wawabubu(なおぼん)のblog

登録ID
1701506
サイト名称
wawabubu(なおぼん)のblog
URL
http://vcrmnfeconi-wawabubu.blog.jp/
紹介文
あたしの妄想を書いてます。 少々、きわどいことも、痛いことも書いてます。 創作もあります。
カテゴリ

※最新の記事

  • 縣(あがた)祭り
    来月五日夕刻から六日未明にかけて宇治の縣(あがた)神社で「縣祭り」が開催されます。この祭りは別名「種もらい祭り」と言われ、子のできない嫁が全国から来て、ここでどこの誰ともわからない男と寝て子を授かるということが行われていました。夫に原因のあ…05月29日 16時02分
  • 北の赤い星からの便り(3)
    佐藤元(はじめ)というクラレの研究所から来た化学者が妙なことを言っていた。あたしたち、日本人の北朝鮮奉職者には金銭的インセンティブを与えて国につなぎとめておくことはもちろん、そのインセンティブにしても人それぞれなわけだ。あたしの場合、この国…05月27日 20時21分
  • 科学者の優遇
    北朝鮮の科学者優遇が日本でも話題になっています。このほどの弾道ミサイル開発に多大な貢献をした金正植(キム・ジョンシク)氏が北朝鮮国内でヒーローになっていることとか。コールド・ランチャー(ローンチャ)という、圧搾空気などの非加熱のミサイル射出…05月24日 20時12分
  • この国に未来はあるのか?
    北朝鮮は核開発こそ「主権の発動」だと言う。彼(か)の国の弾道ミサイルは実験の数を追うごとに性能を増し、他国は「失敗」だと決めつけても、どこ吹く風だ。北朝鮮の外交は、成功している。かつての日本が戦争に突入したころの危なっかしさはない。余裕さえ…05月23日 00時03分
  • 夏は来ぬ (1)
    「目に青葉、山ほととぎす、初鰹」などと言われるこの季節。「初鰹」など望むべくもないけれど、この山里の青々した木々の景色は、あたしにとって至高の「御馳走」だった。木々に生気が宿るのは、こんな季節なのかもしれない。森に精霊がいると信じられそうな…05月18日 22時29分
  • 黄金時代
    河島英五の『黄金時代』という歌があります。作詞がちあき哲也で、作曲が杉本真人です。いてもいなくても いいよな人だけどあたし待っているどこの部屋からか 東京ラプソディーたしか二箱目 たばこを吸うわすきな漫画もたまったしバーのつけなら払っておい…05月14日 23時26分
  • 今年のカキツバタ
    今年もカキツバタの季節が参りました。お花の先生も、毎年カキツバタで生徒の腕を試されます。あたしも成長しましたかな?花の数が多かったのでまとめるのが難しかったわ。ちょっとカメラさん、寄ってくださる?この花の中心の白い部分がカキツバタの特徴です…05月11日 00時03分
  • 宙(そら)へ
    まぶしい光跡を引いて、今日も宇宙(そら)にシャトルが消えていく。トワイライトの夜空を裂くように、轟音とともにシャトルは昇っていった。雲間を通して、閃光を透かすように見えるのが美しかった。ショータはプレアデスの丘に立ち、あこがれと、あきらめの…05月06日 06時11分
  • 銀将
    将棋の駒で、あたしがもっとも好きなのは「銀将」です。「金将」は守りの駒ですので、どうしても玉将のそばに侍(はべ)らせますから、あまり前線に動かしません。「銀将」は「金将」に似ていますが、斜め後ろに利くという特性があります。ゆえにジグザグに進…05月03日 00時49分
  • 安全運転の過信
    今日のNHKの『ためしてガッテン』は交通事故を防ぐ方法だった。高速道路で高速走行しているときの視野の狭まり方は防ぐことができず(一種の催眠状態)、十分な車間をあけることが最大の防止策ということだった。※常人の緊張は、せいぜい5分しか持たない…04月26日 20時44分
  • オトナ未満(3)
    科学実験室は、中学の理科室よりも大きくて、壁際の戸棚には様々なガラス器具が整然と並んでいた。黒い艶のない天板のテーブルが八面もあり、二面ずつが間に「流し」を挟んででつながっている。丸椅子にめいめいが腰かけるようになっていた。「さてと、山本先…04月23日 12時09分
  • 科学の手法
    科学的な目を養うには、主観と客観の使い分けが大切ですよ。「主観」は、自分が感じたままのイメージです。「客観」は、自分の視点から一歩後ろに下がって、もしくは高いところから俯瞰(ふかん)して眺めることですけれども、そこまでしなくても想像力を働か…04月20日 00時34分
  • 「教育勅語」を持ち上げる意味がわからない
    「教育勅語(教育ニ関スル勅語)」を起草したのは、井上毅(いのうえこわし)という法制局長官を務めた男です。熊本の出身で、たいへんな勉強家であったと伝えられます。大久保利通や岩倉具視に認められ、政治や立法に携わる仕事に就くのですね。明治憲法や皇…04月15日 12時01分
  • トン発公開公報A2017-001
    本人確認のための古い方法は「合言葉」でしたね。「山」と言えば「川」というような。外国では「Open sesame(開けゴマ)」なんてのもありましたっけ。「山」「川」の合言葉は「山と言えば川と言う」つまり「常に反対のことを言うアマノジャクな人…04月13日 14時50分
  • 丘のうなじ
    丘のうなじ 大岡信丘のうなじがまるで光つたやうではないか潅木の葉がいつせいにひるがへつたにすぎないのにこひびとよ きみの眼はかたつていたあめつちのはじめ 非有だけがあつた日のふかいへこみをひとつの塔が曠野に立つて在りし日を回想してゐる開拓地…04月12日 00時17分
  • 「やる夫」トランプ
    トランプ大統領のシリア攻撃は義憤によって行われた…新聞でのとらえ方はだいたいこのようである。大統領は、晩餐会の最中に攻撃を指示し、デザートを習近平と食べながら、「今ね、シリアにミサイルを発射しましたよ」「え?」絶句する習主席。「あなた、ご覧…04月09日 11時05分
  • 「ありがとう」がポルトガル語だと?
    とんでもない本が出てました。「ありがとう」がポルトガル語の「オブリガード」がなまってできた言葉だというのです。「有難し」が元だと思っていたあたしは、びっくりぽんです(古いわね)。いや、おかしいぞ。科学とは疑うことだと、あたしは何度も言うてま…04月05日 10時15分
  • 父母仏(ぶもぶつ)
    父母仏の歓喜にうまれ百千鳥 高橋睦郎「父母仏」と「ぶもぶつ」と読むそうです。これはね、「歓喜仏(かんぎぶつ)」という夫婦和合の仏様の別名です。男女が交合している様を仏像としているもので、日本でも道祖神(どうそじん)なんかによく見られます。セ…04月02日 00時30分