物理と数学:老人のつぶやき

登録ID
1686667
サイト名称
物理と数学:老人のつぶやき
URL
http://blog.goo.ne.jp/kayamatetsu
紹介文
物理とか数学とかに関した、気ままな話題と か日常の生活で思ったことや感じたこと、自分がおもしろく思ったことを綴る。
カテゴリ
  • 物理学 (100%) - 2 / 31人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • いささかしつこいが、
    4度目の記事を『高校数学で分かるボルツマンの原理』(講談社ブルーバックス)のよかった点を書く。第3章の「エントロピーとは何だ?」のところに「大きな系に入った小さい系の向かう方向とは」という節があり、内部エネルギーU, 絶対温度T, エントロ…05月22日 11時18分
  • そろそろ「数学・物理通信」の編集を
    自分の原稿がほぼできたので、ようやく他の人の投稿原稿のことを考えられるようになった。 今回は2つの数学エッセイをかいたので、二つとも投稿するつもりである。他の方の投稿でちょっと内容をみたり、手直ししなくてはならないものもあるかもしれない。 …05月21日 13時43分
  • どうしたことか?
    昨日の日曜にもアクセスが150台にも落ちなかった。日曜日にアクセス数が200台をキープできたのは本当に珍しい。 土曜日にアクセス数が300を超えたのはこれまた珍しい。どうしてこういう結果になったのかはわからない。つづけて、竹内淳さんの『高校…05月21日 11時47分
  • 三度、『高校数学でわかるボルツマンの原理』
    を最後まで昨日読んだ。最後までといういい方はおかしいかもしれない。というのは一番初めの章を一番最後にして、まず第2章「夢のエンジン」の章をさきに読んだからである。 これはカルノーのサイクルのことを夢のエンジンと言っているのだろう。この第2章…05月21日 11時17分
  • Le pont Mirabeauから
    アポリネールの「ミラボー橋」の詩の最後の1節を引いておこう。 Passent les jours et passent les semaines??? 日々が過ぎ、週また週が過ぎて行き ????????????????Ni temps pa…05月19日 16時50分
  • 『高校数学でボルツマンを原理を』2
    について書くのは今回が3回目だろうか。昨夜、最終章のボルツマンの原理の導出のところを読んだ。こういう具合に、ちょこちょことしか読めないのは他に原稿を書いていたりしているからである。 この原稿は私にとっては3度目となる、3次元ラプラス演算子の…05月19日 13時23分
  • 看板に偽りあり
    とまで言ってはどうかと思うが、先日から『高校数学で分かるボルツマンの原理』(講談社ブルーブックス)を読んでいる。昨日はようやく統計力学の章を読んだ。大体、これは大学で学ぶくらいの内容である。 数学が私には難しくはないが、これは高校数学のレベ…05月18日 11時50分
  • 最近、アクセスが減っていたが、
    昨日、急にアクセス数が増えた。どうしてなのだろうか。昨日はBoltzmannの原理について書いたのだが、それでもそれはあまりいい説明ではあるはずがない。 昨日は竹内淳さんの『高校数学でわかるボルツマンの原理』(講談社ブルーバックス)のことを…05月17日 12時55分
  • Le temps qui passe est utopie.
    というのが昨夜のNHKのフランス語講座に出ていた。Le temps qui passe est utopie.(ル タン キ パス エ ユトピー)「過ぎ去る時間はユートピアである」とでも訳されるのであろうか。 これがどういうコンテクストで言…05月16日 12時33分
  • Boltzmannの原理
    Boltzmannの原理とは、粒子の分布がe^{-E/k T}で分布することだと思っていたが、竹内淳さんの本『高校数学でわかるボルツマンの原理』だとエントロピーSが S=k log W という式のことだとある(同書p.202)。ここで、Wは…05月16日 11時54分
  • おかしな動機だが
    物理学者のGibbsがHamiltonの四元数とGrassmannの外積代数からどこをどのように選び出していまのベクトル解析をつくったのか、知りたいと思うようになった。 まだ十分詳しくは読んでいないのだが、M. J. Crowe "A Hi…05月15日 10時08分
  • 行列の積の定義は?
    どこからきたのか。それをパッと答えることができる人はやはりなかな理解が深い人だと思う。 いつのことだったか忘れたが、行列の積をどうやって導入していたかを、私が行列というモノをはじめて知った、矢野健太郎『代数学と幾何学』(裳華房)で調べたら、…05月14日 11時56分
  • 土曜日になにをしたのか
    自分で思い出せない。ああ。 ああ、そうだったある署名をお願いに友人宅を回ったのだった。それでその後で仕事場に来るつもりだったが、結局来なかった。それでブログは自動的にお休みなった。 昨日は日曜だったが、雨が降るという予報だったので、土曜の天…05月14日 11時24分
  • ボルツマンの原理
    を高校数学でわかるという竹内淳さんの講談社ブルバックスが出ているらしい。いつか図書館で借りて読んで見たい。 有名な朝永の『量子力学 I』(みすず書房)の冒頭の箇所にボルツマンの原理がでてくるが、あまりわからなかった。 その後、『ファインマン…05月12日 12時32分
  • 「正比例」の数学 2
    先日、『「正比例」の数学 』(東京図書)のことを書いたが、第3章 「行列式:特殊な多項式」のところを除いて最後まで見た。読んだとは言わないのは途中あまり計算をしなかったせいもある。 だが、ある程度この本から線形代数の話の筋はわかった。普通、…05月12日 12時03分
  • 「今日は何日?」
    「今日は何曜日?」とは日常生活で聞く言葉であろう。だが、これは認知症の人のことを言う記事ではない。ドイツ語でこれらをどういうか。それを話題としたいのである。05月11日 10時58分
  • 花の森ホテル
    松山市郊外の伊予市中山の「花の森ホテル」のランチを食べに行ってきた。それでブログが書くのが遅くなった。 今日は医療生協のある支部の支部総会であった。それで総会に参加する人を花の森ホテルのランチに招待してくれた。とはいってもタダではないが、1…05月10日 15時35分
  • 「正比例」の数学
    とはあまり聞いたことがないタイトルの本であろうか。瀬山士郎『「正比例」の数学』(東京図書)は2014年に発行された。購入して読んで見たいとは思っていたが、その機会はなかった。アマゾンの書評ではなかなか酷評した書評まであって、あまり成功しなか…05月09日 10時50分
  • 時計の好きな人、地図の好きな人
    私の妻は時計の好きな人である。家の中に置時計がやたらとある。もっともそれが高価だとかいうわけではないが。電池で動くそれほど効果ではないものである。あるとき、仕事場で月1回開く雑談会でレポートを頼んだ知人は自分で地図が大好きなんですと言われて…05月08日 14時37分
  • 耐用年数
    製品にはなんでも耐用年数というのがある。 私が今使っている、パソコンでもそうだし、乗っている車だってそうだ。もう、来年には80歳の大台に年齢がなるので、車に乗るのをやめようかと思って、そう妻に漏らしたら、車の床が抜けて乗れなくなるまで乗った…05月08日 13時38分
  • 『ぼくはこんな本を読んできた』
    というのは立花隆さんの1995年に文芸春秋社から発行された本である。昨日、たまたまこの本に接する機会があり、その大部分を読んだ。 さすがに、「知の巨人」と言われる立花さんだけあって、読んでとても興味深かった。この本は? I から V までに…05月07日 12時56分
  • ピノ ノワール
    ピノ ノワールはすなわちpino noireなのかどうかはわからない。けさ、妻が友人に電話して、お昼にピノという喫茶店で会おうと話をしていた。それでピノ ノワールかと尋ねたのだが、知らないとのことであった。 そして、ピノ ノワールて何と逆に…05月07日 12時30分
  • 子どもの日
    Kindertagである。これで思い出したのだが、私にとって、はじめてのドイツ語は中学校のときのスポーツの応援するときの掛け声である、アインス、ツヴァイ、ドライであると思っていたが、そうではなくて、キンダーブックの中のキンダーであることがわ…05月05日 11時55分
  • 連休でアクセスが減った
    アクセス数がさすがに連休の影響か減っている。160〜180台に下がって下がっている。これは世の中が大型連休だからしかたがないだろう。私は日曜以外は休日も休まない。 さすがに10数年間の間を日曜日とどこか旅行中以外はブログを書いているともう書…05月05日 11時24分
  • 憲法記念日
    昨日は憲法記念日であった。妻が東京に行っていないので、行くのをやめようかと思ったりしたが、県民文化会館まで憲法集会に出かけた。水島朝穂さんの話を聞きたかったからである。 ちょっと遅く行ったので、もう彼の講演がはじまっていた。なかなか講演慣れ…05月04日 13時02分
  • Wer zuletzt lacht, lacht am besten.
    最後に笑うものが一番よく笑う。という意味だ。これはドイツのことわざだという。 Wer zuletzt lachtは副文でlachtは笑うという意味の動詞である。05月04日 11時58分
  • わたしをはなさないで3
    昨日の、「わたしをはなさないで2」ですべてがいうことは尽きていた。最後まで読んだが、結局おもしろそうな話はもう拾い読みで見ていた。 タイトルの、「わたしをはなさないで」という言葉は小説の中に出てくる、歌のカセット中にある曲のタイトルとか歌詞…05月03日 16時13分
  • Le vent se leve
    Le vent se leve, il faut tenter de vivire. (風立ちぬ。・・・)とは最近のアニメの「風立ちぬでも引用されていた文句である。05月03日 11時25分
  • わたしをはなさないで2
    昨晩、この小説を大分読んだ。2/3くらいは読んだと思う。後の残りは1/3である。それで、残りの部分を拾い読みした。こういうのはいけないのだろうが、ちらっと読んだ。 主な登場人物は3人で、私キャシーとトミーとルーシーの3人である。私キャシーが…05月02日 12時27分
  • デジタルデータの脆弱性
    というタイトルが正しいかどうかはわからないが、デジタルデータの保存期間が以外と短いということが朝日新聞(2018.4.30)に出ていた。 これは個人的にも自分のつくった数学エッセイをUSBメモリに保存しているが、これは無限に長い期間保存でき…05月01日 12時22分
  • 量子力学の名著
    といえば、Diracの『量子力学』、Pauliの『波動力学』と朝永の『量子力学』の3つだといわれる。その中で一番読んだことがあるのは朝永の『量子力学』であるが、それでも第1巻だけであり、第2巻はちょっとは読んだが、あまり全体を読んではいない…05月01日 10時57分
  • わたしを離さないで(Never let me go)
    とはカズオ・イシグロの小説である。その小説を先日から読み始めた。これはとても偶然である。 実は妻がやっている、生協病院の活動と関係している。そういう関係から妻の知人が自分のもっていた本を無料で提供してくれたらしい。その中に『わたしを離さない…05月01日 10時30分
  • 市会議員選挙
    昨日、松山市の歯科医銀選挙があった。数人の人から電話があり、誰に入れるかで迷ったが、ある女性候補に投票した。結果をみると、私のうちにハガキが来ていた人はすべて私が1票を投票したかしなかったかにかかわらず、当選していた。 投票率が低かったらし…04月30日 17時14分
  • 工科系の量子力学
    のテクストとして使ったものも、使ってないものもあるが、いくつかのテクストをあげてみよう。私が関心をもったものである。 これは工科系の量子力学の本ではないが、初等的な量子力学で丁寧に書かれてあるものとしては、原島鮮『初等量子力学』(裳華房)で…04月30日 12時16分
  • 室生祐月さんが松山に住んでいる?
    シングルマザーの祐月さんが松山に住んでいるとか書いたものをどこかで見た。お子さんは2000年くらいの生まれらしいから、もう18くらいになられるのだろう。憲法に保証された権利の一つである、住居の自由であるから、どこにお住まいになろうと自由であ…04月28日 18時06分
  • Idylle
    Idylleとかidyllischというドイツ語を知っているようだと多分初歩のドイツ語の域を出た人であろう。Idylleは日本語に訳すると「牧歌」とか「田園詩」とかであろうか。idyllischは牧歌的とでも訳すことができよう。 ところがと…04月28日 13時12分
  • 活劇映画に使われる車
    は大抵ベンツのことが多い。これは車が頑丈なためであろう。日本ではベンツで通っているが、ドイツ人はメルチェーデスとよぶのが習わしである。ストットガルトのベンツ博物館に一度行ったことがある。 これはもう故人となった Y 君がそのころ研究留学でス…04月28日 12時23分
  • もう4月が終わりそうだ
    この間3月になったと思ったら、すぐに3月は過ぎて、もう4月が終わりそうになっている。それだから、ガスストーブはまったくつけないという訳にはいかないが、ほとんどつけないですむ、いい季節となった。それに空気を冷やすエアコンもまだ必要ではない。 …04月27日 18時31分
  • 『近代日本の一五〇年』を購入
    『複素関数論』の本と共に山本義隆『近代日本の一五〇年』(岩波新書)を購入した。しかし、どうも彼の著書は難しい。そういうことを言っては失礼なのだろうが、彼はなんでも徹底的に調べて書くので、難しくなる。 もっともちらっと見たところでは彼は科学義…04月27日 13時49分
  • 複素関数論
    の本を愛媛大学生協から受け取ってきた。 これは『複素関数論』(森北出版)である。著者は5人であるが、辻良平、柳原二郎、西尾和弘、佐藤シズ子、吉田克明である。ちらっとみたところでは分岐点の定義は書いてないが、分枝というのがあって、log (1…04月27日 11時46分
  • 衣笠祥夫さん
    私の大学と大学院での同級生であった H 君がカープファンだった関係で彼と一緒にもうなくなってしまった広島市民球場にも数回カープの試合を見に行った。当然のことだが、1塁側の観覧席である。 私は1968年3月に広島を去ったので、衣笠さんと数年し…04月26日 11時46分
  • 意にかなう複素解析のテクスト
    があったので、購入に手続きをしたら、数日で大学の生協に入荷したらしい。今日か明日に取りに行こうと思っている。これは1を虚数単位の i の導入が座標原点Oのまわりの90度回転で導入されている。 この導入をした複素解析のテクストとしてははじめて…04月25日 16時10分
  • 3次元のラプラス演算子の極座標表示
    を江沢洋先生の方法をつかって導びいてみた。昨夜の夕食後にそれも12時過ぎに寝る前の少しの時間と今日の午前と午後のちょっとした時間を使って導くことができた。 正味の時間として、どれくらいかかったのだろうか。今日は眼科の診療所に午前中は行ったり…04月25日 15時37分
  • Je voudrais peindre comme tu ecrits.
    これはセザンヌが友人のエミール・ゾラに言った言葉だという。意味は「君が書くように描きたいものだ」(ジュ ヴードレ パインドレ コム チュ エクリ) いまでこそ画家のセザンヌは日本では印象派の画家の代表としてとても有名だが、生前には亡くなる数…04月25日 12時20分
  • 数学エッセイをひとつ
    書き上げた。これは数日前から書いていたのだが、ようやく書き上げた。とはいっても検討に時間がかかるから完成とはそう簡単にいかない。 昨日、江沢洋先生の『微積分の基礎と応用』(サイエンス社)を見たら、私が数か月前に書いたラプラス演算子の極座標表…04月24日 18時13分
  • 県展に行ってきた
    義父が県展の関係者だったこともあって、行き忘れていた、県展に今朝の午前中行ってきた。主に洋画という油絵の部分を見たのだが、写真に知人が出品しているので、それだけは見逃さないようにと見てきた。桜と霧とを主題とした写真で華やかなものであった。 …04月24日 12時15分
  • 「数学・物理通信」をやっていると
    ぽつぽつと一般の人からの投稿があるようになる。それでもなじみのない人にはどうしても悪いが、点が厳しくなるのはしかたがない。 ある程度、自分できちんと吟味された論文とかエッセイであればいいのだが、そうでないとちょっと受け付けられないということ…04月23日 11時48分
  • 錦州日記2
    先日から、妻が知人の祖父の遺した旧満州での敗戦後の様子を記した日記というか手記をパソコンに起こしている。そしてそのために、私はその表現について原文から外れるが、表現を現代風に書き換えることの助言をしている。 なにせ、現代の私たちがわからない…04月21日 12時50分
  • Ne quittez pas
    とはフランス語の電話で電話に出た人がたとえば、誰かを電話口に呼ぶので電話をかけた人に「電話から離れないでください」というときに言う決まり文句である。 先日、車を運転しながらラジオを聞いていたら、たまたまシャンソンか何かで「ヌ キテー パ」と…04月20日 12時42分
  • だんだん飲む薬が多く
    なってきている。これは血圧が薬を飲んでもあまり下がらなくなってきているということで、他の薬を処方されるようになっているからである。 それに高脂血症とかで一日に一錠だが、薬を飲んでいる。こういうことでは長生きができないかと思うが、そういう予防…04月20日 12時16分
  • 夏の講演の準備
    そろそろ04月19日 18時44分
  • トイレ革命
    もう何週間か前にテレビで見た話だが、いま世界でトイレ革命が起きているという。特に著しいのが中国で、これは習近平氏の唱道によると見た。 やはり中国が世界一の国となるにはまず近代的で清潔なトイレからということらしい。また、インドでも安価で清潔な…04月19日 11時19分
  • 『四元数の発見』の改訂
    『四元数の発見』はあまり他人から誉められはしないが、自画自賛の自信作である。だが、それでもいくつかの章で書き換えたいと思っている個所もできてきた(注)。一つには第8章の「ベクトルの空間回転」である。ここは実は空間回転の向きが時計まわりであり…04月18日 12時26分
  • シクラメン
    の花がバルコニーで大きく咲いている。昨年の秋だったかに100円ショップで買った肥料をやったせきか、たくさん真紅のシクラメンが咲いた。だいたいシクラメンは冬の寒いときに咲くのが普通だと思うのだが、私の家のシクラメンは春先になって暖かくなってか…04月18日 11時57分
  • coursとcourse
    とは単にcoursとそれにeがついた、courseとであるが、発音がちがうし、意味もちがう。coursは一番最後のsは発音しないで、クールと発音する。一方、courseはクルスと発音する。大学に勤めていたころ、フランス人の講師の先生とときど…04月17日 14時47分
  • 関数の表し方
    について、私が小著『数学散歩』に書いたのはもう何年前だったろうか。愛数協の機関誌「研究と実践」の30号(1989年6月)に掲載された。それからそれは『数学散歩』に収録されたのが2005年である。 あまり関数論のテクストを読んだことがなかった…04月17日 14時18分
  • erziehen
    erziehenというドイツ語は日本語では「教育する」という訳語になるのだが、元々「引き出す」という意味から来ている。 本来その人がもっているものを先生方は「引き出して」あげるというのが本来の意味であろう。日本語で教育という語にはあまりいい…04月17日 13時56分
  • ねらい撃ち法
    と呼ばれるコンピュータでの数値計算の手法がある。これは昔Fortranの解説書で読んだことがある。 ねらい撃ちという語からわかるように軍艦と関係している。軍艦の中で遠距離に目える敵の軍艦を大砲で撃つときの方法だという。 まづなんでも適当に決…04月17日 11時48分
  • 岡野進
    とはペンネームで、本名は野坂参三だという。これは先日に妻が錦州日記という、ある満州にいた人が書いた日記をパソコン入力していると書いたが、その中に岡野進という人が出てくるという。 まったく他人の日記を頼まれてパソコン入力しているのだが、その話…04月16日 11時48分
  • Excusez-moi
    エクスキュゼ・モアという語をフランス映画ではじめて聞いたときの新鮮さをいまも覚えている。これはBBの映画だったと思うが、ベットの下に何かを探すしぐさをしたときに、発した言葉であった。 この語はその後NHKのラジオのフランス語の講座で何回もく…04月16日 11時15分
  • 一日に一つか二つは
    このブログに書くネタを毎日見つけているつもりだが、それをいざパソコンの前に座ると忘れていることに気づく。頭の中で考えているだけなのでそれを声に出して確認したるすることもないのだからしかたがない。そのうちの一つは先に書いた略記号に関するトピッ…04月14日 11時29分
  • abbreviation
    という語の発音をはじめてテレビで聞いた。この語は私には書かれた言葉として身についた。 「SNSで英語を」とかいう番組がNHKのEテレではじまった。SNSは文字数が制限されているから、略語abbreviationがよく使われる。ASAPとはa…04月14日 11時09分
  • コーシー・リーマンの関係
    というものが複素解析にあるが、これは複素関数 f が変数 z の共役複素数z*での偏微分した\frac{\del f}{\del z*}=0と同値だということを最近知った。 このことは山本直樹『複素関数の基礎』(裳華房)で知ったのだが、最近…04月13日 11時17分
  • 数学教育研究者
    を名乗っている、S さんのことを数日前に書いた。 それで、S さんが書いた本が2冊あるので、それを今朝チラッとみたが、彼は数学教育研究者と名乗っているが、またそれにはちがいがないのだが、むしろ数学教育思想家といった方がいいような気がした。 …04月13日 10時44分
  • Wednesdayの由来
    Wednesdayと書いてウェンズデーと発音する。何でこういうふうに言うのかと疑問に思ったことはないだろうか。 MondayとかSundayとかは、太陽とか月とかに関係していそうだとはわかるけれども。その理由をあるときドイツ人の R 氏から…04月13日 10時21分
  • 観察眼
    ブログを書く人のかなり部分にある写真を多く載せている人がある。これはなんでもないようだが、やはり緻密な観察眼がないとできないということを知った。なにがおもしろい、珍しい花かとか景色が珍しい人に見せるに値するのかとか矢張り判断が要求される。 …04月12日 17時40分
  • The paper is mightier than the memory
    これはもちろんThe pen is mightier than the sword. (ペンは剣よりも強し)をもじったものである。最近のマスコミをにぎわしている「愛媛県の文書は元首相秘書官の記憶よりも確かだ」ということであろうか。 これなど…04月12日 10時45分
  • 新学期がはじまる
    というのは私にとってであって、一般の小学生や中学生にとって新学期が始まったという意味ではない。もちろん、世間一般でも新学期は始まったのだが、私たちにとっても新学期ということである。 今年は花見に3回も行ったということにたまたまなった。こうい…04月11日 17時36分
  • 分数はどう導入すべきか
    などというとそんなこともまだしっかりしていないのかと思われるのだろか。 私にはわからないが、数協教でも遠山先生の権威のために分数の導入のしかたが半端をどう測るかで導入するという風潮があると先日の愛数協の学習会で長老の S さんが嘆いていた。…04月11日 11時57分
  • g と j と
    フランス語の初歩のときにアルファべを学ぶが、いつまでたってもなかなか慣れないのが、g? と j とである。発音が g はジェであり、j はジである。英語での発音と丁度入れ替わっている。 h とあれば、アシュと発音するとか、e がウと発音され…04月11日 11時50分
  • 四元数とそれを下火にした人
    最近の四元数のブームでは四元数が下火にした人がいたなんて、驚きだろうが、いたのである。これはギッブスというアメリカ人との物理学者とヘヴィーサイドというイギリスの電気工学者であったという。 要するに実部(またはスカラー部ともいう)のない四元数…04月10日 14時05分
  • 書類探し
    大学に勤務していたころも仕事に必要な書類がどこにあるかわからなくなって一日中探していたということがあった。 退職した後ではそういうことが少なくなったと思っていたが、昨日はほとんど一日を書類探しに費やしたが、求める書類はみつからなかった。 こ…04月10日 10時32分
  • ダブルデッカー
    ダブルデッカーとはいろいろ意味があるだろうが、一番初めに来るのがイギリスの「2階建てバス」のことである。ロンドンの町中等を走っている。 ロンドンでこのバスに乗ったことはないが、あるシンポがサザンプトンであった、その会に出席したとき、ある晩に…04月09日 10時09分
  • 大谷翔平選手
    は強運の持ち主である。投げれば初勝利をとるし、打者として打てば3試合連続ホームランである。 ベーブ・ルース以来の10勝、10本塁打を記録する大リーグの選手として記録に残ることも夢ではなさそうだ。少なくともホームランは10本なんて数字ではない…04月07日 13時01分
  • 今日も続けて
    イタリア語のことを書く。イタリア人のAlessi氏は日本語を話すのだが、イタリア語の発想のまま日本語を話す。 彼は話のはじめになんでも「あります」とはじめる。そしてその後ろにあるものが出てくる。それでもこちらには十分わかる。これはイタリア語…04月07日 12時34分
  • piovet molto
    piovet moltoとかつぶやきながら、仕事場に来た。ピオヴェーとは「雨が降る」というイタリア語であるが、私の知っているというか覚えているイタリア語の数もほんどなくなった。動詞の変化語尾が正しいという保証はない。04月06日 11時26分
  • すごい人
    以前の私の同僚であった S さんは金属の格子欠陥か何かの専門家であったが、多分7,8年くらいアメリカに住んでいたので、「日本語で文章を書くのは苦手で、いつも英語で書いた方がいい」と言っておられた。 これはたぶん本当にそうなのであろう。その …04月05日 18時02分
  • 旧聞に属するかもしれないが
    もう数年前のことだが、姪が結婚したときに、お祝いの言葉をドイツ語で書いた。ところがそれが間違っていた。 それで、彼女の父親の義弟に間違っていた旨を伝えたら、長女に伝えておきますとメールをもらった。それはどういうものであったか。 ご結婚おめで…04月05日 11時20分
  • 錦州日記
    という旧満州からの引揚者の書いた日記を妻がパソコンに入力している。その編集作業ということで先日40%くらいを読んだ。読んだだけではなくて、旧式の漢字で入力されたところを平カナに変えることを頼まれているのだ。 ソ連の軍隊が進行してきたり、八路…04月04日 14時45分
  • 昨日予告したように
    お昼過ぎまで、近所の運動公園の中で30人ほどの人と花見を楽しんできた。会費300円だが、お弁当は500円だそうで200円はどこかから補助金が出ている。 サクラは運動公園のそばの道端にある、数十本のサクラの何本かがまだ散り切ってはなかった。葉…04月04日 14時09分
  • 新学期
    だが、私にはもうその新学期という感覚がなくなっている。というのも退職してから13年目だからしかたがない。 もっとも桜が咲く季節が日本では新学期だから、桜と新学期は切っても切れない。まだ大学の入学式も松山では行われていないようだが、大学もそろ…04月03日 15時34分
  • 明日また花見
    に行く。これは近所の公園での花見が生協病院の班活動の一環として行われるのである。普通はこの活動には参加していないのだが、私の知人がこの花見に来るので、この人の話し相手ということで妻が来なさいという。 それで今年は3回目の花見となる。もう花は…04月03日 10時51分
  • 複素解析
    に関心をもったことがなかったが、最近複素解析がかっている。 とはいってもできるだけやさしい複素解析の本を読むとかどこかのサイトの記事をプリントして読むとかである。はじめは二つほどサイトの記事を読んだ。 Cauchyの定理の証明がとても簡単に…04月02日 11時27分