何かをすてて 何かをひらおう 毎日楽しく。

登録ID
1748561
サイト名称
何かをすてて 何かをひらおう 毎日楽しく。
URL
http://blog.goo.ne.jp/hahananakoko
紹介文
写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ田舎暮らしも捨てたもんじゃない。狭いようで広い日本。
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 153 / 174人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ? 猫ちゃん ?
    無償の愛情を注げれるのは この猫以外には無い。昨夜も夜中の二時に「うんちをした」と起こされる。ベッドの下に来て鳴きつづける。寒い。これから未明にむけて一番部屋が、寒くなりかけた時。いつもは、夫がうんちの始末にいってくれるなだが、気づかずに眠…12月14日 10時14分
  • 俳句あれこれ
    昨日の読売新聞の俳句欄に載っていた、正木ゆう子さんの一文。いたく理解のできる文章であった。印象深かった。 市井の中の清く貧しい俳句愛好者の心に沁み込んだ。(少し誇張)不肖、私は真摯に俳句に取り組んでも、いつも全没、全没で、それでも良い句を、…12月13日 11時27分
  • 美しい人
    読売新聞の「四季」欄に、瀬戸内寂聴さんの句が10間にわたり載っていた。 昔、昔もう50年も前。寂聴さんが、瀬戸内晴美さんを名乗っていた頃の事。まだ学生だった私は、彼女の講演を聴きに行ったことがある。その頃、文芸春秋社の後援事業だったと思うだ…12月12日 17時22分
  • 鬼の霍乱
    風邪をひいた。今日になってやっとパソコンを開くことが出来た。風邪など何十年ぶりでひいただろうか。他の病気は、あれこれとやったが、風邪と思える症状で寝こんだのは初めてである。 熱を計ると37度にも満たない。食欲がなく、食べると吐き気をもよおす…12月11日 10時47分
  • 何もない 無い
    マンションから呼び出しが。火災探知機の点検に立ち会ってくれとのこと。 ほんの、五分もあれば終わった。夫が管理人が扉を開けてくれないのか?、、なんてテレビの見すぎのような事を云う。我が家で鍵は管理しているのに、何と言う無知なことを云うのかと …12月08日 16時46分
  • 犬 ? 、、、、、 猫 ?
    暖かいとベランダに出て日向ぼこが好きな 姫。「姫 ひめ、、」とよんでも家の中に入ろうとしない。良い顔をしている。しあわせそうな! ☆ 猫呼んでゐる家日暮の花柘榴 森澄雄 > 何気ない日常のひと駒。これがなかなか詠めない。 ☆ 犬吠えて夕暮れ…12月06日 09時56分
  • 老人は生きにくい政策が
    採り尽くした渋柿の木。渋柿を収穫して、干柿を作っても、家族の誰も食べてくれないと嘆きながら、果樹園の主が、、、 それでも、来年の収穫と柿の木の生長を願って手入れをしていた。いつものように、木の天辺には、木守りの実を数個、残している。熟して甘…12月04日 11時19分
  • 小春日
    ? 昨日は屋島へ。空き部屋になっているマンションに風を入れに行く。10年前は、毎日、朝な夕な窓から見ていた屋島がこんなに綺麗な紅葉をしているのは初めての事だ。 ここに住んでいた時が一番、幸せだったかも知れない。あづかった犬がマンションでは飼…12月03日 11時34分
  • しあがった ?
    やっと出来た。リメイクの羽毛のベスト。 夫に暖かいと思い、買ってきたのだけれど、着ようとしない。あの、冬は日本中を席巻する 某社の暖かい上着はあれこれと。その内の一種類。部屋の中で着るのは、暖かく軽く、セーターの上にでも羽織ればと思ったなだ…12月01日 15時01分
  • 2009年 12月 2日
    古い写真を見つけた。2009年12月2日のものらしい。8年前か。 殿を連れて、池の堤に龍のモニュメントがある。それを見に行った時の写真だ。殿 を連れて、色んな場所へ散歩に行った。15メートルくらいの体長の龍である。 池の周囲を散歩する。ある…11月30日 16時03分
  • 枸杞の実
    この色づいた紅葉の葉をみただけで 「枸杞」 とすぐに解る人は少ないであろう。野良の餌をやりに行く途中に一本ある。まったく常には気にもかけていなかった。木の下にこぼれている紅い実を見て、あれ枸杞の実だと、あらためて認識をした。 ☆ 枸杞の実の…11月28日 10時31分
  • 柚子のマーマーレード
    > 八朔 実は青い。もう少しすると青い実のまま収穫をして、倉庫で保管をし、食べ頃になれば出荷をする。その時は黄色くなっている。 ? 八朔に日差しあたたなる日和 ? 八朔や神そろそろと帰りくる ラジオを聞いていると 柚子でママーマレードを作っ…11月27日 11時58分
  • 秋景色
    猫が眠たくなって、無理を言う。いつものごとく、人間の赤ちゃんみたいである。抱っこをして二階のベランダに出る。畑を焼く煙がのぼっている。果樹園の柿は、おおかた収穫されて木守りが数個残されている。お隣の家の桜紅葉が美しい。「姫 きれいだね〜もう…11月25日 12時17分
  • 、、、、 ころんと秋深し
    ☆ 下駄の音ころんとひとつ秋深し 富安風生 秋深しが秋の季語。秋闌ける、深秋、秋深む、秋さぶなども同意の季語です。すべてのものが冬へ移ろうとする晩秋の静けさを言います。1年の中でも最も自然の気配が身に沁みて感じられるひと時ですね。深秋はもう…11月22日 07時41分
  • 毎日生き恥をさらして
    もう二十年近く栗林公園に機会があれば足を運んでいる。それなのに紅葉のシーズンにこの紅葉の径に来たのは初めてである。昨日は、白い鴨を見た後はまっしぐらにこの径へ来た。まだ少し早いかも知れぬが、薄い緑の残った楓が色ずきはじめていた。コントラスト…11月20日 11時34分
  • 白い鴨
    昨夜テレビを観ていると、栗林公園に白い鴨が飛来していてるというニュース。好奇心旺盛の私は早速栗林公園に行く。 公園の紅葉は始まったばかり。例年に比べて、鴨の数もまだ少ない。薄く紅葉した樹々の間から鴨が見える。 この白い鴨は突然変異らしい。近…11月19日 20時38分
  • やっと縫えた
    朝晩はストーブを焚き始めた。この家は寒い。夏は涼しくて良いが、海からの風を受けて冬は寒い。二階の部屋は日中は暖かい。パソコンを打ったりお裁縫をするのには問題が無い。階下の寒さに 割烹着を厚めの生地で縫った。やっと4〜5日も、かかって仕上げた…11月18日 16時11分
  • 猫ちゃんのいない生活なんて、、、、
    ????? 出手孝さんの画集 「猫じゃらしの詩」 観ていると癒される画集の中の一枚。まるでといおうか 姫の言葉が聞こえた。我が家に 姫 のいない生活なんて考えられない。今日は掃除が終わってから、足の痛いこともあり、テレビドラマの二本立て。昔…11月16日 16時32分
  • 何が楽しいかって
    インナーが縫えた(*^-^*) 買い置きの生地の中から見つけた。ずいぶん前からあったが、伸縮のする生地だから、そのままにしていた。最近の体調から、残っている、生地に陽の目をあて早く縫っておかなくてはと毎日そんな事を思う。手はじめが、このイン…11月14日 09時17分
  • 山頭火と結願寺、、、
    せっかく、撮った写真。捨てるのは惜しい。八十八番、結願寺に立っている循環バスの停留所。歩き遍路が市内を走っているバスを利用する。お札を納めた遍路がJRのさぬき駅の連絡に、高速の駅を利用する時の停留所へ乗るであろうかも。 ☆ ここや打留の水の…11月13日 09時13分
  • 紅葉狩り
    綺麗だった。今まで色々な場所へ紅葉を見に行った。近くにこんな美しい場所が有ったとは嬉しい驚きだった。 八十八番札所の大窪寺である。ここへ来る途中の参道はまるでラッシュ帯の国道みたいに車が走っていた。皆さん、近場の紅葉の名所はよくご存知なのだ…11月11日 18時31分
  • ねこ (=^・^=)
    ? この猫ちゃん、草むらが好きといおうか、今日は実紫の下に。前は萩の垂れている枝の下にもぐっていた。八匹飼っている家のその内の一匹。他の猫は、雨催いのお天気であったから、家の中から出てこない。ここの奥さんと立話をしていると、興味をひかれたの…11月10日 10時49分
  • お裁縫日和、、、?
    昨日は午前中は雨が降っていた。上の割烹着を仕上げた。人さまに上げる物は、縫うのに気を使う。自分が着る物は少し縫い目が曲がっていても、ままよ、かまわぬでとうせるけれど。彼女の着ている物に余り、今まで興味をしmさなかったから、いざ作るとなると、…11月09日 12時00分
  • 古戦場が見える
    屋島へ6000回、登った人と出会う。「これから、今日のように冬霞の日が一か月は続く。景色が良く無くて気の毒」と言ってくれた。晴れていれば、小豆島も手に取れるような距離にあるが、残念に今日は曇っていて、遠くは写真の写りが悪い。 ☆ 地球から石…11月08日 07時36分
  • 屋島山頂へ
    何年ぶりかで屋島寺へ参拝をする。足が痛く無い内に歩ける所へと、、、、 この険しい階段を降りると、私がまいにち登っていた屋島の遍路道に通じている。 こんな、看板が、、、健脚に自信の無い方はこの径は利用をしないで下さいと書かれている。そう、私は…11月07日 18時03分
  • 久しぶりに森林の公園へ
    ???? 足の裏に痛み止めの注射をしてもらった。 天下覿面、嘘のように足の裏から痛みが消えた。久しぶりに、小一時間山の辺の公園を歩くことができた。嬉しい。 漆紅葉が池を染めていた。紅葉はここだけ。いつも行く朴の木のある谷間の反対を歩いた。朴…11月06日 19時22分
  • お裁縫が好きでよかった。
    ???????? この先生の怖そうな顔。一度も句会に出たことがないから、実際のお顔には、お逢したことがない。雑誌の写真や、テレビだはいつも、にこにことしておられる。この正倉院展では感じる事が多く、宝物を真剣な眼差しで見ておいでだ。こんな表情…11月05日 17時01分
  • 足の裏が痛い、、、
    ?予約をしていた病院へ。足の裏が痛くて歩きづらい。予約をしてから、二週間、この日がやっと取れた。整形外科の評判が良く、早くて二週間待ったのである。一生良くはならない。これ以上悪くならないように注意をしなさいと医師のおおせ。靴の中に靴敷きを入…11月04日 20時56分
  • この夕焼け 忘れないだろう
    病室の廊下から見た 西の空。 夕日が沈みかけた。 遠くにサンポートの複合ビルが見える。 夕日が沈んだ後の山は茜色に染まっている。 港の工場街にポツポツと灯が灯り始めた。 夫の手術が終わって気が楽になった。 医師が私が待っている病室へ 「終わ…11月03日 07時14分
  • 鬱を跳ね飛ばせ
    お隣へ用事があって行く。 広い庭に 錦木 が目にも鮮やかに飛び込んでくる。 現在は 錦木紅葉。 他の紅葉に比べても、この紅色は軍を抜いている。 ☆ 錦木の仙骨となり父愛す 寺井谷子 歳時記で句をみていて、この句に。 仙骨、、、そう、紅い葉が…11月02日 18時16分
  • 電車で観察 退屈しない
    電車の窓から、漁船が戻って来るのが見える。 午前10時頃。 牡蠣筏から、牡蠣を収穫をし、最寄の漁港に。 志度の浦と呼ばれる車窓には、牡蠣小屋が沢山並んでいて、電車が駅に着いて扉が開き度に牡蠣を焼く匂いが電車の中までくるのはもうすぐである。 …11月01日 13時30分