写真詩歌集 雪割一華(ゆきわりいちげ)

登録ID
1690949
サイト名称
写真詩歌集 雪割一華(ゆきわりいちげ)
URL
http://blog.goo.ne.jp/yonemaro1151/
紹介文
写真と詩・短歌・俳句のブログです。自由気の向くまま作っています。
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 7 / 181人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 月の齢
    <月の齢> 8.20早朝日の出前、細い月が木のむこうに。コンパクトデジカメを持って出たので カクホ。肉眼でも解るくらいの地球照が見える。帰って調べてみたら月の出は四時 前 もう少し早起き出来たらもっと詳しく観察できたのに。30分ほどで太陽の…08月21日 06時30分
  • 積乱雲/高校野球9回裏
    <積乱雲/高校野球9回裏> おはよう地球。 きのう8月19日の高校野球第四試合大阪桐蔭対仙台育英の試合。 この原稿を作りつつ テレビ中継を見ていた。試合はどちらも譲らず0:0そして8.9回の攻防仙台育英の 逆転サヨナラで劇的に終わった。感動…08月20日 06時30分
  • 浴衣の君/夏水仙
    <浴衣の君/夏水仙> 夏水仙は突然咲く。昨日まで何もなかった空き地に。それは、昨日まで部活で真っ黒 だった娘が夏祭りに浴衣へ変身するように、新鮮な驚きを見せてくれる。08月19日 06時51分
  • ふうせんかずら
    <ふうせんかずら> 誰が見つけたのだろう。誰が名付けたのだろう。この頼りなげな植物は、パステルグリーン の色がなおそのひ弱な風情を助長している。風船のなかみは生の大豆ほどの白黒の実。 トトロの「まっくろくろすけ」のいがいがを取り除いたような…08月18日 06時30分
  • 秋の気配/オクラ
    <秋の気配/オクラ> 日中はまだ焼け付くように暑い。 しかし、朝の空気はどことなくひんやりとして 手を伸ばせばすぐそこに秋の気配があることを感じさせる。この時期オクラの淡い 黄色の花がなおいっそう涼し気な雰囲気をかもしだす。08月17日 06時30分
  • 白桔梗/送り火
    <白桔梗/送り火> お盆の法事無事終わる。お坊さんが迎え火、送り火の話をしてくれた。 帰っていた故人がまた極楽浄土へ帰ってゆく道を照らす送り火。 花屋さんでオガラという白い棒みたいなもの何だろうお盆の花の添え物 くらいに思っていたがやっと思…08月16日 06時30分
  • お盆/姫路城
    <お盆/姫路城> 京阪とJR新快速を乗り継いで2時間程。姫路駅で妹家族と待ち合わせ「お墓まいり」 このお墓参りに普段のご無沙汰を詫びるつもりで供える花を育てて来たのだけれど 残念ながら向日葵と小さな黄色い花が数本。花屋で買った花にそえてショ…08月15日 06時23分
  • おみなえし
    <おみなえし> 小さい粟粒のような花がまとまって咲くお盆の花。何故お盆の花なのだろうと子供の 頃から疑問に思っている。子供のころはおみなえし、ふじばかま、ひめゆりと野生の 野生の花にことかかなかった。その頃からお盆に飾る花なのである。きっと…08月14日 06時30分
  • 夜明け/鞆の海
    <夜明け/鞆の海> おはよう地球。 瀬戸の朝はゆったりとしてまさに「ひねもすぬたりぬたりかな」である。 ホテルの窓から海が見える。まだフェリーも動かないし人の姿さえない。 凪の朝は静かに明けてゆく。 8月9日早朝08月13日 06時22分
  • ポニョの海/鞆の浦
    <ポニョの海/鞆の浦> 鞆の浦は昔から鯛網漁の漁村として知られている。またスケッチの候補地としても 知られるひなびた小さな町である。町自体は港に沿って古い民家と路地で小一時間 もあれば名を知られた建物など大抵まわれてしまう。のーんびりした時…08月12日 06時30分
  • 原爆ドーム
    <原爆ドーム> 関西の小学校の修学旅行は安芸の宮島と原爆ドームをセットにして訪れる学校が多い。 実は私もこの二か所は初めて行ったのである。仕事の出張で何回かはこの広島の町へ 行ってはいたのだがついつい足が延びなかった。実際その場に立ってみて…08月11日 15時58分
  • 浜木綿
    <浜木綿> 鞆の浦の古い集落を散策していると浜木綿/はまゆうが咲いていた。瀬戸内海の 穏やかな海の見える斜面に。白いこの花はひ弱に見えるけれど海辺に似つかわし い。逞しい植物で風雨に強く、塩害にも強い野性味を持った海の少女である。08月11日 06時22分
  • 続 宮島厳島神社
    厳島神社の社殿 厳島大鳥居 厳島大鳥居の主柱 <続 厳島神社> 厳島神社の社殿は寝殿造りを摸して作られていて平家の造詣の厚かった事で知られて いるが、社殿は寝殿造り風になっており 管弦祭の引き船はその袖にあたる枡形(約 20m四方)に引き入…08月10日 12時32分
  • 宮島厳島神社 管弦祭
    御座船 14丁櫓の和船の引き船 お迎えする提灯行列に参加しました。 <宮島厳島神社 管弦祭神事> 日本三大船神事のひとつ厳島神社の船渡し神事を見に行ってきました。旧暦6/17の 満月大潮の日に行われる神事で厳島の神様が対岸の地後前神社の神様…08月10日 05時44分
  • 野分/大待宵草
    <野分/大待宵草> 台風は野分:のわけとも言うんだそうな。台風と書くとおどろおどろした響きがある けれど野分と書くと何となく風情があり涼しささえ感じてしまう。きっと今様風の文 字の解釈で理解してしまうからだろう。そして、朝方薄い和紙で作った…08月09日 06時30分
  • 嵐の後/立秋
    <嵐の後/立秋> 台風5号が日本列島を縦断した。大阪の北部に位置するこの辺りは3時ごろ強い風が 吹いただけで、おとなしく通過してくれた。雨は昨日おとといの方が激しいという 言葉があてはまるようなやや強め程度で他の地域に比べて無事すぎた立秋の…08月08日 06時30分
  • 嵐の前/台風5号高知付近
    <嵐の前/台風5号高知付近> 台風5号が接近している。このままだと近畿直撃しそうだ。夕方西の方へ不気味なほど 赤い雲がなびいている。「どこかで見たような」と思っていたら某ビールメ ーカーの 空想上の動物:麒麟に似ている。 嵐の前のまがまがし…08月07日 06時30分
  • あざみのとげ
    <あざみのとげ> おはよう地球。 昨夜も数回激しい雨、昨日大阪梅田へ出かけたとき浴衣姿の若者たちに沢山出会った。 夜、淀川の花火大会があるはずだった。さて、どうだったのだろう・・ 若者たちも雨に降られてにげまどったのではないか。しかし、厳し…08月06日 06時28分
  • 日本丸より大きいスイカバー
    <日本丸より大きいスイカバー> 私はスイカ大好き人間である。めんどくさがりの人がすいかの切り身からスプーンで 黒い種をホジホジしている姿は他人の目にはどう映るんだろう。私は庶民なので毎日 スイカを食べられる身分ではない。したがって冷蔵庫に入…08月05日 06時30分
  • 風あそび/えのころ草
    <風あそび/えのころ草> 今朝はとても涼しい。涼しいと言ってもクーラーのあのひえひえかぜでなく 25〜26℃ くらいのそよかぜが吹いている。朝のウォークも気持ちが良いが急ぎ足なると汗ばむ位 の涼しさである。日の出は遅くなったが早くも朝日に照…08月04日 06時33分
  • 姫檜扇水仙
    <姫檜扇水仙> モントブレチアの名前でご存知の方もあろう。水仙の仲間ではなく、アヤメの仲間。 檜扇/ヒオウギと混同される方もあるが 花の形や行儀よく並んだ葉っぱの姿など 名前の元となった特徴が若干異なる。雑草化しているのでけっこうあちこちで…08月03日 06時30分
  • 夾竹桃
    <夾竹桃> 大阪と言えば夾竹桃。夾竹桃と言えば大阪というほど街路樹によく使われ赤・白・ピンク とにぎやかに花を咲かしている。排気ガスなどの公害や、日照りに強く丈夫なため道路や 公園の周りに植えられたと聞く。花はそう言った外聞とはうらはらな清…08月02日 06時31分
  • 文月ゆく
    <文月ゆく> 昨夜は激しく雨が降り、雷が鳴った。7月の終わりから8月初めごろが一年で一番 暑いころなので致し方ないが、それにしてもこの暑さは何なのだろう。青春真っ 只中のころは物ともせずボールを追っかけ回していたものだが、今はそんなこと し…08月01日 06時30分
  • 静寂/蓮の花
    <静寂/蓮の花> 蓮の花には静けさが似合う。その姿は一片の無駄がなく、私のような俗っぽい人間 の触れることを拒むような品の良さが有る。逆に、この花はしんと静まりかえった あたりの空気を演出しているのかも知れない。07月31日 06時21分
  • 陶芸教室/植木鉢
    植木鉢 釉薬焼成見本 <陶芸教室/植木鉢> 長さ260mm×奥行165mm×高さ鉢部50mm・脚部20mm 赤土2? たたらつくり 前半の最後は自由制作。大皿を考えたが家で置いておく所もないし、使用頻度などの 諸条件を考えっ結局は植木鉢。今…07月30日 16時26分
  • 忘れ草/甘草
    <忘れ草/甘草> 古い時代、旅に出るということはそれこそ命がけだったそうで、遊興の旅がほとんどの 現代と異なり出張的な意味合いや宗教的な意味合いを持った旅がほとんどだったようで それこそ何日も地に伏し草に枕する毎日を徒歩や馬で移動したようだ…07月30日 06時26分
  • 色気/むくげ
    <色気/むくげ> ここは匂い立つような色気でなくそこはかとなく漂う色気。一日二日でしおれてしまう 短命の花なのでこのさわやかな色気は一瞬のものでしかない。07月29日 06時28分
  • ぎぼし
    <ぎぼし> 昨夜は弱い雨が降ったらしく地面が湿っている。が花が一息つくには程遠いようだ。 だから今朝も水遣りをする。地面が湿っている分空気も心なしかひんやりしていて 気持ちが良い。すでに周りは蝉の大合唱がはじまりつつある。07月28日 06時24分
  • グラジオラス
    <グラジオラス> 学校の夏の花壇は向日葵と朝顔となぜかグラジオラスが定番。育てやすいのかな、 その当たり前の風景がウォークの途中となると趣が変わる。よそのお宅の庭など に見かけると何となくおしゃれな感じがして朝顔や、向日葵などがとても庶民的…07月27日 06時53分
  • 百日草と黄揚羽
    <百日草と黄揚羽> 今年も通勤途中の峠道の畑に色とりどりの百日草が咲いている。この畑は世話をして いるおばさんが花壇替わりに使っているらしく季節々に綺麗な花を見せてくれる。 今の時期は百日草。良く知っているとみえて、黄揚羽が二匹飽きることな…07月26日 06時25分
  • ひまわり元気
    <ひまわり元気> わが家の(ぼくの)ひまわり一号が咲いた。飼育係は毎日の暑さにグッタリして いるのだが、このひまわりぼくの元気まで吸い取ったように元気元気! 毎年五月連休明けぐらいに種をまくのだが 今年は試しにと五月末に種まきした。 花の時…07月25日 06時21分
  • 青ぶどう
    <青ぶどう> 熱気の残った朝の路。少し歩くだけでも汗ばんでくる。この並木の途切れたところで 折り返せばいいか、あの信号で止めればいいか。などと良からぬ願望が頭をもたげる のを無理やり抑え込んで朝のウォークは続いている。歩く途中、商店街で作っ…07月24日 06時30分
  • パステル色の夏日
    <パステル色の夏日> おはよう地球。おはようみんな。 梅雨明け後この世とも思えぬ真夏日が続いている。紫陽花もけなげにその色を保って いたが、さすがに衰えを隠しようもなく茶色の花柄が目立つ。中にどういう神のいた づらなのだろうか、うすいパステ…07月23日 06時30分
  • ダチュラ/朝鮮朝顔
    ダチュラ咲く清楚な顔に隠す罪 <ダチュラ/朝鮮朝顔> 夏の朝爽やかに咲くダチュラ。白い大輪の花はなかなか見ごたえがある。しかし、 この花は清楚な趣を裏返すような毒を持っているという。神経をしびれさす猛毒 が有るんだと。誤って誤食などしようも…07月22日 06時30分
  • からすうり/天女の夏衣
    烏瓜夢の天女の夏衣 <からすうり/天女の夏衣> 見事なレース状の花は純白で短命。その日の朝開くと昼にはしおれてしまう。だから 寝坊助はめったにその優雅な姿にお目にかかれない。里山と人家の境目がお気に入り らしく人間になりたかった天女のおしゃ…07月21日 06時35分
  • 梅雨明け/美月
    梅雨明けの微風の朝の美月かな <梅雨明け/美月> 梅雨がどうやら明けたようだ。とは言っても寝苦しい夜は続いている訳であいまいに 梅雨時が終わったという感じである。ただ、今朝はいつもより1〜2℃気温が低いだけ で何となくひんやりしている。空は…07月20日 06時26分
  • 海の月
    染め抜きの浴衣の色や海の月 海月・・・・くらげ <海の月> 先日の船遊びの時のこと出航前海面をながめていると半透明の白いくらげが帯状に なって漂ってきた。 大きいもので25cmほど、小さいものが10cmほど。およそ 数千匹はいたろうか。裏返…07月19日 06時15分
  • 航跡
    日々の憂さ泡に流せり船の跡 <航跡> 外海が近くなると海の色が緑から濃い紺碧に変わってくる。淡路島は瀬戸内海の 入口で、船の航跡も紺碧と白い泡になって、その泡も生まれては消え生まれては 消え自分の歩いてきた後を清めてゆくようだ。願いごとをす…07月18日 06時00分
  • 神戸帆船フェスティバル/神戸開港150年 №3
    パラダ (露) 全長108.6m 2284トン コリアナ (韓) 全長41m 135トン みらいへ (日) 52.16m 230トン 大型客船 (船名・国籍)不明 おはよ〜地球〜? 今は手っ取り早く飛行機で目的地まで飛び時間を有効に使うとい…07月17日 06時30分
  • 神戸帆船フェスティバル/神戸開港150年 №2
    日本丸 全長110.09m 2570トン 7/15 16:00に訓練のため出航。 海王丸 練習生の登墻訓練 帆柱の頂上近くまで登っているのが見えます。 コワイ! 帆船フェスティバルの第2報目 「太平洋の白鳥」と呼ばれる 日本丸 残念ながら神…07月16日 17時03分
  • 神戸帆船フェスティバル/神戸開港150年
    咸臨丸 384トン 全長49.4m 海王丸 2556トン 全長110.09m <神戸帆船フェスティバル/神戸開港150年> 7/15 帆船パレード 入港セレモニー ライトアップイルミネーション ※日本丸は訓練のため同日18:00横浜向け出航…07月16日 06時30分
  • オーデコロンミント
    蒸し暑き梅雨はいまだに明けずしてミントの香る青い風吹け <オーデコロンミント> 陶芸教室の友人が今朝(14日)送ってくれたもの。なんとも香しい名前なので調べて みた。ハーブや香料として使われるもので、 我々の知っているペパーミント(薄荷) …07月15日 06時00分
  • 青いちょう
    日傘ゆく陰を落として青いちょう <青いちょう> 梅雨は休み。雲の切れ間から遠慮のない日差しが照り付ける。気温36℃湿度83% これでは天然のサウナである。 道行く日傘のご婦人も木の陰を拾うようにして 歩いてゆく。並木のいちょうの実は、それで…07月14日 07時00分
  • アカンサス/葉アザミ
    葉アザミの花白くして胸の丈 <アカンサス/葉アザミ> 今、アカンサスの花時だ。良く通るマンション横に数株植えられており 白い花を 咲かせている。アカンサス、あまり聞きなれない名前だろうがギリシャ彫刻の飾り に葡萄と並びよく使われているアレで…07月13日 06時05分
  • 野ぶどう
    野ぶどうの実は青くして梅雨の空 <野ぶどう> ぶどうは見るからに芸術的だけれども里山の際などに見かける野ぶどうはもっと 芸術的だ。パラパラとついている実は6〜7mmの小粒だがエメラルドグリーンや コバルトバイオレットなどの実が宝石のように輝…07月12日 07時00分
  • 柏葉あじさい
    梅雨休み柏葉あじさい路ふさぎ <柏葉あじさい> 激しく降った雨も今日は小休止。梅雨前線は少しだけ身じろぎして停滞している。 柏葉あじさいも水を含んで重く垂れ曲がった花房そのままに小路をふさいでいる。 予報では水曜日あたりまた下り坂だという。…07月11日 06時30分
  • 白詰め草/クローバー
    探しもの白詰め草のハートかな <白詰め草/クローバー> 白詰め草という名前は、昔ヨーロッパから輸入した商品の詰め物、今で言うところの クッション材として入っていたのだそうな。 我々はクローバーと呼んだ方が通りが いい。ここ数年前まで「白爪草…07月10日 07時00分
  • 陶芸教室/素焼き窯入れ
    <素焼き/窯入れ> 作成した作品は成形ご2週間以上乾かしてから釉薬で色付けする前に素焼きを行います。 700〜900℃くらいの温度で焼き、こわれにくく、うわぐすり(釉薬)が掛かりやすく します。今回は各曜日の教室(20名)の受講生約140名…07月09日 12時07分
  • ねじばな/捩摺・モジズリ
    ひと休み梅雨のすきまのねじれ花 <ねじばな/捩摺> おはよう地球。大阪は梅雨のひと休み。しかし、午後は雨の予報。九州は未曽有 の豪雨で大きな被害がでている。赤ちゃんをかばって亡くなった若いお母さんの ニュースに胸が痛む。住んで居る所は枚方で…07月09日 06時09分
  • もう結構/赤アジサイ
    もうけっこう杯を伏せ赤アジサイ <もう結構/赤アジサイ> 私は飲むのが好きだ。正確にはみんなで一緒にワイワイやるのが好きだ。だから 酒好きではない。正直、グラス一杯のビールで見合いの席で赤くなるうぶな子の ように赤くなる。赤くなるだけで酔っ…07月08日 06時41分
  • 七夕・今年も雨
    織姫も天の大河を漕ぎ寄せる牽牛恋し雲垣の陰 <七夕・今年も雨> 3年連続の雨、曇り空。きっと神様が年に一度の逢瀬を憐れんで二人っきりにされる 粋なお計らいなのだろう。古代の人たちはロマンチストである。この広大な宇宙の 二つの星を選んで何十万…07月07日 06時33分
  • ひるがお
    昼顔はフェンスに今朝もこの路を行く人へ咲き水路沿う路 <ひるがお> あさがおと同じ朝に咲き、日中でもしおれない雑草のひるがお。雑草と呼ばれるのが 似つかわしくない5cmほどの淡いピンクの可憐な花だ。地下茎で越冬するので毎年 同じ場所に花を咲…07月06日 05時41分
  • 花の傘
    挿し芽にはやさしい雨か花の傘 <花の傘> 台風3号は駆け足で通り過ぎた。大阪でなくはるか南、和歌山を通過したようだ。 外は名残の雨音が聞こえるほどの土砂降りである。鉢に挿したあじさいの挿し木 は土が乾かぬように木の下に入れてあるが、上のあじ…07月05日 07時00分
  • 忍冬/すいかずら
    もどかしき記憶の先の忍冬縺れ絹糸まさぐるごとく <忍冬/すいかずら> すいかずらが咲いている。とあるマンションの駐車場のフェンスに這わしてある。 ところが「ア!・・・・」名前がどうしても出てこない。よく知っているのだが ふとした拍子にぽんと…07月04日 06時20分
  • アガパンサス/紫君子蘭
    疎水路行く人のあと君子蘭 <アガパンサス/紫君子蘭> 君子蘭は風格のある花だが、この紫君子蘭(アガパンサス)は女性的なたおやかさ と華やかさを持っている。百合のような花弁は薄い青紫で真ん中に同系統のも少し こい色の筋があいっている。朝によく…07月03日 06時28分
  • あじさいの紫
    紫陽花の色に染まりて寺の門 <紫陽花の紫> お盆の相談にお寺を訪ねる。少しのぼりの階段の前や横にはあふれるばかりの 紫陽花の花々。よく見かける水色の他に赤っぽいものや、ピンクがかったもの 星状のものや風車のような見ていて楽しい形のものが訪れ…07月02日 14時40分
  • 瑠璃茉莉
    その碧も花の命の瑠璃茉莉 <瑠璃茉莉/るりまつり> なんと優し気な名前なのだろう なんと優し気な色なのだろう こんな涼し気な色の似あう人は きっと足取りも軽いにちがいない そばに行くときっといい香りが するにちがいない 07月01日 06時02分