日本グルーヴチューン振興会

登録ID
1672430
サイト名称
日本グルーヴチューン振興会
URL
http://blog.goo.ne.jp/delphis_groove
紹介文
アイドルからインディーポップまで、主にカ ッコいいJ−POPのレヴューを書いています。
カテゴリ
  • 音楽(J-POP) (100%) - 5 / 311人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 私的嵐シングルベスト
    「untitled」のレヴューにコメントをくださった男子大学生だという方から“特に好きな嵐の曲を知りたい”と言われました。 ならば、今の時点で自分が好きなシングル表題曲を10曲選んでみようかと思い立った訳です。 ちなみに、その大学生の方は「…11月15日 15時25分
  • ひとりソウルショウ2017@高松DIME
    前記事からの流れで嵐のシングルマイベスト10を書こうと思っていたのですが、昨日のライヴがあまりにも凄かったので急遽予定を変更。 嵐ファンの方は今しばらくお待ちいただければと思います。 ? ? さて、11月9日の田島貴男ひとりソウルショウに妻…11月10日 15時32分
  • 嵐 「untitled」
    今年もまた嵐のアルバムレヴューの季節がやってまいりました。 今回は難産というか、いつもの様なレヴューが書ける自信がない(笑) とりあえず、自分で納得できるだけ聴いて素直に思った事を書いてみます。 ? ? 嵐 「untitled」(通常盤) …11月04日 16時19分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その29 SCOOBIE DO“GET UP”
    ファンキー4ことスクービー・ドゥ―のメジャーデヴューEPのリード曲。 深夜のテレビかなんかで見て(聴いて)実にファンキーなカッコ良さの虜になりました。 ブラック・ボトム・ブラス・バンドのホーンを加えたサウンドの厚みも堪りません。 ? ? S…11月02日 22時51分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その28 DARYL HALL & JOHN O…
    ダリル・ホール&ジョン・オーツには好きな歌がたくさんありますが、その中でも印象深いのが「シーズ・ゴーン」です。 初期のヒット曲なのでリアルタイムで聴いた訳ではありません。 「プライベート・アイズ」や「マンイーター」がヒットした時に過去の音源…11月01日 21時44分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その28 FLYING KIDS“幸せであるように”
    “三宅裕司のいかすバンド天国”(通称:イカ天)の初代グランドキングであるフライング・キッズが1990年にリリースしたメジャーデヴュー曲。 彼らが勝ち抜いていた時は私が住んでいる地方ではオンエアがなかったのですが、その後に放送される様になって…10月31日 23時00分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その27 Boston“Peace of Mind”
    ビートルズからプログレ、ザ・バンドやライ・クーダーのようなアメリカのバンド、ハードロック、AORやソフトロックなど色々と変遷を経て今の音楽の好みが形成されていく訳ですが、その途中には大ヒットした産業ロック然とした如何にもな楽曲が数多く身体に…10月30日 21時44分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その27 サノトモミ“追憶の鏡”
    流線形のゲストヴォーカルとしても知られるサノトモミさんが2005年にリリースしたソロアルバムから。 このアルバムで一番好きな曲ですが、貼り付けている動画は途中でフェードアウトしていますので是非音源を入手していただければ嬉しい。 プロデュース…10月29日 22時31分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その26 Boz Scaggs“Lowdown”
    言わずと知れたAORの金字塔。 ボズ・スキャッグス、1976年の大ヒット。 今日、この曲をピックしたのは極めて個人的な理由です。 大好きなアイドルでフィロソフィーのダンスというグループがいるのですが、彼女たちのクラウドファンディングのリター…10月28日 22時55分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その26 Paris Match“deep inside…
    パリスマッチが2001年にリリースした4thシングル表題曲。 この曲が収められた翌年リリースのアルバム『type?』は、ゼロ年代のJ-AORを代表する名盤だと思っています。 ? Paris Match / deep inside ? 杉山洋…10月27日 17時00分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その25 Yes“Roundabout”
    YMOからビートルズにハマった私は、何故かプログレッシヴロックにいくことになります。 キング・クリムゾンやピンクフロイド、イエスといった有名どころだけでしたが。 そんな中で一番好きになった曲がこの「ラウンドアバウト」です。 ? ? Yes …10月26日 22時34分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その25 YMO“Mad Pierrot”
    イエロー・マジック・オーケストラのデヴューアルバムに収められた「マッド・ピエロ」は先日、星野源がライヴでカヴァーしたことでも有名になりました。 私は小学校から中学校になる頃にYMOと出会い、彼らがカヴァーした「デイ・トリッパー」からビートル…10月25日 21時26分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その24 Curtis Mayfield“Move On…
    前エントリーからのファンキー繋がりで(笑) ブラディオのメンバーはもちろん好きだろうなと思うんだけど、今イチオシのアイドル“フィロソフィーのダンス”もこの曲にインスパイアされた楽曲をやってたりします。 昨今のファンキーグルーヴの根底にはカー…10月24日 21時59分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その24 BRADIO“Golden Liar”
    ここ数年に行ったライヴで初見の衝撃が一番大きかったのがブラディオです。 ファンキーグルーヴをベースにしたソウルフルなロックバンドというのはいくつかありますが、彼らの佇まいから漂うオーラの強さは格別でした。 前エントリーのディープ・パープル「…10月23日 21時44分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その23 Deep Purple“Burn”
    ディープ・パープルが1974年に発表した、彼らの第3期を代表する楽曲。 「紫の炎」という邦題もあるが「バーン」の方が通りが良いかな。 21世紀になっても“タマホーム”のCMに替え歌として使われるなど、長く愛される印象的な一曲。 ? ? De…10月21日 21時47分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その23 BOO feat MURO“SMILE IN …
    BOOが2002年にMUROをプロデューサーに迎えリリースしたファーストシングル。 山下達郎の「スパークル」をサンプリングしたアーバンブリーズなサマーアンセム。 ? ? BOO feat MURO - SMILE IN YOUR FACE(…10月20日 20時50分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その22 The System“Don't Distur…
    ザ・システムが1987年に全米トップテンヒットさせた「ドント・ディスターヴ・ディス・グルーヴ」は、人力グルーヴ一辺倒だった私がエレクトログルーヴもイイなぁと思うきっかけになった曲です。 ? 元々彼らに興味を持ったのは角松敏生と一緒に仕事をし…10月19日 22時35分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その22 flexlife“gettingbetter”
    フレックスライフが2002年にリリースしたアルバム『それいゆ』に収録された1曲。 このアルバムは“私を構成する9枚”の女性ヴォーカル編に選んだくらい大好きな1枚で、その中でも一番心惹かれる楽曲です。 ? ? gettingbetter ? …10月18日 22時44分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その21 The Doobie Brothers&quo…
    70年代末のみならず20世紀のアメリカンロックを代表するAORの金字塔。 ドゥ―ビー・ブラザーズはこの曲でグラミー賞を受賞。グループの代表曲となりました。 ? ? The Doobie Brothers - "What A Fool Bel…10月17日 21時32分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その21 Suneohair“Waltz”
    スネオヘアー、2005年のシングル。アニメのエンディングテーマだったので覚えている方も多いかと。 スネオヘアーのCDは結構持っていますが、その中でも一番好きな楽曲がこちら。イントロのドラムやギターから最高にカッコいい訳ですが、レキシの池ちゃ…10月15日 19時59分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その20 Player“Baby Come Back”
    1970年代後期、ディスコブーム真っ只中に全米1位を記録した永遠のメロウロックチューン。 プレイヤーというバンド自体はロック史に特筆すべき存在ではないかもしれませんが、この曲に関してだけは別。 個人的には70年代後期アメリカンAORの中でも…10月14日 23時00分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その20 Natural High“プロローグ”
    弾けるピアノポップは大好物なのですが、そのきっかけとなった一因が彼女たち。 ナチュラルハイは2003年から2008年まで5年間活動した、東京音大出身のピアニスト&ヴォーカリストの女性コンビ。 何よりも素晴らしいのはドライヴ感溢れる歌うピアノ…10月13日 23時47分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その19 Hamilton, Joe Frank &am…
    アメリカンポップを代表するダンヒル・レーベルから1971年にリリースされた、ハミルトン,ジョー・フランク&レイノルズの大ヒット曲。 もちろんリアルタイムで聴いていたわけではなく、ラジオで偶然耳にして大好きになりました。 ? ? 恋のかけひき…10月12日 22時42分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その19 the jadoes“heart beat c…
    角松敏生が好きで、彼のプロデュースした作品はできるだけ耳にする様にしていました。 そんな中でも一番のお気に入りになったのがジャドーズ。リードヴォーカル&ベースの藤沢秀樹がダンス☆マンとして活動しているというのは公然の秘密となっていますが(笑…10月11日 22時10分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その18 Elbow Bones & The R…
    エルボウ・ボーンズ&ザ・ラケッティアーズというバンドが1983年に唯一リリースしたアルバムに収められた珠玉のダンスクラシック。 このバンドはキッド・クレオール&ココナッツのオーガスト・ダーネルがプロデュースしている事から伺えるように彼の覆面…10月10日 22時22分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その18 original love“let's go”
    オリジナルラブが1993年にリリースしたサードアルバム『EYES』のオープニングを飾る重厚なグルーヴチューン。 初めて聴いた時にぶっ飛んだのを覚えています。 ギル・スコット-ヘロンの「Angola,Louisiana」を下敷きにしたと思しき…10月09日 21時47分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その17 Ben Watt“North Marine D…
    エヴリシング・バット・ザ・ガールのベン・ワットが1983年にリリースした同名アルバムから。 2分半に満たない小品と言ってもいい曲ですが、今のポップスにも多大な影響を与えていることは間違いない名曲。 ? ? Ben Watt - North …10月08日 21時32分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その17 増尾好秋“I Will Find A Plac…
    日本のジャズ・フュージョン系のギタリストで好きな人と言われて最初に頭に浮かぶのは増尾好秋さんです。 この曲が入ったアルバム『サンシャイン・アヴェニュー』を10代後半に買って何度も聴きました。 私を構成する9枚にも選んだ大好きなアルバムのラス…10月07日 22時05分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その16 Silver“Wham Bam (Shang-…
    1976年に、たった1枚のアルバムを残して解散したバンド。 ロック史においても、さほど重要視されていない不遇のバンド。 それが、シルヴァーです。 しかし、そのソングライティングのセンスは今でも十二分に通用するポテンシャルがあったと思うのです…10月06日 22時44分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その16 高野寛“BLUE PERIOD”
    1980年代末にリリースされた高野寛のセカンドアルバム『RING』からの先行シングル。 このアルバムはセルフプロデュースだが、このシングルは小林武史との共同プロデュース作品。 ? ? フ?ルーヒ?リオト?・高野寛 ? ? サウンド面では多少…10月05日 21時58分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その15 Horace Silver Quintet“S…
    ジャズに関しては素人同然ですが、そんな私でも大好きな曲が何曲かあります。 そんな中でも一番好きな曲がコチラ。 ホレス・シルヴァー・クインテットが1959年に録音した『ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ』。このアルバムに収録された「シスター・…10月04日 22時39分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その15 いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・フ…
    1977年にいしだあゆみがティンパンアレイをバックにリリースされたアルバム『アワー・コネクション』の1曲目。 リリース時小学生だった私は当然CDとして再発された時に購入した訳ですが、その頃から今までずっと愛聴している作品です。 この曲は作詞…10月03日 20時28分
  • 俺の洋楽100曲(仮) その14 Chicago“Saturday in the…
    大好きなスペクトラムにも多大な影響を与えたブラスロックの雄、シカゴ。 彼らが1972年にシングルとしてリリースしたこの曲はブラス云々関係なく、現代のメロウグルーヴの礎として重要なのではないかと思います。 特にイントロのピアノのフレーズは今で…10月02日 22時22分
  • 俺の邦楽100曲(仮) その14 矢野真紀“さよなら色はブルー”
    矢野真紀(現在は矢野まき)が2002年にリリースした7枚目のシングル。 ラテン風味が塗されたアッパーグルーヴで、真紀ちゃんのヴォーカルも実に力があります。 作曲は寺岡呼人、編曲は寺岡呼人と藤井謙二。 何よりも素晴らしいのはイントロから炸裂す…10月01日 22時05分