認知症と美しい老後

登録ID
1753662
サイト名称
認知症と美しい老後
URL
http://narikawayuichi.jp
紹介文
緑協和病院院長の成川有一です。認知症についてブログ内でご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。
カテゴリ

※最新の記事

  • 霜月の夕暮れ(82)
    伸枝が押入れの中から急ぎ掃除機を運んで来た。和幸は掃除機先端のノズルを取り替え、口腔内の奥にこびり付いている餅の残片を吸い取る努力を幾度ともなく繰り返した。わずか10分ぐらいの出来事であったが静子は、一人茫然(ぼうぜん)と立ち竦んでいた。「…04月23日 07時26分
  • 雪道の果て
    04月22日 10時56分
  • 霜月の夕暮れ(81)
    話が大きく脱線しているかもしれない。そろそろ2015年の正月に話を戻すべきだろう。田端の実家で伸枝は妹夫婦と久しぶりに夕食を共にしていた。静子の子供達は誰も来なかった。子供も大きくなると親と行動を一緒にするのを厭(いと)う様になって来る。せ…04月21日 10時48分
  • 妖精のごとく
    04月20日 10時37分
  • 霜月の夕暮れ(80)
    確かに少しばかり理屈っぽいい所はあったが、自分の学歴を誇る様な所は全く見られない。性格もさっぱりしていて冗談もかなり言う。どうして、そんな彼に一度も恋愛体験がないのか不思議で仕方がない。「山口さん、少し失礼な事を聞いても良いですか?」「はぁ…04月19日 09時08分
  • 恋せよ乙女
    04月18日 10時08分
  • 青田克己さんへの回答(再々)
    「MCIと軽度認知症の違いは何でしょうか?」との、ご質問ですが、MCIの定義は次の通りです。【5つの定義】1.記憶障害の訴えが本人または家族から認められている2.日常生活動作は正常3.全般的認知機能は正常4.年齢や教育レベルの影響のみでは説…04月17日 15時02分
  • 霜月の夕暮れ(79)
    伸枝はにこやかに頷いて、「そりゃそうですわね、東大生だったら家庭教師のバイトなら掃いて捨てるほどありますでしょうね」「ところが必ずしもそうでも無いんですよ、それが…」彼女は不思議そうに尋ねた。「あら、それはどうしてですの?」「貴女は、こんな…04月16日 10時03分
  • 青田克己さんへの回答(再)
    先ず一番目のご質問、新薬『アデュカヌマブ』の治療効果の私の見解ですが、製薬会社の論文しか読んでいませんので実際の所は確答は出来ません。その論文によりますと、治験では、米国とスイスの研究チームが60代から80代の初期アルツハイマー病患者165…04月16日 08時24分
  • 1994年の渋谷
    04月15日 10時40分
  • 霜月の夕暮れ(78)
    伸枝は会社の退社時間が来ると、飛ぶように渋谷へと向かった。季節は夏から秋へと変わっていたが、まだ残暑は厳しかった。伸枝は自分の服装が幾らか気になり出していた。前回俊治と会った時と同じ濃紺のリクルートスーツで、洒落っ気がまるでない。でも、こん…04月14日 10時01分
  • 青田克己さんへの回答
    先ずは老人性認知症の中で10数年前までは、アルツハイマー型認知症が50〜60%ぐらいの発生頻度であると言われていましたが、昨今では15〜20%ぐらいの頻度ではないかと言われています。未だ多くの医師のなかには古い統計数字から抜け出せない方も多…04月13日 11時35分
  • 1985年の渋谷
    04月12日 21時25分
  • 残暑の候
    04月11日 10時31分
  • 霜月の夕暮れ(76)
    「それでも文一に現役で合格なさったのでしょう。ご立派じゃあないですか」俊治は少し自嘲気味に、「結果から見ればそうですが、しかし自分の志望レベルを落としたと云う僕の挫折感は消えませんでした」「理三に行って、お医者さんにでも成りたかったのですか…04月10日 08時55分
  • オックスフォード大学
    04月09日 08時42分
  • 霜月の夕暮れ(75)
    「素敵なお話しですね」と、伸枝はうっとりと囁く様に言った。俊治は少し酔ったのか、幾らか赤ら顔で…「ところが、世の中はそんな単純には行かないのですよ」「何かあったのですか?」「親父も含め皆んなが東大!…東大!…って言い出すと何故か急に成績が落…04月08日 10時32分
  • 東大三四郎池
    04月07日 10時21分
  • 霜月の夕暮れ(74)
    俊治は一杯目の生ビールを飲み干し、二杯目を注文した。伸枝は一杯目の1/3ぐらいしか飲んでいなかった。俊治の話はさらに続いた。「つまり僕が言いたいのは、貧乏人の小倅がたまたま運に恵まれ東大に合格しただけの事なんですよ。大体が大学になんか行ける…04月05日 07時18分
  • 四国桂浜
    坂本龍馬も見た桂浜04月04日 10時37分
  • 霜月の夕暮れ(73)
    「そうですか、大学の心理学の授業では鋭敏な女の直感は下手な学問を上回るって、講義を受けた事があるんですがね」伸枝は真顔になって尋ねた。「本当ですか?」「嘘です…」と言って、俊治は悪戯(いたずら)ぽっく笑った。「ひどい、お揶揄(からか)いにな…04月03日 10時20分
  • 東大安田講堂
    04月02日 10時41分
  • 霜月の夕暮れ(72)
    1月も下旬になったが静子は益々学校に行かなくなっていた。数日前に一度学校に行って、静子は相手の先輩と話し合ったらしいが、その彼は…「俺の子供だと言う証拠があるのか?…もう直ぐ大学受験じゃあないか、変な噂を立てて俺の将来を傷付ける様な事はしな…04月01日 10時14分
  • 哀しき春
    03月31日 09時30分
  • 霜月の夕暮れ(71)
    「静子の口から、そんな話を聞かされるとは思わなかったわ」「あら、どうして!」「どうしてって、言われたって…私からそんな理由を言える訳がないでしょう、あなたの子供の前で…」そこまで言われて静子は伸枝が何を考えているのか、やっと理解した。高校2…03月30日 09時03分
  • 束の間の初恋
    03月29日 10時02分
  • 霜月の夕暮れ(70)
    「それじゃあ、かもめはどんな鳴き方をするのかな?」と、伸枝は動物の鳴き声から母親の脳トレの誘導を試み始めた。「カモメの水兵さんって、どんな鳴き方をするのかな?…♪波にチャップチャップ浮んでいる♪…から、チャップチャップって鳴くのかな!」と伸…03月28日 10時32分
  • 新年の朝焼け
    03月27日 10時53分
  • 霜月の夕暮れ(69)
    「そうなんですか、一口に医師と言っても診療科目によっては物の見方がそんなに違うんですね」そう言って伸枝は溜め息をついた。「だから、夫々の専門医制度と云う物が存在するのでしょうか?」「それは確かに否定出来ない一面ですが、それだけでもないでしょ…03月26日 10時23分
  • 岩壁の親子熊
    03月25日 09時15分
  • 霜月の夕暮れ(68)
    その日を境に吉子は、伸枝が一人でやっている脳トレーニングに少しづつ関心を示し出した。8日目には自分でもやり出した。しかし2分間の集中力は続かず、1分間で投げ出した。それでも3問は覚えた。それなりの疲労を感じている様だった。2週間目には何とか…03月24日 10時48分
  • 未知との遭遇「ヒミコ」
    03月23日 10時15分
  • 霜月の夕暮れ(67)
    医師の話しは続く…「現在の日本人は基本的な生きる指針を失っているのです。人は、どの様に生きてどの様に死んで逝くのか?…そこには何の規律も無いのです。規律が無いと云うのはルールの無い社会です。野球であろうと、サッカーであろうと、ルールがあるか…03月22日 09時41分
  • 遠い雪道
    03月21日 10時13分
  • 美香子さんへの回答(再度)
    うつ症状の治療に対しも私に任せて下さい。 基本は如何にしたら心のバランスを保って行けるかに努めるだけです。精一杯に私なりの努力をしてみます。 成川 有一03月20日 22時02分
  • 霜月の夕暮れ(66)
    さらに医師は説明を続けた。「この脳トレーニングを学校の宿題かの様にお母さんに、ただ一方的に押し付けては駄目ですよ。先ずは貴女が率先してやって見せるべきでしょう!…『さあ、今日はどのくらい覚えられるかな。あっ、6つしか出来なかった。残念無念!…03月20日 10時59分
  • 雪山に淡き願い
    03月19日 10時24分
  • 霜月の夕暮れ(65)
    医師のやや高圧的な説明に、伸枝は少し反発を感じた。「先生の仰っている意味は理解出来ますが、そんな努力をする気力もなくなって行くのが年を取ると云う事ではないでしょうか?…プロ野球や相撲の世界でも皆んな引退して行く時は、気力が続かないと言って引…03月18日 06時49分
  • 山の彼方の空遠く
    03月17日 10時00分
  • 霜月の夕暮れ(64)
    「そうですか、分かりました」と言って、沢本医師は伸枝のレポートを読み始めた。10分程して彼は目を上げ、「いゃあ感心しました。あなたが今まで実践して来た事は、正に認知症の生活療法そのものです。何か認知症の勉強をなさったのですか?」と少しばかり…03月16日 10時16分
  • 季節は巡る「紅葉」
    03月15日 10時49分
  • 「霜月の夕暮れ(63)
    何にしても伸枝は、吉子との食生活にはかなり気を配った。自分の更年期障害と仕事上の板挟みから、吉子の食生活に暗い影を落とし、食欲低下に繋がったと云う深い自責の念があったから…。献立にも色々と配慮を重ねて、和食を中心としたメニューを数多く膳に並…03月14日 10時11分
  • 秋の気配
    03月13日 10時37分
  • 霜月の夕暮れ(62)
    こうして母を田端の実家に退院させ、また新たな介護の1ページがスタートした。しかし、毎日病院に通うよりはずっと楽だった。朝も6時過ぎに起きて、ゆっくりと食事を作れば良かった。病院の時の様に食事の介助も母にだけ専念する必要はなく、一緒に食べれば…03月12日 09時49分
  • 「夏の終わり」
    「夏の終わり」03月11日 07時51分
  • 霜月の夕暮れ(61)
    1ヶ月間の入院で吉子の食欲は、殆んど改善した。歩行能力は車椅子が中心であったものの、全粥は完食だった。担当医にも退院を勧められたので後は在宅介護に切り替える事にした。要介護度は?になって、ホームヘルパーの支援も以前よりは多く認められる様にな…03月10日 10時49分
  • 介護の蜜月
    「介護の蜜月」03月09日 10時41分
  • 霜月の夕暮れ(60)
    そんな両親の昔話を伸枝は童話の様に、それは「シンデレラとガラスの靴」でもあるかの如く吉子に話して聞かせた。その当時、日頃から寡黙な父ではあったが、酔った日などには上機嫌で昔話に花を咲かせる事も多かった。横で母は恥ずかしそうな顔をして、「もう…03月08日 10時47分
  • 水色に溶け込んで
    「水色に溶け込んで」03月07日 10時30分
  • 再度の美香子さんへの回答
    大丈夫ですよ。どの様にしたら貴女の正しい睡眠のメカニズムを取り戻せるかは一緒に考えてみましょう。きっと良い方法が見つかりますよ。03月06日 10時37分
  • 霜月の夕暮れ(59)
    その後はレインシューズのお金を「支払う」の「受け取らない」で少し揉めたが、この日を境に二人は急速に心を通わせて行った。仕事帰りには、殆んど毎日の様に吉子は田端の輝夫の元に立ち寄った。その半年後には早くも輝夫は吉子にプロポーズをした。クリスマ…03月05日 18時50分
  • コーヒー1杯の幸せ
    「コーヒー1杯の幸せ」03月05日 10時17分
  • 霜月の夕暮れ(58)
    「おや、まあ!…昨日のえ〜と原野さんでしたね。もう傘を返しにいらっしゃったのですか」と、輝夫は少し驚いた仕草をした。「はい、だってこの傘はあなたの物でしょう。もう直ぐ梅雨入りすると云うのに傘が無ければ困るでしょう?」それを聞いた輝夫は少し戯…03月04日 10時42分
  • 昭和の田端
    「昭和の田端」03月03日 10時46分
  • 認知症の質問を受けつけます。
    横浜市青葉区にあります緑協和病院の成川と申します。これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳…03月02日 13時42分
  • 霜月の夕暮れ(57)
    翌日から伸枝は毎日の様に病院通いを始めた。入院5日目頃から吉子は少しずつ食べる様になって来た。食べるといっても五分粥をスプーンに一口とか二口とかである。その頃から部屋を個室にしてもらい、朝食から夕食まで全ての食事介助は伸枝一人でやった。会社…03月02日 08時40分
  • 美香子さんへの回答
    現在服用中のお薬を長期に使用なさっていると、記憶力の低下や認知機能の障害は深刻化する危険性はあるでしょね。では、どうすれば良いのか?それはカウンセリングを通じて生活及び心の在り方を改善する道を探し事ですが、これも容易でないでしょう。先ずは家…03月01日 19時21分