たにしのアブク 風綴り

登録ID
1657585
サイト名称
たにしのアブク 風綴り
URL
http://blog.goo.ne.jp/madiira-kanaria69608
紹介文
LyricismとNationalism を視座にしてJournalisticに里山に風の渉る音を聞いている。
カテゴリ
  • 旅の知識・楽しみ方 (100%) - 18 / 178人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • イースタン・リーグ公式戦「鎌スタ」20周年開幕戦
    プロ野球・北海道日本ハム・ファイターズの、 ファームの本拠地・鎌ケ谷スタジアムでは、 3月20日からイースタン本拠地開幕・巨人3連戦が行われます。 20日の第1戦は「鎌スタ誕生20周年開幕戦」イベントが盛況でした。 20年を振り返る映像が大…03月20日 21時22分
  • 春はセンバツから――第89回選抜高校野球大会が開幕
    21世紀枠で初出場する不来方に注目。 2017年3月19日、阪神甲子園球場で開会式。 たにしの爺、春の選抜野球には、 特別な思い入れがあります。 仕事で生の開会式、大会全試合を見たのは、 何年前のことになるだろうか。 浪商のドカベン香川捕手…03月19日 20時01分
  • 花よりダンス――「公津しだれ桜ふれあいまつり」
    春陽気に誘われ行く当てもなく出かけて、 464号から成田ニュータウン方面に走っていたら、 2月に開通したばかりの北千葉道路につながり、 田んぼの中の快適なハイウエイ気分になりました。 上野から成田に接続する京成本線と北総線が並行しています。…03月18日 20時27分
  • 奥飛騨の2月旅情?―ー雪の平湯街道からの雪山を仰いで
    白川郷など奥飛騨を回ってきた記録の続きです。 最終回は高山から平湯への雪山を仰ぐ道です。 たにしの爺には30年くらい前、中部本社勤務の4年間があります。 岐阜市までは行くこともありましたが、奥飛騨まで行ったのは、 新穂高から、西穂高独標まで…03月15日 19時42分
  • 奥飛騨の2月旅情?―ー雪の奥飛騨・高山の街並みを歩く
    白川郷など奥飛騨を回ってきた記録の続きです。 高山市内も短い時間でしたが見て回りました。 「小京都」と言われる趣のある街並みが人気です。 宮川にかかる赤い欄干の「中橋」からスタートしました・ 上三之町・上二之町・上一之町の筋を「さんまち通り…03月13日 15時36分
  • 奥飛騨の2月旅情?―ー雪の白川郷・国指定重要文化財の和田家
    白川郷など奥飛騨を回ってきた記録の続きです。 ユネスコ世界遺産の白川郷は雪の中にありました。 屋内に入り、内部を見学できる屋敷が何軒かあります。 白川村に残された合掌造りの家屋としては最も規模が大きく、 築後約300年が経過した今も生活が営…03月12日 10時59分
  • 奥飛騨の2月旅情?―ー雪の白川郷・ライトアップ飛騨の里
    久しぶりに旅ものの記事になりました。 岐阜に赴任している三男夫婦が4月の異動で、 横浜に戻ってくるというので、彼らの居る間にと思い2月の末に、 平湯、白川郷、高山市、下呂温泉など奥飛騨を回ってきました。 とりあえず旅のメインになった白川郷の…03月10日 18時44分
  • 本日は「啓蟄」でした。人面木に出会いました
    2017年3月、最初の日曜日の5日は24節気の「啓蟄」でした。 啓蟄とは、春が近づき大地が温まり冬眠をしていた虫たちが、 穴から出てくる頃になった日なのだそうです。 最近、ものの書き始めに日時を書かないと思考がスタートしません。 上の写真は…03月05日 18時21分
  • 人間―有機化合物から、非有機物体に変身?―「サピエンス全史」
    サピエンスの終焉、超ホモ・サピエンスへ、 コンピューターの中で人間の脳が動き回る 話題の文明書「サピエンス全史―文明の構造と人類の幸福」下巻を読み終えました。 たにしの爺、上巻については、暮れから正月にかけて読み終えて、 1月8日に、「人類…02月23日 11時32分
  • この実、何の実、この樹、何の樹、初めて知ったモミジバフウ(紅葉葉楓)
    昨日18日土曜日は、雪が溶け始める24節気の「雨水」でした。 しかし、前日17日金曜日の「春一番」から一転、 春先気候の崖下に転落「冷温冷風」の一日になりました。 それでも、佐保姫は一進一退、近づいているのでしょう。 前回の記事で県立北総花…02月19日 12時53分
  • 3月陽気、今日の白梅シラウメと桜サクラ
    気温が3月、4月並になった2017・2・15日。 買い物ついでに県立北総花の丘公園はに立ち寄りました。 なんと、サクラが咲き始めていました。 白梅も青空に浮かぶかのように、まぶしく輝いていました。 マンサクも色付いていました。 この公園は千…02月15日 22時15分
  • 春日差し、寒風に紅梅耐え、春耕を待つ菜畑
    立春から一一週間。 日差しはあれど、風強く春寒の日曜日になっています。 徘徊の道野辺は、なお「春浅し」の気分です。 紅千鳥がほころんでいました。 白梅の古木は満開状態です。 春耕を待つ霜融けの菜田圃の影はくっきり。 ホトケノザ、おおイヌフグ…02月12日 15時25分
  • 持続的好奇高齢者になる「感動する脳」
    感動の素―「意外性」と「懐かしさ」が感情を揺さぶる。 最近、こんな本を読みました。 「感動する脳」茂木健一郎著<PHP研究所> 手にしたきっかけは、いつも行く市川市の図書館。 大活字本のコーナーで池波さんの「鬼平」第19巻全3分冊と、 残り…02月07日 09時59分
  • 水鳥の遊ぶ春立つ日の池
    晴天が続いている当地では、水辺の光には春の兆しが訪れていました。 今日は雲が厚く広がってきました。久しぶりに雨になるのだろうか。 きのう4日は、2017年の立春でした。 この日のテレビアナの常套句は、「暦の上では今日から春になります」 しか…02月05日 12時01分