癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療

登録ID
1766169
サイト名称
癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療
URL
http://fanblogs.jp/satorutosiko/
紹介文
肺がんと闘病した1年間、順調に見えて壮絶だった母が永眠。残された半身麻痺で要介護の父・・・毎日思いのままに語っているブログです。
カテゴリ
  • 肺がん (20%) - 4 / 51人中
  • 闘病記 (80%) - 13 / 210人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • お化け屋敷の入口が出口だった日
    お化け屋敷・・・一番最後に経験したお化け屋敷というと遡ること二十数年・・・富士急ハイランドの「処刑の館」だ。カテゴリーはお化け屋敷ではないかもしれないが、自分の中でのジャンル分けでは、お化け屋敷になる。衝撃だった・・・ある意味、新鮮だった・…11月24日 01時00分
  • こういうことだったのか・・・!?
    母の遺志を尊重したというべきか、母が言ったことを鵜呑みにし過ぎただけだったのか・・・母の葬儀は密葬に近い家族葬だった。誰も呼ばなくていい・・・お母さんは、お前のその後の付き合いが大変だから気を使ったんだよ・・・後に、姉が言った言葉はいまだに…11月23日 01時00分
  • 介護職の水面下の闘い
    この二年半でどれだけの職員が去って行ったことか。父がお世話になっている老人ホームの職員さん達のことだ。温かみのあるホームだ。各職員さんの仕事の出来、不出来はわからない。ただ、良い人、人間の出来た人は多いと感じる。問題は、その良い人、人間の出…11月22日 01時00分
  • 守れそうにない母との約束 その弐
    母が他界した年の夏の事だった。葬儀屋さんを自宅へ呼び、母の葬儀について事前の話し合いをした。いわゆる・・・終活。母と話し合った結果、葬儀屋さんを呼ぼうということで始まった。悲しい打合せだったが、やっておいて良かった・・・と、今でも思う。当然…11月21日 20時00分
  • 守れそうにない母との約束 その壱
    母との約束は守りたい。約束だから。ここで言う約束は、約束というより遺言ともいえる。他界する二日前、まだギリギリ意識はあった。病室で・・・何とかしゃべろうとする母。息苦しさは限界を超えていたことだろう。言いたくても言えなかったこともあったと思…11月21日 01時00分
  • 貧乏の想い出
    幼少期・・・物心ついた時、自分の家が貧乏であるという自覚が芽生えた。自分の家だけが貧乏だったというわけではない。隣近所、同級生にも貧乏と思われる家庭はあった。私の家はそのうちの一つだったに過ぎない。貧乏だったことを恥じる気持ちは大いにあった…11月20日 20時00分
  • 見張り役のカラス
    母が眠るお墓の周辺にはいつもカラスがいる。私が現れると見張り役のカラスが盛んに鳴く。その見張り役のカラスの目線を感じつつ、お墓参りする。必ずではないが、他のお墓でもカラスがいることが多い。やはりお供え物や生花等、食料補給の場となっているのだ…11月20日 01時00分
  • あと10年、こっち(この世)に居たかった
    68歳の誕生日を迎えて数週間で息を引き取った母。脳腫瘍の疑いで始まった母の入院生活。検査に検査を重ね、転院したあげくステージ4の肺がんであることを告げられた母。病院で母が言った・・・世代交代だね・・・と。以前にもブログ記事にしたことがあると…11月18日 01時00分
  • atrix
    母が愛用していたハンドクリーム。幼少の頃から知っている懐かしい香り。あの匂いすると、母を想い出す。夜、就寝前になると必ず使用していた母。手に擦り込むようにしている姿は今でも浮かぶ。私も子供ながら、手が荒れている訳でもないのに無駄に使っていた…11月17日 01時00分
  • 七五三の想い出
    七五三の記憶・・・それは自分が子供の頃の記憶と自分の子供たちの七五三の記憶。そのどちらも懐かしい。兄姉・・・自分の三人兄姉弟だったこともあり、毎年のように連続して千歳飴にありつける時期があった。幼い頃は年に一度の恒例行事のように感じていた。…11月16日 01時00分
  • 幻視の副作用
    幻視とは・・・実際にはない物が、あたかもあるかのように見えること(大辞林より)幻視は一般に意識障害の際に現れやすく、症状精神病、中毒性精神病に多く見られる様です。あくまで、物の例え・・・勘違いしないでいただきたい・・・私自身に幻視の症状が現…11月15日 01時00分
  • 心無き油断
    あの日、坂道を転がる以上のスピードで悪化した母。直滑降に近かったといっても過言ではないだろう。救急車を自宅に呼び、病院に運ばれるまで数十分。救急車のに乗った途端、母の呼吸は激しくなった。病院到着後、待たされること一時間。再会した母は既に目が…11月14日 01時00分
  • 脳腫瘍が見せた幻覚
    入院して翌日、点滴投与によって落ち着きを取り戻した感のある母。しかし、なにか違和感がある・・・それは異様とも思える母の「テンションの高さ」だった。話すときの感じ、甲高い笑い声、すごく違和感を感じさせる。もともと性格は明るいのですが、それにし…11月12日 01時00分
  • おばちゃんの命日
    おばちゃん。私にとって、おばちゃんは沢山ではないが結構いる。ここで言うおばちゃんは、妻方の叔母にあたる。妻が幼少の頃から物凄くお世話をしてくれた叔母だと聞いている。明るくて、ハキハキとしていて、声も大きい元気なおばさんだった。結婚後、私もと…11月11日 00時00分
  • 夏ではなくて・・・なぜ今?
    来訪者とでも言おうか・・・季節外れの登場に、妻と凍り付いてしまった。普通であれば、この来訪者の登場シーズンは夏のはずだ。しかも、この夏にこいつは登場していない。少なくとも我が家の誰も見ていない。それが、なぜ今なんだろう・・・と言い出しても始…11月10日 20時14分
  • 道路脇の子猫
    温泉街に差し掛かろうとした時、トヨタ製の白い乗用車とすれ違った。温泉街・・・道幅はそんなに広くはないがその車はかなりのスピードで走り抜けた。その日は雨模様だったこともあってか、人影はほとんどなかったとはいえそんなに出すか?という感情が私の心…11月10日 01時00分
  • 買い物中の幻想
    「わっ!!」買い物中に他界した母が私を驚かせた。その母は私の左前から突如として現れた。とても温かい気持ちになれた。まるで、本当に母がそこに居るかのような気持ちになった。・・・もちろんこの話は妄想である。買い物中の私の脳裏なのか心の中なのかは…11月09日 19時18分
  • 遠い記憶
    幼少期の記憶は多いようで少ない。ハッキリしているようで薄い。当たり前のように傍にいてくれた母。おんぶもしてもらったし、抱っこもしてもらっただろう。そのどちらの記憶も薄い・・・かろうじておんぶの記憶は残っている気もする。おんぶひもは記憶に残っ…11月08日 01時00分
  • 白い天使
    あの可愛らしい姿を生涯忘れることはない。まん丸い目、透き通った白色、心に染みわたる歌声。あの時子供でなかったら・・・ちゃんとかわいがることが出来たと思う。名前は「ピーコ」。当時飼っていた手乗り文鳥の名前だ。とてもなつっこくて可愛らしい奴だっ…11月07日 01時00分
  • やっぱり、居るんだ・・・よね
    やっぱり、いなくなるはずがない。どこから?何処から見てる??写真の向こうから??空から??仏壇・・?・・位牌・・?・・お墓・・・??久しぶりに母の散歩コースを走った。母が歩く姿を思い浮かべるとそこには母の姿が浮かんでくる。あたかもそこに居る…11月06日 01時00分
  • ”病む” を ”病んだ”
    病める・・・病気で苦痛を感じることとある。しかしながら、病気という概念はとても曖昧で何をもって病気とし、何をもって病気としないかは様々であり現代社会において、その論議に決着は着いていない。(Wikipediaより引用)私も、自分は今病んでる…11月05日 01時00分
  • 老婆の涙
    御年94歳。ご近所にお住いの老婆は独身の息子と二人住まい。息子さんは身体が弱いらしく、ここ十数年でお顔を拝見したことは一度くらいしかない。おばあさんは声が大きく、元気もある。小型犬を飼っていて、いつものように散歩する姿を見てきた。だが、最近…11月04日 01時00分
  • 蛇と母と腐敗臭
    生前、母は蛇が大嫌いだった。見るだけでゾクッとするらしい。私が生まれ育った家はとてもとても古い借家だった。トタン張りの建物で、大正時代にカーテンの製造作業場として建てられたものを居住用に改造したものだった。なので、いろんな生物が登場した。い…11月03日 01時00分
  • 悲しみのぶり返し
    母が他界した直後から・・・それまで抱いていた心配や不安と言ったものが現実となった反動なのか強い悲しみが押し寄せ、それが何日も何日も続いた。いつになればこの悲しみから抜け出せるのだろうか・・・涙はとめどなく溢れ続け、仕事中も、車を運転中も、食…11月02日 01時00分
  • ”一怪”のトイレ
    消したはずの電気消したつもりが消していなかった・・・そんなことはよくあること。少し前から、一階のトイレの電気の消し忘れが目立つようになった。消し忘れには気をつけている・・・つもりなのだが、どうしてだろう・・・・点いている時がある。今日・・・…11月01日 01時00分
  • 確かに聴こえた・・・母の音
    早朝の私は半分夢の中、半分現実といった状態だった。今は無い、生まれ育った家にいる夢を見ていた。何をしていたかは思い出せないが、途中から場所が変わったような感じ・・・夢ではよくある。私の実家(生家)は二部屋しかない。リビングは夜になると両親の…10月31日 20時36分
  • ”誤診のせい”にしようとした
    母の肺がんが発覚した当時、私の心が一瞬だけ攻撃的になった。それは、母の健康診断結果が異常の所見なしの診断結果をもらってほんの一ヶ月に救急搬送された母。最初の病院では「脳腫瘍の疑い」止まりで、もっと精密な検査を受けることを勧められ大きな病院を…10月30日 19時14分
  • 睡眠不足
    生活習慣というのは怖い。不摂生をしているという自覚さえも薄らぐ。私の場合・・・自分の私生活を、生活習慣を見つめ直すということはまずは全てを否定することから入らなければならない・・・。食事の時間、食事内容と食事の量、起床時間と就寝時間・・・ど…10月29日 20時53分
  • 治療に専念・・・とは
    癌を患い、治療に専念する・・・と聞くと手術や放射線治療、抗がん剤治療・・・とあまり聞きたくない用語が浮かぶ。癌のステージにより様々だが、どの治療もリスクを伴う。そのリスクと自分の・・・家族に命を天秤にかけるようにして治療の選択をすることがあ…10月28日 19時51分
  • 痺れやすい足
    血圧が高い状態が続いていることで気づいたのだが、足が痺れやすいことに気づいた。それが血圧と関係があるかどうかもわからない。でも、そう言えばいつからか足が痺れやすいな・・・とうすうす気にはなっていたことを思い出した。お風呂に入ると足先がピリピ…10月27日 19時59分
  • 夫婦の時間
    父と母の夫婦としての時間は終わってしまった。約50年間ずっと寄り添ってきた夫婦。母が父に尽くした・・・そんな夫婦生活だったと思う。母は精一杯、父の為と子供の為に尽くしてくれた。最期の最期まで・・・。あともう少しで結婚50周年・・・「金婚式」…10月27日 01時00分
  • 空は空ではなくて、透き通った白い天井のようだった
    あの日の夢でのことを母との再会と思っている。そして今現在、あの再開を最期に母は現れなくなった。少なくとも、記憶にはまったく残らない。敢えて、夢に出てきて欲しい・・・と願うことも自粛している。母にお願い事はしないように気をつけている。母にはし…10月26日 20時04分
  • 迷惑だなんて思うわけないじゃん
    ごめんね・・・大変な思いさせちゃったね・・・迷惑かけるね・・・闘病中の母の口から出るのは謝罪の言葉が多かった。母の突然の入院は確かに驚いた。普段母がやっていることすべてが一気に押し寄せた。特に、父の事が一番辛かったと感じる。でも、あの当時は…10月25日 19時19分
  • 高血圧・・・異常なし
    何だかよくわからない。会社の健康診断で血圧が高いと言われた日から、自宅でこまめに血圧を測るようになって20日が過ぎた今日、係りつけの医者に診てもらった。自分で計ると軒並み150を超える最高血圧。最低血圧も100を下回ることは殆どない。自分で…10月25日 01時00分
  • 母を怒鳴らせた一言
    私の母は温厚で優しい人だった。誰にでも同じように接することが出来、人の悪口は叩かない、こぼさない人で他人を寄せ付ける力のある人だった。子供の頃から甘えん坊で短気の典型的な末っ子の私にでさえ怒鳴ることはなかった・・・少なくとも怒鳴られた記憶は…10月24日 20時03分
  • 百万回の反省と一万個の気付き
    大げさな表現だが、母が他界した後私は多くの反省を繰り返している。母がこの世を去って一年と十カ月が経つ。この間、百万回くらいは反省しているのではないかと思うくらい毎日が反省の日々である。そして、百回の反省に一度くらいのペースで「気付き」という…10月23日 20時21分
  • 嵐の前の静けさ
    無風、少雨・・・とても超大型の台風が向かっているとは思えない。それでも着実に近づいている。超大型の台風・・・母が生きていたらビクビクして不安がおさまらないだろう。床上に浸水したらどうしよう・・・とか避難した方がいいかな・・・とか・・・母が闘…10月22日 20時45分
  • 床下浸水
    両親と同居する前の年、秋の台風の大雨の影響により我が家は床下浸水した。河川の増水により逃げ場が無くなった水が溜まり近所一帯は湖のようになった。避難勧告で消防関係の方々は騒然となる一方、高齢者や不自由な家族を抱えた家庭は各自家庭に留まり救助用…10月21日 19時46分
  • 遺影に毎日・・・
    毎朝、母の遺影に「おはよう」を言い、仕事から帰れば「ただいま」と言い、毎晩、母の遺影に対して「おやすみなさい」を言う。ずっと続けている。母が生きていた時と同じように、そして思い出すかのように・・・。死後の世界に、朝昼夜の概念はないという。だ…10月20日 21時15分
  • 鎮痛剤アレルギー
    痛み止め、解熱剤を使用することが出来ない。これらを服用するとアナフィラキシーショックを起こす可能性があるために使用できないというアレルギーの持ち主。そんな人が身近にいた。職場の同僚だった。高熱が出ても、抜歯をしても、手術をしても、頭痛が酷く…10月20日 01時00分
  • 母だったら、どうするだろうか!?
    大した問題ではなくとも日々のちょっとした悩みや問題は起きる。その度に母を想い出す。母だったらどうするだろうか・・!?そんなことを考えることは多い。母は完璧な大人でも、完璧な女性でもなかった。でも、母は私にとって偉大な一人の人間であったことは…10月19日 20時06分
  • 血圧は上昇していた
    ここ二日間、降圧剤の服用時間を変更している。毎朝一錠を服用していたが、夜の服用に切り替えた。妻が教えてくれた情報によると血圧のせいで寝つきが悪いなどの症状がある人は降圧剤を夜服用することで就寝中の血圧を下げたほうが良いとのことだった。試して…10月18日 21時25分
  • 見えたのが・・・なぜ、わかったのか?
    勤務先の工場で・・・少し前から感づいてはいたが、誰にも言わずに心にしまっておいた。そのことについては最近、ひょんなことから息子には話した・・・が、昨日、更に確信に迫る出来事があった。間違いなく見えてしまった。依然とほぼ同じ場所で、見えたのは…10月17日 19時46分
  • 明日
    また明日この言葉を何度口にしただろう。いろんな人に対してこの言葉を使用してきた。家族、友人、職場仲間、先輩、後輩・・・・・これからも果てしなく使うことになるだろう。何気ない、自然な言葉だが、とても深い言葉でもある。また明日・・・この言葉の後…10月17日 01時00分
  • 互助会
    母の終活に救われた。遡ること・・・1998年・・・母に結婚の意思を伝えた。母は言った。互助会使っていいよ・・・と。私がお金を持っていないと思ったのだろう。貧乏一家で、お金に余裕がないどころか母はずっと働き通しの人生だった。職人の父はアルコー…10月16日 20時51分
  • 近過ぎて遠い
    体調がすぐれないことを理由に!?私は父に会いに行くことを怠けた。毎週一度は顔を出すようにしている。それは父を大事に大事にしてきた母の為でもあり、もちろん父の為でもあり、自分の為でもある。親孝行したい時に親はいないという言葉の重みを知ってしま…10月15日 22時23分
  • 風邪・・・なのかな
    なんだろう・・・ここしばらく体調がすぐれない。今日も一日ダルイ感じが抜けなかった。昨夜あたりから、身体が痛い。肩の凝りが肩甲骨周りにも感じるようになった。腕も・・・ふとももとふくらはぎにも違和感あり。筋肉疲労のような、ひくひくするするような…10月14日 20時34分
  • 指先と足先がチクチクすることはあるが・・・
    血圧が高い状態が止まらない。最高血圧は150〜160の間で推移し、最低血圧は100〜120の間が続いている。血圧が高いことに気づいて、かれこれ1週間が経つ。先週の健康診断以来、血圧計を携帯して自宅でも、仕事場でも血圧を測るようにした。起床時…10月13日 21時23分
  • 驚かせて欲しい
    母は隠れるのが好きだった。とても愛嬌のある母で、楽しい母だった。狭い家だったが、隠れるところは意外と多かった。何処からともなく「わっ!!!」と飛び出してきたかと思うと「あっはははは〜」と母特有の笑い後でが飛び出す。本当に楽しそうだった。母は…10月11日 20時33分
  • 目を逸らさずに想い出してみた
    目を逸らしたい記憶は沢山ある。中でも母が他界した時の記憶は辛いことしかない。目は半開きで焦点は合っていない。数回に分けて投与したモルヒネ。数分おきに痰を吸い取らなければ窒息してしまう。呼吸はゆっくりで途切れ途切れになり・・・最期は・・・最期…10月11日 19時54分
  • やっぱり病院だけではダメか・・・
    安定していた筈の血圧に疑惑が浮上した。それは健康診断でのことだった。血圧測定時、最高血圧125に対して、最低血圧100・・・どういうことだ・・・????当然のごとく、アレ!?下が高いね・・・と言われた。納得しない私は、つい・・・ここに来ると…10月10日 00時00分
  • 報告のない怪我
    子供が保育園や幼稚園、又は学校で怪我をすると保護者に一報が入る。ただ、怪我の程度によってその判断は変わる。これくらいは怪我のうちに入らない・・・等、それぞれの判断基準みたいなものが違うことで発生する。そうなると、当然発生するのが報告の無い怪…10月09日 18時26分
  • もしも願いが叶うなら
    とても的外れで、非現実的な想像をしてみた。願い事が叶うのなら・・・というありふれた言葉。誰しもが思い願うことと思う。私はその願いに対して、かなりのピント外れな思考をしてみた。それは・・・今は無くなってしまった「生家の復元」だ。母に生き返って…10月07日 20時14分
  • 待望の二度目
    待ってました!チャンスは必ず二度来る・・・なんて言葉、なかったでしたっけ・・・?秋が来ると、必ず待ちわびるのが金木犀。その金木犀も、少し前の風雨で散ってしまいました。大好きな金木犀の香りは一週間そこそこで終焉を迎えた。・・・が、しかし・・・…10月06日 19時50分
  • 手の甲からの採血
    会社で健康診断があった。急に冷え込んだことが影響したのか、多くの人に共通して同じ現象が起きた。採血がうまくできない・・・。私も、人生初、血管を探られた。何をしているのだろう・・・とその時は思ったが、後から聞いた話では、殆どの人が血管が浮き出…10月06日 00時00分
  • 母の本当の闘病期間
    肺がん発覚後、約一年でこの世を去った母。この約一年の間に、腫瘍摘出手術・放射線治療・抗がん剤治療、そして無治療による自宅療養により過ごした。未だに、何が良かったのかわからないでいる。あの時、何をどうすれば、むしろ何もしない方が良かったのか・…10月05日 19時42分
  • あれから三か月・・・
    遡ること7月・・・とてもとても不思議な夢を見たことはブログで記事にしている。母の登場、薄暗い場所…部屋!?での感動の再会。その時の事を記録してあるので公開する。>一体・・・・何処だろう・・・薄暗い所・・・恐らく室内・・・突如として感じた母の…10月05日 00時00分
  • トイレ介護の苦痛
    私は父のそれを母に任せていた。同居してからも・・・ずっと・・・。時々、気が向くと!?手伝うような素振りを見せることもあった。手伝うのは父をトイレに誘導するまでだった。車椅子はトイレの入り口ギリギリ。頭から入って、後ろから背中を押して父を立た…10月04日 19時56分
  • 感染が気になる時期
    父がお世話になっている施設でも10月に入ると同時に来客者のマスク着用が必要になった。受付には配布用のマスクを常備しマスクを着用していない来客者にマスク着用をお願いしていた。最近ではO-157感染が国内で騒がれていて犠牲者も出始めている。感染…10月04日 12時00分
  • 壁の傷
    一階の壁には数か所の傷がある。すべて一方向に擦れた傷跡。それら傷の殆どは、床上20センチ付近にあり出入り口に集中している。リビング、トイレ、洋間・・・全部の出入り口の壁には傷がある。トイレに関しては扉にも傷がある。壁の傷はいろんなことを私に…10月04日 00時00分
  • 夢で見た初めての白い彼岸花
    週末にジョギングする河川沿いの土手。先週も約6キロの道のりを走った。走りながら下を見下ろすと、土手の斜面に赤い彼岸花が咲いていた。まばらに咲いている彼岸花。ある所はぽつんと咲き、ある所は密集している。子供の頃から見慣れた花だけにあぁ、綺麗だ…10月03日 19時26分
  • 目の前の現実
    起きたことは仕方のないこと。起きてしまったことは消せない過去である。起きること、起きてしまったことには意味がある。必ず意味のあることしか起こらない・・・そう信じて・・・。だから、過去を振り向かずに前だけを見て進んだ。いつでもそうだ。嫌なこと…10月03日 00時00分
  • 昼間の星空
    夜空は綺麗だ。邪魔するものが何もない時の夜空は格別。私は生まれてこの方、天の川を見たことが無い。綺麗な夜空が大好きなのに・・・。長野県阿智村の星空が日本で一番だというが、小笠原諸島父島のコペペ海岸や岩手県洋野町なども過去日本一の星空が見える…10月02日 20時36分
  • 懐かしい食材に舌鼓した父
    施設にいる父にとって楽しみは限られている。最近父にプレゼントしたラジオも楽しみの一つらしいが、やはり父は食べることが楽しみのようだ。毎日決まった時間に決まった分量の食事。それだけでは事足りないことも分かっている。だが、ある一定の節度も必要だ…10月02日 00時00分
  • 新聞紙面を味わう
    私は自分の頭を自分で刈っている。人生の3/4以上は坊主で過ごしている。一時期は理容室に通っていたが、結局は坊主が一番楽だ。もちろん経済的にも優しい。そんなこんなで、43歳の現在も坊主で過ごしている。自宅で頭を刈る時、必需品となるのが新聞紙。…10月01日 19時11分
  • 父の歩行訓練
    父は歩けない。左半身麻痺という深手を負っている父。母は肺がんという病気で他界したが、それよりも十数年前に発症した脳梗塞を患う父は今も健在だ。お父さんはどうしてる?元気にしてるの?などと聴いてくれる人は少なくない。気づかってくれることはありが…10月01日 00時00分