裁判太郎がみた絶望の裁判所(忖度裁判の実態)

登録ID
1638366
サイト名称
裁判太郎がみた絶望の裁判所(忖度裁判の実態)
URL
http://blog.goo.ne.jp/saibantarou
紹介文
判決書記載の「単独所有権」を「所有権」に読み替えて、共有持分存否の判断をせずに「所有権不存在」を確定させた福岡高裁。
カテゴリ
  • 社会・経済ニュース (30%) - 41 / 321人中
  • 裁判 (70%) - 3 / 52人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ☆☆☆ 裁判官による?でっち上げ?は許されるのか!! ☆☆☆
    → 目次へ 裁判官による?でっち上げ?は許されるのか!! 単独所有権を「所有権」に読み替えても、特段、影響はないかも知れないが、単独所有権不存在を「所有権不存在」に読み替えたらどうだろうか? これは、共有持分不存在の?でっち上げ(捏造)?…08月16日 11時02分
  • 第5 「共有持分の主張はしない」は釈明権行使の結果である。
    → 目次へ → 次頁へ 前訴第一審の判決書(3頁末尾) ーーーーーー 11月18日の口頭弁論における釈明権の行使 X裁判官は、代理人保佐人Cに対して「原告は、単独所有権と共有持分権のどちらを主張するのか(二者択一)」と問いかけている。 保佐…08月07日 21時10分
  • 第5 既判力捏造を隠蔽するために「判例を悪用」する裁判官。
    → 目次へ → 次頁へ 「既判力捏造」を隠蔽する目的で、国賠訴訟の裁判官は、判決書の蛇足部分で「所有権確認請求訴訟」の最高裁判例を悪用した。 当該判例は、事実の捏造(既判力の捏造)を容認する趣旨ではない。 ーーー (熊本地裁 平成29年(ワ…08月06日 10時58分
  • 第2 確認訴訟の第一審の判決書の全文(門前払い判決)
    → 目次へ →?次頁へ (確認訴訟におけるY裁判官のメッセージ) 遺言書の解釈によって、本件土地の共有持分9分の5に対する遺贈の確認を求める訴訟において、判決が「給付の訴えが可能であるから確認の利益なし。不適法却下」である場合に、蛇足判断と…07月27日 15時43分
  • 第1 審理の過程(相手方に忖度して紛争解決を回避した!?)
    → 目次へ →?次頁へ (確認訴訟の概要)訴訟物 ? ? ? ? ? ? ? :亡母Bへの特定遺贈による共有持分存在の確認。 実際の争点 ? ? ? ? :確認の利益、遺言書の解釈、既判力の抵触。 判決書記載の争点:確認の利益、遺言書の解釈…07月27日 13時31分
  • (第7章) 前訴確定後の「前訴第一審のX裁判官」の対応
    → 目次へ → 次頁へ 抜本的な紛争解決に至っていない前訴の判決確定後に、話し合いによる解決を目指して、民事調停を申し立てた。 「特定遺贈確認調停申立事件」及び調停不成立に続く「特定遺贈確認請求事件」の担当裁判官は、前訴第一審のX裁判官であ…07月19日 18時18分
  • 第4 前訴控訴審の全文
    → 目次へ → 次頁へ ーーー 前訴控訴審の判断 控訴審は、第一審に追加して「何らかの判断」を行った形跡がない。?控訴審の判決書に「削除する」の記載があるが、何ら具体的な理由は示されておらず、第一審が下した判断内容に何ら影響を及ぼすものでは…07月19日 11時55分
  • 第3 前訴第一審の全文(当裁判所の判断)
    → 目次へ → 次頁へ 前訴第一審の判断のポイント 1.本件遺言書の有効性については ? ? ?判断していない。 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?(第3の1の?ウ) 2.本件遺言書が仮に有効であった ? ? ?としても、…07月14日 22時58分
  • 第2 遺産分割協議書と遺言書の関係(時系列)
    → 目次へ →?次頁へ (家系図と時系列) ? ? ? ?昭和44年 6月28日 ? 父Aが死亡? ?昭和58年 4月20日 ? Aの遺産分割協議(B,C,D,E)? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?通謀虚偽表示…07月14日 21時35分
  • 第1 忖度が疑われる判決文!?
    → 目次へ → 次頁へ 遺言の解釈にあたっては、遺言作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などを考慮して遺言者の真意を探求すべきである。(最高裁判例) ーーー 遺産分割協議の「通謀虚偽表示による単独所有権」は、当事者間では無効であるが…07月14日 16時33分
  • (第6章) 紛争解決に至らなかった「前訴第一審」に忖度の疑いあり。(全文を検証)
    → 目次へ →?次頁へ 前訴第一審は、そもそも紛争解決する気がなかった!? 前訴第一審が紛争解決に至らなかったのは「忖度の結果」である可能性が高い。ーーー 実は、相手方(弁護士)に対する忖度は、既に前訴第一審から始まっていた可能性が高い。…07月14日 15時56分
  • 第2 再審請求の棄却決定
    → 目次へ → 次頁へ 福岡高裁(控訴審)は、再審請求における再審原告の立証事実(国賠訴訟の控訴審における事実認定)について、何ら触れることなく「非難するものに過ぎない」との判示のみで棄却した。 再審請求において、正当な理由なく「立証事実…07月10日 18時06分
  • 第1 福岡高裁 平成28年(ム)第10号 不当利得返還請求再審事件
    → 目次へ →?次頁へ 所有権不存在を確定させるには、単独所有権不存在の判断だけでは足りず、共有持分不存在の判断が必要なことは?周知の事実?です。 国賠訴訟の控訴審は、「前訴は単独所有権不存在の判断だけで、共有持分存否の判断をしていないこ…07月10日 17時34分
  • 目次
    第1章 ? ?裁判官の罪(刑法193条) ? ?第1 ? ?福岡高等裁判所 平成29年(く)134号? ?第2 ? ?裁判所は、既判力の捏造行為(被疑事実)を誤魔化した。? ?第3 ? ?改めて、不起訴処分の妥当性について検証してみる。? …07月05日 17時28分
  • 第2 「共有持分に関する判断はしない」の日本語の意味は?
    → 目次へ →?次頁へ 共有持分権に基づく不当利得返還請求権の不存在を確定させるには、その先決問題である共有持分権の不存在の判断が必要である。 そして、共有持分権の不存在を確定させるには、単独所有権不存在の判断だけでは足りず、共有持分存否の…07月04日 18時56分
  • 第1 既判力に関する認定(判断)
    → 目次へ →?次頁へ ? ?国賠訴訟は「〜という」文言を付け加えて、既判力を誤魔化した。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1.前訴における「裁判所の判断」? ?◯◯の相続開始時に、母△△が単独所有権を有してい…07月04日 17時28分
  • (第4章)被疑事実に対する国賠訴訟の判断
    → 目次へ →?次頁へ 前訴の訴訟物である「単独所有権に基づく不当利得返還請求権」は、母△△が◯◯の相続開始時に単独所有権を有していた本件土地を、□□らが不当売却したことで転化した請求権である。先決問題は、母△△は◯◯の相続開始時に本件土地…07月04日 16時53分