たくげんBlog

登録ID
1773667
サイト名称
たくげんBlog
URL
http://takugen.seesaa.net/
紹介文
山登りなど、旅の参考になるBlogを目指して書き綴ってます。
カテゴリ
  • 登山 (100%) - 22 / 266人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 妙義山 中編 −初秋の妙義 奇岩稜上を行く
    興ざめする話も書きたくないものだが、妙義山は見ての通りの危険な山で死亡事故が絶えない。とりわけ白雲山の奥の院、金洞山への取りつきにある鷹戻し、金洞山道中にあるコブ岩では死亡事故が多発しているという。現に今年8月には奥の院で100m滑落し死亡…10月22日 16時00分
  • 妙義山 前編 −日本三大奇勝 白雲山への急登
    上毛三山がひとつ、西の妙義山。南東側の金洞山、白雲山、金鶏山は表妙義、北西側の谷急山、丁須の頭、御岳は裏妙義と呼ばれている。最高峰は白雲山の相馬岳。群馬は奇形な山が数多く見られますが、妙義山は群を抜いています。前回登山の日光からの帰りに長野…10月20日 21時00分
  • 男体山 後編 −険しい日光一家 父からの眺め
    山頂の太刀は最初は明治期に奉納されたものだったそうで、130年もの間風雪に耐え2012年に朽ちて折れてしまった。同10月、下野市の方が奉納した朽ちにくいステンレス製の太刀が山頂に立てられた。前編はこちらこれよりもっと素晴らしい中禅寺湖の景色…10月17日 19時00分
  • 男体山 前編 −日光の霊峰 日光(下野)富士の登り
    すべての湖はその傍にそびえ立つ山の姿で生きてくるが、中禅寺湖と男体山という取り合わせほど過不足なく、彼我助け合って秀麗雄大な景色を形作っている例も稀である。天の造型の傑作というほかない。中禅寺湖が男体登山の表口となるのは当然であって、湖畔に…10月16日 19時00分
  • 男体山 日光二荒山神社中宮祠までのルート
    日光のシンボルと言うべき中禅寺湖とのセットが見事な男体山。5月に山開きがあり、紅葉が終わりを迎えようとする10月下旬に山じまいとなる。目的地:日光二荒山神社中宮祠(1,274m)§電車バスの場合JR日光線 日光駅 or 東武日光線 東武日光…10月15日 18時00分
  • 大真名子山 −険しい日光一家 愛子からの眺め
    男体山と女峰山の間の愛子(まなご)からその名がつく大真名子山と小真名子山。太郎山もそうみたいだが、大真名子山の山頂にも大国主命と田心姫命の間の子、味耜高彦根命が祭られている。女峰山編はこちら前編後編帝釈山から400mほど下り、11:00富士…10月14日 19時00分
  • 女峰山 後編 −険しい日光一家 母からの眺め
    女峰山は成層火山であり、その火口は霧降高原から登っていくルート上の赤薙山との間に馬蹄の形をして残っている。この火口は雲竜渓谷という谷を形成しており、冬はここの氷瀑を登るアイスクライミングで楽しまれている。前編はこちら少し登ったところで小真名…10月13日 19時00分
  • 女峰山 前編 −日光表連山の拠点 志津乗越から
    日光三山のひとつ。男体山の祭神が大国主命なのに対して、大国主命の妃の一人、田心姫命を祭っていることから女峰山と名付けられているのだろうが、山名には似合わぬ鋭角的な山容である。今回は日光へやって参りました。紅葉がそろそろ見頃なのかなと期待しな…10月12日 19時00分
  • 唐松尾山 −奥秩父東部の景色 西御殿岩からの眺め
    行くなら笠取山とセットで登っておきたい山。植林によりかつて山一帯がカラマツ林だったことから名がついている。多摩川水系の最高峰である。和名倉山編はこちら前編後編和名倉山からの帰り、東仙波で昼食にし、12:20山の神土に戻ってまいりました。ここ…09月25日 20時00分
  • 和名倉山 後編 −そこは幽玄であり静寂の森の中
    和名倉山は奥秩父縦走路からのコース以外に秩父湖から取りつく二瀬尾根のコースがある。埼玉側はあまり登山道の整備はされてきてなかったようだが、最近は二瀬から登る人が多くなり整備されてきているようだ。他にも北西の川又地区から登るヒルメシ尾根、南東…09月24日 19時00分
  • 和名倉山 前編 −奥秩父の秘境 山頂までの長いみち
    秘境とは言っても日本の秘境100選で選ばれている西沢渓谷、大菩薩嶺、両神山ほど写真映えするような場所ではない。秘峰と言った方が正しいのだろうか。山頂までのアプローチが長い、恐らく奥秩父の実線ルートの中では一番ではないかと思われる。奥秩父縦走…09月23日 21時00分
  • 富士山 後編 −富士山最大の側火山へ 圧倒的な迫力の宝永火口
    富士山の最も新しい噴火であった宝永火口。箱根辺りでの眺めだとあまり気にならずむしろ駿河湾へと伸びる曲線に見とれてしまうが、駿河まで出てくるとその破壊力がはっきりとわかる。火山活動によって日本一の高峰に押し上げたこの独立峰はこれだけの膨大なエ…09月14日 20時00分
  • 富士山 中編 −朝の静かなお鉢巡り
    お鉢巡り、右から回るか?左から回るか?人間は無意識に左回り(反時計回り)をするとは言うが、お鉢巡りは大抵、右回り(時計回り)をするものだそうだ。これは仏教の影響が強く聖地巡礼は右回りで行う習わしがあるからであるという。とはいえ吉田、須走から…09月13日 22時00分
  • 富士山 前編 −日本第一の高峰 真夜中の富士宮
    この日本一の山について今さら何を言う必要があろう。かつて私は『富士山』という本を編むために文献を漁って、それが後から後から幾らでも出てくるのにサジを投げた。おそらくこれほど多く語られ、歌われ、描かれた山は、世界にもないだろう。- 深田久弥 …09月12日 22時00分
  • 蓼科山 後編 −夏の白樺湖 諏訪富士からの眺め
    今ではリゾート地となっている白樺湖は当初、農業用水のため池として作られた人造湖であった。人造湖ができて間もなくボートやスケートなどの娯楽設備が整備され、別荘や宿泊施設、スキー場などができていき長野の観光スポットへと成長していった。前編はこち…09月09日 20時00分
  • 蓼科山 前編 −八ヶ岳連峰の北端 すずらん峠から
    蓼科山は俗に来た八ッと称せられる連嶺の一番北の端に、一きわ抜きんでている峰で、その余威は更に北に向って、次第に高さを落としながら広大な裾野となる。しかしそれは赤城山のようにスムーズな美しい線ではなく、幾らか不整形なので人々の眼はただその円頂…09月08日 20時00分
  • 蓼科山 蓼科山駐車場までのルート
    八ヶ岳連峰の北端。北西側の麓には白樺湖を中心とする一大リゾート地がある。目的地:七合目登山口駐車場(1907m 白樺湖方面) 蓼科山登山口駐車場(1725m 蓼科高原方面)§電車バスの場合JR中央本線茅野駅からアルピコ交通のバスが出ています…09月07日 21時00分