フランス男との愛に満ちた暮らし

登録ID
1752043
サイト名称
フランス男との愛に満ちた暮らし
URL
http://www.franceotoko.com
紹介文
今、パリを拠点に潔く自らの望む生き方だけを追求している日本人女性の生涯〜成功する国際結婚の秘訣もりだくさん
カテゴリ

※最新の記事

  • 事故のトラウマを乗り越えて前進する2018年
    あらゆる面において経験値が上がる ということ、それは精神的成長、見聞、 知見の向上などに直結するだけに喜ばしいことも 多いけどそれと同時にこの世でのリスク経験値も 上がるということなのだといつも心にとどめてはいる。 たまにフリーダ・カーロの…02月17日 00時25分
  • 大阪の南森町 焼き小籠包専門店 ロンタンで熱々な思い
    「日本の冬ってこんなに寒かったっけ??」 と毎日疑問に思うほど体感温度が とんでもなく寒かった関西の日々でしたが、 毎日とにかく厚着してホッカイロ貼って一生懸命出かける。 これは私が今回覚えてリピートしていたセリフ 「アメちゃんはなぁ、ナメ…02月15日 13時31分
  • ぶらり京都下鴨・糺の森とデヴィッド・キッドの北京物語
    フランス人ダンナはともかく、 日本人の私にとって、日本は色んな 用事を済ませるための帰国先であるものの、 自分にとってそこまで「バカンス先」 というかんじがいままではしなかった。 だけども結果的に今回の長期関西滞在開拓 バカンスは私とダンナ…02月13日 19時07分
  • ケイトのマスカラ下地ラッシュマキシマイザーで時短メイク
    自宅にいるときとちがって 旅行中は毎日ともかく時間がない。 いつも出かけるので朝からなにかと 急いでいるためメイクにかける時間を 必然的に普段の外出時より短縮せねばならない。 私は基本的にそこまで大したメイクを しないので大体ぱぱっと終わる…02月11日 23時31分
  • 豚捨!世界一おいしい牛丼とメンチカツおもいで横丁
    時差のせいで自動的に早起きできるため 早朝からやたらアクティブなme&danna、 真夜中にはすでに目が覚めてしまうだけに 普段なら考えられないような早朝に準備して、 始発などに乗ってトラベルできちゃうのが 時差ぼけ時期の唯一の利点…02月07日 08時39分
  • 日本で夢のパナソニック 電動歯ブラシ ドルツ効果
    とあるウィークエンドのある日、楽しくて 薄着寒空でガンガン飲酒などしたせいなのか、 先週からそれはもう近年稀に見る最強に 重度に酷く重い風邪を患ってしまった。 普段も「あら?ちょっと風邪っぽいかしら?」 という時はあるけれど今回のはもう ヒ…02月05日 06時30分
  • Bouillon パリ9区のビストロで牛赤ワイン煮込み至福
    定期的に日本にいるわけではない 私にとって、「セール時期」といえば なんとなくフランスのが基準となっている。 フランスのセール(ソルドという)は毎年 いつからいつまでと期間が決まっていて、 いっせいに始まりいっせいに終わる。 たとえば日本の…02月02日 05時16分
  • Picard(ピカール)冷凍食品スイーツ半解凍がおいしい?
    Picard(ピカール)、、 それは近頃日本に浸透しつつある フランスの冷凍食品ブランド、、 フランスではどこにでも店舗あるという イメージで、珍しくもなく、むろん、 うちから1分くらいのとこにだってある。 しかし別にそんなに利用したことは…01月31日 00時02分
  • 危険フランス男のやさしさオーラとデイア散策マヨルカ
    うちのダンナを実際に目にした人々が必ず 口にするお決まり第一声といえば 「うーわー超やさしそーー!!!!」 である。 「かっこいい」「すてき」「よ、色男」などではなく、 なぜか男女問わずほぼ9割以上必ず「っやさしそうーー」、 友達から親戚、…01月28日 03時19分
  • 吉田修一の小説『怒り』にはまってしまう件
    「だーーーれーー なーーーのーー! 犯人????(# ゚Д゚)」 と、ここ数日ずっと気になってしかたなかったのは、 毎晩寝る前に読むのがハイパー楽しみだった 吉田修一の「怒り」という文庫本。 おなじみうちの日本母が少し前に送ってくれたものの…01月26日 06時15分
  • Les Boudeuses アブキール通りパリなオサレコンセプトストア
    最近なぜか、今更花粉でもないだろう?って いうようなナゾのアレルギー症状?による 鼻水止まらない事件に悩まされることが 頻発している、、 今日はそこに喉激痛も加わりかなり苦しい。 母に言ったら「加湿器ないの?」とのことだが フランスってあん…01月24日 01時13分
  • ディオール マキシマイザー使い方いろいろ万能リップ
    「あたし、気づけば今年全然旅行してないわ・・・」 と、ダンナに言ったら 「今年ってまだ始まって20日くらいなんですけど」 って、そうだったそうだった、 まだ意外と今年なりたてなのを忘れていた!Σ(゚Д゚) というわけで今年はまだ飛行機にも乗…01月22日 01時10分
  • ディズニーランド・パリで走馬灯思い出エトセトラ
    少し前、柄にもなくものすごく 久しぶりにディズニーランド・パリに 行ってしまうという事件が発生me&danna。 (現在正式名称は「ディズニーランド・パーク」というらしい) ダンナと二人きりなら士気は途中で失われ挫折したはずだが、 …01月20日 20時59分
  • グラン・トリアノンがヴェルサイユ一押しロマンチック空間
    ヴェルサイユの敷地はでかいっっ! あまりに巨大な観光スポットというのは 途中で集中力が切れるためすべては網羅 できないものなのだ、、 というわけで私は毎回行くたびに ヴェルサイユ正殿から 多少距離が離れているがために 離宮の大トリアノン、小…01月18日 07時35分
  • スペイン、ZARAの値段が安いハピネスをパルマ・デ・マヨルカ
    「あーあ、OO(私)が一緒に やってくれたら最高なのになー!」 とダンナから乞われること、 色々あるけど、ロッククライミングなんかは もう本当によく言われる。 でもそれは無理。 私は平面の岩とか全く登りたくないし、 そういった必要性も感じな…01月16日 17時41分
  • バルデモーサ植物散策と『うつくしい人』by西加奈子
    何を隠そう実はハイパーアナログ人間の私は、 携帯はラインやるときくらいしか見ないし、 パソコンもよほどのことがないかぎり 自宅やホテルでしか開かないタイプ。 よって旅に出る時は突如現れる空白の時間や 空港での待ち時間などに読むための本がない…01月15日 08時32分
  • ヴィクトル・ユゴー記念館とアデルの恋なLA FOLIE EN TËTE
    前回の続き、パリのバスティーユ寄り マレ地区、 ヴォージュ広場界隈。 このあたり、勿論栄えているエリアゆえに、 年中そこそこよく来ます。しかしながら 基本的には大体友達とだらりと散策、 カフェでおしゃべり、ウィンドーショッピング、、 などに…01月13日 01時04分
  • 「Méert メール」のゴーフル時々ヴォージュ広場とアンリ2世
    フランス史ちょっとかじると 断じて避けては通れない、ヴァロワ朝の カトリーヌ・ド・メディシス??Catherine de Médicis。 (1519 – 1589) 苗字の響きからもわかるように彼女は イタリア名門メディチ家の…01月11日 06時44分
  • マヨルカの冬:ショパンとジョルジュ・サンドゆかりの地
    マヨルカ島中心地、パルマ・デ・マヨルカから 北に17キロほどいったところにある 観光名所 バルデモーサ(Valldemossa) を訪れました。到着直後はかなり寒さが 厳しくて怖気づいてしまいましたが、 お昼に近づくにつれお日様がでてきてホ…01月10日 00時06分
  • パリの博多ちょうてんでラーメン感想エシレ バターはまる幸福
    最近家でハマっているもの、 いまさらながら エシレ ECHIRE のバター。 酪農国家フランス、バターはスーパーで 適当に選ぶものでもそこそこおいしいのですが、 なにげに東京、丸の内でひと際イケイケな店舗をもつ エシレですから。仕方ないから…01月08日 05時21分
  • Bar Espanaマヨルカ激ウマバルとMZ WALLACEをニューヨークから
    私もダンナもだいぶ年末のほうの 生まれだし、その時期はただでさえ クリスマスなんかもあるし、というので 一挙に総まとめ来る感がすごい。 誕生日とかって何あげる? ていうかクリスマス何もらう?なんかする?? とちょっとザワザワとなる。 本当は…01月06日 17時18分
  • プチ・トリアノンでマリー・アントワネットな乙女気分
    「朕は国家なり」 て言ったフランスの王様はだーれだ? と、ダンナにクイズしたところ 「王様って全員そういうこと言いそうじゃん」 とかわされる・・・ ウウウ まあ確かにそれはそうなんだけど、 一応オフィシャルに言い放ったとされるのは ヴェルサ…01月04日 20時27分
  • はいからさんが通るヴェルサイユ 王妃の村里牧歌ライフ
    ダブル日米の時差ぼけを派手に家に 持ち込んでくれて昼夜大逆転のダンナの おかげでフランスにしばらくとどまっている 私までなんだか家にいながら自動時差ぼけ感染? というナゾな師走+正月である。 2018年になってしまった! 遅ればせながら、あ…01月03日 02時16分