四字熟語の意味

登録ID
1697618
サイト名称
四字熟語の意味
URL
http://yojijukugo.blog.jp/
紹介文
四字熟語や格言、ことわざ等についてまとめたブログです
カテゴリ
  • 学問一般 (100%) - 56 / 113人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)
    ◆鬼哭啾啾【四字熟語-読み】(きこくしゅうしゅう)【四字熟語-意味】悲惨な死に方をした者の浮かばれない亡霊の泣き声が、恨めしげに響くさま。転じてものすごい気配が漂い迫りくるさま。【四字熟語-解説】「鬼哭」は浮かばれない霊魂が声を上げて泣き悲…01月17日 12時30分
  • 窮鼠噛猫(きゅうそごうびょう)
    ◆窮鼠噛猫【四字熟語-読み】(きゅうそごうびょう)【四字熟語-意味】弱い者でも、窮地に追い詰められると、思いもよらない力を発揮して、強い者を打ち負かすこともあるという例え。【四字熟語-解説】■出典:『塩鉄論』■英訳:■類義語:窮鼠噛狸(きゅ…01月16日 12時30分
  • 貴耳賤目(きじせんもく)
    ◆貴耳賤目【四字熟語-読み】(きじせんもく)【四字熟語-意味】伝聞やうわさを軽々と信じて、実際に自分の目で見ているものを信じないこと。また、伝え聞いた遠くのことや過去のことは重んじるが、身近なことや現在のことは軽視すること。耳で伝え聞いたこ…01月12日 12時30分
  • 玉昆金友(ぎょっこんきんゆう)
    ◆玉昆金友【四字熟語-読み】(ぎょっこんきんゆう)【四字熟語-意味】他人の兄弟をほめていう語。すぐれた兄弟の意。【四字熟語-解説】「昆」は兄、「友」は弟。「玉」「金」は珠玉と黄金。すぐれていることの形容。■出典:■英訳:■類義語:■対義語:…01月11日 12時30分
  • 謹賀新年(きんがしんねん)
    ◆謹賀新年【四字熟語-読み】(きんがしんねん)【四字熟語-意味】謹んで新年の喜びを申し述べること。【四字熟語-解説】年賀状などで使う挨拶。「四文字の賀詞」は相手に対する敬意や丁寧があり、目上の人に使われる。■出典:■英訳:■類義語:■対義語…01月01日 13時00分
  • 謹厳実直(きんげんじっちょく)
    ◆謹厳実直【四字熟語-読み】(いっこうりょうぜつ)【四字熟語-意味】きわめて慎み深く、まじめで正直なさま。【四字熟語-解説】「謹厳」は慎み深く厳格なこと。「実直」はまじめで正直なさま。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: 12月31日 13時00分
  • 干将莫耶(かんしょうばくや)
    ◆干将莫耶【四字熟語-読み】(かんしょうばくや)【四字熟語-意味】名剣の名。【四字熟語-解説】「干将」は中国春秋時代、呉の刀鍛冶の名。「莫耶」はその妻の名。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: 12月30日 20時00分
  • 廓然大公(かくぜんたいこう)
    ◆廓然大公【四字熟語-読み】(かくぜんたいこう)【四字熟語-意味】心が何のわだかまりもなくからっと広く、少しの偏りもないこと。君子が学ぶべき聖人の心をいう語。また、聖人の心を学ぶ者の心構えをいう語。【四字熟語-解説】「廓然」は心がからりと広…12月29日 12時30分
  • 海内奇士(かいだいのきし)
    ◆海内奇士【四字熟語-読み】(かいだいのきし)【四字熟語-意味】この世で比べることのできないほどの優秀な人物。または、行動や言動が普通の人とは違う奇人、風変わりな人のこと。【四字熟語-解説】「海内」は世界や国内、四海の内のこと。「奇士」は普…12月26日 20時00分
  • 汗牛充棟(かんぎゅうじゅうとう)
    ◆汗牛充棟【四字熟語-読み】(かんぎゅうじゅうとう)【四字熟語-意味】蔵書がきわめて多いことの形容。本が非常に多くて、牛車に積んで運ぶと牛も汗をかき、家の中に積み上げれば棟木むなぎにまで届いてしまう意から。【四字熟語-解説】■出典:柳宗元「…12月19日 20時00分
  • 苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)
    ◆苛斂誅求【四字熟語-読み】(かれんちゅうきゅう)【四字熟語-意味】税金や借金などを容赦なく厳しく取り立てること。【四字熟語-解説】「苛」はむごい、また、責め立てる意。「斂」はおさめる、集める意。「誅」は責める意。■出典:■英訳:■類義語:…12月15日 12時37分
  • 夏炉冬扇(かろとうせん)
    ◆夏炉冬扇【四字熟語-読み】(かろとうせん)【四字熟語-意味】時期はずれの無駄なもののたとえ。また、無用なもの、役に立たない言論や才能などのたとえ。夏の囲炉裏と冬の扇の意から。【四字熟語-解説】君主の信望・寵愛を失った者や、寵愛を失った宮女…12月13日 12時30分
  • 家徒四壁(かとしへき)
    ◆家徒四壁【四字熟語-読み】(かとしへき)【四字熟語-意味】きわめて貧しいことのたとえ。もとは家の中に家財がなく、ただ四方の壁だけが立っている意。【四字熟語-解説】■出典:『史記』■英訳:■類義語:環堵蕭然(かんとしょうぜん)■対義語: 12月10日 12時30分
  • 寡頭政治(かとうせいじ)
    ◆寡頭政治【四字熟語-読み】(かとうせいじ)【四字熟語-意味】少数の者が権力をにぎって行う独裁的な政治。【四字熟語-解説】「寡」は少ない意。「寡頭」は少人数の支配者をいう。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: 12月09日 12時33分
  • 懐玉有罪(かいぎょくゆうざい)
    ◆懐玉有罪【四字熟語-読み】(かいぎょくゆうざい)【四字熟語-意味】身分に合わない立派なものを持ったり、身分に合わない行いをすると災いを招くということのたとえ。【四字熟語-解説】「懐玉」は宝石を持つこと。「有罪」は他人から狙われて、災いを招…12月05日 12時30分
  • 懐才不遇(かいさいふぐう)
    ◆懐才不遇【四字熟語-読み】(かいさいふぐう)【四字熟語-意味】物事がうまく進まなくて、地位や境遇に恵まれない事。【四字熟語-解説】「不遇」は能力はあるが、運がよくないために相応の地位や境遇を得ていない事。■出典:■英訳:■類義語:■対義語…12月01日 12時30分