つがる時空間

登録ID
1763221
サイト名称
つがる時空間
URL
http://tugarujikukan.info/
紹介文
こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。歴史民俗の探求をライフワークにしている私と一緒に、弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺しや『BORO』など…
カテゴリ
  • 青森県 (100%) - 10 / 143人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 【藤田記念庭園】ハナショウブ咲いでら♪6月最後の日曜日は無料
    弘前公園のすぐ近くにある藤田記念庭園では、ハナショウブがそろそろ見ごろです。私が出かけたのは19日でしたが、咲き始めていました。毎年6月のさいごの日曜日は無料開放日です!2017年度は6月25日。弘前市出身の実業家である藤田謙一が大正8年に…06月24日 12時58分
  • 【カフェテラスKE・RA・RA】ロコモコプレート・ランチ
    文藝同人誌『瑠璃の会』で久しぶりにランチ会がありました。最新号が発刊されて、打ち上げを兼ねての食事会。カフェテラスKE・RA・RAはおしゃれで女性やカップルに人気のお店。「太宰治まなびの家」の近くにあります。メニューも色々あるんですよ。チキ…06月21日 10時24分
  • 【青森のパン本・グラフ青森】89ものパン屋さんが大集合
    グラフ青森社から発刊されている「青森のパン本」は、おいしいパン屋さんが満載。県内の書店で取り扱いがあり、好評です。本体649円+税青森、弘前、八戸、むつ市などなど、あなたの町のパンもきっとある!焼き立てベーカリーには、そのお店のこだわりと真…06月19日 08時15分
  • 【スチューベンソフト】道の駅つるた『鶴の里あるじゃ』フルーティな美味しさ
    道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」は16周年!おめでとうございます。昼前のテレビニュースでにぎやかなイベントの様子が映し出されていました。道の駅つるたは五所川原方面へ出かけると、寄ります。スチューベンソフトがおいしい♪鶴田町はスチューベン葡萄の…06月17日 14時07分
  • 【高山稲荷神社】赤い鳥居が龍の形!商売繁盛の霊験あらたか
    ベンセ湿原から車で10分くらい離れた高台に、高山稲荷神社が建っています。300人が宿泊できる参籠所を併設し、晴れた日には海と山が望め景勝の優れた神社。五穀豊穣、商売繁盛のご利益があることで知られ、県内外から参拝客が訪れます。高山稲荷神社は海…06月14日 20時46分
  • 【ベンセ湿原】ニッコウキスゲの黄色い花じゅうたん、オオセッカの声も
    久しぶりにベンセ湿原に出かけました。ニッコウキスゲの黄色い花じゅうたんが津軽国定公園のなかに広がります。弘前市から五所川原を通って車で行きましたが、1時間ほどかかりました。ちょっと遠回りをしたみたい。ベンセ湿原があるのは、青森県の西北部にあ…06月12日 18時45分
  • あおもりの暮らし408号・ステンドグラス『びぃどろの会』を取材
    青森の暮らし408号が県内の書店で発売中です。特集は『青森のそば・比べて気づくそれぞれの味』グラフ青森社の下池社長が西目屋村の物産センター「Beechにしめや」でそばうち体験をされた記事や、東通村の東通そば、階上町の階上そばなど、蕎麦って奥…06月10日 06時57分
  • 【はるか夢球場】第一中学と第三中学の試合・26年ぶりの豆早慶戦!
    オープンしたばかりの弘前市運動公園にある「はるか夢球場」に、6月5日出かけました。どういう感じになったのかしらと見学のつもりだったのですが、駐車場がやたら混んでいます。何だろう? と思ったら、中学校の対抗試合!弘前第一中学校と第三中学校の歴…06月08日 04時53分
  • 【青森のタケノコ】おいしい料理5選・皮むきの下処理は?
    旬の青森のタケノコです。青森や秋田で自生するのは、ネマガリダケ。孟宗だけとは違い、笹竹の新芽。くせのない、さわやかな食味が自慢です。歯ごたえも良く、太宰治も大好物だったとか。クマも好物ですから、山菜採りへお出かけの方は注意をしてください。ク…06月05日 22時13分
  • 【スタバdeこぎん】2017年6月は新メンバーを迎えて
    恒例の『スタバdeこぎん』に参加しました。2017年5月29日はこぎんフェスに出展した作品を返却してもらい、新たな気持ちで刺しました。新メンバーおふたりを迎え、そのおふたりともご主人の転勤にともない弘前へ。小さなお子さんがいらっしゃいます。…06月03日 13時33分
  • 古民家sudatsuすだつ・アンティーク雑貨や文具のお店・レンタルスペースも
    弘前にオープンした話題の古民家sudatsuに出かけました。アンティーク雑貨や古民具、文具やレコードを置いています。そして、和室をレンタルスペースとして利用することも可能。いま全国的に古民家が人気で、古民家カフェも流行していますね。訪れた人…06月01日 14時19分
  • 弘前市久渡寺・オシラ講は新緑の季節に
    弘前市の郊外にある久渡寺(くどじ)をお参りしたのは、5月15日。長い石段を上ります。足が痛くて歩けない方は、車で本堂へ行く小道が別にあります。苔むした石段と天を突くような杉木立が、古い由緒を物語るお寺。歴代藩主に庇護され、また丸山応挙が描い…05月29日 08時32分
  • 【カフェ・エルミタージュ】1コインランチ弘前コーヒーゼリーパフェ・ドリンク付き
    初夏を通り越して一気に真夏のような気温の日。1コインランチ弘前vol.8の本を利用して、カフェ・エルミタージュに出かけました。コーヒーゼリーパフェとドリンクの1コインスイーツ。まったりと喉の渇きを潤しました♪カフェ・エルミタージュ弘前市城東…05月25日 16時39分
  • 【弘前城植物園】5月28日は無料開放・ハンカチツリーやボタン、シャクナゲが見ごろ
    ハンカチツリーが見ごろの弘前城植物園。1500種124,000本の樹木や草本がありますから、5月のこの季節は花々が咲き乱れています。そしてなんと、5月28日は無料開放日!毎年5月の最後の日曜日は弘前城有料有料区域と植物園が無料なのですよ。無…05月24日 21時56分
  • 太宰治まなびの家・文学講座「津軽・斜陽の家・太宰治を生んだ地主貴族の光芒」
    5月21日午後2時~3時に開催された弘前市【太宰治まなびの家】文学講座。鎌田慧著「津軽・斜陽の家『地主貴族』の光芒をもとにお話させていただきました。拙い私の講話をお聞き下さった皆様、ありがとうございます!弘前市出身の鎌田慧さんはルポルタージ…05月22日 21時57分
  • 【パンデリカ】カフェノアやマドレーヌ「1コイン弘前」
    前を通ったことは幾度もありますが、入店したのは初めて。弘前市城東地区にある『パンデリカ』で、1コインランチ弘前の本を利用してテイクアウトしました。HomeBakeryパンデリカ弘前市城東中央4-13-4?0172-27-3460営業時間8:…05月20日 13時22分
  • 山崎食堂「大鰐温泉もやしラーメン」1コインランチ弘前vol.8
    大鰐町の駅そばに建つ「山崎食堂」にやってきました。1コインランチ弘前vol8の本が発売されゲットできたので、さっそく利用してランチ。2017年5月10日〜2017年8月9日までの有効期間の1コインランチ弘前vol.8です。今回の特徴はパン特…05月17日 22時16分
  • 岩木山麓の菜の花畑2017・黄金色の花畑と残雪の岩木山がナイスビュー
    雨の天気予報がはずれたので、岩木山麓の山田野地区へ行きました。菜の花がきれいに咲き揃っています。5月15日の画像。ここ3年連続で出かけていますが、今年も残雪の岩木山と菜の花はみごと!ジャガイモなどの連作障害を防ぐため、菜の花を植えて毎年、咲…05月15日 21時55分
  • トゲクリガニと筋子納豆・太宰治の好物を食らう
    トゲクリガニとは?トゲクリガニのおいしい季節です!青森ではお花見の時期から近海物が出回ります。陸奥湾で獲れる毛ガニの仲間でちょっと小ぶり。甲羅の大きさは6~8cmほどです。青森市から津軽半島への途中に蟹田町がありますが、かつてはこのトゲクリ…05月13日 09時22分
  • 【第16回太宰治文学講座】講師は船越素子さん・太宰治まなびの家
    毎月第三日曜日に弘前市御幸町にある『太宰治まなびの家」にて開催の太宰治文学講座。4月16日は弘前ペンクラブ会員で詩人として『文學界』などでご活躍の船越素子さんが登壇されました。アップするのが遅くなりましたが、とっても興味深く拝聴しました。直…05月09日 23時02分
  • 【弘前りんご花まつり2017】桜からリンゴの花へ・表情豊かなリンゴの花っこ
    リンゴの花っこ、咲いでらよ。桜はあでやか、リンゴの花はめんこい。写真は5月3日の早朝、弘前公園にあった鉢植えのリンゴの花。表情豊かに、ほほ笑むようなりんごの花です。津軽の園地は今が花盛り。今年も弘前市のりんご公園では『弘前りんご花まつり』が…05月05日 13時26分
  • 禅林街には桜が似合う・仏舎利塔(忠霊塔)がある禅林広場
    桜の季節に禅林街を訪れたのは初めてでした。4月24日の写真です。このときソメイヨシノは7分咲きくらい頃。この道の両脇に禅宗の三十三ヶ寺が並んでいます。2代藩主の津軽信牧(のぶひら)公が城郭を計画したとき、裏鬼門(南西)の砦として、主要な寺院…05月04日 16時49分
  • 【そらとぶこぎん創刊号】こぎん刺しの雑誌、できました
    年に一回、発行の「そらとぶこぎん」創刊号が津軽書房から発売されています。待望の雑誌はシンプルな表紙で、中身は濃い!特集ページには、こぎん刺しの再興を刺し手として支え続けた故・高橋寛子さんの情熱が描かれました。「こぎんは後に残るものだから、『…05月02日 08時41分