御朱印・神社メモ

登録ID
1736166
サイト名称
御朱印・神社メモ
URL
https://jinjamemo.com/
紹介文
御朱印・参拝記録・神社情報・考察ブログ。御朱印や神社情報を詳しく解説・考察。御朱印一覧など。
カテゴリ
  • 御朱印 (100%) - 1 / 113人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 荻窪八幡神社 / 東京都杉並区
    上荻窪村鎮守の八幡さま。太田道灌が植えた御神木・道灌槇。源頼義が戦勝祈願し凱旋した伝承。太田道灌の戦勝祈願。村の鎮守として崇敬篤い江戸時代。二之鳥居・祓門・立派な神門・戦前の社殿。指定樹林となった境内・東参道と北参道。御朱印。御朱印帳。05月29日 21時01分
  • 井草八幡宮 / 東京都杉並区
    都内有数の境内を誇る八幡宮。杉並区北部一帯の総鎮守。現・別表神社。縄文時代から聖地とされた地に創建。源頼朝の伝承・遅野井と呼ばれた当地。5年に1度行われる流鏑馬。立派な楼門・趣のある神門と社殿。『〈物語〉シリーズ』の聖地。御朱印。御朱印帳。05月28日 12時13分
  • 相模国総社六所神社 / 神奈川県中郡
    相模国総社。良縁や女性厄禍除の湯津爪櫛御守。出雲の女神・櫛稲田姫命の伝承。一之宮から五之宮までの御祭神を祀る。平安時代より続く相模国府祭。江戸時代の史料に描かれた当社。後北条氏寄進の石垣や本殿。拝殿の注連縄や美しい神池。御朱印。御朱印帳。05月26日 22時45分
  • 川勾神社 / 神奈川県中郡
    相模国二之宮。延喜式内社・延喜式内相模十三社の一社。茅葺屋根の随神門と平安時代後期の随神像。磯長国の一之宮。相模国一之宮の席次争いを伝える国府祭。二宮大明神と称される。鎌倉将軍家・徳川将軍家からの崇敬。小田原城の鬼門守護。御朱印。御朱印帳。05月25日 22時07分
  • 九重神社 / 埼玉県川口市
    旧安行村鎮守。安行のひかわさま。樹齢500年の御神木スダジイ。見開きの御神木御朱印や限定御朱印。御神木と九曜紋の御朱印帳。平将門の伝承が残る地。密蔵院の僧により創建。合祀政策によって9社の村社が合祀され「九重神社」に改称。御朱印。御朱印帳。05月23日 18時00分
  • 伊豆山神社 / 静岡県熱海市
    関八州総鎮護として多大なる崇敬を集めた古社。源頼朝と北条政子との逢瀬の場。縁結び・パワースポット。赤白二龍の手水舎・極彩色の社殿。片道約1時間「本宮」までの道のり。本殿まで837段に及ぶ石段。修験者が修行を積んだ霊場。御朱印。御朱印帳。05月22日 21時11分
  • 湯前神社 / 静岡県熱海市
    湯治の神として崇敬を集めた古社。温泉の神・少彦名神を祀る。温泉が湧き出る手水舎。熱海温泉の源泉とされる大湯への信仰。式内社「久豆弥神社」論社。熱海の湯を江戸城に献上する御汲湯。江戸時代の石鳥居と石灯籠。本務社は「来宮神社」。御朱印。05月21日 17時38分
  • 來宮神社(来宮神社) / 静岡県熱海市
    来宮大明神と称された熱海郷の地主神。パワースポットとされる樹齢2,000年超の大楠は本州最大の巨樹。立派な社殿と猪目(ハート)の落ち葉。木の神である五十猛命を祀る。禁酒の御神徳と断ちもの信仰。キノミヤ信仰の総社。別表神社。御朱印。御朱印帳。05月20日 21時25分
  • 稲毛神社 / 神奈川県川崎市
    川崎宿鎮守の山王様。健勝堅固の御朱印。武甕槌神を祀り武甕槌宮と称した古社。平安末期に山王権現を勧請。江戸時代に描かれた当社と浮世絵で描かれた川崎宿。神仏分離で稲毛神社に改称。十二支めぐりと樹齢1,000年の御神木。天地睨みの狛犬。御朱印。05月19日 21時10分
  • 女躰大神(女躰神社) / 神奈川県川崎市
    南河原守護の大女様(おおめさま)。女性守護・子宝祈願の御神徳。ラゾーナ川崎の向かいに鎮座。東日本大震災復興祈願のアンパンマン大絵馬。幼稚園が併設する境内。六郷の民が移住し開墾した南河原村。村のために多摩川に身を投じた女性の伝承。御朱印。05月18日 19時58分
  • 北谷稲荷神社 / 東京都渋谷区
    渋谷北部(上渋谷村・上豊澤村)鎮守のお稲荷さま。美しい曲線が特徴的なモダンな社殿。表参道の日月鳥居。オフィスビルと一体化した境内。麻疹に効く天満宮・人食い松伝承の弁財天。火伏せの神として信仰。新編武蔵風土記稿や江戸切絵図で見る当社。御朱印。05月16日 18時05分
  • 穏田神社 / 東京都渋谷区
    裏原宿に鎮座する旧穏田村の鎮守。旧穏田一円の産土神である第六天社として創建。神君伊賀越えの恩賞で伊賀衆に穏田が与えられる。葛飾北斎の浮世絵で描かれた穏田の水車。新編武蔵風土記稿や江戸切絵図で見る当社。個性的な狛犬。境内社・稲荷神社。御朱印。05月15日 19時09分
  • 宮益御嶽神社 / 東京都渋谷区
    渋谷宮益坂に鎮座する旧宮益町の氏神。珍しい日本狼の狛犬。宮益町の地名由来・富士見坂と呼ばれた宮益坂。江戸切絵図から見る当社。江戸名所図会に描かれた当社と渋谷。明治天皇が御小休所とした事から聖蹟に指定。炙り不動と呼ばれた不動尊堂。御朱印。05月13日 06時45分
  • 磐井神社 / 東京都大田区
    式内社の格式を持つ古社。武蔵国八幡総社。カラフルな月替り御朱印や月詣り御朱印。「鈴ヶ森八幡宮」と呼ばれた江戸時代。磐井の名の由来となった磐井の井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石や鳥石。東海七福神「笠島弁天社」は万葉集に載る古社の伝承。御朱印。05月11日 23時10分
  • 女塚神社 / 東京都大田区
    西蒲田(旧女塚村・旧御園村)鎮守。少将局のカラフル御朱印。新田義興と侍女・少将局(しょうじょうのつぼね)の悲劇。少将局の墳墓とも伝わる女塚・女塚村の由来。女塚村鎮守の八幡社。明治になり八幡社が女塚に遷座。本務社は「蒲田八幡神社」。御朱印。05月10日 19時20分
  • 御園神社 / 東京都大田区
    「おしゃもじ様」と呼ばれた御園村の鎮守。しゃもじと猿田彦命のカラフル御朱印。多摩川の洪水で流れ着いた猿田彦命の御神体。新編武蔵風土記稿から見る当社。御園村鎮守として整備され改称。蒲田駅西口の大通り沿いに鎮座。地域に利用される社務所。御朱印。05月09日 07時05分
  • 南蒲田北野神社 / 東京都大田区
    神社情報 南蒲田北野神社(みなみかまたきたのじんじゃ) 御祭神:菅原道真公・建御名方命 旧社格:─ 例大祭:5月第3土・日曜 所在地:東京都大田区南蒲田1-6-5 最寄駅:京急蒲田駅 公式サイト:http://kitan...05月08日 07時08分
  • 椿神社 / 東京都大田区
    民間信仰が残る小さな社。麻紐と椿のカラフル御朱印。「どうそじんさま」と呼ばれた道祖神。百日咳や風邪に効く神として信仰・麻を借り受け病人の首に巻く特殊信仰。明治の蒲田と梅園。現在は導きの神の猿田彦命を祀る。本務社は「蒲田八幡神社」。御朱印。05月07日 07時23分
  • 薭田神社(稗田神社) / 東京都大田区
    延喜式内社に比定される古社。菖蒲のカラフル御朱印とその由来。行基や日蓮の伝説。正史に残る蒲田神社と式内社論社の考察。蒲田村鎮守として崇敬と分村。蒲田の中心だった戦前。江戸時代の石鳥居・新造営された社殿。本務社は「蒲田八幡神社」。御朱印。05月06日 07時29分
  • 蒲田八幡神社 / 東京都大田区
    蒲田地区の中心的神社。カラフル御朱印・兼務社の御朱印も用意。古くから神聖な土地に鎮座。蒲田村から新宿村が分村・新宿村鎮守として式内社「薭田神社」より勧請。復興六十周年御社殿改修事業。京急蒲田駅近くに鎮座。八幡造の本殿・満願火伏稲荷。御朱印。05月05日 08時06分
  • 豐榮稲荷神社(豊栄稲荷神社) / 東京都渋谷区
    渋谷に鎮座していた二社が合祀され建立。稲荷信仰らしい多くの奉納鳥居・朱塗り社殿。渋谷の歴史を伝える庚申塔群。渋谷氏によって創建された田中稲荷。豊岡藩の邸内社であった豊澤稲荷。明治の古地図で見るかつての鎮座地。本務社は「金王八幡宮」。御朱印。05月04日 19時05分
  • 金王八幡宮 / 東京都渋谷区
    渋谷・青山の総鎮守。江戸時代に造営された社殿・神門。江戸三名桜の1つ金王桜。算額など無料展示している宝物館。時代小説『天地明察』の舞台。渋谷氏と渋谷城。渋谷の地名由来。社名由来の渋谷金王丸伝説。浮世絵に描かれた金王丸。御朱印。御朱印帳。05月03日 21時46分
  • 白山神社 / 東京都文京区
    東京十社・小石川鎮守。「あじさいまつり」と社殿裏手の富士塚。加賀国一之宮「白山比咩神社」からの勧請。徳川綱吉と桂昌院からの篤い崇敬。小石川と白山の地名由来。浮世絵に描かれた白山。黄金の目を持つ狛犬。八幡太郎の伝承が残る白旗桜。御朱印。05月02日 18時42分
  • 根津神社(根津権現) / 東京都文京区
    東京十社・文化人に愛された根津権現。重要文化財の社殿・唐門・楼門など歴史的建造物。4月-5月上旬が見頃の「つつじまつり」。鳥居が連なる乙女稲荷・駒込稲荷。日本武尊が千駄木に創建。徳川家宣の生誕地・徳川将軍家からの庇護。御朱印。御朱印帳。04月30日 22時03分
  • 烏森稲荷神社 / 東京都目黒区
    上目黒のお稲荷さま。旧上目黒村宿山組鎮守。中目黒界隈の住宅街に鎮座。草木が生い茂る境内・手水舎には狐の吐水口。新橋「烏森神社」との繋がりと狐伝説。元禄年間に当地に遷座。江戸時代の史料から見る当社。かつて烏森と呼ばれた当地とその由来。御朱印。04月29日 18時28分
  • 中目黒八幡神社 / 東京都目黒区
    中目黒総鎮守。中目黒の八幡さま。竹紙を使用した珍しい御朱印帳。戦前の社殿が現存。長い参道・お水取り可能な湧水・さざれ石。境内社の三峯神社と三峯請。江戸時代から続く十二座神楽。平成の大改修事業。著名人が多い氏子区域。御朱印。御朱印帳。04月28日 10時50分
  • 富岡八幡宮(深川八幡) / 東京都江東区
    東京十社・深川の八幡様。江戸三大祭りに数えられる深川八幡祭り。江戸勧進相撲の発祥の地・横綱力士碑。徳川将軍家からの庇護と深川の発展。戦後に再建された立派な社殿と進む境内整備。浮世絵に描かれた深川八幡。江戸屈指の盛り場深川。御朱印。御朱印帳。04月26日 19時31分
  • 雉子神社 / 東京都品川区
    旧上大崎村・旧下大崎村・旧谷山村の総鎮守。目黒駅や五反田駅を含む上大崎・東五反田・西五反田の氏神。徳川家光による命名「雉子の宮」。徳川家からの庇護と葵紋。ビルの敷地内に吹き抜けで鎮座。日本武尊を祀る大鳥信仰。江戸時代に描かれた当社。御朱印。04月25日 19時20分
  • 碑文谷八幡宮 / 東京都目黒区
    碑文谷鎮守の八幡さま。坂東武士の鑑と称された畠山重忠の守護神を祀る。碑文谷村と地名由来となった碑文石。桜並木が美しい参道は隠れた桜の名所。明治に再建された社殿・広い境内。江戸時代の史料から見る当社。明治維新後の碑文谷と当社の歩み。御朱印。04月23日 14時00分
  • 橘樹神社 / 千葉県茂原市
    上総国二之宮。式内社に列する古社。橘様と崇敬される。正史に残る日本武尊と弟橘媛の伝説。日本武尊が築いた弟橘媛の墳墓と吾妻池。江戸時代の本殿と明治時代の拝殿が現存。上総国十二社。広大な橘木荘(二宮荘)。鷹入らずの伝説。御朱印。御朱印帳。04月22日 20時33分
  • 玉前神社 / 千葉県長生郡
    上総国一之宮。式内社(名神大社)に列する古社。御祭神の玉依姫命は女性守護と海の神。平成の大修理が竣工したばかりの黒漆塗り社殿。御来光の道レイラインが通るパワースポット。上総十二社祭りと当社。豊富な授与品・波乗守・縁結び。御朱印。御朱印帳。04月21日 19時44分
  • 佃住吉神社 / 東京都中央区
    佃・月島・豊海・晴海の産土神。珍しい陶製の扁額・文化財の手水舎。境内社「龍神社」。レンガ造の旧神輿庫・珍しい八角神輿。徳川家康と摂津国(大阪)佃村の漁民。家康と共に移住・佃島の築島と当社の創建。浮世に描かれた当社の例祭。御朱印。御朱印帳。04月19日 23時10分
  • 鐵砲洲稲荷神社 / 東京都中央区
    京橋地域の産土神。鉄砲洲富士と称される富士塚。江戸湊の海岸線と共に東へ遷座。鉄砲洲の地名由来。江戸切絵図から見る当社。江戸名所図会や浮世絵に描かれた当社。旧社殿の古写真。関東大震災からの再建。昭和初期の神社建築を残す社殿や境内。御朱印。04月17日 17時07分
  • 波除神社(波除稲荷神社) / 東京都中央区
    築地鎮守の波除稲荷。限定御朱印や毎月7日の七福神参り。開府以前の江戸と難航した築地の埋め立て。江戸切絵図から見る築地。関東大震災からの再建と築地市場の形成。お歯黒獅子(弁天社)と天井大獅子。つきじ獅子祭。市場関係者から奉納された碑。御朱印。04月16日 10時50分
  • 多摩川浅間神社 / 東京都大田区
    田園調布(旧下沼部村)鎮守。都内唯一の浅間造社殿。月替りのカラフル御朱印。『シン・ゴジラ』のロケ地。富士山を眺望できる展望スポット。富士登山を模した溶岩参道。田園調布の歴史と由来。古墳の上に鎮座。北条政子にまつわる創建の伝承。御朱印。04月15日 11時05分
  • 下総野田愛宕神社 / 千葉県野田市
    野田町鎮守の愛宕神社。彫刻が素晴らしい江戸時代の本殿が現存。野田の歴史を伝える貴重な奉納物の数々。火伏せ・防火に霊験ある愛宕信仰。かつては愛宕権現を祀り、現在は迦具土命を祀る。現在も隣接する別当寺「西光院」。本務社は「櫻木神社」。御朱印。04月14日 21時11分
  • 櫻木神社 / 千葉県野田市
    桜台鎮守。野田市を代表する人気の一社。限定御朱印や可愛い桜の御朱印帳・授与品。桜が美しい大鳥居前と整備された参道。美しく存在感のある神明造の社殿。野田市最古の神社。桜台村の開発の守護神。平成になってからの見事な境内整備。御朱印。御朱印帳。04月13日 17時47分
  • 駒木諏訪神社(諏訪之宮) / 千葉県流山市
    駒木のおすわさま。約1万坪の広大な境内。江戸時代の社殿が現存。古くから信仰を集めた御神水。高市皇子の後裔による創建。源義家(八幡太郎)による献馬の伝承。江戸時代には小金牧として整備された当地周辺。北村西望作・源義家献馬像。御朱印。御朱印帳。04月12日 10時03分
  • 三囲神社 / 東京都墨田区
    旧小梅村鎮守。三井家の守護社を担ったお稲荷さま。弘法大師による創建の伝承。再興と白狐の伝説。豪商三井家の守護社として庇護される。浮世絵・銅版画・泥絵に描かれた当社。三柱鳥居やライオン像などの奉納物。隅田川七福神の恵比寿・大国神。御朱印。04月09日 20時59分
  • 飛木稲荷神社 / 東京都墨田区
    旧請地村鎮守のお稲荷さま。銀杏の枝が飛来した伝承により飛木稲荷。樹齢千年を超えると伝わる御神木。身代わり飛木の焼けイチョウの伝承。御神木にはお狐さまが隠れる。江戸切絵図や新編武蔵風土記稿から見る当社。再建された社殿や奥社。御朱印。御朱印帳。04月08日 18時36分
  • 高木神社 / 東京都墨田区
    むすびの神を祀る旧寺島新田の鎮守。おむすびの神社・御朱印やむすび石などで人気。スカイツリーとの対比が美しい社殿。第六天社として創建。武蔵国に多く鎮座した第六天社。江戸切絵図から見る当社。明治の神仏分離で御祭神や社号の変更。御朱印。御朱印帳。04月07日 20時32分
  • 上神明天祖神社(蛇窪大明神) / 東京都品川区
    旧上蛇窪村鎮守。東京の白蛇さま。カラフルな御朱印・限定御朱印・白蛇御朱印帳。蛇窪村分離の歴史。旧地名の保存とスネークタウン展開。龍神へ雨乞い祈願の伝説・当社に伝わる白蛇縁起。個性的で独特な造形物。荏原七福神の弁財天。御朱印。御朱印帳。04月05日 06時45分
  • 越谷香取神社(大沢香取神社) / 埼玉県越谷市
    大沢鎮守。境内で飼育されるケヅメリクガメの亀吉。彫刻が見事な本殿が現存。応永年間に香取神宮から勧請。大沢宿が成立し現在地へ遷座・大沢宿の鎮守を担う。江戸時代の史料に見る当社と浮世絵に描かれた越谷。参道には古い狛犬や石灯籠。御朱印。御朱印帳。04月03日 06時19分
  • 葛飾八幡宮 / 千葉県市川市
    下総国総鎮守。33年に1度の式年大祭。国指定天然記念物・千本公孫樹。入ったら出られない禁足地「八幡の藪知らず」。平将門・源頼朝・徳川家康からの庇護。随神門・鐘楼堂など立派な境内。秋の境内と千本公孫樹・ライトアップイベント。御朱印。御朱印帳。04月01日 23時10分