息子の嫁が嫌い

登録ID
1612480
サイト名称
息子の嫁が嫌い
URL
http://maikofamily.blog.fc2.com/
紹介文
一人息子の夫婦と二世帯同居生活をはじめてから、私の息子と旦那は嫁によって狂わされていきました。
カテゴリ

※最新の記事

  • 嫁のむごいやり方
    お隣に住む奥さんが私の芸を見ながら一言「情けない」と呟くと、嫁は満足そうな顔でゾウのものまねをする私のことを見ました。ついに長年の友人で信頼していたお隣さんにまで私が見放されてしまった瞬間が、嫁は嬉しくて仕方なかった様子でした。なんてひどい…03月27日 11時30分
  • もう逃げたい
    私がご近所さん達の前で、恥を捨てて必死にゾウのものまねをしていると嫁が、一人だけ恐い顔しているお隣に住む奥さんに声を掛けたのでした。「ウチのお義母さんの芸はどうですかぁ?」私も彼女が何て言うのか気になりながら右手を振り続けていました。すると…03月26日 11時30分
  • そんな恐い顔で見ないで
    お隣に住む奥さんは、私がゾウのものまねをはじめると急に表情を強張らせ、さっきまでの憐みと怒りが入り混じった表情から憐みが消えて怒りが沸々と湧き上がってきているような印象を受けたのです。違うの、好きでこんな恥ずかしいことしてるわけじゃないの。…03月25日 11時30分
  • お願い、笑って・・・
    私が「モーモー」鳴いている間もお隣の奥さんだけは真顔で私のモノマネを見ていたのです。恥を捨ててやらされている手前、ここまで恥をかかされたなら正直、笑ってくれた方が私も救われたのかも知れません。それでも彼女だけは、どこか寂しそうな、そしてどこ…03月24日 11時30分
  • 私になにか恨みでもあるの
    馬のモノマネをようやく許された私は続いて牛のモノマネになりました。と言ってもただ「モーモー」と言う事しかできなかったのですが、それでもいい年した私なんかが「モーモー」鳴くものだからご近所さん達は大爆笑でした。「素敵!」「すばらしい!」ご近所…03月23日 11時30分
  • それはもう完全な生き地獄でした
    お隣に住む奥さんは、数十センチの距離で馬のモノマネをする私の事を笑うこともなくただ憐みの眼差しで見つめていました。私は無理やりテンションを上げて、その眼差しを見ながら何度も「ヒヒ〜ン」とさせられたのです。それはもう完全な生き地獄でした。逃げ…03月22日 11時30分
  • 嫁のいたぶりが始まりました
    嫁は、ずっと顔を伏せたままのお隣に住む奥さんの横に座ったのです。彼女は、気心の知れた私が、きっとやむを得ない事情でこんな恥ずかしい余興をさせられているのだと悟ってわざと俯いていたのですが、そんな彼女に対して嫁はその方を擦りながら「ちゃんと、…03月20日 11時30分
  • こんな恥ずかしい姿を絶対見られたくはありません
    ご近所さん達の前で披露することになったまさかの余興は、続いて覚えたての馬のモノマネでした。両手を馬の前足のように動かしながら「ヒヒ〜ン」とやると、またしてもご近所さん達は大爆笑していたのですが相変わらずお隣に住む奥さんだけは恥ずかしそうに顔…03月19日 11時30分
  • ご近所さん達に笑い物にされました
    私がアヒルのものまねをいきなり始めるとご近所さん達は最初呆気にとられていたのですがしばらくして爆笑しだしたのです。「おもしろい!」「奥さん、こんな特技があったのねぇ」「いつも知的な感じでどこか近寄りがたかったけど人って本当分からないものねぇ…03月18日 11時30分
  • やだ、恥ずかしい・・・
    私がテンションを無理やりあげてリビングのソファに座る嫁とご近所さん達の前に登場すると、お隣に住む奥さんは恥ずかしそうに俯き、私と視線を合わせようとはしませんでした。そして他のご近所さん達は皆一様に驚いた顔で、私の事をどこかあきれた様子で見て…03月17日 11時30分
  • ご近所さん達の前で大恥をかかされました
    こないだの平日午後のことでした。ついに私の恐れていたことが起きたのです。3時に嫁が待つリビングに行くとなんとそこにはお隣に住む奥さんやご近所の奥さんたち3人が集まっていたのです。お隣の奥さんは以前に私をかくまってくれた私の味方でした。そんな…03月16日 11時30分
  • 嫁にプライドずたずたにされました
    それから「余興」のお仕事は嫁だけでなく、嫁が新たに連れてきた友人たちの前で披露させられることになり、私はアヒルのまねだけじゃじゃなく、馬や牛、そしてゾウのまねまでリクエストによりマスターさせられたのでした。私のものまねが似ていなくてもそれが…03月15日 11時30分
  • 嫁に受けた屈辱からしばらく立ち直れませんでした
    嫁だけでなくその友人たちの前でネタを披露させられた私は、しばらくの間その屈辱の出来事から立ち直ることができませんでした。もしかしたら嫁は、今まで嫁の前でだけ披露させられてきた「余興」を本気で色んな人たちの前でさせるつもりかも知れないのです。…03月14日 11時00分
  • 嫁に恐ろしいことを言われました
    嫁とその友人たちの前での余興は色んなリクエストを受けてなんだかんだで20分近くも続いたのでした。アヒルの泣き真似に至ってはまだ練習中だったにも関わらず嫁たちはすっかりはまってしまったみたいで喜んでいるアヒルの泣き真似、怒っているアヒルの泣き…03月13日 11時30分
  • 嫁の前で新ネタを披露させられました
    我が家のリビングでは、嫁とその二人の友人たちが見守る中、私は定番の平野ノラのものまねと練習したアヒルの泣き真似を披露したのです。ティッシュの空箱を改造して作った大きな携帯電話を片手に持ちながら「しもしも〜」と始めると嫁とその友人達は大爆笑し…03月12日 11時30分
  • 嫁の友人たちの前で受けた屈辱
    いつものように恥ずかしさを堪えて、無理やりテンションを上げて、両手を叩きながら「どうもぉ〜」とリビングのソファに座る嫁の前まで小走りで駆けていくとなんとそこには、嫁以外に嫁の友人が二人座っていたのです。それを見た私は思わず「どうもぉ〜」と言…03月11日 07時30分
  • アヒルの泣き真似をしながら泣きそうでした
    ある日の事でした。その日も午後三時に「余興」が入っていました。一階のリビングで待つ嫁の前で披露する予定のネタはすっかり私の定番になってしまった平野ノラのものまねと、最近マスターしかけているアヒルの泣きマネでした。和室で一人で何度も練習してい…03月10日 11時30分
  • 私は息子の嫁のピエロ
    私の仕事に「余興」が加わってからというもの私はこの家の中ですっかり息子の嫁のピエロになってしまいました。どうしてこんな風になってしまったんだろう。息子の嫁の召使いとなり、ピエロとなり余生を過ごすことになるなんてこんな惨めな生活を、息子が結婚…03月09日 11時30分
  • 毎日、屈辱の余興を続けています
    次の日からも、毎日午後3時頃になるとリビングでお茶を飲んでくつろいでいる嫁の前に両手を叩きながら小走りで「どうもぉ〜」と作り笑いを浮かべて登場しました。そして、事前にお笑い番組を見て勉強した芸人さんたちのモノマネを披露したのです。嫁は自分が…03月08日 11時30分
  • 私は芸人じゃないのよ!
    屈辱のモノマネ披露を終えた私は重い気持のまま、夕食の準備に取り掛かっていました。明日から毎日、嫁の前で余興をしなければいけないなんて。私は芸人じゃないのよ。なんで嫁を笑わせることに必死にならなきゃいけないのよ。そう思いながらも、夕食の準備を…03月06日 11時30分
  • 嫁の前で平野ノラのモノマネをさせられました
    嫁に説明された通りのテンションの高い登場をすると、今度は嫁はすこしほくそ笑んで私を見ていました。そして私はついに屈辱に耐えながら嫁の前で考えてきたネタを披露することになったのです。それは最近よくテレビで見る女性芸人のモノマネでした。ティシュ…03月05日 11時30分
  • 嫁の前で自分のプライドを捨てました
    息子の嫁の前で「余興」を披露しなければいけない時間が来て、テンションの低いまま嫁の前に現れると、嫁から猛烈なダメ出しを受けてしまいました。そして、嫁からテンションの高い登場の仕方を説明された私は、それを実行するしかなかったのです。もう一度、…03月04日 11時30分
  • 息子の嫁からダメ出しをうけました
    そしてついにある日の午後3時。私が余興のお仕事をする時間がきたのでした。息子の嫁は一階のリビングのソファでのんびりとお茶を飲みながらくつろぎ私を待っていました。私は、煮えくりかえる想いを必死で抑えながら事前に考えたネタを披露するために嫁の前…03月03日 11時30分
  • 嫁のやり方に正直キレそうでした
    息子の嫁が私に与えた新たなお仕事は私をあまりにも侮辱するような内容でした。「余興」という名のお仕事。嫁が言うに、退屈な嫁の前で私がなにか面白い芸を披露して楽しませるというものらしいのです。一発芸でも、モノマネでも、面白い話でもなんでもいいら…03月02日 11時30分
  • 嫁にフルにコキ使われています
    旦那からお詫びの言葉をもらった私は次の日からも、息子の嫁の仕打ちにどうにか耐えることが出来ました。すべての家事や雑用、嫁のマッサージとフル稼働する毎日が続きました。そして、毎日家政婦として同じような仕事をこなす日々が一週間過ぎた頃でした。嫁…03月01日 11時30分
  • 鬼嫁に私の全てを奪われたわけじゃない
    暗闇の中で聞こえてきた、隣のベッドで寝る旦那の「ごめんな」という声。私は一瞬自分の耳を疑いました。もうとっくに寝ていると思っていた旦那。ましてや旦那の口からそんな言葉を聞くなんて、思ってもみなかったのです。「いいわよ」私は暗闇の中でそう答え…02月27日 11時30分
  • 私だけが家族からはじかれました
    私がお風呂から出ると、すでに家の中は電気が消されて真っ暗でした。そこには、私だけが家族からはじかれたような何とも言えない寂しさが漂っていました。そして、旦那のいる部屋に入ると部屋の電気は消されて、旦那はすでに寝ていたのです。ほんとに頼りにな…02月26日 11時30分
  • 洗面所で叫びました
    お風呂から上がり、脱衣所に出ると洗面台のところに一枚の紙切れが置いてありました。恐る恐るそれを見ると、嫁の乱雑な字で私が明日しなければいけないお仕事がぎっしりと書かれていたのです。朝一で庭の掃除からはじまり、朝食作り、洗濯、床掃除、家の周り…02月25日 11時30分
  • お風呂にさえもゆっくり浸かってられないんです
    私は一人、お風呂場の中で空っぽの浴槽にお湯が溜まるのを待ちました。嫁に散々こき使われた挙句にこんな仕打ちまで受けるなんて。お風呂場の中で一人佇む自分がなんだか虚しく思えて、自然に涙が溢れそうになりました。そしてお湯の溜まった湯船にゆっくり浸…02月24日 11時30分
  • いったい何処まで私を苛めれば気が済むわけ
    お風呂場に入った私は、浴槽に溜めてあったはずのお湯がすべてなくなり空っぽになっていることに驚きを隠せませんでした。さっきマッサージ途中で息子の嫁がお風呂場の方に行った時に、お風呂のお湯を抜いたに違いありませんでした。いったい何処まで私を苛め…02月23日 11時30分
  • 浴槽のお湯は空っぽになっていました
    息子の嫁のマッサージを一時間近く続けているとついにお風呂場の方で旦那が出てくる音が聞こえたのです。すると寝転んでいた嫁は急に立ち上がりお風呂場の方へと向かったのです。どうしたのかしら?私が不思議に思いながらも黙って待っているとしばらくして戻…02月22日 11時30分
  • 息子に見放されました
    息子の嫁のマッサージを続けていると息子がお風呂から出てきました。そして母親である年輩の私が若い嫁の体をマッサージしている姿を見ると一瞬驚いた表情を浮かべたのですがすぐに悲しそうな顔で、「先に寝るわ」とだけ言い残し部屋を出ていったのです。それ…02月20日 11時30分
  • 息子の嫁にマッサージを頼まれました
    夕食が終わって、私がひとり後片付けを終えた頃息子の嫁が一番風呂から出てきたところでした。そして息子がお風呂に入り、私は自分の部屋に戻ろうとした時、息子の嫁が私に向かって「家政婦お義母さ〜ん!」と呼びかけてきたのです。なんなのよ今度は。キレそ…02月19日 11時30分
  • 息子の嫁さえいなければこんなことにはならなかったのに・・・
    私はキレそうになる気持ちを必死で我慢しながらお茶碗のご飯をすこし減らして旦那にお代りを渡しました。すると、旦那は声を震わせながら「ど、どうも」と小さな声で言うだけでした。息子の嫁さえいなければこんなことにはならなかったのに・・・。旦那はまる…02月18日 11時30分
  • あなた!いい加減にしなさい!
    私を二度も「家政婦」と呼び、お茶碗にわざわざよそってきたご飯をもう少し減らすようにと頼んできた旦那は、怯えた表情で私の顔をしっかりと見ていました。そして隣に座る息子の嫁は、手で口元を隠して笑いを堪えていたのです。間違いなく息子の嫁が仕組んだ…02月17日 11時30分
  • 心の中で振り上げた拳を降ろしました
    息子に悲しそうな目でキレないように促された私は、心の中で振り上げた拳を静かに降ろしました。そして黙って旦那からお茶碗を受け取ると台所に行ってご飯をよそい食卓まで運んだのです。そして、お茶碗を旦那に渡そうとした時でした。旦那が声を震わせながら…02月16日 11時30分
  • 旦那から非情な宣告を受けました
    食卓で黙ってお茶碗を私の方に差し出す旦那の様子を見ていると旦那の口からついにその言葉が発せられたのです。「か、家政婦さん、お、お代り・・・」それは息子の嫁に言い含められた口上そのものでした。さすがに旦那はかなり躊躇いがあったのか言葉が震えて…02月15日 11時40分
  • 旦那までおかしなことになってきました
    私が家政婦として息子の嫁から酷い仕打ちを受けているのを見て見ぬふりをしている旦那があろうことか、自分の空っぽのお茶碗にもご飯を入れてくれと言わんばかりに私に視線を合わせず黙ってお茶碗を差し出してきたのです。私が呆気にとられていると息子の嫁は…02月13日 11時30分
  • 本当にキレそうでした
    食卓で食事をしている嫁の元まで行き空っぽになったお茶碗を受け取ると台所の炊飯器からご飯を入れ盛り付けました。ささやかな反抗として、炊飯器の縁にこびりついたお米を潰したのを嫁のお茶碗に入れました。それを持って嫁の元まで行くと嫁は「ありがとう」…02月12日 11時30分
  • 嫁にキレそうです
    嫁と息子が夕食で団欒する声を遠くに聞きながら私一人だけ、台所の片隅で丸椅子に座って自分の作った料理を食べていました。それは本当に惨めで、涙が出そうになるくらいでした。どうして息子は何もしてくれないんだろう。家政婦として扱われる母親を助けてく…02月11日 11時30分
  • 私だけ台所の洗い場で食事させられています
    息子の嫁が、私の食事する場所として与えたのはキッチンの一角に置かれた丸椅子でした。嘘でしょ・・・。あなた本気で言ってるの。私はあまりの仕打ちに言葉を詰まらせました。そして息子と旦那の方を見ると私に視線を合わせようとせず、「いただきます」と言…02月10日 11時30分
  • 嫁のイジメが止まりません
    息子の嫁の家政婦として夕食を作り終えると料理のお皿を食卓に運びました。しばらくして嫁が呼んだのか、息子と旦那が食卓にやって来て座ったのです。そして私も一緒に座ろうとした時でした。嫁がいきなり大きな声を出したのです。「家政婦さんの席はそこじゃ…02月09日 11時30分
  • この家は嫁に完全に乗っ取られてしまったようです
    息子は悲しそうな目で私を一瞥するとすぐに着替えに行ってしまいました。どうして・・・。こんな哀れな母さんをなぜ放っておけるの。母さんはあなたの嫁の家政婦に成り下がってしまったのよ。こんなんでいいの。お願い、嫁を叱って母さんを助けて。そう息子に…02月08日 11時30分
  • 息子に憐みの目を向けられてしまいました
    キッチンで夕食を作っている私の前に現れた息子はまず一言「ただいま」と私に言いました。そして私が「おかえりなさい」と返すと息子の横にいた嫁が、笑いながら言ったのです。「ねえちょっと聞いてよ。お義母さんたら家政婦としてこの家に住まわせてください…02月06日 11時30分
  • 母さんは嫁にこんな酷い扱いされてるのよ!
    嫁の家政婦としてはじめての夕食作りをキッチンでしていると、息子がいつもより早く帰ってきました。良かった、これで救われる。きっと息子は、嫁に虐げられた母の姿を見て同情して、私を家政婦扱いする嫁をキツク叱り、この状況からすぐに解放されると思いま…02月05日 11時30分
  • 「なんか文句でも?」と嫁に言われました
    息子の嫁の前で家政婦として、嫁の部屋のクローゼットを整理させられている間に気がつけばもう夕方になっていました。「もう今日はいいです。そろそろ夕食作ってもらえますぅ?」嫁は事務的な口調で私にそう言ったのです。汗だくになった私が少しイラっとした…02月04日 11時30分
  • なんで私がこんな目に合わなきゃいけないの
    嫁の部屋のクローゼットの整理は床磨きよりも疲れました。山積みになった嫁の衣類を運ぶだけでもかなりの力が必要で、年寄りの私には物凄く辛かったのです。それでも嫁は容赦がありませんでした。その服はあっち、この服はそっちといった感じで椅子に座ったま…02月03日 11時30分
  • 豆を投げつけて鬼嫁を追い払いたい
    嫁の部屋の床磨きが終わると私の体は汗をびっしょりと掻き長い間、四つん這いになっていたせいか腰に痛みも感じました。それでもこれが私の家政婦ライフのはじまりに過ぎなかったのです。息子の嫁は容赦なく私をこき使うようになりしばらく休憩した後で今度は…02月02日 20時30分
  • 嫁の前で味わった屈辱
    息子の嫁の二階の部屋は物が雑然と置かれていてちょっとしたゴミ屋敷のような感じでした。掃除もほとんどしていないのかフローリングの床は黒ずんでいて拭いても拭いてもなかなか汚れがとれませんでした。すると、嫁から容赦ない声が飛んできました。「家政婦…02月01日 11時30分