癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療

登録ID
1766169
サイト名称
癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療
URL
http://fanblogs.jp/satorutosiko/
紹介文
肺がんと闘病した1年間、順調に見えて壮絶だった母が永眠。残された半身麻痺で要介護の父・・・毎日思いのままに語っているブログです。
カテゴリ
  • 肺がん (20%) - 8 / 51人中
  • 闘病記 (80%) - 8 / 228人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 霊を見るなら
    私は生まれてこの方「霊」を見たことが無い。怪しいもの、疑わしきものをみたり感じたりしたことはある。しかしながら、疑惑は疑惑のままだ。怪しいものは、言い換えれば未確認のもの、決定的な証拠もなければ確信もない。それでも、夜中に目が覚めた時だった…09月23日 05時00分
  • 記憶のスイッチ
    毎年恒例の季節がやってきた。ブログを始めて3年目。この季節になると、必ず記事にするのが「金木犀の香りについて」・・・だ。金木犀には沢山の思い入れがある。ジャンル問わず、沢山の想い出が詰まっている。運動会の時、恋をした時、友達と遊んだ時、テス…09月22日 19時38分
  • 何も聞けず、何も聞かず
    後輩の母親が他界した。後輩と言っても、年齢は一回り以上離れている。御年50代半ばでこの世を去ることになった。死因は「病死」・・・癌・・・だそうだ。自分も母親を癌で亡くしたから後輩の気持ちを少しくらいはわかってあげられると思う。でも後輩はまだ…09月21日 20時46分
  • 他界しても尚
    こんなに簡単に想い出せるのに、こんなに近くに感じることも出来るのに、あなたの笑顔、あなたの声、あなたの温もり、あなたの優しさ、あなたの気遣い、あなたの・・・母はもういないが、なぜだかいつも感じることができている気がする。逝ってしまったばかり…09月20日 20時17分
  • しばらく逢えない
    母に逢った日・・・夢の中で・・・母が私の名前を呼ぶ声がしていた。私も母を呼び返した。やがて母が目の前に現れ、抱擁した。母の匂いがした。あれから・・・母とは逢っていない。あの時、母は言っていた。特別に許可をもらった・・・と。許可・・・?!何の…09月19日 20時34分
  • がんぼう〜癌望から癌暴へ〜
    癌になっても生きる気力は失わない。どうすれば生き続けることが出来るのか、何が最善なのか・・・癌を患った患者にとって、その家族にとっても最善の方法とはどういうことなのか・・・?母を看取った家族の一人として、未だに辿り着くことはできない。こうし…09月18日 19時09分
  • まだまだ若い
    敬老の日・・・父に会いに行った。いつも通り、元気そうだったが、目に見えて老いていく父。その違いは表情にハッキリと表れている。目じりのしわ、くぼんだ目、歳と共に着実に老いて行っている父。それは私も同じ・・・皆同じ・・・。目に見えて老いて行くか…09月18日 18時37分
  • 黒い影に怯える息子
    帰宅中にそれを見た。黒い影・・・腰くらいの高さの何か・・・黒い物体が・・・それはハッキリとではなく、視界に入ったもの。だから、確信はない。疑惑は疑惑のまま・・・だ。ただ、それを見た・・・体験した息子は怯えている様子。考えれば考えるほど怖いが…09月17日 20時18分
  • 処分
    終活準備と終活事後処理母の終活として、母と共に葬儀の事や今後の事について色々と話しておいたことは、良かったと思っている。それでもまだまだ事足りないことの方が多かった。手元には母の思い出の品が沢山残っている。今現在で、処理に困っているものが二…09月17日 06時00分
  • 身体中が痛かった
    痛みは、治療開始4か月後半ころから少しずつ感じていた母。痛む箇所は、「全身」・・・例えば、当時、首元から肩にかけて「コリ」とはまた違った痛みがあると教えてくれました。痛みの度合いは、そんなにひどくはなく、我慢もできるとのことだった。我慢も個…09月16日 20時37分
  • 楽しい時、幸せを感じる時、あなたの顔が浮かびます
    母を亡くして1年と9か月。大きな悲しみに包まれていた日々は過去へと移り変わり、少しずつ、少しずつが積み重なり今に至っている。楽しい時に笑い、笑いたい時に笑えるようになった。幸せを感じることも増えてきた。それと並行して、悲しみに包まれる回数も…09月16日 06時00分
  • この時期になると出てくる症状
    肩こりが辛くなる。目の疲れが著しい。脳がソワソワするような感覚。イライラし易い。二年前の今頃、母の看病が心の負担となったのかならなかったのかは定かではないが、私は体調を崩した。高血圧・・・といっても最高血圧150前半程度。動悸を激しく感じる…09月15日 20時11分
  • 自由気ままに生きたことの代償
    父は自由人。根っからの職人で大酒のみのヘビースモーカー。給料はお酒を中心とした交遊費に殆どを持っていかれ、更には競輪・競馬にも手を出していた。女性関係はよくわからないが、現在の父に聞く限りでは、色々な蜜月が会ったらしい・・・。女性関係の話を…09月15日 06時00分
  • 母からの贈り物
    母が亡くなってからも我が家族を気に掛けてくれている親戚。物心ついた時から、親戚付き合いは殆どない。親戚は東北に集中している。子供の頃は、一年に一度程度のペースで母が帰郷していた。私に関しては、2歳の時に連れられて行ったきり・・・だ。もちろん…09月14日 20時10分
  • ”絶対に諦めない精神”の落とし物
    母の闘病中の私の心は一つの願望に向かっていた。その意志は必ずしも固いものではなかった。時に揺らぎ、時に決意し、そして願った。信じることで、自己暗示をかけようともした。母が病気に対してポジティブになるように仕向けたりするなどある意味、母を洗脳…09月13日 20時59分
  • 老眼鏡デビュー
    ここ数年で、老眼の症状が進行している。少しずつ・・・なのか、急速になのか・・・わからないが、気がついたら結構な老眼となっていた。夏前くらいからだったと思う、読書の時に字がかすむというか、ぼやけて見えるようになった。目の疲れか・・・気のせいか…09月12日 20時30分
  • 18年前の結婚式
    今日は私たち夫婦の結婚記念日だった。休暇を貰い、今日は一日妻とデート。子供が大きくなると、夫婦の時間はおのずと増える。結婚式と結婚披露宴を行った式場に夫婦そろって足を踏み入れたのは18年ぶりの事。事前に式場の方に、式場を見せてもらう旨のアポ…09月11日 20時20分
  • 姉の存在
    母が他界した悲しみが、少しずつではあるが確実に緩和されている。その大きな要因の一つに姉の存在がある。姉が母の代わりをしてくれたというわけではない。母は母であって、姉は姉である。姉には姉なりの、姉独特の存在感であったりキャラがある。姉は無理し…09月10日 20時21分
  • 言霊
    考えていること、思っていることを声に出す。これは簡単なようで難しい。特に、性格の差が出るのではないだろうか・・・。人は不満や文句を吐くことを好む傾向があるようだ。よく、「毒を吐く」というような表現を耳にするが毒を吐いた方は、すっきりしている…09月09日 22時19分
  • 保険
    結果だけで言わせてもらえば・・・役立たずの保険だった。結果論・・・保険はあくまで保険。使わないことに越したことはない。無病無災害であることが一番望ましい。しかしながら、統計上はそうもいかない時代となり、そのリスクは年々増している。医療技術も…09月08日 23時18分
  • ・・・何かがいる
    やっぱりいる・・・見える・・・右上隅に・・・白い影?!・・何かが視界に入る。視界に入るギリギリの所・・・に・・・以前も一度記事にさせて頂いた件。以前は黒く見える時もあったがここ最近はずっと白い影。今日は特に・・・その方向から音がする。ラップ…09月07日 22時35分
  • 物凄い速さで・・・
    時間というものは過ごし方次第で全く違った感覚を覚えるものである。静かな海、緑に囲まれた森林、小川のせせらぎを聞きながら過ごす・・等、まるで時間が止まっているかのような錯覚さえ覚える。時間は絶対に止まらない。朝起きて、夜寝て、また起きると何か…09月06日 22時02分
  • 骨と皮
    ザ!世界仰天ニュースを観ている。骨と皮の女性を見て思い出すのは紛れもなく、母である。頭蓋内腫瘍摘出手術、放射線治療、抗がん剤治療を経て母は少しずつ着実に痩せていった。その間、約10カ月・・・。もっとも母は、その後浮腫みがはじまり他界した時に…09月05日 22時39分
  • 秋風
    寒い・・・今日一日を通して感じた事。動いている時は涼しく感じ、止まっている時は寒かった。極端な温度変化はこの時期ならではの事。秋の、この時期らしい風なのだろう。涼しく心地よいが、どことなく冷たく感じた。母が生きていたら、凄く寒かった・・・そ…09月04日 22時43分
  • 殺めた直後、母の墓前で起きたこと
    先日のブログで、「雀の奇行」の記事を書いたのですが、その話には続きがあるというニュアンスで幕を閉じました。その話の続きでございます。今年に入って十数羽の雀を殺めてしまった・・・。理由はともかくとして、事実である。いずれも車の運転中という不可…09月03日 21時28分
  • 時と共に・・・
    色褪せた絵に気づいた時、元々の色を思い出すことは簡単か・・・。記憶という「絵」をそのままで保存するには、常に色を保つ必要がある。日々色褪せていく・・・記憶と共に・・・元来の色に戻すことは容易ではない。少しずつ、少しずつ、色という記憶は褪せて…09月02日 22時01分
  • 雀の奇行
    今年二度目。人生で初めてが、今年二度起きている。一度目は今年の始め、一月のこと。通勤途上中の私の自家用車に雀の群れが突っ込んできた。通常であれば、車が来る方向とは逆の方向に飛ぶはずが、私の車の方へ、しかもかすめるようにではなく突っ込んできた…09月01日 22時10分
  • 看取ることが出来たということ
    母が他界して1年と8カ月以上が過ぎた。時が経てば経つほど、いろんなことが見えてくる。物事の捉え方も違ってくる。どれほどの後悔を抱えようとも、どれほどの悲しみを味わおうとも、どれほどの寂しさを感じようとも・・・実の母親の死を・・・母の最期を看…08月31日 21時57分
  • 変化なし
    これと言って変化なし。最高血圧は135前後を推移。最低血圧は70〜90の範囲を行ったり来たり。処方されている降圧剤はケルロング5mg最近、食が細くなったというか、お腹いっぱいになるまで食べなくなった。もちろん意識してそうなった。最近ではそれ…08月29日 22時39分
  • 30年以上ぶりの聖地
    最後にあの聖地に足を踏み入れたのはいつだっただろう・・・小学生時代、夏時期になるとそこに通い詰めた。朝早く、学校帰り、稀にではあったが夜にも足を踏み入れた。その多くは友人とだった。初めて足を踏み入れた日の事は覚えていない。だから、誰に教えら…08月27日 22時17分
  • 姉の苦悩
    話を聞いてくれる人はいても理解してくれている人は限られている。理解していくれていても、なんでも言える人と、そうでない人がいる。それは家族でも同様である。親には言えない、親だから言える、兄弟姉妹には言えない、兄弟姉妹だからこそ言える、異性だか…08月25日 22時32分
  • 本当の母の身体は!?・・・
    どちらかと言えば痩せ形だった母。60を過ぎると、ポッコリお腹を気にするようになった。若かりし頃の写真を見ると、母はぽっちゃり系だった。子供の頃から、お前のお母さん綺麗だな・・・美人だな・・・同級生から、先輩から、先生から言われた。成人した後…08月23日 22時54分
  • 身体の異変には気づけていたのに・・・
    後悔先に立たずこの言葉を何度頭に浮かべたことだろう・・・。なぜ・・・どうして癌に気づけなかったのだろうか・・・仮に、今更それを知ったところでどうなるものでもない。あの時どうすればよかったのか!?その答えにすらたどり着けない気がしている。それ…08月22日 22時29分
  • あの時の母にとって、本当に重たかったのは車椅子ではなくて・・・
    最初に購入した車椅子両親と同居初年度、私は父のために車椅子を購入した。と言っても、中古で1万円程度だったと記憶している。父の為に買ったとはいえ、実際にそれを運転するのは母だった。散歩、近所の病院への通院・・・か弱い母には重過ぎた車椅子。何も…08月21日 23時00分
  • ラジオに喜ぶ父
    入所中の父にラジオを届けた。闘病中に母の為に購入したCD&ラジオ。音楽療法を取り入れようとの試みでもあった。左半身麻痺の父にとって、自由は効かない。それはラジオも同じ。施設の職員さんにスイッチを押してもらう必要がある。チャンネルも変えられな…08月20日 22時09分
  • シャンプーする時、目をつぶるのが怖かった
    お風呂場で洗髪する時、目をつぶるのが怖かった。シャンプーが目に染みると痛い。でも目はつぶりたくない。子供の頃はそんなことの連続だった。先日、洗髪している時にそんなことを思い出した。そう言えば・・・シャンプーハット使ったなぁ・・・それがきっか…08月19日 22時13分
  • 肺がん発覚1週間前の日記に・・・
    2015年1月9日時々息苦しく、胸が苦しいそう記してあった。この時点では、まだ肺がんとは知らされていなかった。2014年末に緊急搬送されて、精密検査の為に大きな病院に転院した。それが2015年の1月9日だった。この時点でハッキリしていたのは…08月18日 22時15分
  • 十円玉に宿った魂
    母の弟・・・叔父は40代前半で他界した。姉である母の事が大好きだったと聞かされている。その叔父を火葬した時、叔父の棺桶に入れた十円玉を一緒に焼いた。当時は一部地域でそういう慣習があったようだが現代では許されていない。私はその十円玉を一つ渡さ…08月17日 22時23分
  • 夏の終わり
    夏が終わる。夏が終わった。寝過ごしやすい夜。いつまでも眠れそうな朝。セミの泣き声も少しずつ減っている。クワガタやカブトムシは8月に入って激減。夏の終わりが近づいていた。夏は過ぎ去った。気がつけば、暦の上では秋になっていた。この時期が来ると、…08月16日 06時00分
  • お盆、音、夢・・・帰ってきてるの?
    あの夢・・・あの出来事以来・・・母とは逢っていない。説明できないような母との再会だった。正に夢のような出来事だった・・・。その夢で母が教えてくれたことは決して沢山ではなかったが、何とかしてそれらを立証したいと思っている。ただ、その術が見いだ…08月15日 18時00分
  • しきたりや慣習の押しつけ
    母が他界して、二度目のお盆。我が家では、お盆にお坊さんは呼ばない。入盆前にお墓参りをし、入盆の夕方に迎え火を焚きそれなりのお供え物をあげて過ごしている。お経は私の毎朝の念仏のみ。昔からの慣習やしきたりの通りにやらなければ・・・そんな感覚に近…08月15日 10時45分
  • 墓石が綺麗だね、と言われて・・・
    盆入り前の墓参りに行った。妻方のお墓と、自分の母のお墓と・・・盆入り前に、両家のお墓参りを済ませた。母のお墓には週に5日通っている。そして、そのことは妻には言ってない。通勤前にお墓に寄って、墓石を磨いていることを・・・。そんな母のお墓に久し…08月11日 22時31分
  • 親護り
    子供の頃始めた「おまじない」・・・親護り。きっかけは幼なじみの友人から教わった。親護りとは、親指を握りしめること。拳を固める時、通常は親指は外側になるが、親護りは親指を中に入れる。文字通り、見た目通り、親指護り・・・親護り・・・。そんな語呂…08月08日 22時55分
  • 何と闘っているんだ??
    自分の居場所がないと嘆き苦しんでいる。それは甘えだ・・・と他人から批判されるとすぐにかみつく・・・。同時に、他人を否定し自分を正当化する。人間の心理上仕方のないことでもある。ただ・・・どうしたいのかがはっきり見えない人も存在している。一体誰…08月08日 11時04分
  • 一輪のユリの花
    仏壇のお水を撒く場所窓の外に一輪のユリの花が咲いていることに気づいた。自宅の庭にはユリの花の球根が多くある。前の所有者がユリ好きだったのだ思う。この時期になるとユリの花が多く咲く。ここ数か月、庭の草むしりなどは妻に任せていたこともあり、庭の…08月07日 23時18分
  • 生まれ育った想い出の場所
    生まれ育った土地を歩いた。見慣れた土地だが、住宅が増えて、開発が進んだ土地は子供の頃とは全然違っていた。午前8時・・・とても暑かった・・・。汗だくになりながら、歩き続けること20分。最初に向かったのは湧き水だった。水遊び場として格好の場所で…08月06日 22時29分
  • 物凄い汗
    妻の汗っかき具合が物凄い。今年の夏は暑い。汗をかかずにはいられない。汗をかくことは良いことだ。体温調節をするために発汗しているのだから。ただ、妻の汗の出方が半端ない。昔から知っている妻だからこそわかることもある。その変化に気づかなかった分け…08月06日 20時42分
  • 幸福感
    突然だが、当たり前のことを言う。私は幸せ者だ。何が・・・!?という声が聞こえてきそうだ。生きていることが幸せと感じる。まずは、そう思えることが幸せだ。何があったと言うわけでもない。突然、ふとした瞬間に思ったわけでもない。純粋に、そう思う。両…08月04日 21時21分
  • ”口”ヘルペス
    また出来た。口ヘルペス。鬱陶しいから嫌いだ。大概が、かゆみから始まる。あれ?!・・・と思った時には出来ている。ある意味、毎年恒例の出来物だ。記憶では、小学生低学年の頃から・・・最初は上唇と下唇の境目付近・・・両端のどちらかかがなることが多か…08月02日 22時21分
  • 泣きじゃくりたくなる瞬間
    それは・・・ふとした瞬間にやってくる。母の思い出は沢山ある。楽しい想い出、悲しい想い出、それらがちょっとしたきっかけで蘇る。今となっては、それが自然な流れとなっている。それらの想い出の受け止め方も、その時の心境や体調によって様々に変化してい…08月01日 22時42分