ちりつもBL小説

登録ID
1759160
サイト名称
ちりつもBL小説
URL
http://109.saloon.jp/blss/
紹介文
偶数日の午前中に更新中。一部18禁。基本ハピエン。罰ゲーム後に恋人になった高校生二人が先輩が抱かれる側で繋がる「罰ゲーム後・先輩受」全19話完結しました。
カテゴリ
  • 小説(BL) (100%) - 2 / 163人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 雷が怖いので プレイ34
    1話戻る→ 最初から読む→ 彼の家ほどではないにしろ、ベッドルームが別になっているようなホテルの風呂場はやはりそこそこ広くて、二人で使っても窮屈感なんてものはない。 湯船と洗い場はしっかり別々になっているので、洗い場 […]11月16日 12時31分
  • 雷が怖いので プレイ33
    1話戻る→ 最初から読む→ 驚きを隠さないまま暫く何かを考えていた彼は、バイト中に許すなら初剃毛プレイにはそれなりの金額を払うのに、本当に今ここでそれを許すのかと問うてくる。そんなふうに言われたら、余計に今がいいって […]11月14日 11時29分
  • 雷が怖いので プレイ32
    1話戻る→ 最初から読む→ 人前で下着を脱ぐ機会なんてそうそうないものの、一度剃ってしまったら暫くはみっともない姿が続いてしまう。 自宅で準備をして、渡されたアナルプラグを埋め込んで、近所で買い物をしてからバイト先へ […]11月12日 12時36分
  • 雷が怖いので プレイ31
    1話戻る→ 最初から読む→ 昼間の話が尾を引いてか、夜は少し飲みすぎた。正しくは、飲まされた、かもしれないけれど。 夕飯時にお酒を勧められればもちろん断ることなんてせずに飲むけれど、足元が覚束なくなるほど酔うのは誕生 […]11月10日 13時00分
  • 雷が怖いので プレイ30
    ※ ここから先、相手へ告白済みです1話戻る→ 最初から読む→ 第四土曜日にデートみたいなお出かけをするようになって数ヶ月、その日は初めて、迎えに行くから家で待つようにと言われていた。いったい何の演出なのか、今日は何か […]11月08日 11時42分
  • 雷が怖いので プレイ29
    1話戻る→ 最初から読む→ この部屋を人に貸すことはそれなりにあるらしい。しかも、極稀にAV撮影に使われることもあるそうで、基本は男女で女性が責められる側のプレイが多いというのは納得だが、興味あるなら今度呼んでやろう […]11月06日 11時57分
  • 雷が怖いので プレイ28
    1話戻る→ 最初から読む→ 金が足りないかという問いかけにはもちろん首を横に振ったけれど、なら早く抱かれたいからかという問いには首を横に振ることも頷くことも出来ない。でも彼にしてみれば、それが肯定だっただろう。「お前 […]11月04日 13時20分
  • 雷が怖いので プレイ27
    1話戻る→ 最初から読む→ おしおきを受け入れて、お尻で気持ち良くなることだけを考えて、玩具だけの刺激で吐精する。 たぶん、した。出来たはず。 途中から意識が随分ともうろうとしてしまったけれど、ちゃんと「良く出来まし […]11月02日 10時24分
  • 雷が怖いので プレイ26
    1話戻る→ 最初から読む→ とても足を抱えた体勢を維持出来ない。外してしまった手を、救いを求めるみたいに彼へ向かって伸ばした。 払われてしまうかと思った手は、けれどあっさり彼を捕まえる。身を寄せてくれた彼に必死でしが […]10月30日 12時39分
  • スライム+聖水=ローション
    お使いの帰り道、上方から名前を呼ばれて振り仰げば、年上の幼馴染が柔らかな笑顔を振りまきながら、お土産あるから上がっておいでと誘う。帰ってたんだと嬉しく思いながら、すぐ行くと返して小走りに玄関へと向かった。 小さな町で子 […]10月29日 15時09分
  • 雷が怖いので プレイ25
    1話戻る→ 最初から読む→ 姿勢はそのままで、彼の指が抜け出た代わりに振動の強力な小型のローターが、お尻の中に埋められる。もちろんそれは、ちょうど前立腺を刺激するような位置に置かれていて、その刺激だけで吐精しなさいと […]10月28日 12時17分
  • 雷が怖いので プレイ24
    1話戻る→ 最初から読む→ 何か気がかりなことがあるなら先に話を聞こうかと言われたけれど、この部屋で誰に何をしたのかなんて聞けるわけがない。聞いたって同じことが自分にできるわけじゃない。ただただ余計な嫉妬を煽って、更 […]10月26日 12時42分
  • 雷が怖いので プレイ23
    ※ ここからは相手への恋愛感情自覚済みです1話戻る→ 最初から読む→ 部屋に一歩入った瞬間に気付いてしまった。ギュッと胸が締め付けられる気がして、グッと奥歯を噛み締める。 わずかに漂う塩素の香りは、汚れてしまった部屋 […]10月24日 12時22分
  • 雷が怖いので プレイ22
    ※ 洗腸行為がありますが描写は控えめ1話戻る→ 最初から読む→ 胸を開発するよりもお尻を開発するほうが、彼の中で難易度が高い理由はすぐにわかった。行為の前に腸内を洗うことが必須だからと言われて、軽くめまいがした。 た […]10月22日 12時14分
  • 雷が怖いので プレイ21
    ※ ここからは誕生日より少し前の時期になります1話戻る→ 最初から読む→ 整骨院やらマッサージ店とかに置かれているものに似た、けれど少し大きめサイズの簡易なベッドに腰掛けた彼と、数歩の距離を開けて見つめ合う。「始める […]10月20日 12時29分
  • 雷が怖いので プレイ20
    1話戻る→ 最初から読む→ リビングの扉をそっと開く。彼の姿はドアの隙間からでも見えるソファにはなかった。「まだ一時間も経ってないぞ?」 笑いをこらえるような声が、どう考えても自分に向かって話しかけてくるので、仕方な […]10月18日 12時23分
  • 雷が怖いので プレイ19
    1話戻る→ 最初から読む→ 静かな部屋の中に自分の零すため息が落ちる。 ここに立ち続けているだけで時給千五百円もの給料が発生しているのに、まったくもって欠片の嬉しさもない。それどころか、こうして一人部屋に取り残されて […]10月16日 12時25分
  • 雷が怖いので プレイ18
    1話戻る→ 最初から読む→ 翌週土曜の同じ時間、四度目となるバイトは玄関先で幾ら稼ぐかとか何をするかとかの話は一切なく、そのまま防音室に通された。今日何をするかは、前回のバイト終わりに決められている。 あの日の終り、 […]10月14日 10時24分
  • 雷が怖いので プレイ17
    1話戻る→ 最初から読む→ リアルに「上手にお漏らしできました」を聞かされて、色々な感情をごちゃ混ぜにして精神を昂ぶらせたままダラダラと泣き続けるこちらを宥めるように、優しいキスを繰り返された。口の中を舐められて、舌 […]10月12日 12時04分
  • 雷が怖いので プレイ16
    1話戻る→ 最初から読む→ いくら見せてと言われたって、できるだけ給料に見合うだけの仕事をしたいと思っていたって、これは流されて晒していい行為じゃない。はずだ。 排泄を晒させるプレイがあることは知ってる。こんなバイト […]10月10日 12時38分
  • 雷が怖いので プレイ15
    1話戻る→ 最初から読む→ お願いだからイかせてとも言えなくなって喘ぐ中、ようやく、限界っぽいからそろそろイッていいよと声がかかる。達せるようにと手を動かしてくれる。「ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛……」 喉から絞り出るような声を […]10月08日 10時15分
  • 雷が怖いので プレイ14
    1話戻る→ 最初から読む→ 壁に手をつき、背後から回された手に勃起ペニスを扱かれ、なんでこんなことにと思いながらもひたすら泣き喘ぐ。腕にも足にもとっくに力なんか入ってなくて、結局のところ床に座り込んでしまわないよう支 […]10月06日 11時57分
  • 雷が怖いので プレイ13
    1話戻る→ 最初から読む→ 相手の手を先走りでぐしょぐしょに濡らしながら、その手にペニスを擦り付けるように腰を振る。随分濡れやすいねと指摘されたけど、他人のカウパー量なんて知らないし、そもそも自分でする時はここまで濡 […]10月04日 12時07分
  • 雷が怖いので プレイ12
    1話戻る→ 最初から読む→ 彼は少しばかり考えるような素振りを見せた後、彼好みの下着を贈っていいかと聞いてきた。今後はそれらを着てこいってことらしい。「脱がすために?」「そう。脱がすために」「すごくエッチな、変な下着 […]10月02日 11時41分