Everyday in New York 「同じ空の下で」

登録ID
1645825
サイト名称
Everyday in New York 「同じ空の下で」
URL
http://ny-blog.org
紹介文
NYにてビジネスコンサルティング会社主宰。米国進出を目指す企業やアーティストのサポートをしながら、人と人、文化と文化を繋ぐ、NYの暮らしを綴っています。
カテゴリ
  • 海外永住 (100%) - 3 / 141人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • Japan Rice Peace Project
    日本の米を通して、世界貢献、世界平和を目指す会合。 昨年に引き続き、首相夫人をお迎えして、150名以上のゲストが集客した。 大学教授や食物研究家によるパネルディスカッションは、 アメリカ人にとって、お米がどのような存在なのか、 とても興味深…09月21日 11時00分
  • 入稿
    たくさんの打ち合わせ。 たくさんの時間。 たくさんの想い。 たくさんの文字。 一人で書き留めていたことが、 たくさんの方々の想いと重なって、 一つの形になっていく。 誰も代わりなんていない。 あなたが必要だから、今ここにいる。 Many m…09月19日 12時00分
  • Four Nights of Dream
    夏目漱石の短編集「夢十夜」。 「こんな夢を見た」という有名な一文で始まる物語が、 日本人作曲家の手によって、オペラ楽曲という壮大な作品になった。 2008年にスウェーデンで初演され、漱石生誕150周年の今年、 国際共同作品として、新しい演出…09月18日 09時00分
  • ami-tsumuri
    大きすぎる夢は持たない。 いつも自分の少し目の前にある目標が好き。 ほんの少し手を伸ばせば届きそうで、でもまだ届かない。 姉は私にとって、いつもそんな存在だった。 私よりはるかにセンスが良くて、アイディアの宝庫。 そんな彼女が応援する帽子ブ…09月16日 00時00分
  • JAL SS-727
    当初の発起人は、いまだ現役でフライトしている3人組。 気づいたら、数百人がLINEで繋がって、 気づいたら、私と親友が御指名受けて企画に合流。 これほど多くの元CAが一堂に会する機会は珍しい。 想像を超えた大きなイベントになりそうで、 たく…09月14日 09時30分
  • マグカップ
    コーヒーには、ほんの少しのミルクを注ぐ。 胃の弱い私には、それが儀式。 伊万里の陶芸家が、大切に持ってきてくれたマグカップ。 海を渡ってきた日本の宝物を横に置いて、 海を渡っていく文章を書く。 この想い。 どこまで、届くだろう。 Pour …09月13日 16時00分
  • ミフネの技
    ニューヨークに留学していた頃、 生活費を絞るため、毎日大学まで歩いて通学していた。 国連本部のすぐ近くにある古いアパートで、 いつも怒鳴っているヒステリックな女性が隣に住んでいた。 私は身を潜めて、夜な夜な課題制作をしていた。 時を経て、…09月12日 11時00分
  • September 11, 2017
    先週、羽田発ニューヨーク行きのJAL便が、エンジントラブルで緊急着陸。 その翌日の同便チーフ任務を執っていたのは、元同僚だった。 ニューヨークに到着した彼女に、事故の詳細を伺いながら、 その責任の重さを、ひしひしと感じた。 16年前の今日、…09月11日 08時30分
  • 飲茶午餐
    ニューヨークに来た友人に、オススメのお店を聞かれる。 一通り試した人には、最後にはチャイナタウンを勧める。 ビール飲んで、たらふく食べて、 チップ込みで、1人14ドル。 悪くない。 A friend who come to New York…09月09日 09時00分
  • LINE Friends Store
    個人的な好みだけれど、 私は親指1本の「いいね」スタンプが嫌い。 こちらが真摯に語っているのに、 親指1本で会話をまとめられるとガッカリする。 どんなに短くても「了解です」「いいですね」とタイプされるだけで、 非常に好感が持てる。 LINE…09月08日 11時00分
  • テニス
    小学2年生、初めてスキー靴を履いた。 学生時代には2メートルの板を回し、社会人でスノボーデビュー。 主婦にはもうできないと思っていたけれど、 近年少しだけ、スキーを復活させた。 初めてテニスラケットを持ったのは、高校の体育の時間 ボールに直…09月07日 10時00分
  • 継続
    2002年に小さな会社を起業してから、 どんなに小さな仕事でも、丁寧にやろうと心がけてきた。 小さくても続けることが、必ず次に繋がると信じている。 この夏、1つの願をかけて、 子供達の夏休み期間限定で、1日も休まずブログ更新をしようと決めた…09月06日 09時00分
  • Labor Day
    夏の始まりを告げるメモリアルデー。 夏の終わりを告げるレイバーデー。 米国人は、屋外BBQパーティーをして、 夏を歓迎し、そして夏を見送る。 ジョージワシントンブリッジから20分ほど北へ。 ホスト御夫妻のホスピタリティーに感銘しつつ、 過ぎ…09月05日 11時30分
  • チョコレート工場
    オンタリオ州の田舎道。 甘い匂いにつられて、ふと立ち寄った。 製造工程を見せながら販売をするファクトリー型の路面店は、 今や世界のどこにでもあるけれど、 モノが作られていく過程を見るのは、本当に楽しい。 モノを生み出せる人って、本当にすごい…09月05日 00時00分
  • ナイアガラの夜明け
    マジックアワーにうっとりする夕焼け空はもちろんだけれど、 東の空から太陽が昇る瞬間が好き。 どんなに泣いていても、明けない夜はない。 「日出ずる国」を恋しく思いながら、 明日からの英気を、ここでたっぷり養おう。 Not to mention…09月03日 14時00分
  • Niagara Falls
    前職を休職してニューヨークに留学していた頃、 同期が休みを取って、私の陣中見舞いに来てくれた。 同期20人のうち5人が海外で同じ場所にいることは稀有なことで、 貴重な年休を使ってまで、集まってくれた優しさが身に沁みた。 厳しい学生生活で心が…09月02日 13時00分
  • 「未完の贈り物」小学館文庫
    2012年6月10日、時の記念日。 1冊の本が、私の手元から巣立っていった。 ありのままを伝えることしか出来ないけれど、 いつかどこかで、誰かの力になることを願って。 あの頃と、私の立ち位置は何も変わっていない。 近づいたり、離れたりした人…09月01日 06時00分
  • New Project
    これまでニアミスだった人と、不意に御縁がつながって、 突然、歯車が動き出すことがある。 ドバイとアメリカと日本がぐっと近づいて、 新しいワクワクが始まった。 必要とされる場所で、必要とされる人のために。 アートという共通項、その力を世界に伝…08月31日 10時00分
  • REIF ESTATE WINERY
    ドイツで300年の歴史あるワイナリーオーナーが、 1977年にカナダに移住して開いたワイナリー。 建物の前にあるセンソリーガーデンでは、 ワインの香りを例える時に使われる植物を、実際に手に取ってみる。 草木の香りから、ワインのセパージュを想…08月30日 07時30分
  • PELLER ESTATE WINERY
    カナダといえばアイスワイン。 緯度の高い土地だからこそ、寒さで凍ったブドウの実が、 糖度をぎゅっと濃縮させて、高級デザートワインが完成する。 これまでたくさんのワイナリー見学をしてきたけれど、 マイナス10度の寒さを体感しながらの試飲は初体…08月29日 08時00分
  • 北北西に進路を取れ
    まっすぐに、まっすぐに、道が続いている。 カナダ国境まで、もう少し。 We are heading to the North-northwest. The road is going straight, straight. A little…08月28日 15時30分
  • WAITRESS
    昨年「ハミルトン」の影にあってトニー賞を逃したけれど、 ブロードウェイで大人気のミュージカル。 アメリカ南部のダイナーで働くウェイトレスのジェナが主人公。 束縛的でDV傾向のある夫との生活に見切りをつけて、 シングルマザーとして夢を叶えてい…08月27日 17時30分
  • RONDA x 加賀友禅
    侘び寂び以前の日本では、 大陸から来た極彩色が、自由に世の中を照らしていた。 1400年の歴史を超えて、 ロンダが天平文化の鮮やかな色を繋ぐ。 色彩にジャズのリズムが加わって、 人間の様々な感情が、そこに見え隠れする。 アートにかける想いと…08月26日 11時00分
  • オフリーシュ
    かつて実家で飼っていた犬は、シェパードと柴犬の雑種。 賢くて気が強いから、誤って綱を放すと、すぐに遠くに逃げて行った。 車に轢かれていないか、野犬狩りに捕まっていないか、 一日中心配で、探し回った。 お腹を空かせて日が暮れた頃に、ようやく…08月25日 10時30分
  • MARIE NAILS @ INSIDE BEAUTY EXPO 2017
    日本全国のみならず、NY、LA、ハワイに拠点を持つネイルサロンが、 日本の技術とコラボして、新しい商品を開発した。 お披露目となったニューヨークの展示会。 周囲のどのブースよりも人気が高く、 バイヤーたちの注目が集まった。 日本人の手先の…08月24日 08時30分
  • 秋空
    夏雲を追いかけるのが好き。 空が高く、雲が薄くなってくると、 秋の訪れを感じずにはいられない。 あと何度、ここでこんな空を眺めるのだろう。 遠ざかる夏に、もう少ししがみついてみる。 通り過ぎていった人にも、ここでエールを送ろう。 I lik…08月23日 08時30分
  • 皆既日食
    2012年の金環日食は、日本で観ていた。 ずっと待ち焦がれていた「太陽のリング」に、ハラハラと涙がこぼれ落ちた。 2017年の皆既日食は、全米で話題となった。 友人連中や乗り合わせたタクシーの運転手まで、日食の話題で持ち切りだった。 私は一…08月22日 08時30分
  • この世界の片隅に
    ニューヨーク、ソーホー地区で、 日本語上映、英語字幕の映画を鑑賞した。 8月後半の週末、館内はガラ空きだったけれど、 当初一週間の上映期間が、もう一週間延長になったことは意義深い。 早口の方言が聞き取れないと言って、 次男は英語の字幕を必死…08月21日 10時00分
  • MIFUNE comes back.
    「さっきニューヨークに着いたから、今晩飯食いに行かない?」 忙しい経営者たちは、およそ突然連絡してくるパターンが多い。 アニキに会うのは、2年前のローンチレセプション以来。 ようやくグランドオープンした店舗で、再会を乾杯する。 数日前、持病…08月20日 19時30分
  • 引っ越しシーズン
    アパートの廊下に、このシートが張られると、 誰かの「引っ越し」が始まる。 ここで生活した誰かが別の場所に移り行き、 新しい誰かがここでの生活をスタートさせる。 新年度の始まる秋を前に。 たくさんの、別れと出会いがここにある。 ワクワクよりも…08月20日 00時15分
  • RAEN
    ロバート・モンダヴィのワインを知ったのは、 社会人になってからだった。 自社養成パイロットの訓練所がナパ・ヴァレーにあって、 彼らが一時帰国する時に、よくモンダヴィのワインを買ってきてくれた。 ロバート・モンダヴィ氏の孫にあたるカルロ氏とダ…08月18日 22時45分
  • 香りの記憶
    打ち合わせのために上京してくれた友人が、 仙台で展開するセレクトショップの手土産を持ってきてくれた。 アメリカングッズのセレクトショップらしいこだわり。 どこか懐かしい香りが、遠い記憶を蘇らせる。 彼の優しい気遣いが、何より嬉しい手土産だか…08月17日 19時45分
  • シェフの古巣
    最初にシェフの料理に惚れ込んだ頃、彼はまだ20代だった。 ニューヨークの「アトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」の総料理長だった時代、 シェフと対面できるカウンター席の食事がお気に入りだった。 ニューヨークという舞台で、日本人シェフが堂々と…08月16日 08時00分
  • 都会の夜明け
    いつもの朝がやってきた。 夜通し灯りがともるアパートの窓もあって、 空が完全に闇に包まれることはない。 それでも東の空が白んでくると、 一つの区切りが始まったと感じる。 今日もまたここで、 たくさんの人生のストーリーが始まる。 The us…08月15日 08時00分
  • Mt.Fuji Restaurant
    長女の送迎に、毎週末通るハイウェイ87号線から見上げると、 丘の上に立つ、日本家屋が目に入る。 造り込まれた日本庭園、無数の鯉が及ぶ池の奥に、 40年以上も歴史のある火鉢レストランがそびえ立つ。 アクロバティカルな演出のある鉄板焼きショーと…08月14日 07時00分
  • 原稿
    昨年から少しずつ動き出していたけれど、 いろいろ思うところがあって、やや停滞していた。 今夏、一気に動き出した周囲の勢いに、ついていくのが必死。 出版業界の常識とか、通例とか。 まだまだ知らないことが多すぎて。 同じ業界の先輩がくださった御…08月13日 05時30分
  • 下町散策
    ダウンタウンを歩く。 ノリータ、ソーホー、ビレッジを抜けて、ユニオンスクウェアまで。 おきまりのコースで、空を仰ぐ。 あの空き地はどうなっただろうか。 あの壁画は無傷でいるだろうか。 あの人は元気でいるだろうか。 大好きな夏、もう少しここに…08月12日 04時00分
  • 早朝散歩
    ニューヨーカーは、朝が早い。 早朝5時過ぎ、東の空が明るくなる頃には起床して、 6時になると、ジムや散歩に出かける。 早朝のセントラルパークは、飼い犬もリードなしで歩けるし、 毎朝おなじみの顔と会釈を交わすのも心地よい。 20年後の夏に、こ…08月11日 06時30分
  • 差し入れ
    和菓子、特に小豆が好きで、 高校時代の文集にも、アンコ好きを嬉々として発信していた。 同級生は、今でも会うたびに手土産を持ってきてくれる。 編集部の担当者は、毎回の打ち合わせのたびに、 これぞ日本という和菓子を差し入れてくださる。 乾いた喉…08月10日 08時00分
  • 恩師
    新設されたばかりの小学校で、初めてのホームルーム。 黒板に白いチョークで名前を書いた先生の後ろ姿を、今でも鮮明に覚えている。 背筋がピンと伸びたように緊張感のある美しい文字に、 綺麗な字が書ける大人になりたい、そう思った。 あれから何人とい…08月09日 05時00分
  • 隙間時間
    今夏の滞在は、ほとんど私用が入れられなかった。 それでも連絡をくださる方々とは、どうにかお会いしたかった。 打ち合わせの合間、隙間時間にぴったりと当てはまると、 運命のようなものを感じてしまう。 時間を作って会いに来てくださった方々、本当に…08月08日 04時00分
  • NYマンハッタン同窓会
    昨秋から突然発信を休止して、水面下に潜ってしまった星さんが、 東京にいた私に連絡をくださった。 ほんの数日前から発信を再開した理由を聞きながら、 この若かりしホープの未来にワクワクした。 タイミング良く実歩さんも合流して、 数ヶ月ぶりの同窓…08月07日 14時00分
  • 朝カフェ
    午前8時前。 ホテルのダイニングで食事を取る時に、友人が来てくれたり、 そのまま仕事の打ち合わせをしたりする。 レインボーブリッジを眺めながら、深呼吸をする。 朝から蜃気楼のように揺らめく景色に、今日の酷暑を予感する。 Before 8 A…08月06日 23時00分
  • 再会
    オンとオフのはざまでも、定期的に連絡をくれる仲間たち。 ニューヨークとパリと東京が、こんな形で繋がっている。 イベントを一緒に作り上げる仲間だからこそ、 きちんと向かい合ってコース料理をいただく機会は稀少かつ必須。 きめ細やかなコミュニケー…08月05日 19時00分
  • サイクリング
    時折、霧雨が降るなか、森林浴を楽しむ。 緩やかな勾配の続く山道を、 大好きな曲を口ずさみながら漕ぐ心地よさ。 憧れの人の背中を追いかけていく人生模様と重なる。 いつも少し先を行く人が素敵だから、 いつも少し先を目指そうと思う。 心のリフレッ…08月04日 18時00分
  • 軽井沢のおもてなし
    週末、友人のセカンドハウスを訪れた。 生憎のお天気だったけれど、雨に濡れた緑の美しさが目に焼きつく。 平日は都内で忙しく働いて、 週末になるとここでリフレッシュするという。 お気に入りのアートと食事と緑に囲まれる生活。 そんな暮らしができる…08月03日 21時00分
  • 千住博美術館
    ハワイで滝に魅せられた画家が、 ひたすらその表現方法を求め続けた。 絵の具を上から流し込むというアイディアもさることながら、 太陽の射す時間によって、その光と影を追求し続けるこだわりが、 印象派クロード・モネの流れに重なる。 四季折々の自然…08月02日 17時30分
  • ブランジェ浅野屋
    かつて、亡き叔父の会社の保養所が軽井沢にあって、 夏休みはいつもそこで過ごしていた。 美味しい外食店はほとんどなかったから、 東京から食料を買って行き、別荘で自炊をするのが普通だった。 あの頃、東京の老舗パン屋さん浅野屋が、 夏季に限って軽…08月01日 17時00分