漫画があればいいのだ!

登録ID
1768592
サイト名称
漫画があればいいのだ!
URL
http://mangayomihukeru.blog.fc2.com/
紹介文
漫画が大好きな“てん”が読んだ漫画の感想など好き勝手に書いたブログです。漫画探しのお役にたてれば幸いです。
カテゴリ
  • 漫画・コミック (100%) - 11 / 391人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 茶子と穂乃花 〜分裂細胞ナルキッソス〜 【著者:鈴丸れいじ】
    鈴丸れいじさんの作品『茶子と穂乃花 〜分裂細胞ナルキッソス〜』(双葉社)援助交際の相手とホテルに行き、睡眠薬で眠らせ、金品を奪うことを平気でしている花菱茶子は奴隷?のように扱うキノコ頭でキモオタの木乃子と一緒にいる時にある男から声をかけられ…07月21日 22時03分
  • 「古池さん!オレがバカでした!一番大切なこと!それは体です!命です!」(『モンキ…
    河合克敏さんの作品『モンキーターン』より「古池さん!オレがバカでした!一番大切なこと!それは体です!命です!」競艇選手を目指し、苦しい本栖研究所を卒業し競艇選手としてデビューを果たした波多野憲二はそこで頑固なベテラン選手の古池勘一と出会い、…07月21日 15時03分
  • 捏造トラップ−NTR− 【著者:コダマナオコ】
    コダマナオコさんの作品『捏造トラップ−NTR−』(一迅社)初めて恋人ができた女子高生の岡崎由真は幼馴染で男子にもモテモテで恋愛経験豊富な水科蛍に彼との接し方などについて相談することに・・・その時に由真に対しての蛍は体を触ったりキスをしてきた…07月21日 07時04分
  • クルイヅマ 【著者:志峨丘トウキ】
    志峨丘トウキさんの作品『クルイヅマ』(竹書房)マラソンの期待の星と言われていた浦凛太朗は新婚で愛する妻、咲を置いてマラソンの選考会のレースに出場することに・・・行く途中で踏切で立ち往生していたおばあさんをすくおうとし、電車に跳ねられ死んでし…07月20日 22時03分
  • 吾妻ひでおベストワークス 悶々亭奇譚 【著者:吾妻ひでお】
    吾妻ひでおさんの作品『吾妻ひでおベストワークス 悶々亭奇譚』(復刊ドットコム)吾妻ひでおさんといえば昭和の時代からSFやナンセンスな作風として有名な漫画家さんですが、一時期、低迷期があり、若い人はどんな作品を描いていたか・・・というのを知ら…07月20日 15時02分
  • 放課後のアルケミスト 【著者:プレジ和尚】
    プレジ和尚さんの作品『放課後のアルケミスト』(芳文社)今までの自分を知らない隣町の高校に入学し、可愛い女の子たちに囲まれながら甘〜いスクールライフを送りたい・・・なんて思っていた山田いちるなのですが、誘われたのは「料理探求部」という謎?の部…07月20日 07時03分
  • 赤異本と黒異本 【原作:外薗昌也 作画:鯛夢×呪みちる】
    原作:外薗昌也さん 作画:鯛夢さん×呪みちるさんの作品『赤異本と黒異本』(ぶんか社)この作品なのですが、実話などの怪談を数々描かれているホラー系の漫画家である外薗昌也さんが『異能怪談』シリーズで、赤、黒、白などの小説も書かれており、その作品…07月19日 22時04分
  • パフェが好きでもいいじゃない 【著者:玉置勉強】
    玉置勉強さんの作品『パフェが好きでもいいじゃない』(小学館)女子サッカーチームに所属しているキャプテンの伊勢裕香はフランスでもプレイ経験があるほどチームを引っ張っている大黒柱的存在です。誰よりも早くピッチに入って練習し、練習中などでは他の選…07月19日 15時02分
  • 信長を殺した男 〜本能寺の変431年目の真実〜 【原案:明智憲三郎 作画:藤堂裕…
    原案:明智憲三郎さん 作画:藤堂裕さんの作品『信長を殺した男 〜本能寺の変431年目の真実〜』(秋田書店)この作品なのですが、歴史書としては異例の大ヒットを記録している明智憲三郎さんの書籍『本能寺の変 431年目の真実』を原案とし、漫画家さ…07月19日 04時54分
  • この愛は、異端。 【著者:森山絵凪】
    森山絵凪さんの作品『この愛は、異端。』(白泉社)子供の頃、大病や怪我をするような事故にあっても無事だったり、山で遭難しても、誘拐されても無事に帰ってきたり・・・昔から運のいい子供だといわれていた淑乃なのですが、13歳の夏に両親が自動車で事故…07月18日 22時03分
  • 京のにゃんこ 【著者:京都しあわせ倶楽部】
    京都しあわせ倶楽部の著書『京のにゃんこ』(PHP)この書籍なのですが、京都にある喫茶店や老舗のお菓子屋、旅館、銭湯など・・・お店を守る看板猫を(もちろんお店も)紹介した癒やされまくりの書籍になっています。お店だけではなく、京都の名所などで見…07月18日 15時02分
  • ふたり生徒会 【原作:ゆずチリ 作画:かとそん】
    原作:ゆずチリさん 作画:かとそんさんの作品『ふたり生徒会』(小学館)とある中学校の生徒会には生徒会長兼書記兼会計兼庶務の渡清士郎と生徒会副会長の水谷涼子の2人しかいません。何か新しいことを思いつくとそれを試してみたり、意見箱を設置して生徒…07月18日 07時01分
  • BLACK BOARD 【著者:イズミダフユキ】
    イズミダフユキさんの作品『BLACK BOARD』(スクエニ)掃き溜めの街、ジャックポットでは1キロのもわたる「BLACK BOARD」と呼ばれる超巨大な仕事紹介の掲示板があり、仕事を求めて・・・金を求めて・・・様々な人々が集まってきます。…07月17日 22時03分
  • 鬱ごはん 【著者:施川ユウキ】
    施川ユウキさんの作品『鬱ごはん』(秋田書店)この作品なのですが、グルメ作品・・・というかなんともいえないのですけど、ちょっとハマってしまったので・・・^^;大学を卒業して就職浪人の鬱野たけしは人見知りで人との関わりを極力避けて生きたいと思っ…07月17日 15時03分
  • クソゲー・オンライン(仮) 【原作:つちせ八十八 作画:東雲太郎】
    原作:つちせ八十八さん 作画:東雲太郎さんの作品『クソゲー・オンライン(仮)』(白泉社)史上初、史上最大、最高の仮想現実大規模オンラインゲーム・・・そんな謳い文句でサービスを開始した「ソード&マジック・オンライン」というゲームなのですが、実…07月17日 07時01分
  • フラツキ 【著者:小城徹也】
    小城徹也さんの作品『フラツキ』(スクエニ)中学生の四十実誠には宇和木愛子という彼女がいていつも思春期の男子特有のエロい妄想をしています。そんな愛子から、日曜日に家に来て欲しい・・・と誘われさらに1歩進んだ関係になれるのでは・・・なんて期待し…07月16日 22時04分
  • すこしふしぎな小松さん 【著者:大井昌和】
    大井昌和さんの作品『すこしふしぎな小松さん』(白泉社)三度の飯よりもSF小説が好きな小松さんは通学のバスの中でもSF小説小説を読んでいて夢中になり乗り過ごしてしまいそうになるほど作品の世界に入り込むと前がみえなくなる・・・そんな女子高生です…07月16日 15時01分
  • フルドラム 【著者:箱石達】
    箱石達さんの作品『フルドラム』(集英社)高校に入学した日野晴成は入学早々にサッカー部、野球部、テニス部・・・などなど、いろいろなスポーツ系の部活に入部するものの、運動神経が悪い・・・?のかクビになっていました。そんなある日、校内でラグビー部…07月16日 07時03分
  • ピッチディーラー −蹴球賭博師− 【原作:昌子春 作画:外本健生】
    原作:昌子春さん 作画:外本健生さんの作品『ピッチディーラー −蹴球賭博師−』(講談社)全国中学サッカー選手権で甲府二中のGKとして出場し大会通して無失点で優勝した新堂龍司は父親に早く伝えたいと家に帰ったのですが、首を吊った状態で死んでいま…07月15日 22時01分
  • 海めし物語 【著者:高田サンコ】
    高田サンコさんの作品『海めし物語』(講談社)キャビン・アテンダントの赤桐珠子は同僚から合コンに誘われてもつまらなそうにしていたり、断ったり、パイロットに食事に誘われても食事にてをつけなかったり・・・周りからはもっといい人と出会っているのかも…07月15日 15時03分
  • 間くんは選べない 【著者:板倉梓】
    板倉梓さんの作品『間くんは選べない』(双葉社)今まで彼女という存在がいない26歳で童貞のサラリーマンの間は得意先の会社に良いなぁ〜と思う里見あんりという女性がいて、何度か食事を一緒に行ったりもするのですがなかなか付き合って・・・という言葉が…07月15日 07時03分
  • てのひらにアイを! 【著者:ムラタコウジ】
    ムラタコウジさんの作品『てのひらにアイを!』(小学館)この作品なのですが、自分の高校時代に青春を謳歌できずに教師になった海山勝利は生徒たちに自分と同じような思いをさせたくない・・・そんな思いで男子バレーボール部の顧問となり、熱血指導をしよう…07月14日 22時04分
  • 月下美人の天ぷら(『笑ゥせぇるすまん』より)
    藤子不二雄Aさんの作品『笑ゥせぇるすまん』より月下美人という花は初夏から秋にかけて蕾をつけ大きな花を咲かせるのですが、この花なのですが、名前のごとく、月の下(夜の時間帯)で咲くんです。それも一晩でしぼんでしまうという、かなり特殊な咲き方をす…07月14日 15時03分
  • 傘寿まり子 【著者:おざわゆき】
    おざわゆきさんの作品『傘寿まり子』(講談社)80歳にして現役ベテランの作家、幸田まり子は夫に先立たれ、息子夫婦と孫と一緒に暮らしていました。老後もこのまま暮らしていけるのだ・・・なんて思っていたのですが、家が手狭になってきて息子夫婦たちはま…07月14日 07時02分
  • 師匠シリーズ 師匠と僕と 【原作:ウニ 作画:高内優向】
    原作:ウニさん 作画:高内優向さんの作品『師匠シリーズ 師匠と僕と』(少年画報社)この作品なのですが、『師匠シリーズ』のスピンオフ作品として、同じ登場人物などを二頭身キャラにしたギャグテイストの強いホラー?作品になっています。『師匠シリーズ…07月13日 22時04分
  • 宮沢賢治の食卓 【著者:魚乃目三太】
    魚乃目三太さんの作品『宮沢賢治の食卓』(少年画報社)この作品なのですが、『銀河鉄道の夜』『雨ニモマケズ』『風の又三郎』などで知られる文豪 宮沢賢治さんが生涯に出会った愛した食べ物や思い出深い食べ物などを作品とともに紹介した作品になっています…07月13日 15時01分
  • ななかさんの印税生活入門 【著者:Kashmir】
    Kashmirさんの作品『ななかさんの印税生活入門』(芳文社)両親とも物書きを職業にしており、日常生活にちょっと欠点があり、ある意味放置気味みたいな感じで育てられた女子中学生の連光寺ななかは自分もweb小説で一発当てて夢の印税生活をし、両親…07月13日 07時02分
  • 立花館 To Lie あんぐる 【著者:merryhachi】
    merryhachiさんの作品『立花館 To Lie あんぐる』(一迅社)高校進学のために6年ぶりに田舎の街に帰ってきて、高校付属のデザイナーズマンション風の橘館で寮生活が始まる・・・と胸を踊らせていた夏乃はなびなのですが、書かれいた住所に…07月12日 22時03分
  • もしも部 【著者:ノッツ】
    ノッツさんの作品『もしも部』(竹書房)高校に入学した刈谷孝介は放課後、みんなが部活に行って誰もいない教室で物思いに耽ることにハマっています。何を思うのか・・・というと、放課後、どこかの部室から聞こえてくる声、グラウンドから聞こえてくる声など…07月12日 15時03分
  • DUEL! 【著者:藍井彬】
    藍井彬さんの作品『DUEL!』(スクエニ)日向みのりは、内気でドン臭く、クラスでもいじめられているのですが、先生にも相談できなく、一緒に暮らす祖母にも心配をかけたくない・・・と、どんなイジメにも耐えようと頑張っていました。そんなある日、学校…07月12日 07時03分
  • 捕食者の牙(イーターズ・ファング) 【著者:浦山歩】
    浦山歩さんの作品『捕食者の牙(イーターズ・ファング)』(講談社)幼いころから獣医の父親の仕事を見ていて自分が動物を救う・・・と強い意志を持つようになり、獣医学科に通う動物を溺愛する葛葉多壱はある日、テレビを見ているとハッキングされたのか、何…07月11日 22時03分
  • 新選組副長・・・・土方歳三・・・・参る・・・・ (『修羅の刻』より)
    川原正敏さんの作品『修羅の刻』よりこれは最終回ではないのですが・・・『修羅の門』の外伝『修羅の刻』では1巻または2巻で1人の主人公の話が綴られており、それぞれの結末が待っています。その中で好きな話の最後を描かせていただきます。陸奥出海 編で…07月11日 15時02分
  • アカネんちは結婚相談道場! 【著者:大乃元初奈】
    大乃元初奈さんの作品『アカネんちは結婚相談道場!』(芳文社)高校に進学した彩茜(いろどりあかね)の家は母親の葵が体術などを教える道場を開いてるだけでなく、祖母の緑が結婚相談所を経営している・・・という女3人の三世代で暮らしています。子供の頃…07月11日 07時02分
  • S[エス]―君と、彼女と、運命と 【著者:南部ゼロイチ】
    南部ゼロイチさんの作品『S[エス]―君と、彼女と、運命と』(TOブックス)2017年に右こめかみに超小型端末を注入して使う世界初のインプラント情報端末「epo-C」が発売され、言語の難しい表現なども普通にコミュニケーションがとれるSシステム…07月10日 22時02分
  • コーヒーカンタータ 【著者:からあげたろう】
    からあげたろうさんの作品『コーヒーカンタータ』(メディアワークス)世間知らずのお嬢様?の琥珀はとある山間にある「珈乃香温泉」という場所を訪れました。ここはもともと寂れた温泉街だったのですが、コーヒーにより街が栄えるようになり、琥珀はここへ足…07月10日 15時02分
  • たちあがれ!オークさん 【原作:阿羅本景 作画:影崎由那】
    原作:阿羅本景さん 作画:影崎由那さんの作品『たちあがれ!オークさん』(集英社)村や町を焼き払い、女子供を襲い、魔王軍の尖兵として人々が恐れをなす存在のオークだったのですが、魔王の亡き後は人間に駆逐されAVのモンスター男優として生き残るのみ…07月10日 07時03分
  • 闇女 −ヤミ・カノ− 【著者:カズミヤアキラ】
    カズミヤアキラさんの作品『闇女 −ヤミ・カノ−』(竹書房)人付き合いが苦手で上がり症の佐々木潤はこの性格からなかなか人に馴染めず大学の准教授のゴーストライターをしながら小説家を目指すためにネットに自分で書いた小説をアップしていました。でも、…07月09日 22時04分
  • 1122【いいふうふ】 【著者:渡辺ペコ】
    渡辺ペコさんの作品『1122【いいふうふ】』(講談社)結婚して7年、子供はいないのですが、仲の良い夫婦、相原一子(妻)と相原二也(夫)。ウェブデザイナーの一子と文具メーカー勤務の夫と共に職をもっており、仲の良い夫婦なのですが、最後にいつセッ…07月09日 15時03分
  • ふくねこ 【著者:松沢まり】
    松沢まりさんの作品『ふくねこ』(双葉社)7年前に両親が前触れもなく2人そろって失踪してしまい、菜ノ花海子、姉の月、弟の陽太の3人姉弟で都会で暮らしていたのですが、経済的問題で親戚が暮らすちょっと田舎の福猫町へ引っ越ししてくることになりました…07月09日 07時03分
  • twin Milf 【著者:辰波要徳】
    辰波要徳さんの作品『twin Milf』(エンジェル出版)とあるアパートに住む大学生の狩野慎司は1ヶ月前に上の階に引っ越してきた爆乳で人妻の三島由未のことが気になっていました。もともと巨乳、爆乳好きだった慎司は由未と近づきになりたい・・・な…07月08日 22時01分
  • 亜獣譚 【著者:江野スミ】
    江野スミさんの作品『亜獣譚』(小学館)この作品なのですが、人間が異型の獣になってしまう病「害獣病」が蔓延する世界でそれらを駆除する兵(害獣駆除兵)のアキミア・ツキヒコは害獣を追って森の中をさまよっていました。ツキヒコは害獣を追い込み止めを刺…07月08日 15時03分
  • 北斎のむすめ。 【著者:松阪】
    松阪さんの作品『北斎のむすめ。』(芳文社)この作品なのですが、日本だけでなく世界にも有名な浮世絵師葛飾北斎の才能や破天荒な性格を受け継いだ・・・といわれる娘のお栄を主人公に描かれた4コマ漫画です。葛飾北斎もお栄も知らないまま読んでみたのです…07月08日 07時02分
  • GS美神 極楽大作戦!! 【著者:椎名高志】
    椎名高志さんの作品『GS美神 極楽大作戦!!』(小学館)悪霊や妖怪の退治をする職業(ゴーストスイーパー)の美神令子が助手の横島忠夫&幽霊のおキヌちゃんとともに悪霊や妖怪たちとの戦いをコメディタッチで描いた作品です。アニメ化されたほどの名作で…07月07日 15時03分
  • DEATHペディア イラスト図解 人はどこまで生きられるのか? 【監修:上野正彦…
    監修:上野正彦さん 高木徹也さんの作品『DEATHペディア イラスト図解 人はどこまで生きられるのか?』(宝島社)この作品なのですが、人間がどこまでなら生きていけるのか・・・人間はどこまでが限界なのか・・・人間の死についてのあの噂は本当なの…07月07日 15時02分
  • ぎゃんぷりん 【著者:押切蓮介】
    押切蓮介さんの作品『ぎゃんぷりん』(双葉社)パチンコ、スロット、麻雀、競馬、競艇、競輪、オートレース・・・などなど日本はギャンブルをする場所がたくさんあります。この作品なのですが、4人の女性たちが完全にギャンブル依存症ではないか・・・と思う…07月07日 07時03分
  • モトヨメ エリート女医編 【原作:原田重光 作画:松本救助】
    原作:原田重光さん 作画:松本救助さんの作品『モトヨメ エリート女医編』(白泉社)大学を卒業し社会人になった中村健太郎は牡蠣にあたって腹痛を起こし救急車で運ばれ、そして入院することに・・・そこで出会った3歳年上の女医の佐藤志麻に一目惚れして…07月06日 22時03分
  • 君が死なない日のごはん 【著者:おみおみ】
    おみおみさんの作品『君が死なない日のごはん』(メディアワークス)勉強ができる・・・というだけで運動も出来ず友だちもいない・・・そんな偏屈な境蝉丸だったのですが、唯一、幼馴染の向田みかだけが話しかけたりしてくれていました。そんなみかなのですが…07月06日 15時03分
  • あつまれ!ふしぎ研究部 【著者:阿部真弘】
    阿部真弘さんの作品『あつまれ!ふしぎ研究部』(秋田書店)高校に入学したものの何の才能も特技もなく、何かの部活には入らなくては・・・なんて悩んでいた五領大祐は放課後、教室に残っていたら教師に荷物を倉庫まで運んでいってと頼まれます。倉庫まで荷物…07月06日 07時02分
  • Rule −消滅教室− 【原案:−104− 作画:臼井ともみ】
    原案:−104−さん 作画:臼井ともみさんの作品『Rule −消滅教室−』(講談社)親の仕事の都合でエリート校といわれる来栖学園高校に転校してきた柏木悠真は転校早々に1ヶ所がボロボロになっているロッカーに気付きます。担任の乾にクラスを案内さ…07月05日 22時02分
  • 宝くじで1億円当たった人の末路 【著者:鈴木信行】
    鈴木信行さんの著書『宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP社)あなたは今の人生に満足していますか?自分よりも他人の方がいい人生を歩んでいるのでは?何かがきっかけで人生がかわるのではないか?もし、人生が変わるような出来事が起こったらどうな…07月05日 15時03分
  • しょーがくせいのあたまのなか 【著者:石見翔子】
    石見翔子さんの作品『しょーがくせいのあたまのなか』(芳文社)この作品なのですが、小学生女子3人をメインに学校や普段の生活などを描いた日常系の4コマ漫画になっています。見上ゆみは何にでも流される・・・というか気が多すぎて振り回される感じの女の…07月05日 07時03分
  • 恋は密かに実らせるもの 【著者:あさぎ龍】
    あさぎ龍さんの作品『恋は密かに実らせるもの』(芳文社)この作品なのですが、同じ大学の先輩、後輩が・・・同じ会社の先輩、後輩が・・・病院の医師と患者が・・・なんて言葉で描くだけだと、まぁ、普通のちょいエロ漫画かな?なんて思うんですけど、普通の…07月04日 22時02分
  • くしゅんッ! 【著者:ひだかあさひ】
    ひだかあさひさんの作品『くしゅんッ!』(竹書房)拾い物集めが好きなトオル(小学生の女の子)はある日、子狐を拾ってきました。一緒で暮らすお兄ちゃん(在宅デザイナー)は飼えない・・・と言い聞かすんですが、トオルは自分で育てるから・・・とお兄ちゃ…07月04日 15時04分
  • 1日外出録ハンチョウ 【協力:福本伸行 原作:萩原天晴 作画:上原求 新井和也】
    協力:福本伸行さん 原作:萩原天晴さん 作画:上原求さん 新井和也さんの作品『1日外出録ハンチョウ』(講談社)この作品なのですが、『賭博破戒録カイジ』の話の中に登場するE班の大槻班長にスポットをあてた作品です。帝愛グループの地下収容所で強制…07月04日 07時03分
  • 疾刻少女 【著者:つくすん】
    つくすんさんの作品『疾刻少女』(富士見書房)子供の頃、体も小さくよく泣かされていた幼馴染の黒星琴美を助けて勇気づけていた宇治晴彦。そんな晴彦は中学になっても体は大きくならなかったのに対し、体が小さかった琴美の方は、中学生離れ?した体格の持ち…07月03日 22時03分
  • 球場三食 【著者:渡辺保裕】
    渡辺保裕さんの作品『球場三食』(講談社)「球場には夢とロマンと美味がある。」プロ野球観戦をこよなく愛し、12球団すべてのファンクラブに所属し、野球を観戦する時にはすべての食事(3食)を球場で食べる・・・そんなこだわりをもつ主人公が、全国にあ…07月03日 15時02分
  • 私は君を泣かせたい 【著者:文尾文】
    文尾文さんの作品『私は君を泣かせたい』(白泉社)誰から見ても優等生で他人を寄せ付けないオーラを出す相沢羊は自分のポイント稼ぎのためにクラス委員や映画研究部の部長などをしている、ある意味、計算高く学校生活を送っています。そんな羊なのですが、映…07月03日 07時00分
  • わたしのふしだら 【著者:大見武士】
    大見武士さんの作品『わたしのふしだら』(少年画報社)高校の国語教師の橘伽凛は今まで何かに情熱を燃やしたことがない・・・というか、情熱の燃やし方がわからない・・・そんな生き方をしてきました。なので親や周りからも「やる気が無い」「将来が心配」な…07月02日 22時04分
  • 「にーちゃ ごめちゃーい」(『赤ちゃんと僕』より)
    羅川真里茂さんの作品『赤ちゃんと僕』より「にーちゃ ごめちゃーい」『赤ちゃんと僕』を読んだことある人ならこのセリフが好き・・・っていう人は多いのではないでしょうか。保育園児の榎木実が兄の榎木拓也にあやまるときに言うセリフなんですが、なんかほ…07月02日 15時03分
  • ランカーズ・ハイ 【著者:中島諒】
    中島諒さんの作品『ランカーズ・ハイ』(講談社)イケメンで、頭の回転も早く、自信満々で度胸もあり、そしてケンカも強い・・・高校生の渕上竜也の元に闇の格闘イベントを開催している「MAD」の御堂康平という男が現れ、父親が残した借金5億円のことで話…07月02日 07時03分
  • 劫火の教典 【著者:伊勢ともか】
    伊勢ともかさんの作品『劫火の教典』(小学館)考古学の未来を背負って立つ期待の新人・・・なんて言われていた軽井沢浩二なのですが、10年後・・・誰からも見向きもされない万年准教授どまりで家族を養うために、大学で教鞭をとりながら、夜はガソリンスタ…07月01日 22時01分
  • しあわせのひなた食堂 【著者:魚乃目三太】
    魚乃目三太さんの作品『しあわせのひなた食堂』(小学館)なんのあてもなく大阪から東京の下町の曳舟にやってきて“ひなた食堂”という1軒の食堂を開いた5歳の長男の幹太と1歳の赤ちゃんの陽奈子を育てるシングルマザーの照子の奮闘を描いた作品です。1話…07月01日 15時03分
  • 遊んで!まんがのお兄さん 【著者:むうりあん】
    むうりあんさんの作品『遊んで!まんがのお兄さん』(メディアワークス)小宮あずさのPNで活動する漫画家の兄をもつ大宮すみれはお兄ちゃんと一緒にお絵かきがしたい・・・ただそれだけなのに、漫画家になってチヤホヤされたい赤羽千愛、どんな手を使っても…07月01日 07時04分
  • 猛獣性少年少女 【著者:中田ゆみ】
    中田ゆみさんの作品『猛獣性少年少女』(秋田書店)とある夜に買い物に出かけた宇佐美亨は帰る途中でフェンスの上をパンツ丸出しで走っている少女をみかけます。よく見るとその少女はクラスメイトの綾部玲里で、美亨が声をかけるとバランスを崩し落ちそうにな…06月30日 22時03分
  • 美大生図鑑 あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち 【著者:ヨシムラヒロム】
    ヨシムラヒロムさんの作品『美大生図鑑 あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち』(飛鳥新社)あなたは美術大学や美大生などについてどれほど知っていますか?実際に知らなくてもちょっと変わった人が多い・・・なんて噂などで聞いたことがあるのではないで…06月30日 15時03分
  • ざしきわらしと僕 【著者:西岡さち】
    西岡さちさんの作品『ざしきわらしと僕』(芳文社)両親が離婚することになり、夏休みから祖母の家で暮らすことになった小学5年生の裕貴は祖母の家の玄関先でおかっぱでちょっと変わった女の子?に出会います。その女の子は裕貴のことをしっている様子なので…06月30日 07時03分
  • 悪童文庫 【著者:田中基】
    田中基さんの作品『悪童文庫』(集英社)塵保町・・・ここには、古書、骨董、印刷業が密集し、現代のネット世界から取り残された・・・そんな町に個人出版で猟奇小説を1冊だけ執筆した小説家の鳥羽山心理がその執筆作品『悪童文庫』という同じ名で古書店を開…06月29日 22時03分
  • ナゾ野菜 【著者:カレー沢薫】
    カレー沢薫さんの作品『ナゾ野菜』(小学館)昔、百貨店などの野菜売り場などで、「この野菜、見たことない・・・なんて名前だろう?」「この野菜、どうやって食べるんだろう?」なんて、変わった形の野菜や見たことのない野菜があったのですが、そういった野…06月29日 15時03分
  • ざしきわらしと僕 【著者:西岡さち】
    西岡さちさんの作品『ざしきわらしと僕』(芳文社)両親が離婚することになり、夏休みから祖母の家で暮らすことになった小学5年生の裕貴は祖母の家の玄関先でおかっぱでちょっと変わった女の子?に出会います。その女の子は裕貴のことをしっている様子なので…06月29日 07時03分
  • このまま 【著者:若菜光流】
    若菜光流さんの作品『このまま』(笠倉出版社)ジュエリーデザイナーになりたくて、宝飾デザインの専門学校に通っているやよいは、手芸店のバイトをしています。やよいはデザイナーになりたいと思っているのですが、高価なジュエリーではなく、子供から大人ま…06月28日 22時02分
  • 武蔵山高校優勝――!! (『うっちゃれ五所瓦』より)
    なかいま強さんの作品『うっちゃれ五所瓦』(小学館)武蔵山高校相撲部は昔はインターハイ4連覇や個人戦では上位独占などするほどすごく相撲が強い高校だったのですが、年々部員が少なくなり、とうとう部員は三年生の五所瓦角ひとりとなってしまい、五所瓦が…06月28日 15時02分
  • 真!!男塾 【著者:宮下あきら】
    宮下あきらさんの作品『真!!男塾』(日本文芸社)この作品なのですが、『男塾』の塾長である江田島平八が戦後の激動の時代に『男塾』を開校し、全国からドグサレどもを集めて、、文化・政治・経済とあらゆる分野で将来の日本の背負っていく若者を育てようと…06月28日 07時03分
  • モンキーピーク 【原作:志名坂高次 作画:粂田晃宏】
    原作:志名坂高次さん 作画:粂田晃宏さんの作品『モンキーピーク』(日本文芸社)3年前に藤谷製薬の薬に大きな副作用があるとされ、業務悪化してしまい、前任の社長は退任・・・そして新たに就任した新社長が社内の団結を高めるために開いた登山レクレーシ…06月27日 22時03分
  • 放課後の先生 【著者:緋鍵龍彦】
    緋鍵龍彦さんの作品『放課後の先生』(メディアファクトリー)塾の講師をしている父親が入院してしまい、そのことを告げにやってきた屋代御門なのですが、そこに通っている中学3年生の日向恵(ひめ)、高校1年生の忍足舞(しのぶ)、戸倉巫女夏(みこ)にこ…06月27日 15時04分
  • はざかいまちの御客様 【著者:むらきたまりこ】
    むらきたまりこさんの作品『はざかいまちの御客様』(双葉社)女子高生の相沢みずきは端境町のファミレス「デミーズ」でバイトをすることに・・・そこには同じ高校で憧れの慎一郎先輩と一緒に働ける・・・ということがバイトの楽しみでもありました。ただ・・…06月27日 07時02分
  • 純粋セクシャルあだるてぃ 【著者:板場広志】
    板場広志さんの作品『純粋セクシャルあだるてぃ』(竹書房)タイトルには「純粋」とあるのですけど、女性上位で描かれる話がほとんどで、女性の心の奥にある欲望などが見事に表されていて、ある意味、エッチの純粋な欲望を描いた女性を描いた短編集になってい…06月26日 22時03分
  • 恋とごはんと虹色日和 【著者:浅野りん】
    浅野りんさんの作品『恋とごはんと虹色日和』(少年画報社)三十歳をこえても仕事ばかりしている陽向明日美は後輩が料理の婚活イベントに参加するというので、一緒に参加することにしました。明日美は仕事だけでなく料理も得意で今回の婚活イベントでもテキパ…06月26日 15時02分
  • たるしば 【著者:アタモト】
    アタモトさんの作品『たるしば』(フロンティアワークス)たるしばは「樽」の形に似た珍妙な生き物で、そのたるしばの日常を描いた作品です。まぁ、簡単にいえばコロコロした柴犬が可愛く描かれている・・・それだけなのですが、たるしばの表情や仕草、動きな…06月26日 07時02分
  • ヒュプノス 【著者:成瀬乙彦】
    成瀬乙彦さんの作品『ヒュプノス』(小学館)どちらかといえば人見知りでいてもいなくてもあまり気づかれない・・・そんな相模透と同じクラスの青木が授業中に突然、原因不明の死をとげました・・・話は少しさかのぼり・・・ある日、相模と青木は上級生に呼び…06月25日 22時01分
  • バックステージ! 【原作:オクショウ 作画:ニイマルユウ】
    原作:オクショウさん 作画:ニイマルユウさんの作品『バックステージ!』(徳間書店)結成して3年のアイドルグループ“マイルストーン”は全く人気が出ずに所属プロダクションは破産してしまい、そのまま解散するはずだったのですが、新興の芸能プロダクシ…06月25日 15時03分
  • 恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に 【原作:竜騎士07 作画:緋賀ゆかり…
    原作:竜騎士07さん 作画:緋賀ゆかりさんの作品『恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に』(講談社)勉強ができるわけでもなく・・・運動神経がいいわけでもなく・・・いじめられているわけでもなく・・・決して友だちもいないわけでもない、どこの…06月25日 07時03分
  • 酒の友 めしの友 【著者:安倍夜郎】
    安倍夜郎さんの著書『酒の友 めしの友』(実業之日本社)この書籍なのですが、『深夜食堂』の安倍夜郎さんが綴った酒の友(酒の肴)を紹介した作品です。『深夜食堂』の雰囲気を残しつつ、お酒にあうような酒の友がイラストとともに書かれており、想像しなが…06月24日 15時02分
  • ギャルとオタクはわかりあえない。 【著者:河合朗】
    河合朗さんの作品『ギャルとオタクはわかりあえない。』(メディアファクトリー)クラスでも目立つギャル系の女の子の早乙女まりあは普段は友だちなどとワイワイさわいだりしているものの、実はアイドルオタクでイチオシの女性アイドルTENの追っかけをして…06月24日 14時20分
  • うちのメイドがウザすぎる! 【著者:中村カンコ】
    中村カンコさんの作品『うちのメイドがウザすぎる!』(双葉社)求職中の鴨居つばめは白人美幼女とキャッキャッと一緒にいれるような職業がないか・・・とハローワークで尋ねるのですが、門前払いをくらうことに・・・(当たり前です)帰る途中に何度か白人美…06月24日 07時03分
  • パーフェクト ヒューマン 【著者:高橋一仁】
    高橋一仁さんの作品『パーフェクト ヒューマン』(芳文社)帝都大学主席で合格するほどの頭脳を持ち、ボクシングでもプロデビュー、音楽のセンスもあり、容姿も性格も良い・・・そんな完璧な世良優人、18歳。誰もがうらやむような生き方をしている世良優人…06月23日 22時03分
  • ビール大好き! 【アンソロジー】
    アンソロジー作品『ビール大好き!』(宝島社)この作品なのですが、「このマンガがすごい!」の編集者が「ビール」に関する漫画を選りすぐったアンソロジー作品になっています。グルメ漫画に登場するビールを飲む場面から、仕事終わりにビールを飲む場面、お…06月23日 15時02分
  • ねーちゃんはぼくが守るっ 【著者:いちかわ壱】
    いちかわ壱さんの作品『ねーちゃんはぼくが守るっ』(芳文社)片田舎で祖母と二人暮らしをしている小林晴一のもとに十年前に家を飛び出した姉から入院することになり、その間、子供を預かって欲しいと電話がありました。いきなり二人の叔父となってしまった晴…06月23日 07時03分
  • ガテンの本能むきだし男子 【著者:稲本いねこ】
    稲本いねこさんの作品『ガテンの本能むきだし男子』(キルタイムコミュニケーション)24年間、真面目に勉強ばかりしていた長谷川朝美は年齢=彼氏なしを脱出したものの、24歳で処女ということが重いと感じた彼と別れることになりました。そして飲み屋でヤ…06月22日 22時02分
  • メカ豆腐の復讐 【著者:とり・みき】
    とり・みきさんの作品『メカ豆腐の復讐』(イースト・プレス)この作品なのですが、ギャグあり、エッセイあり、SFあり、紀行ものあり・・・などなど、とり・みきさんの全ての要素がぎゅ〜〜っと濃縮した感じで集められた短編集です。とり・みきさんといえば…06月22日 15時01分
  • 童貞を殺す アンソロジーコミック 【アンソロジー】
    アンソロジー作品『童貞を殺す アンソロジーコミック』(一迅社)「童貞を殺す」というタイトルだったので、サスペンス系・・・なのかな?なんて思って読んでみたのですが、最近「童貞を殺す服」というのが童貞が好むようなファッションが流行ってるんですね…06月22日 07時02分
  • あしあと探偵 【著者:園田ゆり】
    園田ゆりさんの作品『あしあと探偵』(講談社)家で少女、夜逃げ人、駆け落ち、犯罪、認知症で行方不明、自殺志願者・・・などなど、人はいついなくなってしまうかわかりません。また、生き別れの兄弟、初恋の人、別れた夫婦の行方・・・などなど、そんな人と…06月21日 22時03分
  • 「富んでいる・・・・者に・・・・めぐんでもらったら感謝する・・だけ・・・・でいい…
    川原正敏さんの作品『修羅の刻』より「富んでいる・・・・者に・・・・めぐんでもらったら感謝する・・だけ・・・・でいい・・・・そうでない者にわけてもらった時は・・・・恩は・・・・わすれるな・・・・」兄の陸奥出海と比べられるのが嫌だった陸奥雷(ア…06月21日 15時03分
  • 総天然色 バカ姉弟 【著者:安達哲】
    安達哲さんの作品『総天然色 バカ姉弟』(講談社)10年以上前に連載されていた『バカ姉弟』が“総天然色”で帰ってきました。『バカ姉弟』は巣鴨に住む幼い双子の姉弟(姉の御寧莞(おねい)弟の純一郎)の話で、両親は仕事などで留守をしがちで、お母さん…06月21日 07時02分
  • 淫らなキミのオトし方 【著者:杏咲モラル】
    杏咲モラルさんの作品『淫らなキミのオトし方』(竹書房)杏咲モラルさんの作品といえば、可愛くぷにっとした体型の女性やロリ系の女性、エッチなんて無縁な感じの清楚な女性が、恥じらいなどもありつつエッチをする・・・ッて感じの作品がおおいイメージがあ…06月20日 22時03分
  • カラスのいとし京都めし 【著者:魚田南】
    魚田南さんの作品『カラスのいとし京都めし』(祥伝社)京都にある「烏寺」には、昔、しゃべるカラスがいました。そして、今も長く生きているカラスがいて、このカラスはすごく食に興味を持っており、暇なのか知識も持て余していて、ついには人間にも興味を持…06月20日 15時04分
  • 眼鏡橋華子の見立て 【著者:松本救助】
    松本救助さんの作品『眼鏡橋華子の見立て』(講談社)雑誌編集者の川原は芸能界の闇を追いかけた取材をしたいと思っていたのに、編集長から「眼鏡特集」の取材を任されました。もともと視力がいい川原は眼鏡なんて興味もなく、ただ取材をしているだけの日々で…06月20日 07時03分
  • 幸色のワンルーム 【著者:はくり】
    はくりさんの作品『幸色のワンルーム』(スクエニ)東京のとある区で中学2年生の少女が行方不明・・・そんなニュースが連日報道されている中、その少女はとあるアパートで男と一緒にいました。この男というのが少女のストーカーで少女を町で見かけて誘拐・・…06月19日 22時03分
  • うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【著者:田中圭一】
    田中圭一さんの作品『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(角川書店)この作品なのですが、うつ病で悩まされていた漫画家の田中圭一さんが自分がうつ病を発症しているなか、その経験をそのまま漫画にされており、うつ病になった経緯や辛かった闘病生活、…06月19日 15時04分
  • 川柳少女 【著者:五十嵐正邦】
    五十嵐正邦さんの作品『川柳少女』(講談社)女子高生の雪白七々子は人と話すこと(喋ること)が苦手で伝えたいことなどは身振り手振りするのですが、言葉で伝えたい時には五七五の川柳を書いて伝えるという、ちょっと変わった女の子です。もう一人・・・不良…06月19日 07時04分
  • 野球部のヒロコせんせい 【著者:ムラタコウジ】
    ムラタコウジさんの作品『野球部のヒロコせんせい』(小学館)新米教師の山本ヒロコは見た目は可愛く、学校でも人気者なのですけど、ちょっと残念なことにぐうたらで楽をしたい・・・なんて毎日を過ごしていました。ぐうたら好きのヒロコなので、部活動顧問を…06月18日 22時03分