風のアダージョ

登録ID
1666360
サイト名称
風のアダージョ
URL
http://blog.goo.ne.jp/poem-kanon
紹介文
切なさの向こう側、樹木を渡る風笛が聞こえる
カテゴリ
  • 創作詩 (100%) - 2 / 54人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 晩秋
    置いてゆく秋の狭間の 雨に洗われた空 サクサク木の葉 恋人との約束 机の上の読後の本 エトセトラ 置いてゆく秋の日の きょうは少しだけ夢みて過ごそう 数えきれない明日のために (C)Kanon 11月17日 11時05分
  • 繋ぐ
    気配を消すように雨が降る 遠くを走る電車の音も靴音も消え 音のない世界へと融けていく 流れていた時間のなかで あの路面電車は今も 走っているのだろうか 町が雨に濡れ無情にも 片隅の花が散っても 大きなうねりは立ち止まらない わたしは宙(そら…10月26日 12時17分
  • 秋と女心と
    何だろう何かが くぐもる胸いっぱいに 遠く近く揺れている 身体のどこかでは 風が吹いているような そんなあてもない 午後なのだけれど 弛緩した週末の 釣瓶落としの秋の日の ざわめく空気 なんといじらしき (C)Kanon 10月06日 15時28分
  • 小さき者よ
    風に凭れた小さき者よ その瞳はどこを見る 風は行くもの流れるもの 風に凭れた小さき者よ その唇は何を唄う (C)Kanon 10月05日 13時42分
  • 歳月の澱
    薄紙を 一枚一枚 剥がしていくように 距離が縮まっていく 隔たっていた時間の なんと無意味なことか (C)Kanon 10月02日 15時12分