バッハ 無伴奏チェロ組曲、校訂者注記

登録ID
1740824
サイト名称
バッハ 無伴奏チェロ組曲、校訂者注記
URL
http://bachmubansou.blogspot.fr/
紹介文
バッハ無伴奏チェロ組曲の、最新楽譜の校訂者による解説
カテゴリ
  • チェロ (50%) - 1 / 10人中
  • 音楽理論 (50%) - 3 / 29人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 自筆譜があっても
    バッハの「無伴奏ヴァイオリンのための6つのソナタとパルティータ」(BWV 1001-1006)には自筆譜が残されている。「無伴奏チェロ組曲」の解読に日々悩まされる者にとってはまことに羨ましい限りだが、しかしながら自筆譜だからといって何もかも…10月09日 11時05分
  • AMBの筆写譜とC・D資料
    資料の系統についてはこれまで何度も言って来たように、C資料・D資料、及びパリ初版譜を作成するための資料であるE0資料は、アンナ・マグダレーナ・バッハ(以下AMB)の筆写譜の子孫である。このことはぼくが資料を研究していて比較的初めのころに気付…09月29日 11時18分
  • お知らせ
    昨日新記事「AMBの筆写譜とC・D資料」を書きましたが、手直しが必要なため、その間記事を非公開に致します。しばらくお待ち下さい。09月28日 04時50分
  • 多すぎた連桁
    疑惑の音同様、これもずっと気になっていた所である。連桁(れんこう)とは、複数の8分音符とか16分、32分、64分(以下、倍々になって行く)音符などを結びつける太い横棒のことである。第6組曲、アルマンドの第15小節、1拍目はパリ初版譜(182…09月27日 01時35分
  • 資料比較研究
    〜自筆譜の復元を目指して〜2013年に横山版のスラーなし版を一応完成させた後、スラーのある完全版を作成することは当然次の目標となり、試みとして第1組曲全部と第3組曲の一部のスラーあり版を作成をした。しかしその他の組曲についてはなかなか取り掛…09月20日 08時31分
  • 謎の「パリ初版譜」
    「無伴奏チェロ組曲」の最初の印刷楽譜が出版されたのは、作品が書かれたほぼ100年後の1824年、ドイツではなくフランスはパリのJanet et Cotelle社からであった。しかしJanet et Cotelle社は現存しないようだし、出版…09月06日 23時13分