認知症と美しい老後

登録ID
1753662
サイト名称
認知症と美しい老後
URL
http://narikawayuichi.jp
紹介文
緑協和病院院長の成川有一です。認知症についてブログ内でご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。
カテゴリ

※最新の記事

  • 断章(8)
    昭和の時代を考える(その1)今年は昭和93年である。日本と云う国が第ニ次世界大戦に敗北して73年が経たという事である。視点を変えれば、広島、長崎に原爆を落とされて73年の年月が流れたと云う事にもなる。何故、いま昭和の時代を考えなければならな…05月20日 21時36分
  • 断章(7)
    (7)日々の思い出生率について考える。世界の出生率を見てみよう。最大の出生率はアフリカ大陸が群を抜いている。ニジェール 7.42 、リマニア 6.27、コンゴ 6.11と、1位から10位までがアフリカ大陸とその近辺で占められている。少し治安…05月10日 12時00分
  • 断章(6)
    (6)日々の思い西日本のある病院に昨年末、90代後半の重症心不全の女性が運び込まれた。心臓から血液を全身に送るための弁が硬くなり、呼吸困難に陥った。本来なら胸を切って人工弁を埋める外科手術が必要だが、高齢過ぎて体力的に耐えられない。そこで、…05月07日 12時00分
  • 断章(5)
    (5)日々の思い厚生労働省の発表によると2017年の高齢者調査で、100歳以上の高齢者は全国で6万7824人に上り、20年間で約6.7倍も増えたことが分かった。人口10万人当たりの割合を都道府県別に比べると、上位は西日本の県が多い。栄養状態…05月05日 09時19分
  • 断章(4)
    (4)日々の思い認知症の介護は、それ程に大変なのだろうか?こんな書き方をすると、多くの方から避難の罵声を浴びるかもしれない。でも脳血管障害の母親の介護を10年以上もしながら、40才を過ぎて二人の子育てをしつつ明るく快活に毎日を過ごしている人…05月02日 15時49分
  • 71歳の母親を持つ方への回答
    基本的にレビー小体型認知症の最大の特徴は、薬物過敏症状を中心に幻覚、妄想、うつ症状、自律神経失調症(便通障害、不眠など)、パーキンソン症候群その他の多彩な症状を呈しています。その為にアリセプトの使用などは、かなり慎重を要しますし、使用しても…04月30日 21時07分
  • 断章(3)
    日々の思い(3)身体的感受性体温、血圧、睡眠の度合い…自分の身体的な変化に驚くほど鋭敏な人と、こだわりのない人がいる。長い間、医者を生業(なりわい) としていると、その身体的な変化に感じ方がかなり違う事に驚かされる。37.0℃でも身体が怠(…04月30日 11時11分
  • 日々の思い(2)
    日々の思い(2)日本だけが、先進諸国の中で経済状況が鈍化している。この20年間、他の国の平気労働者の年収は確実に増えている。40〜80%ぐらいで年収が圧倒的に上昇している。ところが日本だけは-20%と驚くべき低下である。日本では確実に貧困化…04月25日 12時32分
  • 断章(1)
    断章日々の思い(1)「哀しみの果てに」は全く筆が進まなくなって来た。頭の中の創作活動が疲弊(ひへい)してしまったのかもしれない。私の長年の読者には心からお詫びしたい。これからは断続的に日々の思いを書いていきたいと考えているので、お許し願いた…04月24日 12時34分
  • 哀しみの果てに(32)
    それから認知症の病型分類についての説明がなされた。「これまでは認知症と云うと、直ぐにアルツハイマー型認知症と診断されていたでしょう。しかし、最近の病型分類ではアルツハイマー型認知症よりレビー小体型認知症の方が、はるかに多いと言われています。…04月13日 18時00分
  • 哀しみの果てに(31)
    別の看護師がまた質問に立った。「では私達が現在、嘱託医から指示され服用させている薬は何なのですか?」講師はゆっくりと落ち着いた表情で、「それは現段階の仮説に基づいて作られたお薬です。例えばアルツハイマツー型認知症で言えば、側頭葉の海馬付近に…04月11日 18時00分
  • 哀しみの果てに(30)
    こうして信吾は、また老人ホームの仕事に精を出した。それから半年後には「介護実務者研修」(旧ホームヘルパー1級)の資格を得た。仕事が慣れるにつれ、ホーム内で看護師たちの信吾をみる視線も変わってきた。食事の介助も入居者の世話の仕方も、信吾はすこ…04月09日 18時00分
  • 哀しみの果てに(29)
    そう考え出すと、今まで一生懸命に取り組んでいた仕事に何とも言えない虚しさを覚えた。自宅に戻って、テレビを見ながらビールを飲んでいる父親に信吾は、それとなく話しかけてみた。「お父さんは、今の仕事に満足しているの?」父親は少し驚いた表情で、「何…04月07日 18時00分
  • 哀しみの果てに(28)
    「最も多くの時間を割いて、高齢者の世話をしているのは自分たち介護士ではないのか?食事の介助は言うに及ばず、排便排尿の処理、入浴補助、車イスでの散歩その他一日中世話をしているのは誰なのだ!…介護士だろう。医師と看護師だけで高齢者の介護が出来る…04月05日 18時00分
  • 哀しみの果てに(27)
    医師に散々な注意を受けた信吾は、ともかく家族に電話を入れて肺炎でM病院に入院となった事を説明した。真夜中に電話を受けた家族は「危険な状態なんですか?今から直ぐ病院に駆けつけるべきなんですか?」と、矢継ぎ早に質問を投げかけて来た。信吾はどの様…04月03日 18時00分
  • ご質問と回答欄
    これからのご質問は、すべてこの欄で承ります。ご質問はこちらからスマホをご使用の方は、このページの左下にあります「コメントを書く」からお願いします。ご質問と回答欄のトップへ戻る04月01日 18時01分
  • 認知症の質問を受けつけます。
    横浜市青葉区にあります緑協和病院の成川と申します。これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳…04月01日 18時01分
  • 哀しみの果てに(26)
    信吾はかつて経験した祖父との半年間に及ぶ介護生活が忘れられなかった。そこには介護と云う立場を超えた肉親の情愛があった。介護に関する知識は現在の方が遥かに高いが、人間としての深い繋がりがあった。それ故にこそ祖父の認知機能は、あんなにも向上した…04月01日 18時00分