wawabubu(なおぼん)のblog

登録ID
1701506
サイト名称
wawabubu(なおぼん)のblog
URL
http://vcrmnfeconi-wawabubu.blog.jp/
紹介文
あたしの妄想を書いてます。 少々、きわどいことも、痛いことも書いてます。 創作もあります。
カテゴリ

※最新の記事

  • 『秘密』(東野圭吾)を読んで
    父の本棚を整理していたら、東野圭吾の『秘密』が出てきた。これは、東野氏が日本推理作家協会賞を受賞した作品だそうだ。映画にもなったらしく、この文庫の目次をみると主演女優を演じた広末涼子があとがきを書いている。あたしは映画を観ていないから、旦那…09月20日 07時53分
  • 卍(まんじ)
    セフレのこうちゃんと映画『卍(まんじ)』を観た。Youtubeに上がっていたのだ。1964年の作品で、若尾文子と岸田今日子、船越英二(船越英一郎の父)の3Pものである。以後リメイクが何度か行われた作品で、原作の持つ格調高いエロティシズムが売…09月18日 15時01分
  • 日清戦争が日本を誤らせた
    毎日新聞9月14日夕刊に「明治150年(近代から現在を読む)」という記事がありました。連載物なんですけど、「現実主義的だった日本外交」と題して学習院大学の千葉功先生が寄稿されていました。1894年に勃発した「日清戦争」が日本に与えた影響を最…09月16日 21時21分
  • 映画『麒麟の翼』(2012)
    東京の日本橋には翼のある麒麟(キリン)の像があります。五街道の起点でもある日本橋から「全国に羽ばたくよう」に、本来翼のない伝説の麒麟に翼をつけたと言いわれています。東野圭吾原作映画『麒麟の翼』を観ました。大阪府立大学工学部出身の東野さんらし…09月14日 12時12分
  • 初穂摘み (2)
    後藤祥雄に吉田山に登ろうと誘われて、慣れないスカート姿でついてきた。バンカラな祥雄は丸くなった歯の下駄で器用に石段を登っていく。あたしは女学校のころから履いているズックだから、足元はしっかりしていた。父は祥雄のことを「三高生」なんて古い呼び…09月12日 17時18分
  • デトロイト交響楽団の演奏
    今晩の「N響アワー」はデトロイト交響楽団の来日公演でした。ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」を小曾根真のピアノとの協奏で見せてくれました。コープランドの三番も良かった。それよりも、デトロイト響のメンバーの人種の多彩さ、いろんな人…09月10日 23時02分
  • 『異形の惑星』を読んでみた
    赤トンボがいっぱい飛んでいます。どこからこんなに来たのだろう?赤トンボの唄をうたった空はなんにも変わっていないけれどあの時ずっと夕焼けを追いかけていった二人の心と心は今はもう通わないあの素晴らしい愛をもう一度あの素晴らしい愛をもう一度(作詞…09月08日 23時22分
  • ベタ(魚)
    熱帯魚屋さんにいくと狭いコップのような水槽に一匹の魚が入っているものが売られている。かなり窮屈な様子だが、この魚はちゃんと生きている。どうやらそのまま家で鑑賞するらしい。この魚は「ベタ」とか「闘魚(とうぎょ)」と言われるスズキ目(キノボリウ…09月06日 15時25分
  • PANSY RADER
    南極の日本の基地(昭和基地)は東オングル島にありますね。ここ数年、この基地周辺にたくさんのアンテナが林立するようになりました。東京大学大学院と国立極地研究所などが南極上空の大気圏、成層圏の様子を詳しく把握する目的のレーダー設備で、Progr…09月05日 16時06分
  • 灯火親しむ頃
    こんな詰め将棋を解きながら、秋の夜長(まだ少し暑いけど)を過ごしています。これはね、今は亡き原田泰夫九段の九手詰めです。何ケ所か王手をかけるところがあります。初手はだいたいわかるんですが、途中、持ち駒だけでは詰まないんですよ。※持ち駒は飛車…09月04日 23時20分
  • ハングルと韓国の事情
    姜尚中氏が『アジア辺境論』において韓国に古典に依拠する土壌がなく、思想が育たないという悲劇を物語っておられた。姜氏自身は在日なので日本で生まれ育ったことで、ある意味「恵まれて」いたのだとおっしゃる。現代韓国人が自国の古典を読めないのは「漢字…09月02日 10時40分
  • モビリティの罠(わな)
    『アジア辺境論』には「モビリティ」という概念が出てきます。もちろん内田樹氏が唱えるものです。※彼のオリジナルの考えかどうか、あたしは知りません。「移動性」と訳されるのでしょうが、「移動できる能力」と言い換えることもできます。「モビリティ」が…09月02日 00時14分
  • 『アジア辺境論』は国民の教科書だ
    期待通りの本でした。集英社新書から出た『アジア辺境論』(副題:これが日本の生きる道)です。内田樹と姜尚中の対談です。あたしは日本国民の教科書にしたいくらいですね。選挙民はかくあるべきだと。民主主義がいかに独裁制に移行しやすいものかということ…08月31日 15時54分
  • こどもの「こ」
    めっちゃごぶさたの「じひくしょなりい」です。こ(子):この子にしてこの親あり。あたしだって子がほしかったわよ。「めし食うて、糞たれて、子が親になり」とは「ばっさん(中学時代の美術のセンセ)」の言葉でしたっけ。こあ(core):地球の芯、最近…08月30日 15時29分
  • 『時間』堀田善衛(ほったよしえ)を読んで
    本の地層から、化石を発掘するかのように、あたしは蔵書の中から一冊を掘り当てる。それは父母や叔父が遺したものでもあるし、あたしが読まずに積み上げたものでもあった。長い時間が部屋を流れ、埃と黴が「地層」の表面に堆積している。この堀田善衛の『時間…08月29日 23時53分
  • 4℃の水
    水が4℃で密度が最大となることを「口頭試問」で書いたかもしれません。密度とは単位体積当たりの重さですが、温度依存性があり、物の密度を比較するには温度を一定にする必要があります。水は0℃で凝固点(氷点)を示し、100℃で沸点に達します。これは…08月28日 14時24分
  • 24時間マラソンの怪
    24時間テレビで恒例の24時間マラソンは、だいたい100kmぐらい走らされると聞きます。ただ徳光さんなどは60km程度しか走っていなかったとか言われました。お体のこともありますからね。みんながみんな100kmも走れません。※イモトアヤコは1…08月28日 00時31分
  • 「海軍乙事件を追う」を読んで
    毎日新聞社の毎日ワンズから出版されている「海軍乙事件を追う」を読みました。著者は毎日放送副社長を務めた元毎日新聞社政治部長の後藤基治氏で、日米開戦のスクープを取った記者としても有名です(1901〜1973)。毎日放送(MBS)開局に尽力した…08月26日 23時40分
  • なおぼんの「性」物学 一酸化窒素と勃起
    男性の方は自分のおちんちんが勃起することを経験しているでしょうが、それがなんで起こるか理解されていますかね。え?エッチな写真を見たら勃起するって?そりゃまぁ、視覚的な要素は勃起の起爆剤になりますが、じゃあその視覚的な「女の子が、おまんさんを…08月25日 14時29分
  • ボルツマン定数
    プランク定数の話をしましたが、この定数にはボルツマン定数が関わっているのです。黒体輻射のウィーンの研究において得られた式はプランクによって修正されます。そのときのプランクの式にはボルツマン定数が入っています。ルードヴィッヒ・ボルツマンはオー…08月24日 14時36分
  • 二酸化炭素が熱い
    二酸化炭素は話題の尽きない気体です。地球温暖化の元凶の気体とも言われています。温室効果がみられる気体で、フロンガスよりはその効果は小さいのですがなにしろ地球の大気中ではかなりの量を占めますので無視できないのです。二酸化炭素分子は赤外線(熱線…08月22日 13時33分
  • なおぼんの「性」物学 包茎マラ
    前に、仮性包茎が当たり前だということをブログに書いた。もちろんペニスの話である。クリトリスにおいても同じだけれど。亀頭はとてもデリケートな粘膜組織で覆われていて、傷つきやすい。センサーの集合体で、神経や毛細血管が集まって敏感に性感を感知し、…08月20日 06時36分
  • イージス・アショアなどいらんわい
    防衛省が「イージス・アショア(陸上のイージス(盾))」の導入に積極的だ。もっとも稲田元防衛大臣のころから「イージス・アショア」の導入は言われてきたことだけど。イージスシステムは、かなり高度で難解なしろもので、運用が極めて難しい。北朝鮮の大陸…08月18日 10時29分
  • 舌戦
    今の北朝鮮の金正恩委員長の発言を聞いていると、太平洋戦争のころの日本を見ているようです。「鬼畜米英」と国民を発揚させたあの状態。そっくりでしょう?北朝鮮の大陸間弾道弾がみるみるうちに完成に近づいて、あの頃の日本がゼロ戦や戦艦大和をつくって戦…08月16日 16時45分
  • 対称性の破れ
    ここは夜景が美しいはずなのに、ラブホテルという建物は窓が一切ない。もちろん「開けないでください」と書かれた扉はある。それを開ければ街を見下ろすことはできるが…京都の国際会議場で開かれた高圧化学学会に参加して、旧知の科学者たちと交流を温めたあ…08月13日 20時50分
  • 知覧から学ぶもの
    知覧(ちらん)という地名をどれだけの人が知っているだろう?鹿児島県にあるこの町は、太平洋戦争の末期に陸軍特攻隊が旅立った飛行場があったところだ。今、この地は「自己啓発セミナー」の格好の教材になっているらしい。特攻隊員の心に思いをはせて、弱い…08月12日 15時08分
  • 死臭?精液臭?そしてナイロン
    6,6-ナイロンという高分子がある。ナイロンには何種類かあるのだが、ナイロン繊維としてもっとも有名なものかもしれない。※6-ナイロンというものもあり、ε-カプロラクタムの開環重合で得られる高分子で、パンティストッキングの原料でもある。6,6…08月10日 16時31分
  • オッカムのカミソリ…映画『コンタクト』を観て
    今から二十年も前の映画『コンタクト』を観ました。カール・セーガン博士の原作小説をロバート・ゼメキスの監督作品で映像化されたのでした。あたしの好きなジョディ・フォスター主演ということで、また、科学と宗教の接点を突き詰める佳作ということからも興…08月08日 18時09分
  • 真夏の方程式(2013)
    『真夏の方程式』という映画をAmazonプライムで観ました。あたしの好きな福山雅治主演ということで、ちょっと観たろかと思い、せっかくのプライム会員なんでね。東野圭吾の小説『ガリレオ』シリーズのひとつで、湯川学(福山)という物理学者が「事件」…08月06日 12時02分
  • 電池がなくなるという現象
    綾部紀子さんに教えた「なくなった電池(起電力を失った電池)」のことで、塾頭の和多田先生から指摘がありました。アルカリ乾電池(アルカリマンガン電池)を例にそれを再現します。この電池には、正極に「二酸化マンガン」、負極に「金属亜鉛の粉末を固めた…08月04日 21時03分
  • 質問攻め
    夏休みの「寺子屋塾」には、ガキどもが、朝飯も食わないでラジオ体操からそのまま駆けつけている。菓子パンをかじりながらオレンジジュース「なっちゃん」をがぶ飲みしている子もいた。「なおぼんセンセ、ろうそくの火とガスレンジの火って色が違うけどなんで…08月02日 21時52分