御朱印・神社メモ

登録ID
1736166
サイト名称
御朱印・神社メモ
URL
https://jinjamemo.com/
紹介文
御朱印・参拝記録・神社情報・考察ブログ。御朱印や神社情報を詳しく解説・考察。御朱印一覧など。
カテゴリ
  • 御朱印 (100%) - 1 / 126人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 牟礼神明社 / 東京都三鷹市
    牟礼鎮守のお伊勢様。三鷹の一番高いところに鎮座。北条氏綱の家臣・北条綱種が築いた砦の陣中鎮護として創建。御神木・旗かけ松の伝承。後北条氏が滅亡し綱種の子孫が無礼村を開村・牟礼村へ改称。参道脇の石灯籠(巳待講)。社務所は仏滅は閉所。御朱印。11月23日 16時06分
  • 嶺天祖神社 / 東京都大田区
    嶺の天祖神社。環八通り沿いに鎮座する小さなお伊勢様。都内で唯一の禰宜舞が行われる例祭。「伊勢神宮」に参拝した嶺村の村人によって創建。新編武蔵風土記稿に記された当社。明治維新後の歩み・地域の集いの場となる。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。11月19日 07時58分
  • 嶺稲荷神社 / 東京都大田区
    住宅街の嶺稲荷児童遊園に鎮座する小さな稲荷神社。江戸後期の地誌『新編武蔵風土記稿』に記された当社。明治維新後の歩み。勤労奉仕による整備。戦後になり区立の児童遊園へ。鉄柵で保護された戦前の神狐像・小さな社。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。11月17日 09時48分
  • 嶺白山神社 / 東京都大田区
    嶺の白山神社。全国に広まった白山信仰。古くは女體権現社と称される。環八沿いに鎮座。綺麗に整備された境内。大正期の社殿。パワースポット・樹齢600年のタブノキ。「SEKAI NO OWARI」結成ゆかりの神社。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。11月16日 08時21分
  • 峯御嶽神社 / 東京都大田区
    旧峯村鎮守。嶺の御嶽山。木曽御嶽山関東第一分社。木曽御嶽山を信仰する木曽御嶽信仰。中興の祖・一山行者。彫刻が見事な江戸時代の社殿が現存。狼の狛犬。一山行者を祀る一山神社。大鳥神社・酉の市。杜の霊神水・霊神の杜。御嶽山駅の由来。御朱印。11月13日 19時40分
  • 大曽根八幡神社 / 埼玉県八潮市
    大曽根一帯の総鎮守。彫刻のお社。圧巻の彫刻が見事な明治造営の社殿。安政五年に再建された3つの鳥居。室町時代に八幡神を勧請して創建。領主森川家からの崇敬・森川領六千石の総鎮守。江戸中期の狛犬。境内社の稲荷社は当地の産土神。御朱印。11月07日 19時04分
  • 花畑大鷲神社 / 東京都足立区
    酉の市発祥の神社。花畑(旧花又村)鎮守。酉年限定頒布の鷲掴み守。11月酉の日は酉の市・起源と歴史。源義光(新羅三郎)の伝承。義光の末裔とされる秋田藩主・佐竹氏からの寄進。見事な彫刻がある本殿は必見。立派な神苑を有する境内。御朱印。御朱印帳。11月04日 06時15分
  • 峯ヶ岡八幡神社 / 埼玉県川口市
    源氏ゆかりの峯八幡。旧谷古田領三十二ヶ村総鎮守。江戸時代の本殿が現存。天然社叢に囲まれた境内・樹齢600年の御神木。灯籠が並ぶ参道・大鳥居と神門。源経基による伝承。史実では「鶴岡八幡宮」の分社として創建。御神体・木造僧形八幡坐像。御朱印。10月31日 19時50分
  • 九重神社 / 埼玉県川口市
    旧安行村鎮守。安行のひかわさま。樹齢500年の御神木スダジイ。見開きの御神木御朱印や限定御朱印。御神木と九曜紋の御朱印帳。平将門の伝承が残る地。密蔵院の僧により創建。合祀政策によって9社の村社が合祀され「九重神社」に改称。御朱印。御朱印帳。10月27日 18時45分
  • 御座石神社 / 秋田県仙北市
    美の守護神を祀る田沢湖畔の神社。美貌成就の御神徳。辰子姫が美を求め龍となる・辰子伝説。景勝地として名高い田沢湖畔に立つ朱色の鳥居。辰子姫が飲み龍となった泉・潟頭の霊泉。秋田藩主・佐竹義隆が腰を掛け休んだ事から御座石。七色木・雨乞石。御朱印。10月25日 20時58分
  • 浮木神社(漢槎宮) / 秋田県仙北市
    田沢湖畔に張り出すように鎮座。田沢湖に伝わる辰子伝説。美と縁結びスポット。大木の浮木を祀った事で浮木神社。秋田藩士の俳人・益戸滄洲によって漢槎宮と名付けられる。田沢湖のシンボルとなった舟越保武作たつこ像。日本一の水深・田沢湖。御朱印。10月22日 23時20分
  • 小野照崎神社 / 東京都台東区
    学問・芸能の神である小野篁を祀る神社。上野の照崎の地に創建。寛永寺建立のため現在地に遷座。江戸時代に造営された社殿が現存。富士塚・下谷坂本富士。日本三大庚申・庚申塚。渥美清が願掛け『男はつらいよ』寅さんの大役を掴む。御朱印。御朱印帳。10月18日 10時30分
  • 新田神社 / 東京都大田区
    新田義興を祀る神社。破魔矢発祥の地。カラフル御朱印・兜の御朱印帳。平賀源内『神霊矢口渡』の舞台。少将局の悲劇・矢口の渡しでの謀殺。樹齢700年の御神木。義興の墳墓。石の卓球台などユニークな境内。多摩川七福神・恵比寿。御朱印。御朱印帳。10月14日 23時00分
  • 雉子神社 / 東京都品川区
    旧上大崎村・旧下大崎村・旧谷山村の総鎮守。目黒駅や五反田駅周辺の氏神。徳川家光による命名「雉子の宮」。徳川家の庇護と葵紋。『必殺仕事人』『仕掛人・藤枝梅安』シリーズの舞台。ビルの敷地内に吹き抜けで鎮座。荏原宮・大鳥明神と称される。御朱印。10月11日 21時50分
  • 秋葉神社(松が谷) / 東京都台東区
    秋葉原の地名由来となった東京一円火災鎮護の神社。明治に発生した大火・鎮火神社の創建。庶民の勘違いによる秋葉様の呼称と秋葉原の由来。現在地に遷座し昭和初期に秋葉神社へ改称。毎年11月6日の鎮火祭で行われる特殊神事「火渡式」。御朱印。10月07日 22時20分
  • 浅草鷲神社 / 東京都台東区
    日本最大の酉の市で知られるお酉さま。12年に1度の勝幟守は2017年酉の市で授与。24時間開催の酉の市・粋な熊手の買い方。幸福を呼ぶなでおかめ。酉の市起源発祥の考察。江戸時代の浅草酉の市を描いた浮世絵。浅草田圃に鎮座。御朱印。御朱印帳。10月04日 22時54分