物理と数学:老人のつぶやき

登録ID
1686667
サイト名称
物理と数学:老人のつぶやき
URL
http://blog.goo.ne.jp/kayamatetsu
紹介文
物理とか数学とかに関した、気ままな話題と か日常の生活で思ったことや感じたこと、自分がおもしろく思ったことを綴る。
カテゴリ
  • 物理学 (100%) - 3 / 34人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • xy=x+y
    となるのはどんな場合だろうか。これはすぐに答えの出る代数の問題かもしれない。私がそういう関係の代数量があると知ったのはトンネル効果の計算に行き詰まったときである。 昨日、昔の講義ノートを読み解いて計算をし直した。それによるとトンネル効果の反…01月24日 10時59分
  • 話題が微妙に変わるのは
    すなわち、現在何を主としてやっているかによっている。昨日、トンネル効果について書いたのはやはり現在、私の先生の量子力学の講義録の編集と中というか、latex入力中であり、それもちょうど矩形障壁のところを入力中だからである。 入力するときに計…01月23日 12時16分
  • テレビの映像が乱れる
    可能性があります。という予告のチラシが先日入っていた。これは「700MHz利用推進協会」という団体が出したチラシである。01月23日 11時28分
  • 粒子の反射率と透過率
    はポテンシャルの障壁が矩形であれば、量子力学では解ける。いわゆるトンl効果の問題だ。その量子振幅を求めた。これは正しく求められているのに、どうしたものかその振幅の係数の比の絶対値の2乗を求めようとしたらどうも求める結果とならないということが…01月22日 17時40分
  • 複素解析
    などあまり勉強したことがなかったのだが、解析接続がらみで少し意識的に勉強しようとしている。もっともその前は無限級数の収束のことを学ぼうと思って、すこし読んだりしたので、それの延長線上という感じもないわけではない。 普通には無限級数の収束条件…01月22日 12時56分
  • 運転免許自主返上
    する高齢者が増えているという。私も高齢者の部類に入るのだが、まだ返上は考えていない。 しかし、2年後には80歳を超えるのでそろそろ考えなければならないかもしれない。ただ、一律に高齢者になったら、運転免許を自主返上すべきだという論にはすぐには…01月22日 12時41分
  • 束縛状態、分散関係、複素角運動量
    などが物理と関係があるらしいことは知っているが、あまり詳しいことを知っているわけではない。 いずれも自分で調べたことはないし、研究のテーマともしたことがないからである。だが、今村勤さんの書『物理と関数論』に触れられているようだ。また、流体力…01月20日 15時26分
  • 小平の複素解析
    小平の『複素解析』は岩波の基礎数学講座の1冊である。昨日、E 大学の付属図書館に行ったときに、書庫に入ってこの書をちらっと見た。それによると解析接続の方法としてべき級数展開によるものの他に積分表示によるもののことがかかれてあった。 図書館の…01月20日 11時50分
  • 推薦が頼りないのは
    しかたがないか。アマゾン・コムで評判のいい、コメントのついた複素解析の書のいくつかを E 大学の図書館で調べてみた。どうもあまり推薦されているほどにはそのよさが感じられなかった。どうも問題意識が違うからであろうか。 いつも複素解析とか関数論…01月19日 14時02分
  • 積分を上手にする人
    としては有名な物理学者であった、ファインマンをあげねばなるまい。これは彼の自伝『御冗談でしょう、ファインマンさん』(岩波書店)に出てくる。だから、これは多分異論がないであろう。 積分が上手にできた人としてはこれももう何十年も前に読んだことが…01月18日 11時45分
  • アクセスがぐっと減った
    一昨日のアクセス数が300を超えたと喜んでいたら、昨日は元の100台に戻った。これが普通であるから、一昨日がちょっと異常だったのであろう。 今日は雨なので理髪店に行くのが難しいかと思っていたら、午前中はそれほど雨が降っていなかったので、理髪…01月17日 13時00分
  • アクセスが300を超えた
    昨日のアクセス数が300を超えた。こういうことは珍しいので何か原因があるのであろう。解析接続について昨日書いたのでそれと、昨年6月に書いた解析接続のブログとがランクに出ていた。複素解析では解析接続がやはり難しいのであろうか。 リーマン面も難…01月16日 13時14分
  • 解析接続
    がようやくわかりかけてきた。 昨日の日曜日にインターネットで探してプリントしておいた、KENZOUというペンネームの方が書いた『「数学Tips」−解析接続ー』のコピーをほぼ読んだ。ほぼ読んだとしか言えないのは、まだ留数定理のところを読んでい…01月15日 13時45分
  • 土曜日にブログを
    書くのを忘れた。こういうことが最近多くなった。これも年を取ったせいであろうか。わからない。 午前中に算数教育に関係した会に出たので、仕事場に来るのが午後になった。そしてそれから私の先生の量子力学の講義録の入力をするのに忙しくてブログを書くこ…01月15日 11時29分
  • 健康なものの責任
    いまのところ私は体のどこも痛いところはない。健康かと言えば、その辺はわからないとしか言えないが、そういうある意味では幸福なものとしての責任がこのごろあるような気がしている。 それは私の場合には「数学・物理通信」の発行だったり、ブログを書くこ…01月12日 12時22分
  • 自分の数学
    をつくりたいという気がしている。これはちょっと誤解を招く表現だが、新しい数学をつくるという意味ではない。そういう意味ではつまらないことだろうが、発見法的に納得できる数学をつくりたいということである。 世には秀才の方々がたくさんいて、それらの…01月11日 18時05分
  • 複素数に i をかけると
    この複素数 a+bi をガウス平面で90度回転したものが得られる。このことを証明しようとして、いろいろ考えた。 一番初めに考えたのは、原点と座標 (a,b) とを結ぶ直線と原点と座標 (-b,a)とを結ぶ直線の傾きの積が-1となることを用い…01月11日 12時59分
  • 情報をインターネットで知る時代
    だとつくづく思った。昨日、久々にインターネットサフィンして、立体角とか、ステラジアンとかまた虚数の導入のしかたとか、指数と対数についてしらべた。 いままで、これらについての世に存在するテクストがあまりわかりやすくないと思っていたからである。…01月10日 10時52分
  • 誤解を招く表現
    先日の日曜日、昔のテニスの仲間から電話がかかってきた。来週の金曜日に新年会をするが、参加するかという。 それには参加すると答えたのだったが、来週の金曜日という言葉が気になってもう一度電話を掛け直してみた。それは1月12日の金曜日ですか。それ…01月09日 11時18分
  • カフカと「お見通し発言」
    という書(鳥影社、2016)を昔の知人である N さん(金沢大学)から新年早々に送っていただいた。少々私がドイツ語を解するということから送ってくれたのであろう。 もともと、このNさんが10年くらいにわたって論文として発表してきたものを一つの…01月08日 12時53分
  • 徳島科学史雑誌36号
    を昨年末に送ってもらった。毎年一号しか発行しないから、西條敏美さんはだからもう36年以上、約40年の長期にわたって、この雑誌と徳島科学史研究会を主宰しているわけである。 昨年末に私が自分の発行しているサーキュラー「数学・物理通信」7巻8,9…01月06日 12時36分
  • 昔の知り合い
    とはいってもインターネット上の知り合いである。仙台在住の私の娘くらいの年齢(正確な年齢は知らないが、40歳なかばであろう)の女性である。もう彼女と知り合ってから20年以上となろうか。 彼女はある IT 関連の会社に勤めており、とても多忙であ…01月06日 12時17分
  • Levi-Civita記号の縮約
    Levi-Civita記号の縮約については何回も論じてきた。 しかし、これについてはいくつかの議論をその後に見てきた。それでそれらをすべて(とはいっても私の目に入った限りで)をあげてみたいという気がしている。 これは原則的には私がずっと以前…01月05日 11時22分
  • 0.999・・・=1である
    とは私もこのタイトルでエッセイを書いたことがある(小著『数学散歩』(国土社)所収)。だが、昨年末の12月31日だったかに旅行先の帯屋町の書店「金高堂」で数学書を立ち読みしたときに私の知っている方法ではない説明があった。ここに書いておこう。 …01月04日 12時21分
  • amazonの推薦書
    だが、山本直樹著『複素関数の基礎』(裳華房、2015?)¥2592円が私あてに勧められていた。ちょっとamazonの読者の書評だとベタ褒めである。 ちょっと食指が動くが、?自分で実際に書店等でみてみないことにはなんともいえない。これは187…12月28日 13時26分
  • 仕事納め
    私が大学に勤め始めた、50年くらい前にはまだ「仕事納め」という語はなくて「御用納め」と言っていたかもしれない。だが、その御用という語がおかしく感じられたのはどうも「御用」というのが、昔の捕り物とかでちょうちんに「御用」という書かれたのを時代…12月28日 12時52分
  • 日本が空母をもつなんて
    許されるはずがない。太平洋戦争で日本人だけではなく、アジアの人々の多くの人々の命を奪った。また、肉体的だけではなく、精神的な苦痛を与えたことはもう忘れてしまったのだろうか。 中国が空母をもつということにさえ私などは中国が対外的な意味でちょっ…12月27日 14時14分
  • 虚数の導入のしかた
    のわかりやすい記述を東京に行っていたときに、読んだ数学の本で見た。それは岡本和夫『微積分読本』(朝倉書店)の冒頭部にあった。 もちろん、こういう導入のしかたは知っていたが、なかなか簡明であった。それで、そういう導入のしかたの記述を文献上で辿…12月25日 12時18分
  • 今日はパーティ
    である。 月に一回している学習会の12月分は恒例によって、忘年会を兼ねた懇親会である。とはいっても数人しか集まらないので、今朝電話をかけて一人ふたり、来るように勧めておいた。 学習会をはじめて数年になるが、今回は88回目である。今日は懇親会…12月23日 15時18分
  • ゲリラとの内戦を終わらせる
    コロンビア共和国ではもう50年以上も内戦が続いていた。それが最近終わった。要するに政治的な和解で決着がついたのである。 この決着をつけるのに努力をした人に広告業界の人がいた。この人が昨夜のNHKのEテレのTEDの放送で話をしていた。クリスマ…12月22日 15時36分
  • 対照の妙
    妻と息子の嫁の対照の妙。これはどちらも身内の自慢になるかもしれない。 妻はある意味で大ざっぱであるが、勘所を押さえている。嫁の方は細かなところまで調べてそれに従うというところがある。そういう意味では徹底的に調べる。クスクスの料理法を調べてく…12月22日 15時25分
  • concert gala (コンセール ガラ)
    ガラ・コンサートというコンサートに出かけたことがあった。妻がgalaとはフランス語で祭典のことだという。いままでこの言葉を聞いたことがなかった。 いま辞書を引いてみると、「祭典」とか「特別興行」とかの意味がある。donner un coce…12月13日 11時50分
  • 明日からしばらく
    ブログをお休みにする。ということは松山にいないということである。無事にまた松山に帰ってきたら、再開する。 別に私の好きでやっているブログで他の方が楽しみにしてくれているとまでは思わないが、時々見てくれるらしい方もおられる。それももちろん、顔…12月13日 11時26分
  • アクセスが300を越すなんて
    昨日、カズオ・イシグロさんのことをブログに書いたら、アクセスが300を越した。それくらい文学好きの方がいるのかもしれない。 大体いつものときは150もアクセスがあれば、多い方である。それがその2倍以上のアクセスがあるなんて、信じられない。別…12月12日 12時29分
  • カズオ・イシグロを探して
    とかなんとかいう、NHKのテレビを途中からみた。カズオ・イシグロは今年のノーベル文学賞の受賞者である。その作品の部分を朗読しながら、イシグロさんの遍歴を探るというような番組であった。 私は一つも彼の小説を読んだことはないのだが、なかなかの作…12月11日 12時53分
  • 遍路と巡礼
    巡礼とは世界のいたるところにある。 イスラム教でもキリスト教でもはたまた仏教でも巡礼はある。フランス語ではpelerinageとか言うし、ドイツ語でもPilegerschaftという。巡礼者はフランス語で、un pelerin, une p…12月11日 12時29分
  • 四国遍路
    を何回もしたことのある人は先達さんという資格を得るとか聞いた。 妻の知人の女性が毎年年末に松山の石手寺に葉牡丹の鉢を二鉢、三鉢寄贈している。この人は何度も多分車でであろうが、四国遍路をしていて、多分10回以上したためであろう。先達の資格を得…12月11日 12時17分
  • 計算が上手くいったり
    いかなかったりする。ルジャンドル関数の母関数から漸近式を求めるところでつまずいている。なんて計算が下手くそなんだろう、私は。 ?12月09日 17時38分
  • 母関数
    母関数をルジャンドル関数について使おうとしている。 ところが、やはり細かな所で計算するときに疑問が出てきたりしている。現在もそうである。どういうふうに計算をしていたのか。誰かのやり方をまねるということをいつもしているのだが、その例をいまのと…12月09日 13時16分
  • Iot
    IoT(Internet of Things)がいつのまにかだれかにのっとられるということがおこるということのほうどうがされた。 だからIoTが有用であることは言をまたないが、それでもきけんであるということもわかってきた。そういうじだいにわ…12月09日 12時08分
  • Betriebssystem
    Betriebssystemはベトリープジステームと発音する。奇妙なドイツ語だが、これは英語で言えば、コンピュータのOS(Operating System)のことである。だからOSは一般の人にも聞きなれた用語である。言葉と言葉の接合のために…12月08日 11時57分
  • complementary
    complementaryという語を今朝はつぶやいている。相補原理という原理をデンマークの物理学者ボーアが思いついた。これは多分量子力学での粒子性と波動性の理解が難しくて、たとえば、電子は一方で古典的な粒子ともみなされるのにやはりある種の波…12月07日 10時47分
  • circa
    を何と発音するか。私はティルカと発音するものだとばかり思っていた。 ところが、武藤先生と三浦さん編著の『数える・はかる・単位の辞典』(東京堂出版)p. 274ではサーカとかキルカとカナがついていた。それでフランス語の辞書を引いたが、これには…12月06日 12時25分
  • 小川さんの講義録
    の編集をまた再開した。現在、水素原子のところであるが、この部分にちょっと直観的にわからないところがあったので、そのことを考える時間がとれなくて、中断していた。それが「数学・物理通信」を12月1日に発行したので、時間がとれるようになった。 そ…12月06日 11時21分
  • 対数と指数とはおなじ
    何てこと書いたら、すぐに数学ファンのみなさんから「おい、おい」「君は対数関数と指数関数が互いに逆関数だってことを知らないのか」と言われそうだ。 ここでの対数と指数は、「対数関数と指数関数」のことではない。まずはじめに断っておく。英語で言えば…12月06日 10時38分
  • 新しいカレンダー
    がそろそろ届いている。一つは町内の自治会がつくったカレンダーである。これは大きくて月ごとであるので毎年のことだが、便利をしている。 もう一つは長年勤めていたE大学の校友会がつくった子規の俳句を毎月引用してある小さなカレンダーである。こちらは…12月05日 11時24分
  • 新しい道の行きつく先は?
    昨日はとても天気が良かったので、昼食後にドライブしようかと妻に提案したら、そのことがすぐに受け入れられて、昼食後にすぐに出かけた。 これは愛媛県主催の国体が10月にあったのだが、それで高速道路が本の少しだが、松山空港に目指して延伸した。それ…12月04日 13時19分
  • リフレ派の人は答えを用意して
    ください。昨日の朝日新聞の書評に野口悠紀雄さんの「異次元緩和の終焉」(日本経済新聞社)の書評が出ていた。 要するに現在の「量的緩和政策」の出口をどうするかという点である。この政策からの脱却の際に、日銀は巨額の損失が生じる。緩和の終了は金利上…12月04日 12時57分
  • どれくらいブログを書いたか
    ちょっと調べてみた。およその計算であるから確かとは言えないが、3744回のブログを書いたらしい。もうすぐ4000回に迫る。なんでもないことなのだが、それにしても自分でも驚いた。もっとも数が多ければ、それでいいというモノでもないが。 2700…12月04日 12時44分
  • 同じような感覚がある
    らしい。昨日、クレディットカードの支払いの件で疑問があったので、M銀行にしばらくぶりに行った。ちょっと用を申し出て、しばらく待ち時間があったので、椅子に座ったのだが、その近くに松山市及びその近郊の句碑の写真と説明をした本がおいてあった。それ…12月02日 12時02分
  • 先刻発行した
    数学・物理通信7巻8号と9号を先刻発行した。やれやれ。これ今年の残りは7巻10号の発行を残すばかりとなった。 7巻10号は今月12月の中旬以降の発行となる。これは東京から帰った後に発行となる。12月20日ころまでに発行できれば上出来であろう…12月01日 16時52分
  • 12月になってみれば
    数学・物理通信の発行のために、あれほど早く12月になってほしいと思っていたのに、なんだかどうでもいいような気がしている。 これは私の旅行計画が変わったからだが、おかしなものである。12月初めから1週間ほど松山を離れる予定であったが、それが変…12月01日 12時19分