創作小説屋

登録ID
1757274
サイト名称
創作小説屋
URL
http://blog.goo.ne.jp/shou0530
紹介文
高校同級生カップル(現在・普通教師×超美形医師)の27年愛。その他。完結・読切・R18、色々
カテゴリ
  • 小説(BL) (100%) - 3 / 165人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・三年目−7
    2006年4月2日(日) 【浩介視点】 アフリカを離れることを決めてからも、慶に連絡はしなかった。なぜなら、 「次は東南アジアに行く。慶も一緒にきてほしい」 なんて話を電話でするのは難しいと思ったからだ。やはり、目をみて、顔色を見ながら話を…10月21日 07時21分
  • 明日に延期します。
    毎週火曜日と金曜日の朝7時21分に更新している当ブログですが、 これから数時間後に更新する分が出来上がっておりません…… もし、更新をお待ちくださっているなんて有り難い方がいらっしゃったら、 せっかく見に来てくださったのに申し訳ないっと思っ…10月20日 02時49分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・三年目−6
    2006年2月 【慶視点】 「はじめは、慶が一緒にいってくれたらって思ったんだよ」 ケニアに旅立つ前日、浩介はそういっていた。 あの時のおれは、まだ卒後丸3年で、先輩方に助けてもらいながら、何とか仕事をやっているような状態で、とても着いてい…10月17日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・三年目−5
    【浩介視点】 中学校3年生の夏。 息苦しいブラウン管の中にいたおれを救ってくれたのは、『渋谷慶』という名前の眩しい眩しい光だった。 『渋谷慶』に再び会いたい一心で、初めて親に意見した。 「今通っている私立中学の付属高校には上がらず、地元の公…10月13日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・三年目−4
    2006年正月 【南視点】 浩介さんがいなくなって3回目のお正月…… 「なんかさ……悟りを開いた感じ?」 すっかり大人しくなってしまった兄に、半分喧嘩ふっかけるつもりで言ったけれど、 「なんだそりゃ」 兄はふっと笑って私の嫌味を聞き流した。…10月10日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・三年目−3.1
    2005年冬 【浩介視点】 山田ライトが、突然ケニアにやってきた。 「教えてくれれば迎えにいったのに……」 「サプライズの方が感動が大きいでしょー?!」 うひゃひゃひゃひゃ、とあいかわらずの笑い声が懐かしい。でも、アマラは「その笑い方やめて…10月06日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・三年目−2
    2005年夏 【浩介視点】 あかねと「別れた」ことになってから、7ヶ月が経った。けれども、こちらでは引き続き「遠距離恋愛中」ということにしている。なぜなら…… 「浩介先生は結婚しないの? うちの娘なんてどう?」 なんて話をされるからだ…… …10月03日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・三年目−1.2
    ** 高校二年生の初日…… 「これ、君の?」 机の横からスッと出されたオレの栞。白い手。その先を見上げて……… 「………!」 あまりにも驚き過ぎると、人は息をすることすら忘れるんだ、ということを、身をもって知った。 凛とした目元、白い肌、1…09月29日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・三年目−1.1
    2005年春 【長谷川委員長視点】 「おれ達にはどんな将来が待ち受けてるんだろうなー?」 そう、空に向かって叫んだのは、高校二年生の3月。修学旅行先の松陰神社の境内でだった。雨が冷たかったことを覚えている。 あの時、もうすぐ18歳だったオレ…09月26日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・二年目−3
    【浩介視点】 朝起きたら、慶がいなくなっていた。荷物もない…… 「………慶?」 ………夢? 慶がいたっていう夢を見たのか? おれ。 そう一瞬思ったけれど、リアルに残っている慶のぬくもりにそうではない、と思い直す。 話した内容も覚えているし、…09月22日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・二年目−2
    【慶視点】 おれは、無力だ。 その小さな命の火が消えた時、おれは自分の無力さを本当の意味で思い知った気がする。 「患者にも患者の家族にも寄り添える医者に」 「一緒に戦う戦友みたいな医者に」 そんな医者になる、と高校2年生の時に決意して以来、…09月19日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・二年目1
    2004年夏 【早坂さん視点】 ある入院患者が亡くなった。 彼女は健気に戦い、そして穏やかな最期を迎えた。誰のせいでもない。そういう運命だった、と、皆が言った。彼女の両親でさえ、深い悲しみの中でその運命を受け入れようとしていた。 でも、渋谷…09月15日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・一年目
    2003年9月10日 【浩介視点】 今日は、20代最後の誕生日だ。 子供の頃は、誕生日には必ず、外食に連れていかれたり、豪華な食事を用意されたりした。 でも、毎年、父は明らかな迷惑顔でその席にいて、母は「お父さんみたいな弁護士になるために、…09月12日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて 登場人物・あらすじ
    人物紹介 桜井浩介(さくらいこうすけ) 29→31歳。身長177cm。元高校教師。国際ボランティア団体所属。 表は明るいが、裏は病んでいる。慶に対する病的な独占欲、両親との確執、理想の教師像との相違に悩み、慶を置いて一人ケニアへ…… 渋谷慶…09月10日 07時21分
  • BL小説・風のゆくえには〜閉じた翼・裏話(泉視点)
    2003年4月1日。浩介出発前日。 まさか桜井浩介先生が、恋人である渋谷慶さんに、ケニア行きのことを話していない、なんて露程にも思わなかった泉&諒カップル。 なんの他意もなく、慶の勤務先の病院に「明日、桜井先生の見送りに行きたいので、出発時…09月04日 07時30分