戦国・幕末 セレクト日本史

登録ID
1672674
サイト名称
戦国・幕末 セレクト日本史
URL
http://pleasure-bit.com/
紹介文
「真田丸」の登場人物や戦国武将・幕末維新志士たちの逸話や名言を紹介。
カテゴリ
  • 戦国時代 (50%) - 42 / 55人中
  • 大河ドラマ・時代劇 (50%) - 35 / 45人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 【有能or無能】島津斉興が斉彬よりも久光に跡を継がせたいと思った理由とは?
    島津斉彬と久光の父親である薩摩藩10代藩主の島津斉興(なりおき)。 藩主になるまでに色々あり、藩主になってからも色々あった人でした(笑)。 ただ、歴史的にはマイナーな存在で、あくまでも「島津斉彬と久光のパパ」としての知名度しかありません。 …12月10日 12時39分
  • お由羅の方が悪女と言われる理由!お由羅騒動の原因を分かりやすく解説!
    今回取り上げるのは、薩摩藩10代藩主・島津斉興の側室(身分が高い人の愛人)であるお由羅の方です。 お由羅の方は幕末の薩摩に混乱をもたらす発端となった人物。 斉興と正室(正式な妻)の周子との間に生まれた斉彬を推す一派と、お由羅との間に生まれた…12月10日 12時01分
  • 西郷隆盛との友情から西南戦争へ!桂久武の波乱の生涯!
    幕末から明治の薩摩を語る上で外せない人物に桂久武という武士がいます。 久武は兄の赤山靭負(ゆきえ)をお由羅騒動で亡くし、自身も西郷隆盛の親交から西南戦争に参加するなど、波乱の生涯を送ります。 では、桂久武と西郷隆盛はどのような関係で、なぜ西…12月03日 11時48分
  • 西郷隆盛が泣いた赤山靭負(ゆきえ)の切腹の真実と吉兵衛の介錯!
    幕末から明治の薩摩を語る上で外せない、赤山靭負(あかやまゆきえ)・桂久武兄弟。 特に兄の赤山靭負は西郷隆盛の父・吉兵衛とも関わりがあった有能な人物でした。 ただ、赤山靭負は明治維新を迎える前に薩摩藩のお家騒動で命を落としてしまうことになりま…12月03日 10時11分
  • 西郷隆盛を慕い続けた村田新八の生涯と最期!
    西郷隆盛とともに西南戦争を戦った村田新八。 身長は180センチと長身で、残っている写真を見ると、『ネクタイ+スーツ姿+立派なヒゲ』という、おしゃれポイントをおさえたイケメンでした。 もちろんおしゃれなだけでなく、武士(政治家)としての資質も…11月27日 18時09分
  • 西郷隆盛が生涯で結婚した3人の妻(須賀・愛加那・糸)ってどんな人?
    西郷隆盛は生涯で3度結婚しています。 そのうち1度目の妻とはすぐ離婚。 2度目の妻とは事情があって別れざるをえず、3度目の妻と亡くなるまで暮らしています。 では、西郷隆盛の結婚生活とはどのようなものだったのでしょうか? 今回は西郷隆盛が娶っ…11月27日 16時47分
  • 西郷隆盛の使用人・永田熊吉の知られざる逸話と活躍!
    西郷隆盛は何人も従僕(使用人)を雇っていました。 その中で今回取り上げるのが、永田熊吉という人物です。 永田熊吉はとてもマニアックな人物で、インターネットで検索しても彼の人となりが分かる資料はほとんど出てきません。 しかし、彼には知る人ぞ知…11月20日 23時19分
  • 西郷隆盛の父・吉兵衛と母・満佐子(まさこ)ってどんな人?
    薩摩が生んだ明治維新の立役者の一人・西郷隆盛。 島津斉彬の抜擢をきっかけに、薩長同盟の締結や勝海舟との江戸城無血開城など、さまざまなことを成功に導き、明治維新に貢献した人物です。 西南戦争で新政府軍と戦い、故郷の鹿児島で命を落としたことも知…11月20日 22時52分
  • 鈴木孫一(雑賀孫市)と雑賀衆について!石山合戦で織田信長を苦しめた武将の正体!
    戦国時代、領土拡大のために戦っていたのは大名ばかりではありません。 一向一揆をはじめ、比叡山延暦寺や大坂本願寺といった、寺社勢力も武装して戦っていました。 その寺社勢力の中の本願寺に従って信長に敵対したのが、紀州の雑賀衆です。 雑賀衆という…11月01日 00時49分
  • 1万円札の人!福沢諭吉の学問のすすめの要点を分りやすく解説!
    私達が普段使っている1万円札、その肖像はご存知福沢諭吉です。 福沢諭吉は幕末から明治にかけて西洋化を推し進め、日本を近代国家にすることを主張し続けた人物。 彼は生涯で数多くの著作を残しましたが、その中で最も有名なのが『学問のすすめ』です。 …11月01日 00時35分