Everyday in New York 「同じ空の下で」

登録ID
1645825
サイト名称
Everyday in New York 「同じ空の下で」
URL
http://ny-blog.org
紹介文
NYにてビジネスコンサルティング会社主宰。米国進出を目指す企業やアーティストのサポートをしながら、人と人、文化と文化を繋ぐ、NYの暮らしを綴っています。
カテゴリ
  • 海外永住 (100%) - 5 / 128人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 「生まれてくれてありがとう」
    2012年5月、「金環日食」の奇跡を目の前にして、 娘にいつか見せてあげたいとつぶやいた。 勇気を出して伝えたはずなのに、想像以上の誹謗中傷に傷ついた。 すべて、私たちのことをまったく知らない第三者からだった。 でもそれが「世に伝える」こと…11月17日 00時00分
  • ホリデーシーズン
    ホリデーシーズンに向けて、街が走り出した。 ロックフェラーセンターにクリスマスツリーが到着し、 点灯式の準備が始まる。 5番街のシンボル、スワロフスキーの雪の結晶が、 57丁目の交差点に出現する。 ティファニー本店が、ギフトボックスのように…11月16日 13時00分
  • 幻想と現実、ロンダの世界
    アーティストは、デザイナーでも看板屋でもない。 本来素人が、こんな風に描いて欲しいと注釈してはいけない。 私が苦悩する想いも、彼女は受け止めてくれた。 娘が思い描いているであろう、キラキラした世界観。 崇高な魂と人との繋がりを表現する色。 …11月16日 07時00分
  • 携帯ケース
    久しぶりに、母娘ほど年齢の違う女性たちのアテンドを依頼されて、 一体何を話せば良いのだろうと思っていた。 ゆとり世代ど真ん中の彼女たち、あまり物事にも執着がない。 とてもいい青春時代を送っているのだなと、羨ましくなった。 なかの一人が、ふと…11月14日 09時30分
  • ミキハウスの靴
    たくさんの障害を持って生まれた娘は、ずっと歩くことができなかった。 障害児専用の車椅子は、高価でとても買えなかったから、 幼児用のベビーカーで、ずっと一緒に移動していた。 米国では、歩かない乳児にも外出時に必ず靴を履かせる。 靴下や裸足のま…11月12日 13時30分
  • Abe's Kitchen Counter
    マンハッタンで車の暴走によるテロ事件が発生した日。 ニューヨーク市は「変わらぬ日常」のために、 予定通り、ハロウィンパレードを決行した。 月に一度、たった8席(2回転)だけのシェフズテーブルも、 いつもと同じように、開催された。 トリュフに…11月11日 10時00分
  • ANTEPLIMA x サロン・ド慎太郎
    芸術家や文化人が集まる銀座のBAR「サロン・ド慎太郎」。 数年前、従姉妹の紹介で知り合った時から、 私は一気に慎太郎ママのファンになった。 アカウント持っているだけで、ほとんど休眠状態のインスタグラムで、 銀座のママ達と、幾人かのアーティス…11月10日 10時00分
  • 隙間時間
    あまりにも忙しく走り回ったなかで、 隙間時間でも会いたいと連絡をくれる友人がいる。 小1時間の密会でも、やはり直接会うと温度が伝わる。 朝7時半とか、夜中の24時とか。 それでも時間を作って会いに来てくれる友人に感謝。 会いたい人には、何度…11月09日 10時30分
  • 三回忌
    「この2年、僕は何が出来たのだろう」 友人の呟きに、私も我が身をふり返った。 師匠が急逝した報せを、私はニューヨークで聞いた。 お別れは、あまりにも突然だった。 たくさん話したいことがあったのに、 たくさんお返ししなければいけなかったのに、…11月08日 13時00分
  • 校了
    夏の間、何度も出版社と打ち合わせをした。 書きたい気持ちはあったけれど、書けなかった。 そんな胸のうちを、全部さらけ出した。 ライターに書いてもらうという選択肢もあったけれど、 それでは自分の文章にならないという違和感があった。 結局、一字…11月07日 09時30分
  • 大同期会
    小雨の降る秋の週末、 東京アメリカンクラブに170名の元同僚たちが集結した。 入社25周年のお祝いイベントに、 たくさんのゲストが駆けつけてくださった。 空の上のレストラン、スカイオーベルジュBEDDのシェフたち。 JALのCMソングを歌っ…11月06日 11時00分
  • 打ち合わせ
    話の上手な人は、聞き出し上手でもある。 私は人見知りだけれど、うわべだけの会話は苦手。 人との距離感の物差しが似ている人は、すぐに分かる。 こんなに忙しい方と、いつもなぜかタイミングよく会えてしまう。 またワクワクすること企てよう。 そんな…11月05日 08時00分
  • Bijou de M
    ジュエリーデザイナーの母を持ち、 職人技術を目の当たりにして育った。 愛らしいデザインを生み出す内面は。 どこまでも強く美しい。 ニューヨークで最も有名なセレクトショップ、 「ジェフリー」のオーナーが惚れ込んだセンスを、 すでに世界中のセレ…11月04日 08時00分
  • nicotan soap ニコタンソープ
    今春「アラジン」のミュージカルを観たときに、 偶然、隣席に座ったのが、NPOの主宰者だった。 豊かな国の裏側で、悪質な衛生環境の国がある。 毎年世界で150万人の子供たちが、感染症で命を落としている。 もし石鹸で手を洗うことができれば、その…11月03日 08時45分
  • 霜月
    なぜ人は、人を裏切るのだろう。 昨日までの態度を一転させて、他人のようにふるまう。 分かり合えていた過去は、すべて幻に変わる。 良いことも悪いことも、忘れてしまうことがある。 でも、裏切られたことは、一生忘れない。 そして当人はきっと、人を…11月02日 09時00分
  • 夢の時間
    あまりにタイミングの良い引き合わせと御縁に、 感謝以外の言葉が見つからない。 たったひとつのアートとか、 たったひとつの音楽とか。 それで命を救われることがある。 生きる力をもらうことがある。 生命の尊さと、感謝の想いを、 ずっと伝えていき…11月01日 16時00分
  • Happy Halloween
    ハロウィン当日、子供たちが通う小学校では、 朝から仮装して登校することを許可されている。 当初はゾンビになるのだと張り切っていた次女は、 血のりを流す場面を想像して、気が変わったらしい。 4年前に祖母が買ってくれたハーマイオニーのマントを …10月31日 16時00分
  • 打ち上げ
    イベントを終えたシェフチームが、東京に帰ってきた。 諸事情でひとあし先に帰郷した私に声がかかる。 シェフチームの熱い想いに、私は感無量。 あなたが必要だと言ってもらえることが、 どれほど有り難いことか。 目先の儲けでない。 厳しさと優しさの…10月30日 14時30分
  • 海鮮ビストロ・ヤマライ一番町(仙台)
    仙台に移動中、携帯電話が鳴った。 20数年来の友人からの呼び出しで、一番町へ。 閉店間近の遅い時間だったけれど、シェフが待っていてくださった。 三陸の豊かな海の幸を、フランス料理の技法でアレンジ。 自家製パンの美味しさが、素材の個性を引き立…10月29日 15時00分
  • EAT ART in 宮城
    昨年、パリで立ち上げたコラボイベントが、 少しずつ成長している。 今春の伊万里に引き続き、今秋は宮城で開催。 伊達政宗公生誕450年で盛り上がる宮城。 政宗公の情熱と誇りを、食とアートで表現するというテーマ。 シェフとアーティストを繋いだ時…10月28日 07時00分
  • ポセイドンの牙
    今夏初めてお会いした舞台演出家の伊藤靖朗氏。 彼のプロデュースする舞台を拝観した。 昨年初演の作品が、今年バージョンアップして再演するという快進撃。 水産高校に通う陽気な高校生5人組のスイサンズが、 財政難に陥った母校を救うために、伝説の釣…10月22日 00時00分
  • Japanese Bamboo Art at the MET
    メトロポリタン美術館には、多くの日本美術が常設されている。 鎧兜と刀、茶室と仏像、屏風絵と掛け軸。 多くのアメリカ人にとっての日本は、 きっとこんな風に見えているのかもしれない。 「竹」は、日本美術を圧倒的に演出してくれる。 展示されてい…10月19日 20時00分
  • DRUNKEN DUMPLING
    ニューヨークに長くいる友人のなかで、 必ず一緒に誕生日をお祝いしようと約束している仲間がいる。 その仲間の一人のお誕生会はイーストビレッジで。 巨大小籠包は1日25食限定。 肉と蟹の餡がたっぷり入った皮に、 ストローを刺して、まず肉汁を吸い…10月18日 08時00分
  • ヒューマンライツ・ナウ
    国境を越えて、人権を守る。 人が人らしく生きていくために、いま日本から何ができるか。 具体的な人権侵害を調査して、改善を訴えている団体の ブレインストーミングにお声がけいただいた。 まず人権についての定義をきちんと理解することが、 私たちに…10月17日 09時00分
  • Team Marie's at TORISHIN
    立ち上げからずっと手伝ってきたネイル&ヘアーサロン。 彼女とそのチームとは、もうすでに家族みたいなもの。 週末の家族ご飯に呼ばれて、合流する感覚。 他愛ない話で盛り上がり、心が安らぐ時間。 食の共有は、人を繋いでいく。 これで仕事も、きっと…10月15日 10時30分
  • RODIN at the MET
    曇り空の日曜日、 メトロポリタン美術館の2階はすごい人だかりだった。 ロダンの「考える人」。 世界中にそのレプリカが散在しているから、 世界中の誰もが、その名を知っているだろう。 こんなに小さな彫像が、なぜこれほどまでに人々の心を捉えるのか…10月14日 17時00分
  • Teppei Ono, Solo Exhibition in NY
    これだけ和食文化が根付いたニューヨークでは、 必然的に、和食器への注目度も高い。 小野哲平氏の作品は、手と心に優しい。 個性的な釉薬使いも、色の残し方も。 美味しく食事を楽しんでほしいという想いが伝わってくる。 ギャラリーで静かに佇むオブジ…10月13日 21時00分
  • Celestial Dragon
    かつて、私には絵を描いてくれなかったアーティストがいた。 身内同然の者に買ってもらうのは、惨めだからと。 今は、ニューヨークに飾って欲しいというアーティストがいる。 私自身は何も変わらないつもりでも、季節も人も移ろいゆく。 ****** 2…10月10日 23時00分
  • Re-union in New York
    前職を休職してニューヨークに留学していた時、 出張で来紐育した地上職の先輩が、食事に誘ってくださった。 無給で勉強している後輩の、陣中見舞というところだろうか。 当時、乗務員の滞在ホテルを契約する責任者だった先輩がいた。 ニューヨークのホテ…10月09日 14時00分
  • 月を愉しむ
    「うわー、まんつき、綺麗ー!」 末娘の発言は、いつも突拍子もない。 でもこの感性を大事にしたいと、丁寧に答える。 「なんで、お月様っていうの?」 「なんで、月明かりっていうの?」 「なんで、お月見なんかするの?」 月を悦び、月を愉しむのは、…10月08日 12時00分
  • Street Fair
    一年に一度だけ、我が家のすぐ前にもストリートフェアがやってくる。 いつも同じベンダーが回っているだけだから、目新しいものは何もない。 それでも、アメリカ人は、外の陽気に誘われて群れをなす。 久しぶりに、こんなに多くの人を見た気がする。 週末…10月07日 01時30分
  • WOKUNI
    ニューヨーク、マンハッタンのへそとも言われる グランドセントラル駅から、徒歩5分。 オフィス街でのランチ競争激選区でもあるこの場所に、 新たな日本食レストランが誕生した。 ブランニューのビル店舗に、モダンなインテリア。 路面間口の広さと天井…10月05日 23時00分
  • Live Painting
    「覚醒」もしくは「降臨」。 描いている時、ものすごいエネルギーが降りてくる。 素人目にはわからない、何かしらの力を受け取って、 その想いをキャンバスに、吐き出しているのかもしれない。 彼女のニューヨーク個展のために、 ロサンゼルスやトロント…10月03日 19時00分
  • Union Rats トランプ氏バージョン
    チェルシー地区のギャラリー街が、ネズミに襲われた。 トランプ氏とユニオンラッツ(組合ネズミ)が一緒になると、 こんなにも不気味な空気が漂う。 労働組合を持たない会社の社員、組合に加入していない社員。 かつて「ラッツ」と呼ばれていた組合非加入…10月02日 12時30分