ミラーボール

登録ID
1734540
サイト名称
ミラーボール
URL
http://mirar.sblo.jp/
紹介文
もう、一生恋なんてしないと思っていた。 なのに、恋をしてしまった・・・。娘のお見合い相手に。
カテゴリ
  • 恋愛 (50%) - 10 / 159人中
  • 婚活 (10%) - 73 / 347人中
  • シングルマザー (20%) - 26 / 187人中
  • 日記・雑談(主婦) (20%) - 118 / 422人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 娘はもう涙が止まりませんでした・・・
    突然、部屋が真っ暗になり、室内の大きなモニターから映像が流れました。 それは、この僅か数日で美咲ちゃんが作ってくれた、〓かのんとの思い出の映像でした。 学生時代の写真、飲み会での写真、旅行の写真。 映像のバックでは、美咲ちゃんが大好きなコミ…04月26日 10時47分
  • 「ちょ、ちょっとみんな、やめてくださいよ!」
    それは3月の終わりでした。渋谷にある、オシャレなイタリアンのお店でした。 20畳ほどのパーティールームを借りて、 娘のかのんの盛大なお別れ会をしました。参加者は?美咲ちゃん、田辺さん、佐伯先生、マスターと私でした。館林さんも誘ったのですが、…04月25日 11時31分
  • 盛大なお別れ会を
    私は美咲ちゃんにLINEしました。 「盛大にやろうよ!」と、ここまでやってもらって、みんなでお別れしたい。そう思ったのです。 『盛大なお別れ会をしたくない』というのは私だけの気持ち。娘の気持ちは考えていなかったのです。うちの娘は、こんな素敵…04月24日 11時17分
  • 「聞いて!とりあえず聞いて!」
    田辺さんの厚意を無下にし、さらには娘と仲良しの美咲ちゃんの厚意までも無下・・・。 また少し、自分を嫌いになってしまったそんな気分が落ち込んでいた私を、気分を落ち込ませないでくれる人と会いました。 そうです。 佐伯先生です。「聞いて!とりあえ…04月23日 10時40分
  • また少し、自分を嫌いになってしまった
    ひょっとして・・・私達すれ違っているのかな? はたから見たら、歯車が、噛み合っていないのかも・・・。 いや、そんなことはない。 きっと、ない。そんな前日の彼とのやりとりをした翌日の事。ピアノ教室へ向かう途中美咲ちゃんからLINEが来たのです…04月22日 11時11分
  • すれ違っているのかな?
    無事に全部の楽器の録音を終えて、私が電車に揺られていた時でした。「明日の夜、空いたよ。録音しようか?」館林さんから、そうLINEが来たのです・・・。 「・・・嘘でしょ?」 なんて、何てタイミングが悪いの・・・。 ああ、何だか、私たちは空回り…04月21日 19時08分
  • 録音
    「うまい!」マスターのギターを聴いた、美咲ちゃんが声を上げました。美咲ちゃんは、今回ドラムを担当してくれるのです。「どうしよう、私が一番ヤバイよ。だって素人だもん」と。 そんなのは関係ないのです。 プロじゃないので、プロみたいな音楽を作りた…04月20日 06時33分
  • い、一週間以内・・・。
    「なんかソワソワ、ソワソワしてるね?」って、娘に言われる始末。そんな中・・・。館林さんからLINEが来ました。「ごめん、今日会った人のおかげで、 正式に面接してもらうことになって、予定が確定できない。」「一週間以内には、何とか一日でも空ける…04月19日 10時53分
  • 「ソワソワ、ソワソワしてるね?」
    もし三日以内に、館林さんのギター録音ができなければ、「マスターでやるしかないよ!」佐伯先生はそう力強く宣言しました。「申し訳ないけど・・・」佐伯先生が辛そうな顔をするので、「大丈夫です」そう、私も力強く答えました。 今は?なによりも時間だ。…04月18日 11時40分
  • 三日以内
    マスターが、ギターを弾ける。私の目の前に神が降臨したかのようでした。 ・・・でも。 館林さんに、お願いしてしまった手前、どうしよう・・・? だって、忙しいことを分かってて 館林さんにお願いしたのは、 彼には、メンバーになってもらいたかったか…04月17日 11時10分
  • そんな格言は聞いたことはないけど・・・
    館林さんの状況を考えたら、ガッカリするのはおかしいって 分かってはいるんですけど・・・。 何だかなあ。そう言えば、娘のストーカー事件の時も、助けてくれたのは?〓結局、田辺さんだったのでした。「はあ・・・」自分でも分かるほど大きなため息をつい…04月16日 11時19分
  • 時間は、もう、本当にないんだよ・・・
    「で、どうしたの?」って、彼に聞かれ、ちょっとイラっときてしまった私ですが・・・。彼に、「娘のかのんにプレゼントするCDのこと」を話しました。そして、「ギターをね、弾いてもらいたいの」と。館林さんに、ギターを担当してもらいたいと思っていたの…04月15日 10時34分
  • 平然となんて、しないでよ・・・
    あれ以来に会った彼は、とても平然としていたのでした・・・。 私に、気まずいのを気付かれないように 取り繕っているわけでは、 なくて。ただ単に、平然と、いつもの館林さんだったのです。 ・・・ちょっと、館林さん。 気まずいと思っていたのは、私だ…04月14日 11時44分
  • 私の心はざわついていました
    彼との約束の日・・・・私は、いつもより30分だけ早起きして、準備をして、ご飯を食べて館林さんの最寄り駅に向かいました。朝のラッシュの終わりの方だったので、それほど混雑はしていなかったけど・・・。 私の心はざわついていました。 だって、だって…04月13日 11時35分
  • 彼に会いたいけど、彼に会いたくないのです・・・。
    娘に送るCD制作、残るはギターでした。 館林さんがギターを弾けるのですが、 先日の件があり、正直気まずい・・・。 いや、娘のためよ! (と言い訳にして)私は意を決して、彼に連絡を取ることにしたのです。「ちょっと娘の事で相談したい」そう彼にラ…04月12日 11時32分
  • 「私、そういうの大好きなんだけど!」
    娘の友達の美咲ちゃんは?学生時代に付き合っていたドラマーの彼氏の影響で、ドラムが少しだけできるとのことを思い出し私が連絡すると?※娘のためのCDを作るという 「何それ!」内容を美咲ちゃんに伝えた時の、第一声でした。「お母さん。私、そういうの…04月11日 12時04分
  • バンドマンの知り合いかぁ・・・
    「あとは、ドラムとギターとかあれば良いんだけど・・・」佐伯先生が、そうポツリと呟きました。私には、さすがに、ドラマーの知り合いはいませんでした。「バンドマンの知り合いかぁ・・・」 田辺さんも同様でした。 本当は娘の知り合いだけで (CDの中…04月09日 19時33分
  • 「こんなに素晴らしい曲を娘のために」
    「ダメなわけ、ないじゃないですか?」私は、泣きながら、笑いながら、そう言いました。 「・・・良かった」一回、娘のために何かをしたいという田辺さんの提案を私が断っているからか? 本当に嬉しそうに安堵していました。 それからはホント早かったです…04月09日 11時07分
  • ダメ、ですかね?
    「CD、作りませんか?」田辺さんが、笑顔でそう提案してきたのです。「僕、あれから歌詞書いてみたんです。 それを佐伯さんに渡して、昨日、ラフっていうんですか? が届きました」 はあ。と、返事するしか、ありませんでした。 まったく、話についてい…04月08日 09時42分
  • 「CD、作りませんか?」
    館林さんとの交際以来私には、初めて言い応えをしてしまいました。 でも、私が悪いとは到底思えなくて・・・。 何だか、少し、落ち込みました。「先生、どうかしました?」どうやら? 一週間振りに見た田辺さんにも 落ち込みようが分かるほどだったようで…04月07日 09時36分
  • 自分の母親の不満を私にぶつけている?
    彼の「・・・うん」は、一体、どういうことだろう・・・。 帰りの電車に揺られながら、 腑に落ちずにいました。 私が、もし?「ごめん」 って言わなかったら、どうなってたの? そもそも、私が「ごめん」 って言わなきゃいけなかったのかな? 楽しかっ…04月06日 11時36分
  • 1度も喧嘩をしたことのないカップル
    あれ・・・? 私、館林さんに初めて、言い応えしてしまった・・・?今まで、声を荒げたり、大きな声を出したり、言い応えをしたことなんて、1度もなかったはず・・・。 私たちは、1度も喧嘩をしたことのないカップル。だったはず・・・。「あ、ごめん」咄…04月05日 12時04分
  • 思わず、大きな声を出してしまいました
    娘の部屋に行くと、引越しの準備が順調に進んでいたのでした・・・。親としては、勝手なもので・・・こんなに順調に、計画的に荷造りをされていると? 正直、哀しくなりました・・・。 何だか、切なくなりました・・・。その気持ちを、久し振りに会えた館林…04月04日 11時29分
  • 同棲すれば?良いと思っているのでしょう
    家に帰ると、娘のかのんが何と、ベッドを捨てようとしていたのでした・・・。私「か、かのん!?」かのん「ちょっと手伝って!」言われるがまま、娘が長年使っていたベッドを、玄関前に運びました。 ベッドには、粗大ごみ券シールが貼られていました。私「こ…04月03日 11時31分
  • 腰が重そうなマスター
    「マスター、メルカリとか。ヤフオクとか。って知ってますか?」私がそう聞くと、マスターは「……なるほど」と。 そう、娘のかのんが断舎利をして、必要のなくなった物を メルカリやヤフオクに出したら大量に売れたのです。その時の話を再度したのです。h…04月02日 11時26分
  • ちょっと待って!
    マスターのお店は、4月20日をもって完全に閉店することになりました。 私はマスターが淹れてくれたブレンドを飲みながら、 来なければ良い日を想っていました。 マスターのこのお店がなくなる日。 娘が大阪へ旅立つ日も・・・。「ちょっとずつ片付けし…04月01日 11時28分
  • 当店は閉店することになりました。
    「このたび、当店は閉店することになりました。 長年の御愛顧、大変感謝いたします。」マスターの喫茶店の入り口に、そう張り紙が貼ってありました・・・。先日、マスターの借金の話を聞き、店を畳むことは知っていたけど、 こんな突然? 何のアナウンスも…03月31日 11時21分
  • きっと、私には耐えられない
    田辺さんが、大阪へ旅立つ娘の出発前に、「最後にパーっと何かやろう」と提案してもらいました。でも、盛大に送り出すのは違うと思った私は、その提案を却下してしまい、田辺さんに謝罪しました。田辺さん「いえいえ、謝らないでください! こっちが! 僕が…03月30日 11時28分
  • 『いつでも会える』って思っていたいんです。
    「その気持ちだけで、充分ですよ」私は田辺さんに、そう答えました。「(娘は、)結婚するわけでもないし、 外国に移住するわけでもないですし、 新幹線で2時間半の大阪だから、 何か、特別なことでもないですし・・・」私がそう言うと、「確かに」と田辺…03月29日 11時39分
  • でも・・・娘の気持ちを考えると?
    田辺さんは、やっぱり照れくさそうに、「最後に、僕に何か、できること、ないかな?って思って」 真剣な表情でそう口にしたのでした。「かのんさんには本当にお世話になったので、 少しでも力になれたらなって思って」その言葉に、私も嬉しくなりました。「…03月28日 11時53分
  • 何か、できることないですかね?
    着実に、娘の『かのん』の大阪への出発の日は近づいていました。「何か、できることないですかね?」 突然、田辺さんにそんなことを言われたのです。 「え?」いきなり何を言うのだろう?と思って、驚いちゃいました。「何か、できることないですかね?」私…03月27日 11時38分
  • そろそろ
    久し振りに飲んだからか?ちょっと2日酔い気味でした少しお酒が残っている気がしました。2日酔いって肝臓が弱ってる状態になるみたいでオルニチンを摂取すると良いらしいので朝にこれを飲みました。⇒「オルニパワーZnプラス」1日分を↑1粒で摂取できる…03月24日 11時56分
  • 「負けました」という顔をして・・・
    彼氏との同棲を娘から勧められた私でしたが・・・。「だから、あそこはかのんの部屋よ」と、きっぱり告げました。娘は、「負けました」という顔をして・・・。 「ありがとう」って。言ってくれたのでした。「私も、ありがとう。そんな提案してくれて」私も娘…03月23日 11時41分
  • 娘に交際を認められて
    娘から私の彼氏である「館林さんと一緒に暮らしたら?」という提案を受けたワケですが・・・。「気持ちは嬉しいけど・・・」 娘に交際を認められて、 娘の方から同棲を提案されるなんて。なんて私は幸せ者なのだろうか?と思います。 でも……。私「かのん…03月22日 11時44分
  • 思わず、じゃがいもを床に落としてしまいました
    かのん「だから、館林さんと一緒に暮らしたら?」 えっーーーー同棲ってこと???と、娘のあまりの発想に、私は、思わず、じゃがいもを床に落としてしまいました。「ちょっと、何やってんの、もう・・・」娘はブツブツ言いながら、床に落ちたじゃがいもを拾…03月21日 11時42分
  • どうして?そんな話になるかなあ・・・?
    「一緒に住んだら?」かのんの言葉にビックリしました。 一緒に住む・・・? 私も娘について、大阪へ?私「それは私も、淋しいのよ。今までずっと2人だったから。 凄い淋しいけれど、 でも、そろそろ私だって子離れしなきゃいけないでしょ?」自分に言い…03月20日 11時36分
  • 「一緒に住んだら?」
    「もう大丈夫」娘が変なタイミングでそんなことを言うので、私は嫌な予感を感じながら聞きました。私「大丈夫って、何が?」かのん「肉じゃが、もう完璧に覚えた」その答えに、私は『ホッ』としました。少しでも料理を覚えてもらおうと、最近、ハンバーグから…03月19日 11時28分
  • 何でそんな淋しいこと言うんだろう・・・
    「・・・そうなんだ」マスターのお店のことを娘のかのんに話しました。娘も、とても残念がっていました。かのん「大阪に行ってもさー、でも私、一年に何度かはこっちに来るし、 家にも帰って来るつもりだけどさー、 その都度、ああ、また街が変わったなーっ…03月18日 11時27分
  • 涙が、止まりませんでした
    マスターが口を開きました。「また、どこかでお店やりたいんだ」私はもうすでに飲み終わった珈琲カップを見つめていました・・・。「どんな形でも良いから、絶対にお店をやりたい。 俺、これしかできることないからさ」そう言って笑うマスター。 私は涙が、…03月17日 11時23分
  • 贅沢な時間
    私は思い切って、マスターに最後のおねだりをしました。「マスター、最後に珈琲、淹れてもらっても良いですか?」マスターは、静かに、頷きました。私「ブルーマウンテンじゃなくて、いつもの。 マスターのいつもの珈琲が飲みたいんです」ブルーマウンテンは…03月16日 11時44分
  • 最後のおねだり
    私は照れくさくて、目を会わせずに言いました。「今まで美味しい珈琲、ありがとうございます」これが本心です。私の人生において、かけがいのない物でした。 マスターの存在が。 マスターの珈琲が。 マスターのお店が。 玉城さんが。 みんなとの会話が。…03月15日 11時46分
  • ギリギリなのかもしれない・・・。
    マスターはゆっくりと煙を吐き出して言ったのでした・・・。「この店を売って、少しでも借金返済に当てようと思う」私は、灰皿に押し付けたマスターの煙草の吸殻を見ていました。 まだ完全に消えてはいなくて、 赤くともっていました。 短くなったそれは、…03月14日 11時43分
  • いよいよ利息すら払えなくなったからなんだ・・・
    今、目の前でギャンブルで借金を作ってしまったことを吐露するのは、今まで私が接してきたマスターなんでしょうか? 私には、マスターがマスターに見えなくて・・・。「まだまだ俺は大丈夫だ。まだ浮上する。 そう思って、あがいていたわけだよ。 でも、た…03月13日 11時24分
  • 何だか別人
    「ギャンブルだよ」そう言ってマスターは笑いました。 笑ったかと思うと、 すぐ真顔になりました。私はそんなマスターを正直、見ていられなかったです。「スロットに競馬で・・・バカだよな、本当、俺、バカなんだよ」マスターは悔しそうに、俯きました。尚…03月12日 11時40分
  • どこから捻出しようかと思ってさ・・・
    「車売ったお金では、ちょっと足りなくてね・・・」 マスターが、 借金を作ったきっかけは自分の入院だったなんて。私は、何も知らないでいました。「その足りないお金を、どこから捻出しようかと思ってさ・・・」そこで、マスターは髭をジョリジョリと、か…03月11日 11時39分
  • 「・・・借金がね、かさんじゃって」
    マスターが髭を触りながら言ったのです。「・・・借金がね、かさんじゃって」 「しゃっきん」が、「借金」に変換されるまで、私は、随分時間がかかったのです。「・・・えっ?」私は戸惑いを隠せませんでした。 マスターに借金がある・・・。 それは今まで…03月10日 11時38分
  • 思い出がありすぎて
    今まで何度助けられて、励まされたことか。 娘のかのんのこと。 かのんのお見合いで出会った館林さんのこと。http://mirar.sblo.jp/article/136397296.html?1520564046とか いろいろトラブルがあっ…03月09日 11時47分
  • 間違いなく、心の拠り所
    「嫌です、私・・・ここがなくなったら、嫌です」子どもみたいに、駄々をこねてもしょうがないことぐらい分かっています。 それでも、本当に嫌なのです・・・。 間違いなく、心の拠り所でした。 このお店が。 マスターの存在が。 たった一杯の珈琲が。今…03月08日 11時33分
  • 嫌です、私・・・
    「いやね、実はさ・・・」マスターの口から出た言葉は、衝撃の一言でした。 「店、畳むかもしれなくて」私は、あまりの衝撃に、呼吸困難になるか?と思ったほどでした。 一瞬、呼吸の仕方を忘れてしまったみたいでした。私は、この日、この店にやって来た瞬…03月07日 11時41分
  • もう、残してもしょうがないしね・・・
    ブルーマウンテンだなんて、いくらするんだろう・・・? そう思って、私がチラッとメニューをのぞいた時でした。「お金取らないから、飲んでよ」マスターに言われたのです。「いやいや、こんな良い物タダでなんて・・・」私が否定した時でした。「もう、残し…03月06日 11時30分
  • そんな高価な物、飲むほどリッチじゃないですよ・・・
    「ブレンド」と、私は、いつもの珈琲を注文しましたすると?マスター、「ブルーマウンテン?」って。 見ると、口元が、少し上がっていました。 マスターの、いつもの冗談です。 いつものマスターが、戻ってきた気がしました。「はい、ブルーマウンテン」私…03月05日 08時47分
  • この日は明らかに違っていたのでした・・・。
    いつもの店だけど、いつものマスターじゃなくて・・・。 思えば、前にもこんなことがありました。 マスターが、病気になって入院した時でした。この時です。http://mirar.sblo.jp/article/174111060.html?15…03月04日 11時55分
  • 淋しい音
    娘のかのんが感動した、珈琲のガト―ショコラ。そのレシピを教えてもらいに、その日、私はは、ピアノ教室が終わってマスターの喫茶店に足を踏み入れた時でした。 カランカランと鳴るそのベルが いつもより淋しい音を立てた感じがしたのでした・・・。 そん…03月03日 11時48分
  • 本当に何も知らなかったのです・・・
    私「かのん、聞いたよ、コースターのこと」そうなのです。かのんは、マスターのお店に行って、コースターをプレゼントしていたのです。かのん「ああ! お母さん、今日お店行ったんだね」マスターが娘のコースターを気に入ったようで、かのんは「お店用にいっ…03月02日 11時41分
  • そして、大事なことを思い出した
    「マスターのだ!」私はようやく思い出したのが嬉しくて、思わず大声を上げてしまいました。 そう、覚えている。 確かに作ったのです。 あれは、マスターのガトーショコラです。 マスターがお店で出している ガトーショコラを、 私がそのあまりの美味し…03月01日 12時02分