井財野は今

登録ID
1726369
サイト名称
井財野は今
URL
http://blog.goo.ne.jp/belloni117
紹介文
昔、ベルギーにウジェーヌ・イザイというヴァイオリニスト作曲家がいました。(英語読みでユージン・イザイ)それが語源です。
カテゴリ
  • 音楽(クラシック) (70%) - 20 / 402人中
  • オーケストラ (30%) - 2 / 37人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ヴァンクーヴァーはアジア人だらけ?
    ことほど左様にアジア人の多いヴァンクーヴァーにVicoヴァンクーヴァー・インターカルチュラル・オーケストラが存在している。 日本でこの存在を知ったときは、単純に、様々な民族楽器を組み合わせると面白いと思ったのだろうと想像していたが、ヴァンク…12月14日 07時23分
  • ヴァンクーヴァーはアジア人だらけ?
    カナダが生まれて初めてなら、実はアメリカ合衆国には(アンカレッジ空港を除き)行ったことがない。アメリカ大陸が初めてみたいなものだ。 でもアメリカ合衆国とはまた違う人種のるつぼであるという説明を受け、なるほどと実感した。テレビ等で見るアメリカ…12月12日 07時58分
  • ヴァンクーヴァーはアジア人だらけ?
    今回の企画はヴァンクーヴァー在住で九州・沖縄作曲家協会の会員であるY氏の発案でもある。 Y氏は日本生まれの日本育ちで日本語ができるのは当然として、宿泊先は兵庫県出身の日系人が経営する民宿のようなところ。経営者のご主人は典型的な日本人、そこに…12月10日 18時29分
  • ヴァンクーヴァーはアジア人だらけ?
    井財野が所属している九州・沖縄作曲家協会にカナダのヴァンクーヴァー・インターカルチュラル・オーケストラ(Vancouver Inter-cultural Orchestra、以下Vicoと略)が交流を申し入れてきた。 Vicoとは西洋の楽器…12月08日 14時08分
  • パールマンは不滅です?
    大学生時代「パールマン、小品良いよね」と友人に言ったことがある。 するとニヤッとして、 「小品は、とか、小品が、とかではなくてね」と言われたことをよく覚えている。 その頃は、不思議なことにバッハは重厚長大なもので、流麗な美音のバッハは評論家…12月01日 18時23分
  • パールマンは不滅です?
    大昔のSPレコード時代、ヴァイオリンと言えば小品が主流だった。 その後、LPレコードが普及するにつれ、協奏曲やソナタが多く聞かれるようになり、相対的に、小品を弾くことがあまり重きを置かれない時期が少しだけあった。 そこにパールマンが登場。パ…11月29日 07時50分
  • パールマンは不滅です?
    1978年の熊本リサイタル、バッハの後は得意の小品、クライスラーが3曲「前奏曲とアレグロ」「ウィーン綺想曲」「中国の太鼓」だった。 今年のパールマンもフィオッコのアレグロ(ヴァイオリンを練習する人は誰でもやるが、弾かない人は全く知らない曲)…11月27日 21時30分
  • パールマンは不滅です?
    リサイタルの方を良く覚えているのには訳があって、実はこっそり録音していたのである。モノラルのカセットテープレコーダー、録音レベルが自動調整だから、大きい音は小さく、小さい音は大きく入る代物だ。 それでもその後何度も聴き返した。 バッハの無伴…11月25日 18時34分
  • パールマンは不滅です?
    協奏曲2曲を聴いた日には福岡市に泊まって、翌日朝はヴァイオリンのレッスンだった。 前日のコンサートはああだったこうだったの話を交えてのレッスンは、なかなか有意義に終わったのだが…。 パールマンと同時に台風も訪れてくれたのである。 その頃、台…11月23日 16時29分
  • パールマンは不滅です?
    11月に久しぶりの来日公演、東京、大阪、福岡の計4回のステージのみ。 福岡公演は、そのチケットを手に入れるために「アクロス友の会」という特別前売りがあるグループにはいる人がいるほど、とにかく大人気、久しぶりの大物スターの演奏会だった。 私は…11月21日 00時35分
  • ドレミは知っているがハニホは知らないかも
    学習指導要領は改訂されたが、ドレミは相変わらず教えないことになっている。 というと語弊があるが、正確には「移動ド唱法」の時に教えることになっている。 移動ド唱法は、どの調でも主音をドで歌うやり方。相対音感を育てるのに良いと言われている。 本…11月16日 16時34分
  • 爺放談
    以下、架空のテレビ番組のオーディションが行われた後の、爺さんたちのおしゃべり、いや重鎮達の審査会、というフィクションである。かたや細川隆元風の四角い顔、かたや小汀利得風の細面(50代以上の方々にしか通じない例え方で申し訳ない)、どちらもオー…11月14日 00時22分
  • 「天才の育て方」のはずだけど
    将棋の「天才」の育て方という記事が新聞に載っていた。 詰め将棋で実験したら、プロ棋士は盤面を見ると「楔前(けつぜん)部」と「尾状(びじょう)核」という部分が活発に働いていることがわかったそうだ。 その回路が直観を生んでいるのだろう、との分析…11月09日 16時14分
  • 調弦のエチケット
    本番前のチューニング、これはクラシック音楽系独特の慣習かもしれない。何せ、拍手を受けてお辞儀をした後、堂々とやる場合もあるのだから。 チューニングも管楽器と弦楽器ではかなり状況が違う。管楽器は発音体は一つだし、気温が異常に高かったり低かった…11月06日 08時30分
  • ひのまる
    学習指導要領というものが改訂されて、多分教科書会社は改訂作業に目下大わらわだと思う。 その学習指導要領の中に共通教材というものがある。小学校の歌唱教材だと1学年につき4曲ずつある。 そういうことを教える授業の中、とりあえず数曲歌ってみようと…11月04日 10時59分