みどりの木のブログ

登録ID
1681471
サイト名称
みどりの木のブログ
URL
http://ameblo.jp/idryou/
紹介文
歴史を感動のある内容でUPしたいです。
カテゴリ
  • 街・建物写真 (100%) - 1 / 115人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 大坂城連休イベント紹介2 桜門枡形跡から旧四師団司令部
    昨日の続きです。今日は桜門枡形跡から旧四師団司令部までです。 桜門です。門の中に天守閣が見えます。この日は祭のような賑わいで、聞こえて来る声は外国語の方がたいへん多いので、外国の観光地に居るような感じです。正面枡形内の大きな石がタコ石と言わ…05月19日 20時52分
  • 大坂城連休イベント紹介2 本丸まで
    昨日の続きです。今日は大手門から本丸までです。 下図?から見た西の丸庭園入口です。木々のみどりがきれいです。 現在地にあった地図です。(上が北) ?の南側にある大坂城公園城内詰所です。 今回見たイベントの立て看板がこの辺りにありました。火縄…05月18日 21時13分
  • 大坂城連休イベント紹介1 大手門
    今日からは2018年5月3日の連休中に行った大坂城の紹介です。この日は天候も良く、親孝行も兼ねての食事で、大坂城に行きました。 今年は維新の動乱から今年で150年経つんですね。 大手門の近所にコンビニが出来ていました。去年は無かった気がしま…05月17日 20時30分
  • 道明寺歴史祭8 最終回
    昨日の続きです。  応神天皇陵で解散になりましたが、ボランティアガイドさんと道明寺天満宮に戻りました。今回はボランティアガイドさんが2人も古墳巡りに付き合ってくれました。道明寺天満宮に戻る途中で、道明寺の古い大和棟民家がありまし…05月16日 21時03分
  • 道明寺歴史祭7 応神天皇陵 誉田丸山古墳
    昨日の続きです。今日は応神天皇陵です。 大鳥塚古墳を前方部西側角から見たところです。 北が上の地図です。 大鳥塚古墳前方部西側角の道路を挟んで向かい側に、この宮内庁書陵部古市陵墓監区事務所があります。 中に入ると ここで古市古墳群の皇室関係…05月15日 19時47分
  • 道明寺歴史祭6 赤面山古墳から大鳥塚古墳まで
    昨日の続きです。方墳の赤面山古墳のある西名阪高速道路の下を越えます。 下図?の赤面山古墳です。ここを横切ると 長さ110mの大鳥塚古墳の後円部が見えます。 大鳥塚古墳は、墳丘の長さが110mの前方後円墳です。古市古墳群の中では中形で、前方部…05月14日 20時36分
  • 道明寺歴史祭5 古室山古墳から赤面山古墳まで
    昨日の続きです。今日は古室山古墳から赤面山古墳まで歩きます。 下図?の古室山古墳後円部頂上から生駒山方向の写真です。 赤いコーンの立っている辺りに民家がありましたが、世界遺産を目指しているので、立ち退いてもらったそうです。9月のユネスコの調…05月13日 20時32分
  • 道明寺歴史祭4 仲姫命陵古墳・小室山古墳
    昨日の続きです。今日は三塚古墳からです。昨日の絵図の訂正からです。下図で昨日は応神天皇陵と書かれていた古墳は仲姫命陵古墳のことでした。申し訳ありませんでした。訂正版です。昨日の絵図も訂正しておきました。 来年の世界遺産登録を目指していて、今…05月12日 20時46分
  • 道明寺歴史祭3 古墳めぐり
    昨日の続きです。道明寺歴史祭のオープニングを見てから、ボランティアガイドさんによる古墳巡りに参加しました。 古墳巡りの受付ブースです。オープニングが終わった後で出発しました。 半透明のピンクの線に沿って歩きました。(上が北) 道明寺歴史まつ…05月11日 20時53分
  • 道明寺歴史祭2
    昨日の続きです。歴史コスプレ行列の続きからです。 これは菅原道真の時代です。 たまてばしに進む行列です。 たまてばしに並んでから会場に下りてきます。 時代装束行列が石川河川公園に到着しています。 たまてばしから赤い楕円形の会場に勢ぞろいしま…05月10日 20時53分
  • 道明寺歴史祭1
    今日から2018年5月4日に行われた、第2回道明寺歴史まつりの紹介です。道明寺では道明寺天満宮として菅原道真で有名です。江戸時代初期には大坂の夏の陣で真田幸村と伊達政宗が対戦したことで有名です。それで去年から「道明寺歴史まつり」というイベン…05月09日 20時46分
  • 金沢城の紹介8 鶴の丸土塀から新丸 最終回
    昨日の続きです。今日は鶴の丸の土塀からです。 鶴の丸土塀です。下図の赤丸の位置から撮影しています。江戸時代後期の古絵図です。 昨日解説した構造で、なまこ壁の中には石が詰められています。塀の屋根は鉛葺きです。 …05月08日 20時47分
  • 金沢城の紹介7 二の丸から鶴の丸
    昨日の続きです。今日は二の丸から鶴の丸です。 二の丸広場です。江戸時代は1630年頃から幕末まで御殿・政庁でした。手前が藩主御殿になります。下図?辺りからの撮影です。 現地の観光案内図です。 江戸時代後期の金沢城絵図です。?辺りから第6旅団…05月07日 20時30分
  • 金沢城の紹介6 玉泉院丸庭園から旧第6旅団司令部
    昨日の続きです。今日は玉泉院丸庭園から旧第6旅団司令部を通り、二の丸御殿・藩庁跡に戻ります。 玉泉院丸の長い階段を上がった所は旧第6旅団司令部が見えます。下図?から?方向を撮影しました。右側の石垣の上は二の丸です。 現地の観光案内板です。 …05月06日 19時43分
  • 金沢城の紹介5 本丸から玉泉院丸庭園
    昨日の続きです。今日は本丸から玉泉院丸庭園です。 立入禁止だった、本丸跡をグーグルストリートビューから引用します。下図の本丸跡にある戌亥(いぬい)櫓跡です。(グーグルストリートビューより引用)この辺りに尾山御坊がありました。 本丸の丑寅櫓跡…05月05日 20時45分
  • 金沢城の紹介4 二の丸から
    昨日の続きです。今日は二の丸から 二の丸御殿・政庁跡です。 下図?から見た二の丸御殿・政庁跡です。 江戸時代後期の古絵図です。二の丸から極楽橋を渡り、三十間長屋のある本丸附段に行きます。二の丸と本丸附段の間の堀は現在空堀ですが、上の古絵図か…05月04日 20時33分
  • 金沢城の紹介3 三の丸から二の丸へ
    昨日の続きです。金沢城は26年間金沢で暮らした、高山右近により設計されています。 今日は三の丸から二の丸へです。 下図?で、右端が菱櫓です。菱櫓は角が直角では無く、120度と80度になっているそうで、敵からの死角を無くすためです。屋根瓦は金…05月03日 20時59分
  • 金沢城の紹介2 石川門から三の丸
    昨日の続きです。今日は石川門枡形から三の丸です。 下図?の石川門枡形です。手前門の左右で石垣の積み方が違います。向かって右が切り込み接ぎですが、向かって左が完全な切り石積みです。 現地案内板です。 江戸後期の古絵図です。石川門の前の堀には水…05月02日 20時26分
  • 金沢城の紹介1 歴史など
    今日から金沢城の紹介をします。 室町時代金沢の地名は室町時代の文明年間に存在していたことが知られています。天文日記の中の1546年に「加州金澤坊舍」という名前が文献的な「金澤」の初見です。「まんが日本昔話」にもなった、芋ほり藤五郎の昔話があ…05月01日 20時22分
  • 葛井寺の藤の花と御開帳3 最終回
    昨日の続きです。今日が最終回で、歴史と仏像の写真です。葛井寺(ふじいでら)については過去に紹介をUPしています。そのリンクはここです。 葛井寺の歴史は葛井寺は近年まで、紫雲山三宝院剛琳寺と号し、剛琳寺といいました。古代氏族葛井氏の氏寺として…04月30日 20時26分
  • 葛井寺の藤の花と御開帳2 藤の写真
    昨日の続きです。今日は撮影した藤の花写真です。 赤い門が西門ですが、閉鎖されています。 次に白い花の藤です 短いですが今日はここまでです。明日は阿弥陀仏で最終回です 読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。希望があれば、相互登録しま…04月29日 19時43分
  • 葛井寺の藤の花と御開帳1
    今日は西国33か所札所の、葛井寺の藤の花が満開なので花の写真と、阿弥陀菩薩堂御開帳の写真です。2018年4月22日に訪問しました。日曜日で藤満開なので、寺の駐車場が満車と思い、東門の近くにある時間貸しの駐車場に車を止めて、お寺の方に歩きまし…04月28日 20時37分
  • 七尾城の紹介6 温井屋敷跡から二の丸・三の丸 最終回
    昨日の続きです。今日は 温井屋敷跡から二の丸へ歩きます。 温井(ぬくい)屋敷跡から見た二の丸です。下図?の2段石垣は、能登地震で石垣の崩壊した所があります。カメラを右に回すとこの坂道を上ると二の丸です。崩れた石垣が見えます。 この坂道の登り…04月27日 20時52分
  • 七尾城の紹介5 本丸外枡形から温井屋敷跡
    昨日の続きです。今日は本丸外枡形を下りたところからです。 本丸外枡形から下りてきた所です。左の石垣は遊佐屋敷です。 遊佐屋敷の石垣です。 遊佐屋敷の石垣です。 下図?から?方向を撮影したものです。 レーザー高度測量地図です。 遊佐屋敷の石垣…04月26日 20時48分
  • 七尾城の紹介4 本丸から外枡形まで
    昨日の続きです。今日は本丸から外枡形までの紹介です。 2つ下図?から見た石動山(遠い方の高さ565mの山)方向です。第2回の七尾攻めで、上杉謙信は石動山に本陣を置きました。この本丸(高さ約300m)から約6km程離れています。石動山には約3…04月25日 20時46分
  • 七尾城の紹介3 遊佐屋敷跡から本丸
    昨日の続きです。今日は遊佐屋敷跡から本丸の紹介です。 調度丸から石段を上がり、桜馬場とその先に遊佐屋敷石垣がありました。 赤線に沿って遊佐屋敷の横を通り、本丸に行きます。七尾市製作のCGより引用しています。 貰ったパンフレットの絵図より引用…04月24日 20時45分
  • 七尾城の紹介2 山上駐車場から遊佐屋敷跡まで
    昨日の続きです。今日は山上駐車場から遊佐屋敷跡まで歩きます。 山上駐車場から見える七尾市と七尾湾です。 下図の本丸駐車場です。 駐車場の端にある、二代目畠山義忠の歌碑です。 貰ったパンフレットから引…04月23日 20時28分
  • 七尾城の紹介1 歴史など
    今日から能登七尾城の紹介をします。 足利一門の重臣であった畠山基国が、約600年前の1391年、室町時代前期に河内・越中・紀伊・能登の4か国の守護になり、管領にもなります。 1406年に畠山基国が死去して、その次男満慶…04月22日 19時25分
  • 一乗谷遺跡の紹介8 最終回
    昨日の続きで最終回です。 下図?の所です。石碑は招魂碑です。手前の建物が朝倉神社です。背後の丘の上は中の御殿跡です。 現在地にある地図です。 グーグルより引用の地図です。 ?の右にある中の御殿跡への…04月21日 20時39分
  • 一乗谷遺跡の紹介7 朝倉義景館跡内部
    昨日の続きです。いつも見ていただいてありがとうございます。今日は朝倉義景館跡の内部です。今日が最終回と昨日書いたのですが長くなるので、明日が最終回です。すいません訂正しておきます。 昨日UPした唐門です。朝倉氏滅亡後の寺の門です…04月20日 20時55分
  • 一乗谷遺跡の紹介6 朝倉義景館跡と朝倉義景
    昨日の続きです。今日は朝倉義景館跡と朝倉義景の紹介です。 ガイダンス棟から朝倉義景館跡に移動途中です。下絵図?の橋の所です。 現在地にある観光案内図です。?の辺りからの写真は ?辺りの朝倉義景館の堀です。以前来た時は堀が無かったのですが復原…04月19日 20時44分
  • 一乗谷遺跡の紹介5 一乗谷城下町3
    昨日の続きです。今日は武家屋敷の隣?にあるガイダンス棟の紹介です。 ガイダンス棟から見える朝倉氏の館跡です。白いのは雪です。 ガイダンス棟です。 街並み立体復原地区の北側にあります。 書かれていませんが?にあります。 平成21年6月に天皇皇…04月18日 20時36分
  • 一乗谷遺跡の紹介4 一乗谷城下町3
    昨日の続きです。いつもこのブログを見ていただいて、ありがとうございます。 今日は中級武家屋敷です。 二脚門の中級武家屋敷表門です。敷地はほぼ30m×30m(約270坪)の広さです。周囲を土塀で囲んでいます。 屋敷の解説板です。室内は障子や畳…04月17日 20時57分
  • 一乗谷遺跡の紹介3 一乗谷城下町2
    昨日の続きです。今日も町人屋敷からです。 裏口が見えますが、ここは倉庫のような家です。 こちらの家も貯蔵用の甕が沢山あります。 ここは戦国時代のコスプレが出来る着付体験です。当時の服装の見本を着てます。 次に商人屋敷です右側の家は商人の家で…04月16日 20時37分
  • 一乗谷遺跡の紹介2 一乗谷城下町1
    昨日の続きです。今日は模擬復原された一乗谷城下町の紹介です。 街並み模擬復原地区の駐車場です。下図?の所です。建物は休憩所・食堂・みやげ販売店・トイレです。 現在地にある一乗谷の観光案内図です。 休憩所から見た駐車場です。3月16日でまだ残…04月15日 19時35分
  • 一乗谷遺跡の紹介1 朝倉氏の歴史と城戸
    今日からは越前(福井県)一乗谷の朝倉氏の紹介です。2018年3月16日に訪問しました。 一乗谷の朝倉氏館唐門前です。以前来た時は門の前に堀は無かったと思います。元々は堀があったのですね。 朝倉氏の歴史但馬には、開化天皇の後裔とも孝徳天皇の後…04月14日 21時00分
  • 福井城の紹介7 北の庄城跡3 最終回
    昨日の続きです。今日が福井城と北の庄城跡紹介の最終回です。 今日は柴田神社の発掘展示場横にある、資料館展示品の一部を紹介します。 展示資料館の内部です。三姉妹のお江ちゃんの顔出しがあります。 北の庄城発掘展示…04月13日 20時50分
  • 福井城の紹介6 北の庄城跡2
    昨日の続きです。今日は北の庄城跡の発掘調査の結果からです。 北の庄城跡の発掘調査展示場です。柴田勝家像の前には日向門礎石標示があります。 現地地図です。 福井城の日向門礎石標示です。 次が土居です 上の赤丸部分の土居です。この反対側は右下が…04月12日 20時34分
  • 福井城の紹介5 北の庄城址1
    昨日の続きです。福井城本丸から柴田勝家の北の庄城址まで歩きました。福井城と北の庄城はほぼ同じ位置にありました。 北の庄通りです。この先を左に曲がると柴田神社です。 現地地図です。(右が北) 北の庄通りにある解説板です。拡大すると左側にある柴…04月11日 20時38分
  • 福井城の紹介4 北不明門跡から百?掘跡
    昨日の続きです。いつもブログ見ていただきありがとうございます。今日は北不明門跡から百?掘跡までです。 天守櫓台を下りて北不明門の方に行きました。 下図?の辺りです。江戸時代は石段の上に多門櫓があったようですが、今はありません。 現在地にあっ…04月10日 20時57分
  • 福井城の紹介3 天守櫓台から御廊下橋
    昨日の続きです。この記事は現地ガイドさん・現地資料・ウイッキペデイアなどから書いています。 今日は天守櫓台跡からです。天守のあった天守台跡から、石垣の崩れた控え天守台を見たところです。正面が天守入口でした。右のビルは福井県庁です。 現在地に…04月09日 20時53分
  • 福井城の紹介2 瓦御門跡と天守櫓台
    昨日の続きです。今日は橋を渡り瓦御門枡形跡からです。 1600年の関ケ原の後で、福井城が造られたのは外様の大大名前田家への備えの役割があり、天下普請で家康が設計して造られました。 江戸時代の福井城下です。(上が北)みどり色部分は埋め立てられ…04月08日 20時09分
  • 福井城の紹介1 歴史・結城秀康
    今日から福井城の紹介をします。2018年3月16日に訪問しました。 福井城の歴史 1600年に家康の次男である結城秀康が68万石で北ノ庄に入封されると、翌1601年より天下普請による築城を開始します。1604年に結城秀康が松平氏を名乗ること…04月07日 20時48分
  • 河合寺城跡の夜桜 後編
    昨日の続きです。今日は暗くなってからの長野公園の夜桜です。夜桜まつりのような照明が無いので残念ですが、街灯があります。 3月30日はほぼ満月でした。 本丸方向です。 これはストロボを使って撮影しています。 これもストロボを使っています。 最…04月06日 20時48分
  • 河合寺城跡の夜桜 前編
    今日は河合寺城跡の夜桜写真の紹介です。河合寺城跡は現在大阪府営長野公園になっていますが、河内長野八景の1つにあるのが、「長野公園の夜桜」というものです。今日はこの夜桜の紹介です。2018年3月30日の夕方夜桜写真撮影に出かけました。石川沿…04月05日 20時39分
  • 河合寺城の紹介 後編
    最初に人探しのお願いがありましたので、紹介しておきます。滋賀県の23歳の男性ですが、4月初めに車で家出をしたそうで、親が警察に捜索願を出したそうですが、毎日千人以上の方に見てもらっていますので、このブログでも掲載します。その方の親のブログリ…04月04日 20時04分
  • 河合寺城の紹介 前編
    今日は河内河合寺城の紹介です。いまは大阪府営長野公園になって、夜桜の名所です。(今年は撮影してますので後日UP) 2018年3月28日訪問撮影しました。(夜桜は30日撮影で後日UP) 咲いていたタンポポの花です。 河合城址(大阪府全志より引…04月03日 20時54分
  • 日本橋ストリートフェスタ2018 桜と最終回
    昨日の続きです。最初は桜の写真からです。つぼみから満開の花まで揃っています。 手前の石川対岸の、山の上に平坦な台地があります。その平坦な台地が下の写真で、現在は大阪府営長野公園です。 この平坦地からさらに上ったところに…04月02日 20時37分
  • 日本橋ストリートフェスタ2018 桜と 堺筋7
    昨日の続きです。最初は桜の写真からです。 順光でマクロ撮影した桜です。 河合寺城址から見える烏帽子(えぼし)形城址です。戦国時代後期は城下がキリスト教徒の町であったという古文書があります。 河合寺城址の山の下を流れる石川です。 桜を逆光で撮…04月01日 19時24分