古今和歌集のすごい秘密

登録ID
1728316
サイト名称
古今和歌集のすごい秘密
URL
http://wakadokoro.com/learn/%E5%8F%A4%E4%BB%8A%E5%92%8C%E6%AD%8C%E9%9B%86%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%80%EF%BD%9E%E3%81%9D%E3%81%AE%E9%AD%85%E5%8A%9B%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E8%AA%9E%E3%82%8B%EF%BC%81%EF%BD%9E/
紹介文
和歌の基礎講座、和歌の興味を誘うコラム、恋歌に隠されたストーリー、平成版の新しい和歌など、日本の伝統文化の礎「古今和歌集」の秘密を探究するサイトです。
カテゴリ

※最新の記事

  • 大伴家持 〜流れるままに。家持たぬ家持の万葉オシャンティー〜
    万葉集を代表する歌人と言えば? 歌の聖「柿本人麻呂」や「山部赤人」、筑紫歌壇の双璧「大伴旅人」や「山上憶良」らの名前が挙げられますが、 やはりNO.1は「大伴家持」でしょう! 家持の万葉集に収められた歌は、その数・質ともにずば抜けています。…08月17日 20時48分
  • 古典好きはまず、「奥の細道」を読もう!
    今の時代に和歌なんて古臭いものを学ぼうなんて人に、ぜひ知ってほしい文章があります。 松尾芭蕉の紀行文「奥の細道」です。 芭蕉はもちろん俳諧の人ですから、奥の細道に収めれているのは和歌ではありません 私が知ってほしいのは、芭蕉の発句よりも古典…08月16日 15時53分
  • 和歌・古典好きはまず、「奥の細道」を読もう!
    今の時代に和歌なんて古臭いものを学ぼうなんて人に、ぜひ知ってほしい文章があります。 松尾芭蕉の紀行文「奥の細道」です。 芭蕉はもちろん俳諧の人ですから、奥の細道に収めれているのは和歌ではありません 私が知ってほしいのは、芭蕉の発句よりも古典…08月16日 15時53分
  • 【和歌マニア(第41回)】見てはいけない!? 月の真実
    秋といえばお月見♪ でもお月様は見ちゃダメ! なぜなら…。今回はウッチーが正しいお月見の仕方を伝授しちゃいます。ろっこがフィンランドで日本舞踊を披露したエピソードも聴けるよ☆ ♪放送で紹介した和歌 879「おほかたは 月を愛でじ これそこの…08月15日 20時58分
  • 「はじめての古今伝授と連歌会(葉月の巻)」のお知らせ
    平成和歌所では、和歌を中心に、 古典文化・文学が大好きな皆様に楽しんで頂けるワークショップを開催しています。 貫之に定家。西行に芭蕉。 彼らが生んだ屈指の文芸世界に一歩でも近づきましょう! 開催内容 葉月(8月)の「古今伝授と連歌会」のテー…08月08日 09時28分
  • あさぎいろ連歌会「夕立雲の巻」
    2017年6月25日、2017年7月23日 半歌仙+4 於銀座 ※比較的に伝統的な連歌にまとまりました。ご参加の皆様の好みが現れますね。 発句 夕立の 雲もとまらぬ 夏の日の 夏 式子内親王 脇 かたち崩れる ソフトクリーム 夏 かつひろ …08月07日 23時56分
  • 【和歌マニア(第40回)】秘伝「古今伝授」を大公開!!
    今回のテーマは古今和歌集解釈における秘伝中の秘伝「古今伝授」です。なんと和歌マニのユーザーだけ特別! 無料でのご紹介です(笑)。三木三鳥とはいかなるものぞ? ♪放送で紹介した和歌 431「み吉野の 吉野の滝に 浮かび出づる 泡をか玉の 消ゆ…08月01日 14時42分
  • 【和歌マニア(第39回)】妄想女子の恋歌日記(恋自嘲する7月の巻)
    古今集の恋歌を現代の妄想女子が日記にしてみた。「こんなに悲しいのは私だけ!? だって彦星だって年に一度は逢えるんだよ!」今月は妄想女子のネガティブ思考が爆発! 恋はやっぱり前向きにいこ〜 ♪放送で紹介した和歌 612「我のみぞ 悲しかりける…07月27日 21時35分
  • あさぎいろ連歌会 七夕舟の巻
    2017年7月14日 あさぎいろ連歌会 七夕舟の巻 於青山 みなさまはじめての連歌でしたが、臆せずユニークな半歌仙が巻けました。 発句 七夕のと渡る舟の梶の葉に 秋 藤原俊成 脇 書いて飾れぬ短冊の恋 秋 かつひろ 第三 大根のお通し食べて…07月19日 15時12分
  • 【和歌マニア(第38回)】百人一首を本気で楽しむ。その2「失意に乱れる純血の貴公…
    「陽成院」とその子「元良親王」、「在原行平」と「業平」兄弟。由緒ある血を受け継ぎながら不遇を生きた貴公子達。彼らはその失意を恋で満たすのだ! 今回は百人一首の分類の話と、11〜20番の面白エピソードをご紹介します! ♪放送で紹介した和歌 1…07月18日 11時08分
  • 「妄想女子の恋歌日記」〜恋自嘲する7月の巻〜
    ●7月7日 今日が何の日だって? ホント考えたくない 知ってるわよ一年に一度の、でしょ? 願い事はあるよ、もちろん 彼ともっともっと仲良くなりたい でもどうせ叶わない わたし、天の川なんて見たことないし 世界中で、こんなに悲しんでんの私だけ…07月13日 18時03分
  • 【和歌マニア(第37回)】清少納言 〜元祖!意識高い系OLの可憐なる日常〜
    枕草子の著者で名高い清少納言は意識高い系OLだった! 今回は枕草子から、漢文スキルを振りかざして男社会をサバイブする清少納言の歌と有名エピソードをご紹介します。きっと現代に定子様いたら、理想の上司NO1だろうなぁ。 ♪放送で紹介した和歌 「…07月10日 12時05分
  • 「はじめての古今伝授と連歌会(文月の巻)」のお知らせ
    文月(7月)の「古今伝授と連歌会」のテーマは「七夕」です。 万葉、古今、新古今。和歌に歌われた七夕を鑑賞し、ついでに連歌を巻いてみましょう! 〇開催日:7/23(日)10:00〜11:55 ※毎月第4日曜に開催 ※申込締切:7/19 〇初回…07月06日 12時18分
  • 菅原道真 〜悲劇の唇が吹くIn A Silent Way〜
    一人十首の歌人列伝、記念すべき20人目は「菅原道真」です。 道真は天神様また学問の神様として、太宰府をはじめとする各地の天満宮に祀られていることで有名ですね。 その悲劇的な人生の結末から、いわゆる「日本三大怨霊」なんてのにもその名が残ります…07月05日 17時23分