案の暇潰し

登録ID
1740066
サイト名称
案の暇潰し
URL
http://ameblo.jp/ryushian-h28/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog
紹介文
おおむね平和だったのですが、最近は毒が強くなっています。
カテゴリ
  • 政治 (50%) - 417 / 576人中
  • 読書日記 (50%) - 46 / 159人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 日本人が忘れた日本人の本質
    山折哲雄と高山文彦の対談本。まず一言。駄目だ此奴ら。ああ、さて。先に断っておくが、俺はこの本を三分の二程度までしか読んでいない。頁数にすると百二十頁くらいか。それ以上読み続けることが苦痛になったから、止めてしまった。既にこの本に対する俺の評…01月17日 16時22分
  • 第二次大東亜戦争 その5
    さて今回は、同盟国米国についてもう少し書いておきたい。とは言え、完全に考えが固まったというわけではないので、これは途中経過だと思ってもらいたい。さて、米国について。良く、米国を日本の戦争に巻き込もうという発言を目にする。少し前までは、この考…01月16日 21時47分
  • 田母神俊雄の「戦争論」 日本が永久に戦争をしないための究極の選択
    田母神俊雄の本。まず一言。弱肉強食を生き延びよう。さて、一言目を少しだけ変えてみたが、あまり意味はなかったかも知れない。まあ、それはさておき。戦争について書かれた本だ。とは言え、これが書かれたのは一年半ほど前なので少し古い。古いと言っても、…01月10日 16時26分
  • 腕時計
    さて、俺は普段使いとして懐中時計を使っている。オリエント時計のワールドステージコレクション、銀色アラビア数字の奴だ。別段これで文句はなかった。機械式でも、一日二十秒程度進むだけ(一度分解清掃に出して、少し癖が変わったようだ)だし、捻子さえ巻…01月09日 21時48分
  • 真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任
    倉山満の本。まず一言。人の話を聞こう。そして少し疑おう。もう一言。共産主義者は敵だ。さて、開戦記念日と言う事もあってこの本を読んでみた。(一月くらい遅れたが)最初の所で不快になると書かれていたが、俺はそれ程不快には思わなかった。少々不安には…01月03日 16時47分
  • マイクロソフト フライトシミュレーター10
    さて、今更な気もするのだが、去年の末に安売りをしていたので買ってみた。仮想空間で航空機を操る電子遊技との付き合いは長い。既に二十年以上前のことなのではっきり記憶していないのが残念だが、フライトシミュレーター5辺りからだったと思う。ただ、今回…01月02日 16時43分
  • 謹賀新年
    明けましておめでとう御座い増す。昨年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。 01月01日 15時51分
  • やりすぎマンガ列伝
    南信長の本。まず一言。エネルギーが有り余っているね。さて、ずいぶん前に何かの紹介記事で読んで、ずっと気になっていたのだが、今回購入して読んでみることとなった。とは言え、俺には馴染みのない漫画ばかりだった。原作を読んでいるのはサバイバル(さい…12月27日 17時47分
  • 第二次大東亜戦争 その4
    前回同盟国のアメリカについて少し考えた。もう少し書くべきだと思うのだが、まだまとまっていないので少し話を変えようと思う。と言う事で今回は、仲裁国について。最初でも書いたが、出来ればロシアにこれをやってもらいたいと思っている。(と言うか、ロシ…12月26日 21時52分
  • 帝国の聖戦3
    吉田親司の本。まず一言。戦場は狂気の支配する場所だ。さて三冊目だ。今回はかなり凄かった。戦艦に戦車砲を撃ち込み、穴を開けて中に進入。暴れ回って座礁させるという、狂戦士が出てきたかと思えば、巡洋戦艦がすぐ側にいるというのに、感情的に拳銃をぶっ…12月20日 16時20分
  • 第二次大東亜戦争 その3
    さて三回目だ。そして今回の主役はアメリカだ。前回書いたように、アメリカが関わってくると、日本は泥沼の消耗戦に引き込まれると俺は予測していた。何冊か読んだアメリカに関する本は、全て、アメリカという国が手加減や限度を知らないと言うことを主張して…12月19日 21時49分
  • 日本が世界に尊敬される理由は明治維新にあった
    黄文雄の本。まず一言。期待を持ちすぎだと思う。さて、明治維新百五十年の記念に読むの二冊目だ。前回は対談本だったが、今回は一人で書いた物だし、見る角度もかなり違っている。前の本が、日本と極東亜細亜限定の話だったのに対して、今回は東南亜細亜やイ…12月13日 16時47分
  • 第二次大東亜戦争 その2
    さて、前回の続きだ。そして、前回殆ど触れなかったけれど、かなり重要な事柄について考えてみる。それは、同盟。前回少し書いたように、台湾とベトナムは日本と一緒に戦ってくれると思う。(台湾は少し怪しい気もするが、大陸からの移住者ばかりではないから…12月12日 21時52分
  • 漫画三冊
    女一匹冬のシベリア鉄道の旅織田博子の本。まず一言。無理に感動させるな。さて、本屋を徘徊していて偶然見つけたのがこの本。(実際には北欧女子の隣にあったから見つけただけ)冬のロシアに乗り込もうという侠気(?)に引かれたのも事実だったが、ロシア人…12月06日 17時15分
  • フライト・パイロット・シミュレーター
    さて、薄型携帯端末(タブレット)用の電子遊技だ。詳しくはユーチューブなどで動画が公開されているのでそちらを見てもらいたい。(手抜きだ)この電子遊技を始めて真っ先に感じたことと言えば、以下の通り。エリア88に就職した気分だ。作戦をこなすのにも…12月05日 21時51分