自転車日本縦断の夢

登録ID
1774625
サイト名称
自転車日本縦断の夢
URL
http://blog.livedoor.jp/yts510730/
紹介文
定年後自転車で日本を縦断しようと考え1回250km程度で何回かに分けて実行しています。その計画と記録です。
カテゴリ
  • 自転車旅行記 (50%) - 9 / 49人中
  • 日本一周 (30%) - 14 / 95人中
  • サイクリング (20%) - 26 / 113人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 青森編振り返り(39)夕暮れの青森駅
    三内丸山遺跡から市街地に向かい今日の宿を目指す。今回の旅で初めて6時前の明るいうちに宿に着いた。青森の駅前のビジネスホテルで、窓から駅がよく見える。 10月17日 06時57分
  • 青森編振り返り(38)三内丸山遺跡?
    ツアーも後半になって有名な大型掘立柱建物跡のところにやってきた。発掘されたのは大きな6本の柱の跡(ドーム型の建物の中に保存されている)であり、これから想像される建物を復元したのが下の写真だが、本当にこういうものだったのか、何に使われたのかよ…10月16日 10時54分
  • 青森編振り返り(37)三内丸山遺跡?
    入場するとちょうど3時半にボランティアガイドさんの見学ツアーがあると書いてあったので集合場所に行くと、他に誰もいなかった。そこでマンツーマンの遺跡ガイドツアーとなった。入り口の建物から外へ出ると広い草原が広がっている。このへんは縄文時代の集…10月15日 10時42分
  • 青森編振り返り(36)三内丸山遺跡?
    私は古代の歴史は好きではないけど、せっかく近くを通るし、時間もあるので縄文時代の最大の遺跡とも言える三内丸山遺跡に寄ってみることにした。新幹線の高架下をしばらく走り、7号線の環状バイパスに沿ってぐるっと回ると三内丸山遺跡についた。今はきれい…10月14日 09時33分
  • 青森編振り返り(35)新青森
    旧道(県道247号線)は新城川の谷筋に沿って奥羽線を見ながら走る。津軽新城の駅を過ぎると青森市の市街地になり、やがて新幹線の高架下をくぐり向こうの方に新青森の駅らしいものが見える。今日はここで南に曲がって三内丸山遺跡に行くことにする。 10月13日 09時21分
  • 青森編振り返り(34)鶴ヶ坂駅
    国道7号線は青森方面へのバイパスになるので、奥羽本線沿いの旧道にはいる。坂道を下ってゆくと鶴ヶ坂の駅に着いた。ちょうど青森行きの電車が来る所だった。 10月12日 09時06分
  • 青森編振り返り(33)大釈迦
    101号線はこの先の大釈迦で南から来る7号線と合流して青森方面に向かう。大釈迦は津軽地方から青森へ向かう峠になっていて奥羽本線はトンネルで越えてしまうが、国道7号線はその上を越える。大釈迦の街中を通ってかなりきつい坂を登ると7号線との合流点…10月11日 13時08分
  • 青森編振り返り(32)
    鶴壽橋を渡ると五能線の陸奥?田駅に着いた。ちょっと休んでから東へ向かう道を進む。途中五林平というところで川を渡る手前に薬王寺というお寺があった。さらに先へ進むと北側を通ってきた101号線に向かってかなりの登り坂になり、やがて101号線に合流…10月10日 12時44分
  • 青森編振り返り(31)鶴壽橋
    富士見湖を後にしてしばらく走ると岩木川を渡る鶴壽橋についた。岩木山がだいぶ後方に見えるようになってきた。 10月09日 07時32分
  • 青森編振り返り(30)りんご
    鶴の舞橋をわたり、ソフトクリームを食べて休憩してから出発する。道沿いにりんごの集積所があって、かごに詰められたリンゴが出荷を待っていた。 10月08日 07時20分
  • 青森編振り返り(29)鶴の舞橋?
    木造の三連太鼓橋ということで、岩国錦帯橋を思い出す。ここは無料で渡ることができる。向こう側に渡ると岩木山を背景に写真を撮る人がいっぱいいた。 10月07日 07時43分
  • 青森編振り返り(28)鶴の舞橋?
    鶴田へ向かう道の途中に富士見湖パークという公園があって、鶴の舞橋という観光用の橋がある。富士見湖というのは通称で、廻堰大溜池というため池で、富士山が見えるはずもないのでここでいう富士は津軽富士つまり岩木山のことである。「日本一長い三連太鼓橋…10月06日 06時35分
  • 青森編振り返り(27)岩木山?
    地球村の先を左に曲がると?田方面に向かってまっすぐな道が続いている。道の両側がりんご畑になってきて、色づき始めた赤い実がたくさんなっている。りんご畑の向こうに見える岩木山も見事で自転車を止めて写真をとる。岩木山は弘前側から見ると富士山と同じ…10月05日 06時51分
  • 青森編振り返り(26)つがる地球村
    しばらく進み、陸奥森田の駅から少し南にゆくと「つがる地球村」というリゾート施設?があった。大きな円形野外劇場があり、オートキャンプ場とか、立派な施設があるようだが、まわりは田畑や草原の広がる農村地域でいったい誰が利用するのだろうと思う。地球…10月04日 08時44分
  • 青森編振り返り(25)鳴沢駅
    鰺ヶ沢から青森まで津軽半島のつけねを横断する。まずは津軽平野の田園地帯をゆく。幹線の101号線を離れて五能線に沿って走る。最初の鳴沢という駅に寄ってみた。もちろん列車も来ないし誰もいない。 10月03日 06時47分
  • 青森編振り返り(24)岩木山?
    鰺ヶ沢から青森までの間、ずっと岩木山が見える。津軽富士の名前で呼ばれるように、独立峰で形のよい山で、信仰の対象になっている。まず宿の窓から見える岩木山。9月5日5時20分、日の出直前の光景である。 10月02日 06時32分
  • 青森編振り返り(23)グランメール山海莊
    日も沈んで暗くなり始めた頃鰺ヶ沢の駅に着いた。今日の宿のグランメール山海莊はこの近くにある大きな宿なのだが道がわかりにくかった。駅の方からは細い坂道を上がっていくらしいが地図を見てもその道がどれなのかよくわからない。暗くなってきて見通しもき…10月01日 07時31分
  • 青森編振り返り(22)夕陽と岩木山
    千畳敷で5時を過ぎてしまったので明るいうちに宿に着くのは難しくなった。海岸に沿った道を進んでいくと海の上の西の空が夕陽に染まってゆく。反対側の東の空を見ると岩木山の上に丸い月が昇っていた。 09月30日 08時09分
  • 青森編振り返り(21)千畳敷
    深浦港を後にして海岸沿いの道を先に進む。ゆるやかなアップダウンを繰り返して追良瀬(おいらせ)というところを通り、風合瀬(かそせ)というところで道の駅があったので休む。時刻は4時半になってすっかり夕暮れの気色になってきた。5時頃やっと千畳敷に…09月29日 06時32分
  • 青森編振り返り(20)深浦港
    国道101号線にもどりアップダウンを繰り返しながら30分ほど進むと漁港が見えてきた。右手が広場になっていて風待ち館という観光案内所があるが、どうもやっていないようだった。振り返るとのぼりがいっぱい立ったお寺がある。津軽観音霊場札所の円覚寺と…09月28日 06時33分
  • 青森編振り返り(19)五能線全通記念碑
    アップダウンの続く道をしばらくいくと、不老ふ死温泉の看板があった。名前がすごいので泊まってみたかったが十二湖観光との兼ね合いが難しいので断念した。ここから海岸の方に降りるとあるようだが今回はパスする。右に曲がって101号線に戻ろうとすると、…09月27日 08時57分
  • 青森編振り返り(18)ウェスパ椿山
    バスで十二湖駅まで戻ってきて出発の準備が整ったのはもう13時近くだった。午前中めいっぱい遊んでしまったので今日も午後の行程はきつい。鰺ヶ沢まで約60km。10kmくらい走るとウェスパ椿山の方に曲がる道があったので寄ってみた。リゾート施設で、…09月26日 06時46分
  • 青森編振り返り(17)十二湖?日本キャニオン
    王池散策路からバス通りにもどる。八景の池のバス停のところから日本キャニオン展望所へ登る道がある。日本キャニオンとは十二湖の向こう側にある大崩山の景観がグランドキャニオンを思わせるというのでつけたらしい。せっかくなので見てみることにした。林の…09月25日 06時57分
  • 青森編振り返り(16)十二湖?王池散策路
    雨が止んだので雨具をしまって十二湖散策を続ける。ビジターセンターの先にある越口の池は小さな滝で王池につながっている。滝のところに王池を周回する散策路の案内があった。なんだかおもしろそうなので行ってみることにした。林の中を抜けて湖畔を回る道に…09月24日 08時06分
  • 青森編振り返り(15)十二湖?
    ブナ自然林を抜けて、沸壺の池を回ってバス通りの方へ降りてゆくと落口の池がある。ここで雨が降ってきた。雨具を持ってきていたので木の下に入って雨具を着る。朝天気予報を見たときはこの地域には雨という予報は出ていなかったが、レーダーの雨雲の様子を見…09月23日 07時23分
  • 青森編振り返り(14)十二湖?ブナの林
    世界遺産白神山地には行ってみたいが、本格的に登山をするためにはずいぶんと奥までバスで行ってさらにかなり歩かなければならないようだ。そこで今回は十二湖遊歩道を歩いてその気分を味わうことにする。青池から階段を登っていくとブナ自然林の道に出る。 09月22日 21時10分
  • 青森編振り返り(13)十二湖?青池
    鶏頭場の池の先に十二湖観光の代名詞にもなっている青池がある。小さな池だが深い藍色をしていて神秘的な雰囲気がある。 09月21日 06時56分
  • 青森編振り返り(12)十二湖?
    宿から十二湖の駅までもどる。駅から十二湖の中心地までは5kmほどのようだがその間に200m以上の標高を登らなければいけないので後のことを考えると自転車で登るのは無謀な感じだった。駅に自転車をおいてバスに乗ることにする。バスの始発は9:15な…09月20日 10時03分
  • 青森編振り返り(11)山の宿しちのへ
    1日目は民宿に泊まった。陸奥岩?の駅から5分ほどのところにあって登山ガイドをやっている方が一人でやっているようだ。民家の2階の1室という感じで、壁には登山したときの写真がいろいろ貼ってある。一人で寝泊まりするには十分な施設で、豪華な温泉旅館…09月19日 07時13分
  • 青森編振り返り(10)十二湖駅
    午後6時、やっと十二湖の駅についた。十二湖にも宿はあるのだが、観光シーズンの日曜日の一人旅は歓迎されず空いてなかった。しかたなく、一駅先の陸奥岩?にある民宿に泊まることにした。だからまだ一駅分走らなければならない。9月になったので日没は6時…09月18日 07時15分
  • 青森編振り返り(9)白神岳登山口
    大間越を過ぎると白神岳登山口という看板があった。山に向かってきつい登り坂が続いている。向こうから少年が荷物をいっぱい積んだ自転車を押して降りてくるところだった。昔自転車の雑誌で白神岳の登山道を自転車で走る企画を見たことがある。私もあと30年…09月17日 06時43分
  • 青森編振り返り(8)大間越
    県境を越えると大間越のトンネルにさしかかる。海辺まで山が迫っていて、きっと昔は難所だったのだと思わせる地名である。今はトンネルで簡単に抜けてしまう。道の狭いトンネルだが自動車がほとんど通らないのでそれほど苦にならずに越えることができる。 09月16日 06時31分
  • 青森編振り返り(7)県境
    あきた白神駅を後にして海岸線を北西方向に進む。道の駅八森で「お殿水」を見て、まもなく秋田と青森の県境に着いた。酒田から象潟へ向かう途中で秋田県に入ってから象潟、由利本荘、秋田市、男鹿半島、能代と秋田県を回ってきた。時刻はまもなく17時になろ…09月15日 11時25分
  • 青森編振り返り(6)あきた白神駅
    2時頃ポンポコ山公園というところの道の駅についた。遅い昼飯にする。午前中は新幹線の中でサンドイッチを食べただけでおなかがすいていたので生姜焼き定食を食べる。昼食を食べてからまた30分ほど進むと東八森の駅を通り、さらに1時間ほどであきた白神駅…09月14日 11時08分
  • 青森編振り返り(5)米代川を渡る
    能代駅を出てすぐ、米代川を渡る能代橋に着いた。道はこの後国道101号線に合流し、青森まで続いている。空はよく晴れていて気持ちのよい気候である。 09月13日 08時53分
  • 青森編振り返り(4)能代駅
    20分ほどで能代駅に着いた。ここまでは米代川に沿って西に向かっているが、すでに結構な向かい風で最初から気力をそがれる。この調子では日没までに十二湖方面に着けるのか心配になってきた。能代駅でちょっと休んで改めて今回の旅に思いをめぐらせる。 09月12日 09時30分
  • 青森編振り返り(3)五能線に沿って?
    今回の旅は、東能代から五能線に沿って青森を目指す。自転車の旅としては奥羽線沿いに弘前を目指す方が普通で距離も短いのだが、風光明媚な海岸線を走りたかったし、世界遺産白神山地の雰囲気を味わってみたかった。前回も書いたが五能線の分岐駅である東能代…09月11日 07時08分
  • 青森編振り返り(2)東能代駅を出発
    1日目は十二湖まで約50km、東北も北の方になるとさすがに遠く、東能代駅には1時近くに着いたのでなかなか厳しいスケジュールである。13時15分には自転車を組み立て荷物もセットし終わって出発した。この日、小笠原近辺に長く居座っていた台風が東北…09月10日 07時02分
  • 青森編振り返り(1)奥羽本線
    一昨日の7日、無事に函館から帰ってきた。例によって今日から今回の旅を振り返ることにする。4年半前の2013年3月に九州長崎鼻を出発した「自転車日本縦断の夢」の旅も11回目でやっと本州を出て北海道に足を踏み入れることになった。夏の旅の予定だっ…09月09日 20時26分
  • 八甲田丸
    青森駅のすぐ前の岩壁にもと青函連絡船の八甲田丸が停泊している。1988年に青函連絡船がなくなるときに見に行ってからもう30年近い年月がたった。八甲田丸は今は海上博物館として見学できる。 09月09日 07時30分
  • 4日目 7号線の終わり
    新潟からずっとお世話になってきた国道7号線は青森で終わりです。県庁前の長島という所で東側を回ってきた国道4号線と出会います。 09月07日 08時17分
  • 三内丸山遺跡
    3日目は青森を目指しますが、青森まで行く間には必ず峠を越えなければなりません。大釈迦が近づくと道がじわじわとのぼりはじめ最後はかなりきつい登りでした。 何とか登りきって青森市内に入ります。ちょっと寄り道をして三内丸山遺跡に寄りました。ボラン…09月07日 08時13分
  • 鶴の舞橋
    途中富士見湖にかかる鶴の舞橋という所に寄りました。 観光用にかけた長い木の橋で錦帯橋を思い出させます。バスで観光客がたくさん来ています。後に岩木山が大きく見えます。 09月07日 08時04分
  • 新函館北斗駅
    新函館北斗駅まで走り、北海道新幹線で帰ります。 09月07日 07時58分
  • 五稜郭
    お昼過ぎに五稜郭タワーに登りました。 09月07日 07時55分
  • 5日目 旧函館区公会堂
    最後の日 午前中は函館市内を見学しました。函館駅から海辺に沿って外人墓地まで行き、山手の通りを通って元町地区にやってきました。このあたりになると観光客がたくさんいます。 09月07日 07時51分
  • 3日目 岩木山
    3日目は津軽半島を横断して青森を目指します。津軽平野はどこからでも岩木山が見えるとTVで誰かが言っていましたが、今日は一日岩木山を見ながら走りました。 09月06日 14時42分
  • 千畳敷
    2日目は午前中に遊んでしまったので午後は必死に自転車をこいで鰺ヶ沢をめざしました。夕方5時頃やっと千畳敷に着きました。鰺ヶ沢まではまだ20km近くあります。 途中道に迷って、結局夜7時過ぎに宿に着きました。 09月06日 14時36分
  • ブナ林
    十二湖のまわりは白神山地のブナ林です。時間と体力に余裕があれば白神山地に登って見たいです。 09月06日 14時22分
  • 函館山からの夜景
    函館の宿についてから自転車でロープウェイの駅まで行き、函館山の夜景を見ました。 09月06日 07時46分
  • 函館へ
    青森からフェリーで函館に渡りました。 09月06日 07時42分
  • 青池
    十二湖駅から十二湖まではバスで15分ほどで、自転車で行くことも考えたけど200m以上の急な登りなのであきらめた。帰りにバス停でバスを待っていると荷物をいっぱい積んだ自転車を押して登って来る少年がいた。偉い! 十二湖のバス停から一番近い見所が…09月05日 05時58分
  • 2日目 十二湖
    2日目は午前中十二湖を観光した。朝十二湖の駅に自転車を置いてバスを待っていると雨が降ってきた。天気予報は、晴れていい天気になると言っていたのに。雨レーダーを見るとこのあたりだけ局所的に降っているらしい。一応雨具は持っているけどあまり使いたく…09月05日 05時48分
  • 青森県に入る
    1日目の夕方、青森県に入った。 09月05日 05時38分
  • 五能線
    今回の旅は五能線に沿って青森までいきます。景色のよい海岸線を走るのですが、台風が東側を通ったため強い向かい風が吹いていてとても大変でした。 大間越の近くでリゾートしらかみとすれ違いました。 09月04日 06時50分
  • 東能代
    12時42分、前回の最終地点の 東能代の駅に着きました。自転車を組み立てて1時半頃出発します。 09月04日 06時45分
  • 出発しました。
    3日、青森への旅に出発しました。1日目は東能代から五能線に沿って十二湖のあたりまで行きました。強い向かい風で進まず難儀でしたが何とか夕方6時半頃に宿に着きました。 09月04日 06時21分
  • 青森編に出発します
    明日から次の行程(仮に青森編としておきます)に出発します。今回は進む距離は短いですが北海道に入ります。1日目 9月3日(日)港南台―――東能代東能代―十二湖 52.7km 十二湖泊2日目 9月4日(月)十二湖観光 十二湖―鰺ヶ沢 52.8k…09月02日 21時37分