 11時30分
  • 嫁よ・・・あなただけは絶対に許さない
    ソファに座る息子の数十センチ手前に顔を近づけ、私はサルのものまねをさせられました。事前に嫁から教えられたように右手を頭の上に当て、左手をあごの下に当てて「ウキキキ」と言わなければならないのでした。それはとてもサルのものまねと呼ぶにはお粗末な…04月28日 11時30分
  • この世の果てで私を嘲笑う嫁
    私のモノマネを見慣れているはずの嫁はそれでも手を叩きながら爆笑していました。きっと、私が息子の前で恥をかいている姿が面白くて仕方ないに違いありません。そして嫁は、黙ったまま呆然としている息子に向かって「お義母さん、すごい面白い芸できるのねぇ…04月27日 11時30分
  • 息子は私の気がおかしくなったと本気で心配してました
    私がアヒルのものまねを始めると嫁は、「きゃっきゃ」「きゃっきゃ」と爆笑していました。しかし、隣に座っている息子は「どうしちゃったの?」と言わんばかりに私の方を心配そうに見ているのでした。きっと私が気が変にでもなったと思っているに違いありませ…04月26日 11時30分
  • 好きでこんなことしてるわけじゃないんです
    日曜日の約束の時間がきました。リビングの扉の前で深呼吸を何度かしたあと、私はおもいきってリビングの扉を開けると両手を叩きながら小走りでソファに座る息子と嫁の前に駆けていったのです。「どうもぉ〜」無理やり作った笑顔で二人の前に立った私は息子と…04月25日 11時30分
  • 悪徳プロデューサーである嫁
    それは日曜日の午後の出来事でした。嫁が例の「余興」の仕事を入れてきたのです。家政婦として扱われている私も、日曜日だけは休みが与えられていました。ところがその日は、翌日月曜日の振替扱いということで初めて日曜日に「余興」のお仕事をさせられること…04月24日 11時30分
  • 嫁からのあまりにもエグイ提案
    嫁が実家から戻って来るまでは、私の事を守ろうとしてくれていた息子も今ではすっかり大人しくなってしまい、嫁に家政婦としてこき使われている私の事を見て見ぬふりをするのでした。いったい何時からそんなふうになってしまったの。母さんのこんな哀れな姿を…04月22日 11時30分
  • 息子からも物のように扱われてます
    旦那は相変わらず、同居する嫁の前では私の事を「家政婦さん」と呼ばされていました。それでも、夫婦の部屋で二人きりになるといつも申し訳なさそうに謝ってくるので私も旦那が「家政婦さん」と呼んでくる事を受け入れられるようになっていったのです。そして…04月21日 11時30分
  • 自分の中の大事ななにかを失った日
    家の近所の公園での屈辱のものまねショーを終えた私は、嫁と一緒に家に帰りました。もう身も心もクタクタでした。大勢の他人様の前であんな恥ずかしい真似をするなんて、それはまさに自分の中の大事ななにかを失った日でした。それでも家に帰った私は心を整理…04月20日 11時30分
  • ようやく地獄のステージから解放されました
    嫁に公園に連れてこられてからすでに一時間以上が過ぎていました。私の余興を失笑しながら見ていた奥さん達は呆れた顔で、夢中になっている子供の手を引いて公園から帰りだしました。「ほんといい歳してよくやるわ」「なんかここまでくると可愛そうね」「もう…04月19日 11時30分
  • もう早く家に帰りたいです
    家の近所にある公園では、嫁プロデュースによる私のものまねショーが続いていました。そして時間が経つにつれて、たまたま公園の近くを通りがかった買い物帰りの奥さん達や子供を遊びに連れてきていた若いお母さん達まで人だかりにつられるように集まってきて…04月18日 11時30分
  • 笑いと憐みの眼差しで見つめられました
    何の事情も知らない小さな子供たちは私にやって欲しい動物のものまねを次々と言ってきたのです。その無邪気な一つ一つのリクエストにそこに集う大人たちは失笑しながらも手を叩き、「お義母さんお願いしま〜す」と煽りたてるのでした。公衆の面前で引くに引け…04月17日 11時30分
  • 嫁のせいで窮地に追いこまれました
    調子に乗った嫁は、私に公衆の面前で色んな動物のものまねを披露するように言ってきたのです。そしてそこにいた小さな子供たちに「なんかおばあちゃんにやってもらいたい動物さんのものまねあるぅ?」と聞き、小さな子供を巻き込んで私を羞恥攻めしてくるので…04月16日 11時30分
  • いきなり無茶ぶりしてきた嫁
    公園で持ちネタを一通り披露し終えた私はもうクタクタでした。ゾウのモノマネをするために右手を顔の前で激しく振り乱したり、牛の泣き真似を大きな声で何度もさせられたりした肉体的な疲労だけじゃなく面識のある公衆の面前で、こんな恥ずかしい芸をさせられ…04月15日 11時30分
  • 公園で小さな子供たちに笑われました
    家の近所の公園で、私はご近所さん達の笑い物になっていました。アヒルのモノマネからはじめると小さな子供たちが無邪気に笑いだし初めて見るご近所さん達は失笑するのでした。「お義母さんもっと声を張ってぇ!」「もっと本気出してぇ!」嫁だけでなく、嫁と…04月14日 11時30分
  • どうか笑ってやって下さい
    家の近所の公園の周りは、人通りもそれなりにあり公園の一角に集う20人くらいの人だかりに道行く人もこちらの方をちらちらと見ているようでした。そして私は、嫁に説明された屈辱の口上を述べたのです。「今日は私の余興に付き合って頂きどうもありがとうご…04月13日 11時30分
  • 悪い夢でも見ている気分
    自宅近くの公園で、大勢のギャラリーの方へと両手を叩きながら作り笑顔を浮かべて走る自分が信じられませんでした。きっと悪い夢でも見ているんだわ。目の前に映るご近所さん達の薄笑いを浮かべた顔は夢の中の世界だと必死に自分に言い聞かせました。そして観…04月12日 11時30分
  • 鬼嫁は薄笑いを浮かべてます
    公園の一角に集う群衆の中から嫁は私の事を薄笑いを浮かべながら見ていました。ほんとにひどい嫁・・・。心の中でそう呟いた後、私は高鳴る鼓動を鎮めるように覚悟を決めていきました。そして、興味津々といった面持ちで私の事を眺めている人たちの方へ向かっ…04月10日 11時30分
  • 私にとってはまさに地獄のはじまりでした
    私が嫁に腕を引っ張られながら公園の一角に集まる人達まで10メートルくらいの場所まで近づくと、嫁はそこで立ち止りました。そして私の耳元で、これからの段取りを説明してきたのです。嫁の説明する段取りは、私にとってはまさに地獄の内容でした。こんな場…04月09日 11時30分
  • 嫁は私にどこまで恥をかかせれば気が済むの
    私が後ずさりして嫁から離れようとすると嫁は私を逃がさないように腕を強く握ってきたのです。「お義母さん、さあ一緒に行きましょ。みなさんお待ちかねですよ。今日もいっぱい笑いを取って下さいね」嫁は私の腕を引っ張りながら公園へと私を連れていくのでし…04月08日 11時30分
  • 嫁からの非情な命令
    声を掛けられた公園の方を見ると、そこには二十人くらいの人達が集まっていました。嫁と同世代の主婦らしき女性とその子供たち。それに私と同世代と思われるお爺さんやお婆さんまでが集結していたのです。そして、お隣に住む奥さんの姿もそこにはありました。…04月07日 11時30分
  • 嫁にお仕置きされるのを覚悟の上で
    私は嫁に誘われるまま、身支度を整えると嫁と一緒に出かけました。いったい何処に出かけるつもりなのかしら。歩きながら考えていると、ふいに嫌な予感がしたのです。もしかして・・・。いつか嫁とご近所さん達が笑いながら喋っていたあの恐ろしい言葉を思い出…04月06日 11時30分
  • だんだん外出恐怖症になっていったのです
    嫁の前でだけ披露させられていた「余興」のお仕事はいつしかご近所さん達の前でも披露させられやがてご近所中でその噂が広がって買い物に出かける時など、遠くからご近所さん達に指を差されて笑われるようになったのです。恥ずかしい・・・。外を歩くだけでご…04月05日 11時30分
  • 私一人で嫁と戦っているわけじゃなかったんです
    息子の嫁の支配下に置かれてしまったこの家の中でプライドまでも奪われていく生活の中で旦那とお隣に住む奥さんの優しさだけが私の唯一の救いでした。私の事をちゃんと分かってくれている人がいる。私を陰で励ましてくれる人がいる。私一人で嫁と戦っているわ…04月03日 11時30分
  • プライドを捨ててでも守り抜きたいものがあります
    この家に住んでからずっと親友のようなお付き合いをして来たお隣の奥さんはやっぱり私の事をちゃんと分かってくれていました。あんな恥ずかしい芸をさせられたのも息子の嫁の命令で、プライドを捨ててでもなにかを守ろうとしているという事実をちゃんと理解し…04月02日 11時30分
  • 不覚にも涙が溢れました
    ゾウのモノマネがようやく終わった頃私はもう心身ともにクタクタになっていました。ゾウの鼻をまねて振り乱していた右手の疲れよりもあまりの羞恥と長年の親友に告げられた言葉による精神的なダメージの方が圧倒的に大きかったです。大爆笑したご近所さん達は…04月01日 11時30分