黒の未亡人 - Yahoo!ブログ

登録ID
1738479
サイト名称
黒の未亡人 - Yahoo!ブログ
URL
http://blogs.yahoo.co.jp/dezalugu69
紹介文
当ブログ「黒の未亡人」にようこそ。 ここでは管理人の創作小説やレトロ嗜好の記事、海外事情などを投稿しています。 ブログの綱領は「戦う女性」です。 …
カテゴリ

※最新の記事

  • [旅行前]発想の転換?
    「ジブラルタルへの空路って、定期便ではイギリス本土からの便しかないのよねぇ」 「しかも日本往来便との接続がすごく悪くて、ロンドンに一泊の必要あり」 「一泊だけだとロンドン観光も中途半端に終わりそうだし…」 「何か良い方法はないかと、欧州地図…06月20日 18時27分
  • [旅行前]地政学的重要拠点?
    ジブラルタルの航空写真(画像はウィキペディアより) ◎ ウィキペディアより抜粋 ジブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、イギリスの海外領土。 ジブラルタル海峡を望む良港を持つため、地中海の出入口…06月19日 01時39分
  • [旅行前]夏の海外旅行の目的地変更!!
    「夏の旅行先をポーツマス(イギリス)で計画していたのだけど、格安航空券で検索すると成田発の便が多くて、西に住んでいる現状では結構日程がきついのよねぇ」 「で、少し目的地を変更いたしました」 「どこかといえば…イギリス海外領土。場所はイベリア…06月19日 00時50分
  • 雑談:山川巡査射殺事件
    「久々の登場だな…最近は創作小説の更新もままならず寂しい限りだ」 「で、今日は「なかの人」が古本屋の立ち読みで、面白いネタを見つけたのでアップしておく」 「1956年に発生した『山川巡査射殺事件』を知っているだろうか? …たぶん知らないだろ…06月17日 20時57分
  • 雑談:元彼を意識?
    「昨日の元彼からの電話が原因なのか、昨日は元彼とのことがずっと脳裏から離れませんでした」 「ある種のフラッシュバックなのかな…」 「似たようなことは、白人男性に酷い目に遭わされたときもあったけど…」 「いまにして思えば、その酷い目に遭わされ…06月11日 12時23分
  • 雑談:元彼からの電話
    「今日は元彼から電話があって驚きました…そして向こうが言うことには、もっとビックリしました」 「曰く…『心を入れ換えるつもりがあるなら、すぐにでも会ってやってもいい』『いつまでも意固地にならないで素直になった方がいい』『自分自身にウソをつか…06月10日 17時52分
  • [人物伝]ウィリアム・ディーキン【第2回目】
    映画「スチェスカの戦い」に登場するチトーとイギリス軍事使節団との会談 ◎ 英語版ウィキペディアより抜粋(一部再編集) オズレン山で実施されたチトーとの会談は、ドイツ軍の航空爆撃の最中になされたもので、そのため木立の木陰に会談場所を移さざるえ…06月04日 10時54分
  • [美女]スペイン
    06月04日 08時59分
  • [洋画]スチェスカの戦い【第10回目】
    ヴチェボ高地をめぐる戦いはパルチザン側の勝利で終わったものの、そこには数々の遺体が…。 脱力感状態… この二人には司令部まで帰投するようニコラから声がかかる。ちなみに青年に関してはまだ若いので、父親のもとに帰させるという特別の理由もあった。…06月04日 01時04分
  • 雑談:軟弱な男性と自殺に関する一考
    「最近、自殺をほのめかして、ワガママを押し通そうとする『困ったちゃん』と遭遇したのだけど…本当に困ったちゃん、ね」 「私、弟が自殺したという経験があるから、追いつめられて自ら命を絶とうとする人には、それなりに配慮しなければいけないという気持…05月29日 01時33分
  • [人物伝]ウィリアム・ディーキン【第1回目】
    派遣先のユーゴスラビアでドイツ軍の爆撃に遭遇し、危うく命を失いかけたイギリス軍連絡将校 左側の人物がディーキン、右側の人物がチトー (画像はボスニア・ウィキペディアより) ◎ 英語版ウィキペディアより抜粋(一部再編集) サー・ウィリアム・ダ…05月27日 08時29分
  • [洋画]スチェスカの戦い【第9回目】
    ヴチェボ高地を確保すべく急斜面を駆け上がるパルチザン 反対側の斜面を駆け上がる黒森峰…目的は同じ 高地の頂上に到着したまではよかったものの、そこには… あたかもRPG「ドラゴンクエスト」のごとくに『スライムが現れた!!』の状態…ちなみにそれ…05月27日 06時53分
  • 雑談:私はそのような人を知らない
    「チャットで同じ相手に2回も寝落ちされると…さすがに頭にくるわよね。2回連続というのは、ちょっと許せないわね」 「そういうのって…基本的に緊張感がない証拠なのよ。つまり根本では相手を軽んじているわけね。いくら口先でどれほど言い訳や謝罪しよう…05月22日 00時46分
  • [歴史]ユーゴスラビアと連合国【第1回目】
    ユーゴスラビア情勢の正しい認識ができなかったために、援助物資と労力と時間を無駄にしたイギリス 大英帝国首相ウィンストン・チャーチル (画像は英語版ウィキペディアより) ◎ 英語版ウィキペディアより抜粋(一部再編集) 1941年、枢軸国に侵略…05月21日 10時59分
  • [洋画]スチェスカの戦い【第8回目】
    ヴチェボ高地確保のために部隊を出発させたまではよかったものの、それと入れ違いに飛来した黒森峰の戦闘機編隊。 投下される爆弾…ついに初まった黒作戦 有効な対空火器がないパルチザンにとっては、空からの攻撃には為すすべもなく、このパターンは何度と…05月21日 08時53分
  • [美女]パキスタン【第2回目】
    05月20日 20時41分
  • [人物伝]サヴァ・コヴァシェヴィッチ【第4回目】
    1942年撮影のサヴァ・コヴァシェヴィッチ(左の人物) (画像はセルビア語版ウィキペディアより) ◎ 英語版ウィキペディアより抜粋(一部再編集) コヴァシェヴィッチは、その地味な経歴と、特権階級に対する侮蔑的な挙動ゆえに、民衆のなかでは最も…05月20日 08時39分
  • [洋画]スチェスカの戦い【第7回目】
    帰還した軽飛行機 二人の将軍を出迎え リタス将軍:「パルチザンへの包囲網は完成した…作戦開始 後は、息ある者はすべて殺せ」 ワグナー大佐:「女も子供もですか?」 リタス将軍:「いま言ったはずだ…総統閣下はパルチザン絶 滅の報告を期待しておら…05月17日 18時57分
  • [人物伝]サヴァ・コヴァシェヴィッチ【第3回目】
    1942年撮影のサヴァ・コヴァシェヴィッチ (画像はセルビア語版ウィキペディアより) ◎ 英語版ウィキペディアより抜粋(一部再編集) 1943年2月から同年3月までのネレトバの戦い(ドイツ側作戦名:「白」)にて、コヴァシェヴィッチの旅団は、…05月14日 12時07分
  • 雑談:いまは亡き主人のぼやき
    「いまは亡き主人が生前によくぼやいていたのが…『最近の日本人は「ごめんなさい」という言葉を免罪符だと勘違いしている』というセリフ」 「私の職場に3月末まで契約社員(私の部下)がいたのだけど、その人…性格は悪くないのだけど、ときおり私の「激怒…05月12日 04時35分
  • [洋画]スチェスカの戦い【第6回目】
    上空を飛ぶ黒森峰の軽飛行機 機内には黒森峰の将軍が二人…アレクサンダー・レーア空軍上級大将(画像前方)と陸軍のルドルフ・リタス(画像後方) 二人の飛行目的は部隊の配置確認…画像からも明らかなように山岳地帯であるため、地形的には防御側であるパ…05月07日 17時34分
  • [人物伝]サヴァ・コヴァシェヴィッチ【第2回目】
    1942年撮影のサヴァ・コヴァシェヴィッチ (画像はセルビア語版ウィキペディアより) ◎ 英語版ウィキペディアより抜粋(一部再編集) 1942年6月、ドイツ軍を主体とした枢軸国軍のユーゴスラビア侵攻の後、コヴァシェヴィッチは占領イタリア軍に…05月07日 01時29分
  • [人物伝]サヴァ・コヴァシェヴィッチ【第1回目】
    スチェスカの戦いで戦死したパルチザンの英雄 サヴァ・コヴァシェヴィッチ (英語版ウィキペディアより) ◎ 英語版ウィキペディアより抜粋(一部再編集) サヴァ・コヴァシェヴィッチは、第二次世界大戦中におけるユーゴスラビア・パルチザン師団長のひ…05月05日 09時14分
  • [洋画]スチェスカの戦い【第5回目】
    パルチザン幹部のニコラは、近隣村の農民に、家畜を連れて近くの洞窟に避難するよう勧告していた。 農民側の意見は、家畜を洞窟に押し込めれば、やがては(健康を損ねて?)死ぬことになり、子供たちは狼のような生活を送ることになりかねない…、と避難には…05月05日 06時00分
  • [映画]スチェスカの戦い【第4回目】
    お祭り騒ぎの夜、チトーに呼び出された軍医ヴェラ…パルチザンの敬礼方式は、拳をグーの形にするようですね チトーは大規模な戦闘が近づきつつあることを述べ、ヴェラに対して、負傷者の包帯を取り替え、そして使用済みの包帯を再利用するように命じた。パル…05月04日 07時34分
  • [映画]スチェスカの戦い【第3回目】
    とある家族の光景…画像左の人物には四人の息子がいたものの、戦争で一人が死亡したため、いまは画像に登場している三人のみ。戦争がなければ学校に行かせたい…技術者として就職させたいと、子煩悩ぶりを口にする。ちなみに、この父親、本作のなかでは最も悲…05月02日 23時53分