御朱印・神社メモ

登録ID
1736166
サイト名称
御朱印・神社メモ
URL
https://jinjamemo.com/
紹介文
御朱印・参拝記録・神社情報・考察ブログ。御朱印や神社情報を詳しく解説・考察。御朱印一覧など。
カテゴリ
  • 御朱印 (100%) - 1 / 115人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 当代島稲荷神社 / 千葉県浦安市
    浦安三社のお稲荷様。豊受大神を祀る稲荷信仰の神社。4年に1度の浦安三社祭。当代島の地名由来とその鎮守。昭和初期に築かれた富士塚。鯨を拿捕した歴史を伝える大鯨の御社。戦後に再建された社殿・境内整備。古くから疱瘡に霊験があると伝わる。御朱印。07月26日 21時58分
  • 清瀧神社 / 千葉県浦安市
    浦安三社の清瀧神社。海の神である大綿積神を祀る。4年に1度の浦安三社祭。彫刻が素晴らしい江戸時代後期の本殿。江戸後期の狛犬。富士塚や龍神社。日本最古の堀江水準標石。幾度もの津波被害と再建。歌川広重が描いた堀江と猫実。御朱印。御朱印帳。07月24日 22時46分
  • 豊受神社 / 千葉県浦安市
    浦安三社の神明様。浦安最古の神社・御祭神は豊受姫大神。4年に1度の浦安三社祭。猫実(ねこざね)の地名由来。歌川広重が描いた猫実と当社。広重が描いた鳥居が現存・樹齢400年近い大銀杏。立派な富士塚・清心元講の天狗。戦後に再建の社殿。御朱印。07月23日 15時05分
  • 西五反田氷川神社 / 東京都品川区
    旧桐ヶ谷村鎮守の氷川様。かつて都内七瀑布に数えられた氷川の滝(桐ヶ谷の滝)。幕末の鉄砲石。桐ヶ谷村の成立と共に創建。桐ヶ谷村の地名由来。新編武蔵風土記稿から見る当社。不動前駅前商店街を抜けた先の長い参道。戦前の社殿。忍田稲荷大明神。御朱印。07月20日 23時10分
  • 菖蒲神社 / 埼玉県久喜市
    藤の名所で知られる菖蒲町鎮守。県指定天然記念物の菖蒲の藤。かつて袋田明神社と称された由来。御祭神は稲田姫命。菖蒲の地名由来にもなった菖蒲城。新編武蔵風土記稿より見る当社。モラージュ菖蒲・雪みるくなど人気施設の近くに鎮座。御朱印。御朱印帳。07月18日 14時14分
  • 玉敷神社 / 埼玉県加須市
    埼玉郡の総鎮守を担った古社。延喜式内社。久伊豆神社の総本社。明治の拝殿と江戸時代の本殿。茅葺屋根の神楽殿。神苑である玉敷公園は藤の名所。江戸時代から続く御神水。上杉謙信の焼き討ちによって焼失。江戸時代に遷座し再建・騎西の明神様。御朱印。07月15日 23時04分
  • 鷲宮神社 / 埼玉県久喜市
    関東最古の大社。お酉様の本社。大鳥居と桜並木参道。本殿が2つ並ぶ美しい社殿。TVアニメ『らき☆すた』の聖地。出雲の神々・土師の宮と呼ばれた伝承・鷲宮催馬楽神楽。江戸時代に描かれた境内。明治に准勅祭社に指定・現在は別表神社。御朱印。御朱印帳。07月13日 21時09分
  • 駒林神社 / 神奈川県横浜市
    旧駒林村鎮守の天神様。江戸時代は中駒林村の鎮守を担う。別当寺は金蔵寺。日吉の地名由来は金蔵寺の日吉権現。明治になり駒林村の多くの神社が合祀・駒林神社へ改称。急坂の途中に鎮座・江戸城外濠の廃石を使った石垣。江戸後期の狛犬。御朱印。07月11日 19時47分
  • 京濱伏見稲荷神社(京浜伏見稲荷神社) / 神奈川県川崎市
    戦後創建の単立神社。伏見稲荷大社からの勧請。金の稲穂と銀の宝珠が押された御朱印。招福池と108体もの神狐像。巨大な鳥居・神狐像・手水舎。九棟稲荷造りの重層社殿。富士山や白山を模した個性的な境内社。戦後の復興を祈願して創建。御朱印。御朱印帳。07月09日 15時00分
  • 多摩川浅間神社 / 東京都大田区
    田園調布(旧下沼部村)鎮守。都内唯一の浅間造社殿。月替りのカラフル御朱印。『シン・ゴジラ』のロケ地。富士山を眺望できる展望スポット。富士登山を模した溶岩参道。田園調布の歴史と由来。古墳の上に鎮座。北条政子にまつわる創建の伝承。夏詣。御朱印。07月07日 21時45分
  • 久我山稲荷神社 / 東京都杉並区
    久我山鎮守のお稲荷様。久我山村の開墾。新編武蔵風土記稿より見る当社。明治以降の歩み・村社へ昇格。明治奉納の凛々しい神狐像。元禄年間の庚申塔。金玉均による人心同。夏祭りは、湯立て神事・湯の花神楽。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。07月06日 22時17分
  • 西高井戸松庵稲荷神社 / 東京都杉並区
    旧松庵村の鎮守。旧中高井戸村(西高井戸)鎮守を合祀。「お狐さま」と呼ばれる狐のミイラを安置して祀る末社。松庵村の開墾・円光寺境内に創建。昭和初期の社殿が現存・神狐の彫刻も。元禄年間の庚申塔。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。07月05日 22時28分
  • 大宮前春日神社 / 東京都杉並区
    旧大宮前鎮守の春日神社。大宮前新田の開墾と創建。旧地名を保存する大宮前鎮守碑。狛犬ならぬ狛鹿(神鹿像)が置かれた境内。春日信仰の神使は鹿。明治に造営された社殿・江戸時代の絵馬。御神木と力石。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。07月04日 20時22分
  • 上高井戸第六天神社 / 東京都杉並区
    旧上高井戸宿鎮守の第六天神社。かつて第六天魔王を祀った第六天社。10年の歳月をかけた拝殿彫刻。明和八年の狛犬など二対の狛犬。江戸時代に高井戸宿が成立。神仏分離の影響と社前に流れていた玉川上水。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。07月03日 22時46分
  • 下高井戸浜田山八幡神社 / 東京都杉並区
    旧下高井戸宿鎮守の八幡さま。太田道灌の命によって創建。江戸時代に甲州街道の高井戸宿が成立・下高井戸宿鎮守となる。住宅街にありながら緑に囲まれた境内。ロケ地としても使われる立派な拝殿と覆殿。夏詣に賛同神社。兼務社4社の御朱印。御朱印。07月01日 19時56分
  • 旗岡八幡神社 / 東京都品川区
    旧中延村鎮守の八幡さま。国の登録有形文化財の絵馬殿。河内源氏の祖・源頼信によって創建。源氏ゆかりの神社。旗岡・旗の台の地名由来。領主荏原氏による社殿造営。徳川将軍家や武士からの崇敬。江戸名所図会に描かれた当社。朱色の社殿と桜の木。御朱印。06月30日 08時45分
  • 下神明天祖神社 / 東京都品川区
    旧下蛇窪村の鎮守。長い参道・手押しポンプ式手水舎・品川区内最大の大狛犬。戦後に再建された社殿。樹齢600年以上の御神木。蛇窪村が上下に分村し鎮守も分立。江戸時代の史料から見る当社。下神明駅の駅名由来。熊本地震復興祈願御朱印。御朱印。06月28日 17時30分
  • 上神明天祖神社(蛇窪大明神) / 東京都品川区
    旧上蛇窪村鎮守。東京の白蛇さま。カラフルな御朱印・限定御朱印・白蛇御朱印帳。蛇窪村分離の歴史。旧地名の保存とスネークタウン展開。龍神へ雨乞い祈願の伝説・当社に伝わる白蛇縁起。個性的で独特な造形物。荏原七福神の弁財天。御朱印。御朱印帳。06月27日 20時30分
  • 沼袋氷川神社 / 東京都中野区
    旧下沼袋村鎮守の厄除ひかわ様。太田道灌が陣営を置き戦勝祈願。幸せを呼ぶ三本願い松・道灌杉。ゲリラ被害にあった昭和社殿と再建された平成社殿。当社のみで巡れる中野七福神。安産祈願と子育て狛犬。欅坂46が初詣に訪れファンも多く訪れる。御朱印。06月26日 22時14分
  • 新井天神北野神社 / 東京都中野区
    旧新井村鎮守の天神様。新井薬師「梅照院」の開基と共に創建の伝承。江戸時代に当社へ梅を献じた記録。新編武蔵風土記稿から見る当社。黒鳥居・珍しい形の手水舎・撫で牛。戦後に再建された社殿。大鳥神社と酉の市。13個の力石。御朱印。御朱印帳。06月24日 18時27分
  • 九重神社 / 埼玉県川口市
    旧安行村鎮守。安行のひかわさま。樹齢500年の御神木スダジイ。見開きの御神木御朱印や限定御朱印。御神木と九曜紋の御朱印帳。平将門の伝承が残る地。密蔵院の僧により創建。合祀政策によって9社の村社が合祀され「九重神社」に改称。御朱印。御朱印帳。06月22日 14時00分
  • 大森貴舩神社 / 東京都大田区
    水の神を祀る大森総鎮守。平安時代の創建と推定。水の神とされる高龗神(たかおかみのかみ)。アサリ断ちの民間信仰。大森の伝統産業であった海苔生産。明治に村民達により大森総鎮守とされる。参道に置かれた太鼓橋。戦後に再建された木造社殿。御朱印。06月21日 20時00分
  • 磐井神社 / 東京都大田区
    式内社の格式を持つ古社。武蔵国八幡総社。カラフルな月替り御朱印や月詣り御朱印。「鈴ヶ森八幡宮」と呼ばれた江戸時代。磐井の名の由来となった磐井の井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石や鳥石。東海七福神「笠島弁天社」は万葉集に載る古社の伝承。御朱印。06月20日 10時30分
  • 多摩川諏訪神社 / 東京都大田区
    旧原村(現・多摩川2丁目)鎮守のお諏訪さま。上社(上諏訪)・下社(下諏訪)と呼ばれた2社。新編武蔵風土記稿から見る当社。明治になり上社へ下社が合祀。平成に竣工した朱色の社殿。東福寺に隣接して鎮座。二対の狛犬。本務社は「徳持神社」。御朱印。06月19日 19時18分
  • 東八幡神社 / 東京都大田区
    旧古市場村鎮守の八幡さま。矢口の渡しが置かれた当社前。多摩川土手から快晴時は富士山も見える。湯坂八幡と称された江戸時代。明治になり東八幡と西八幡が合祀・遷座。戦後に再建された社殿。児童公園や公衆電話がある境内。本務社は「徳持神社」。御朱印。06月18日 18時16分
  • 十寄神社 / 東京都大田区
    新田義興公と御家来衆を祀る神社。南朝の忠臣・新田義興。矢口の渡しでの謀殺。祟りを鎮めるため新田神社と十騎神社の創建。当社に参拝後に新田神社へ参拝すると願い事が叶う伝承。古い社号碑。多摩川七福神・毘沙門天。本務社は「徳持神社」。御朱印。06月17日 22時50分
  • 徳持神社 / 東京都大田区
    旧徳持村鎮守。元は八幡信仰の神社。宇佐神宮より勧請・御旗山八幡宮と称される。池上競馬場建設のため現在地への遷座。合祀によって徳持神社へ改称。戦後に再建された社殿とユニークな健康歩道。徳持という旧地名の保存。兼務社5社の御朱印。御朱印。06月16日 22時30分
  • 久が原東部八幡神社 / 東京都大田区
    旧馬込領久ヶ原村の鎮守。彫刻が見事な大田区有形文化財の社殿。弥生時代に大集落があった久が原。徳川家康の江戸入りで久が原が二分される。新編武蔵風土記稿から見る当社。江戸時代後期に社殿が造営。明治維新後の歩み。本務社は「徳持神社」。御朱印。06月15日 20時02分
  • 久が原西部八幡神社 / 東京都大田区
    旧六郷領久ヶ原村の鎮守。弥生時代に大集落があった久が原。徳川家康の江戸入りで久が原が二分される。新編武蔵風土記稿から見る当社。明治維新後の歩み。児童公園が隣接する境内。旧本殿を使用した稲荷神社。力石や三等三角点。本務社は「徳持神社」。06月14日 18時18分
  • 六郷神社 / 東京都大田区
    六郷総鎮守。源氏ゆかりの八幡さま。源頼義・義家(八幡太郎)による創建。源頼朝が故事に倣い戦勝祈願。頼朝寄進の手水石・梶原景時寄進の神橋。御祭神が三柱から一柱に変更。江戸時代に描かれた当社と八幡塚の謎。七草こども流鏑馬祭。御朱印。御朱印帳。06月13日 19時12分
  • 鶴岡八幡宮 / 神奈川県鎌倉市
    相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。06月12日 21時18分
  • 大宝八幡宮 / 茨城県下妻市
    関東最古の八幡さま。国指定重要文化財の本殿。あじさい祭とあじさい神苑。平将門の伝承。源義家や源頼朝からの崇敬。国の史跡の大宝城跡と城主下妻氏。多賀谷氏による再建。徳川幕府や朝廷からの庇護。相撲場では高砂部屋合宿稽古も。御朱印。御朱印帳。06月10日 18時24分
  • 大生郷天満宮 / 茨城県常総市
    日本三大天神にも数えられる御廟天神。菅公の御廟所と美しい神苑。菅原道真公の三男が遺骨を祀り創建。下妻城主多賀谷氏によって再建。徳川将軍家と寛永寺による社殿修復。飯沼新田開発の祈願所となり周辺の総鎮守に。古写真で見る当宮。御朱印。御朱印帳。06月08日 21時51分
  • 水海道天満宮(水海道天神社) / 茨城県常総市
    水海道の天神様。御朱印には「天満大自在天神」の文字。坂上田村麻呂と梅明神の伝承。菅原道真公を合祀・水海道城主からの崇敬。明治以降と戦前の古写真。市場の守護神・一六神社など多くの境内社。戦国時代の本殿・社殿を見つめる神牛像。御朱印。06月07日 17時51分
  • 一言主神社 / 茨城県常総市
    茨城県西部有数の神社。一言の願いも聞き入れる一言主大神。一生に一度の願いを叶える。美しい御朱印帳。本殿は江戸時代のものが現存。三岐の竹の伝説と三竹山。江戸時代より伝わる「からくり綱火」。戦後の最盛期と現在。参道のアーチ。御朱印。御朱印帳。06月06日 17時03分
  • 東蕗田天満社 / 茨城県結城郡
    東蕗田の天神様。菅原道真公が詠んだ和歌御朱印。農道の先の表参道・桜並木が見事な裏参道。彫刻が見事な江戸時代造営の社殿。鎌倉時代に「北野天満宮」より勧請。江戸時代には黒印地を拝領。明治になり地域の鎮守として供進村社に指定。御朱印。御朱印帳。06月04日 18時40分
  • 矢口氷川神社 / 東京都大田区
    大田区矢口地区の鎮守。多摩川七福神・大黒天。大田区唯一の氷川神社。御由緒は不詳・創建年代の推測。氏子区域に鎮座する「新田神社」と共有の神輿や山車。児童公園と一帯になった境内。戦後に再建された社殿・三社稲荷。本務社は「新田神社」。御朱印。06月03日 06時00分
  • 新田神社 / 東京都大田区
    新田義興を祀る神社。破魔矢発祥の地。カラフル御朱印・兜の御朱印帳。平賀源内『神霊矢口渡』の舞台。少将局の悲劇・矢口の渡しでの謀殺。樹齢700年の御神木。義興の墳墓。石の卓球台などユニークな境内。多摩川七福神・恵比寿。御朱印。御朱印帳。06月02日 07時00分
  • 江北氷川神社 / 東京都足立区
    旧江北村の総鎮守。名誉宮司が詠む和歌の見開き御朱印。荒川流域に点在する氷川神社。沼田村の鎮守とされた江戸時代。江戸切絵図から見る沼田村。9か村が合併して江北村が成立し総鎮守となる。江戸後期から明治に造営された社殿。地域の中核神社。御朱印。06月01日 17時22分