神旅 仏旅 むすび旅

登録ID
1657901
サイト名称
神旅 仏旅 むすび旅
URL
http://ameblo.jp/taishi6764
紹介文
幼少から、人には言えない次元の越える不思議体験をしてきました。とはいえ霊は見えないし霊能力などありませんが、導かれるように全国の神社仏閣を訪れています。
カテゴリ
  • 神社・お寺巡り (100%) - 9 / 232人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ★京田辺を訪れる
    【京田辺を訪れる】?京田辺は古くから栄えた地域で、卑弥呼の時代には高地性集落が生まれ、渡来人がもたらしたとされる、養蚕・鉄製造技術が活かされたところ。?普賢寺や地祇神社付近は、息長氏の居住地といわれ息長氏一族に関連深い地である。普賢寺はこの…10月16日 08時59分
  • 石川県立博物館に行ってきた
    ブログ?金沢の神社を訪れた石川県立博物館石川県立歴史博物館の赤レンガ建物3棟は、かつて陸軍兵器庫、戦後は金沢美術工芸大学に使用されていました。1986(昭和61)年、石川県立郷土資料館(金沢市広坂)が本多の森公園(金沢市出羽町)の赤レンガ建…10月15日 09時12分
  • 金沢市最古の神社「石浦神社(いしうらじんじゃ)」
    ブログ?金沢の神社を訪れた石浦神社(いしうらじんじゃ)所在地 石川県金沢市本多町3丁目1-30主祭神 大物主大神社格等 式内小社論社・旧県社創建 伝天平年中(729〜748年)本殿の様式 流造例祭 10月2日【祭神】大物主大神大山咋大神菊理…10月14日 09時01分
  • 金沢の地名の由来「金澤神社(かなざわじんじゃ)」
    ブログ?金沢の神社を訪れた金沢神社(かなざわじんじゃ)所在地 石川県金沢市兼六町1-3主祭神 菅原道真 白蛇竜神 琴平大神 白阿紫稲荷大名神 前田斉広公 前田斉泰公創建 寛政6年(1794年)兼六園南隣にあり、「金沢」という地名の由来にもな…10月13日 08時54分
  • 前田利家を祀る「尾山神社(おやまじんじゃ)」
    ブログ?金沢の神社を訪れた尾山神社(おやまじんじゃ)所在地 石川県金沢市尾山町11-1主祭神 前田利家社格等 別格官幣社、別表神社創建 明治6年(1873年)3月14日例祭 4月27日明治6年に創建された加賀藩祖前田利家公と正室のお松の方を…10月12日 08時48分
  • 金沢の東照宮「尾崎神社」
    ブログ?金沢の神社を訪れた尾崎神社(おざきじんじゃ)所在地 石川県金沢市丸の内5-5主祭神 天照大神 東照大権現 前田利常創建 1643年本殿の様式 三間社流造朱塗りの社殿には徳川家康の紋が散りばめられ、金沢城の江戸、北陸の日光と呼ばれ崇め…10月11日 15時10分
  • 金沢の白鬚神社
    ブログ?金沢の神社を訪れた白鬚神社鎮座地 金沢市本町2丁目18−8祭神 素戔嗚尊本神社は永長元年加賀国石川郡安江村の地内に建立して、一村の産土神とし、真言宗持明院別当として社内に居住したため、白髭持明院とも呼ばれていたが、明治2年、社地と寺…10月10日 08時52分
  • 富樫氏が代々尊崇した金沢「平岡野神社(ひらおかのじんじゃ)」
    ブログ?金沢の神社を訪れた平岡野神社(ひらおかのじんじゃ)鎮座地 金沢市広岡町1−11−1祭神 大山咋神 伊弉冊尊 大国主尊相武天皇の延暦20(西暦802)年に天台第4氏の座主泰範上人が勅命により北辺の鎮護として坂本の山王権現を勧請建立し、…10月09日 18時50分
  • 加賀国 金沢の神社を訪れた
    加賀国律令体制成立以前は越(こし)とよばれた地域の一部で、越国が689年-692年(持統天皇3-6年)越前国、越中国、越後国の三国に分立。718年養老律令制定により能登国が越前国から分離し、その後823年、さらに越前国から江沼郡と加賀郡を割…10月09日 08時37分
  • 「謎の竹内文書」の地〜皇祖皇太神宮(富山県)〜
    ブログ?神代文字「謎の竹内文書」の地である富山【竹内文書を保管する二系流】皇祖皇太神宮(こうそこうたいじんぐう)?「竹内巨麿の家系」二上射水神社(越中一之宮の射水神社の元鎮座地)?「南朝小倉宮竹内家の家系」(他二上山を御神体とする神社)越中…10月08日 09時24分
  • 「謎の竹内文書」の地〜二上射水神社〜
    ブログ?神代文字「謎の竹内文書」の地である富山【竹内文書を保管する二系流】皇祖皇太神宮(こうそこうたいじんぐう)?「竹内巨麿の家系」二上射水神社(越中一之宮の射水神社の元鎮座地)?「南朝小倉宮竹内家の家系」(他二上山を御神体とする神社)越中…10月07日 09時48分
  • 神代文字「謎の竹内文書」の地である富山
    ブログ?武内宿禰命景行・成務・仲哀(神功皇后)・応神・仁徳の5代(第12代から第16代)の各天皇に仕えた大臣という360余歳の長寿であった武内宿禰命。これは、この名が世襲制だった為という。日本書紀や古事記では神功皇后が神託を降ろし、武内宿禰…10月07日 09時29分
  • 能等国を訪れる
    能等国養老2年(718)能登は、珠洲郡・鳳至郡・能登郡・羽咋郡の4郡をもって越前国から分かれて能登の国になります。しかし、天平13年(741)能登国は廃止され、越中国に組み入れられます。しかし、またまた天平宝字元年(757)再び能登国が置か…10月07日 06時47分
  • 能登部下の宮(妹宮)「能登比咩神社」
    ブログ?越国の古い神々を訪れる能登比咩神社(のとひめじんじゃ)鎮座地 石川県鹿島郡中能登町能登部下125甲29 御祭神 能登比咩神 沼名木入比賣命合祀 天照大神 豊受大神 少彦名命 天滿天神 建御名方命 迦具土命?社伝によると、大己貴命が少…10月06日 09時11分
  • 能登部上の宮(兄宮)「能登比古神社(能登部神社)」
    ブログ?越国の古い神々を訪れる能登部神社(のとべじんじゃ)鎮座地 鹿島郡中能登町能登部上ロ70御祭神 能登比古神 大入杵命合祀 天照大神 豊受大神 少彦名命 天滿天神 建御名方命 迦具土命養老2年(718)能登は、珠洲郡・鳳至郡・能登郡・羽…10月05日 09時43分
  • 能登国造祖の旧社地「能登神明神社」
    ブログ?越国の古い神々を訪れる能登神明神社鎮座地 鹿島郡中能登町徳前14-13御祭神 天照大御神 豊受大神 ( 能登河中神社) 彦狭島命 (赤曽布神社) 事代主命 経津主命 武甕槌命 (薬師神社) 大那牟遅命 少名毘古命 建速須佐之男命往古…10月04日 09時31分
  • 能登國二ノ宮「天日陰比咩神社 (あめひかげひめじんじゃ )」
    ブログ?越国の古い神々を訪れる天日陰比咩神社 (あめひかげひめじんじゃ )住所 鹿島郡中能登町西馬場モ1祭神 弥都波能売神(屋船久久能智命)ブログ?石動山信仰とはもと石動山の山頂にある伊須流岐比古神社の下社であった。後に芹川にあった天日陰比…10月03日 16時21分
  • 高野山真言宗 倶利迦羅不動寺(くりからふどうじ)
    倶利迦羅不動寺(くりからふどうじ)所在地 (山頂本堂)石川県河北郡津幡町倶利伽羅リ-2 (鳳凰殿)石川県河北郡津幡町竹橋ク128山号 高野山宗派 高野山真言宗寺格 別格本山本尊 倶利伽羅不動明王開山 812年正式名 高野山真言宗 別格本山 …10月02日 09時07分
  • 石動山信仰「白山から迎えた客人大権現」
    私は「石動山信仰」と言うものを全く知りませんでした。知るきっかけとなったのが加賀馬場〜白山第一王子「金剱宮(きんけんぐう)」からきた「倶利迦羅不動寺」に行きたくて石動駅からタクシーで行き、帰りのタクシーの運転手のかたに「石動駅(いするぎえき…10月01日 13時26分
  • はるか昔の高志の女神「姉倉比売神社」 (富山市呉羽町)
    姉倉比売神社(あねくらひめじんじゃ)住所 富山県富山市呉羽町小竹1813祭神 天照皇大神 姉倉比賣命 大己貴命 武御名方主命ブログ?越国の古い神々を訪れる高志の国王「阿彦」を征伐した大幡主命(大若子命)古代越国を支配していた最大勢力を誇る豪…09月30日 09時20分
  • 大国主の妻「奴奈川神社」糸魚川市一の宮天津神社 内
    ブログ?越国の古い神々を訪れる?越後国一宮 居多神社(こたじんじゃ)【祭神】大国主命(おおくにぬしのみこと)奴奈川姫命(ぬながわひめのみこと) - 文献では「沼河比売」とも。大国主命の妻。建御名方命(たけみなかたのみこと) - 大国主命の子…09月29日 09時30分
  • 大国主の妻「奴奈川神社( ぬながわじんじゃ )」魚川市田伏
    ブログ?越国の古い神々を訪れる?越後国一宮 居多神社(こたじんじゃ)【祭神】大国主命(おおくにぬしのみこと)奴奈川姫命(ぬながわひめのみこと) - 文献では「沼河比売」とも。大国主命の妻。建御名方命(たけみなかたのみこと) - 大国主命の子…09月28日 09時36分
  • 越国の古い神々を訪れる
    ブログ?越国を訪れる当時は高志国と書かれ、越国は8世紀以降の書き方『古事記』は高志と記し、『出雲国風土記』には古志とある。日本書紀は古い時代の地方名として越(こし)・越洲(こしのしま)を記す。地理的な範囲は敦賀の越前国一の宮 氣比神宮 から…09月27日 09時49分
  • 曹洞宗大乗寺の「白山水」が湧く井戸
    ブログ?曹洞宗の僧の守護神「白山妙理大菩薩」曹洞宗へ得度した僧は、必ず「白山妙理大菩薩」「護法龍天善神」と書かれた軸を持っていると言う。?大本山永平寺白山権現を守護神とする曹洞宗永平寺(えいへいじ)、「白山水」が湧く井戸があった。永平寺は、…09月26日 09時10分
  • 曹洞宗の僧の守護神「白山妙理大菩薩」
    曹洞宗曹洞宗の教義は、「正伝の仏法」を伝統とし、「南無釈迦牟尼仏」として釈迦を本尊と仰ぎ、「即心是仏」の心をもって、主に坐禅により働きかける。ひたすら坐禅することをもっぱらとしました。曹洞宗の開祖・道元は、鎌倉時代に中国に渡り、帰国後、建仁…09月25日 08時55分
  • 観音の里めぐり2017「薬師如来」
    さて、朝は肌寒く、朝露の美しい季節になってきましたわたしは、秋と言えば近江 奥びわ湖といったイメージがここ数年つづいて今年は、どこに行こうかとソワソワしてきます大好きな奥びわ湖、紅葉だけでなく神仏習合が未だそのままに残され、村人達が大切に守…09月25日 05時47分
  • 白山下山仏林西寺の「八坂神社」
    ブログ?開山1300年 白山聖地を訪れる白山下山仏とは、古来より白山には神仏習合の信仰があり、山頂付近の堂舎には数多くの仏像、仏具が安置されていたが、神仏分離により大半が廃棄された。しかし、信仰の厚かった白山麓の人々によって一部が尾添白山社…09月24日 09時36分
  • 白山の山頂の仏像「白山下山仏林西寺」
    ブログ?開山1300年 白山聖地を訪れる白山下山仏とは、古来より白山には神仏習合の信仰があり、山頂付近の堂舎には数多くの仏像、仏具が安置されていたが、神仏分離により大半が廃棄された。しかし、信仰の厚かった白山麓の人々によって一部が尾添白山社…09月23日 09時43分
  • 尾添地区にのこされた「白山牛王印(ごおういん)」
    ブログ?開山1300年 白山聖地を訪れる白山下山仏とは、古来より白山には神仏習合の信仰があり、山頂付近の堂舎には数多くの仏像、仏具が安置されていたが、神仏分離により大半が廃棄された。しかし、信仰の厚かった白山麓の人々によって一部が尾添白山社…09月22日 09時27分
  • 白山の山頂の仏像「尾添白山下山仏社」
    ブログ?開山1300年 白山聖地を訪れる白山下山仏とは、古来より白山には神仏習合の信仰があり、山頂付近の堂舎には数多くの仏像、仏具が安置されていたが、神仏分離により大半が廃棄された。しかし、信仰の厚かった白山麓の人々によって一部が尾添白山社…09月21日 09時23分
  • 磐衝別命の屋敷跡または羽咋神社の元宮「八幡神社」
    ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社…09月20日 09時41分
  • 磐衝別命に関係する「羽咋七塚(はくいななつか)」
    ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社…09月19日 09時17分
  • 羽咋氏・三尾氏の祖「磐衝別命墓」羽咋神社(はくいじんじゃ)
    ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋神社(はくいじんじゃ)「磐衝別命墓」…09月18日 09時32分
  • 難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」
    ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋神社(はくいじんじゃ)「磐衝別命墓」…09月17日 09時44分
  • 継体天皇〜難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」
    ブログ?継体天皇伝承地「越国」訪れる織田信長の氏神「劔神社」の謎織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)難波宮を守る福井の神「足羽神社(あすわじんじゃ)」難波宮を守る福井の神「福井県の地名の由来」羽咋神社(はくいじんじゃ)「磐衝別命墓」…09月16日 08時59分
  • 継体天皇伝承地「越国」訪れる
    ブログ?継体天皇の伝承地をおとずれる継体天皇の父→【汙斯王(=彦主人王)】 三尾氏?三尾氏は、第11代垂仁天皇と、山背大国不遅(山代大国之淵)の娘・綺戸辺(かむはたとべ、弟苅羽田刀弁)との間に生まれた第十皇子である磐衝別命(いわつくわけのみ…09月15日 18時00分
  • ★継体天皇の伝承地をおとずれる
    継体天皇の時代ブログ?河内王朝 〜五世紀の「鉄と騎馬民族」〜?4世紀の中国は華北地方に騎馬民族を中心にした五胡の時代の侵入を受け分裂し、五胡十六国時代になり、高句麗は中国東北部で勢力を伸ばした。高句麗は北魏・鮮卑の民族から馬場の習俗を受け継…09月15日 09時29分
  • 織田信長の氏神「劔神社」の謎
    御神体の「剣」 御神体となっている剣は垂仁天皇皇子の五十瓊敷入彦命が作らせた神剣?五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)『日本書紀』『古事記』によれば、第11代垂仁天皇と、後皇后の日葉酢媛命(ひばすひめのみこと、比婆須比売命/氷羽州比売…09月14日 15時51分
  • 織田信長の氏神 越前二の宮 劔神社(剣神社)
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月13日 08時59分
  • 白山信者だった「織田信長」
    白山信者だった「織田信長」 織田信長は白山を信仰していた。岐阜県岐阜市にある標高329mの山。旧名稲葉山(いなばやま)金華山(きんかざん)は、1201年(建仁元年) 二階堂行政が山上に砦を設け、1567年(永禄10年) 織田信長の居城となっ…09月12日 08時52分
  • 越前国の戦国大名「朝倉氏」一乗谷遺跡
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月11日 08時23分
  • 越前馬場〜白山平泉寺(へいせんじはくさんじんじゃ)〜
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月10日 09時23分
  • 白山権現を守護神とする曹洞宗永平寺(えいへいじ)
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月09日 08時58分
  • 永遠に平和を願う町から「永平寺大燈籠ながし」
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月08日 09時25分
  • 美濃馬場〜郡上八幡を訪れる〜
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月07日 09時35分
  • 美濃馬場〜長滝白山神社(ながたきはくさんじんじゃ)〜
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月06日 08時41分
  • 美濃馬場〜白山中居神社(はくさんちゅうきょじんじゃ)〜
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月05日 08時41分
  • 白山信者だった奥州藤原氏「中尊寺の鎮守白山権現」
    越前(現福井県)の平泉寺白山神社は、「へいせんじはくさんじんじゃ」と読む が私は「ひらいづみ」と呼んでいたが、案外こんな間違いが面白い歴史の断片を知ることになる。「ひらいづみ」といえば「世界遺産平泉」「中尊寺の金色堂」といったイメージがあり…09月04日 08時42分
  • 那谷寺「若宮白山神社」
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月03日 09時14分
  • 開創1300年 高野山真言宗「那谷寺(なたでら)」
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月02日 09時15分
  • 松任金剱宮(きんけんぐう)
    翌718年(養老2年)に、泰澄は御前峰に社を築き、白山妙理大権現を奉祀した。平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場(ばんば)は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれた。そして、神仏習合により…09月01日 09時20分