古墳なう

登録ID
1775577
サイト名称
古墳なう
URL
http://gogohiderin.blog.fc2.com/
紹介文
失われた東京の古墳を探せ!ご〜ご〜ひでりんの古墳探訪記。
カテゴリ
  • 学問一般 (20%) - 23 / 127人中
  • 考古学 (30%) - 2 / 33人中
  • 地理 (20%) - 2 / 19人中
  • 生涯学習 (30%) - 13 / 127人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 「中里富士」―東京都指定有形民俗文化財・清瀬市指定有形文化財―
    「中里富士」は、清瀬市中里3丁目に所在する富士塚です。 富士山は古くから信仰対象の山とされており、特に江戸時代中期には富士登拝の風潮が盛んとなりました。しかし、実際の富士登山は経済的負担が大きく、危険が伴うことから、富士登山のできない人々の…11月21日 02時25分
  • 「笹塚」その2
    さて、今回は、平成28年(2016)10月30日に取り上げた「笹塚」についての追記です。 実はその後、幡ヶ谷の一里塚が存在したという当時の土地所有者の現在の当主の方のご好意により、幡ヶ谷の一里塚に建てられていたのではないかとされる石碑を見学…11月17日 00時08分
  • 「保木間富士」
    画像は、足立区西保木間にある「氷川神社」を南から見たところです。 この神社の祭神は、須佐之男命、豊受姫命、菅原道真が祀られています。創建は明らかではないようですが、中世のこの地は、関東の豪族千葉氏の陣屋跡と伝えられており、妙見社が祀られ、の…11月16日 00時36分
  • 「島根富士」
    画像は、足立区島根4丁目にある「鷲神社(わしじんじゃ)」です。 この神社の祭神は日本武尊、誉田別命、国常立命で、末社に三峰社、客殿等があります。古代に、日本武尊が海岸線の近くにあったこの場所に着いたことから浮島明神として祭祀し、文保2年(1…11月15日 00時55分
  • 「浅間神社塚遺跡」
    画像は、足立区西新井6丁目にある「浅間神社」を東から見たところです。この神社の祭神は木花開耶姫命で、社殿の中には富士山をかたどった石の彫刻を神体として祀っているそうです。寛永15年(1638)に富士講中が土地を寄付してそこに富士山本宮浅間大…11月14日 01時30分
  • 「綾瀬富士」―足立区登録有形民俗文化財―
    画像は、足立区綾瀬4丁目にある「綾瀬稲荷神社」を西から見たところです。 創建は慶長19年(1614)といわれるこの綾瀬稲荷神社の祭神は宇迦之御魂命です。江戸時代から五兵衛新田の鎮守で、当時は稲荷社と呼ばれていました。明治7年(1874)に五…11月12日 23時35分
  • 「五反野富士」―足立区登録有形民俗文化財―
    画像は、足立区足立3丁目にある「西之宮稲荷神社」を南西から見たところです。 この神社の祭神は、宇迦之御魂命・須佐之男命です。江戸時代後期までは、弥五郎新田に東之宮、本田之宮、西之宮の3つの稲荷神社と氷川神社があったといわれ、明治3年(187…11月11日 22時19分
  • 「大川富士」
    画像は、足立区千住大川町にある「氷川神社」を東から見たところです。永仁年間の創建といわれるこの大川町氷川神社は千住七福神の布袋尊で、境内には「大川富士」と呼ばれる富士塚が所在します。 画像は、神社境内に所在する「大川富士」を東から見たところ…11月10日 23時52分
  • 「千住柳原富士」―足立区有形民俗文化財―
    画像は、足立区柳原2丁目にある「柳原稲荷神社」を北東から見たところです。 この神社の創建は詳らかではないものの、『葛西誌』によると慶長4年(1599)の創祀といわれています。祭神は宇迦之御魂神で、明治12年の『東京府神社明細簿』には、境内社…11月09日 23時44分
  • 「千住宮元富士」
    画像は、足立区千住宮元町にある「千住神社」を東から見たところです。 かつてのこの地は千崎と呼ばれる丘陵で、原始的森林地帯であったといわれています。その後開拓民がここに住みつき、千住に集落が形成された延長4年(926)に、土地鎮護と五穀豊穣を…11月08日 23時25分
  • 「大谷田古墳」
    「大谷田古墳」は、足立区大谷田1丁目に所在したといわれる古墳で、『東京都遺跡地図』には足立区の遺跡番号24番に登録されている古墳です。 昭和30年(1955)に発行された『足立区史』によると、この古墳は中川堤の下あたりにあったといわれ、戦前…11月07日 22時44分
  • 「飯塚の富士塚」―葛飾区指定史跡―
    「南水元富士神社」は、葛飾区南水元にある神社です。創建は正慶元年(1332)と伝えられるこの神社の祭神は木花咲耶姫命で、江戸時代には旧飯塚村の鎮守だったといわれています。この神社の拝殿の背後には、葛飾区内では最も大きいといわれる「飯塚の富士…11月06日 23時52分
  • 「葛飾区№18遺跡」
    画像は、葛飾区東金町4丁目にある「半田稲荷神社」を南東から見たところです。この神社は、『新編武蔵風土記稿』には和銅4年(711)の創建と記されており、当社の縁起には永久年間(1113〜17)の創建ともいわれています。延享4年(1747)の火…11月05日 21時23分
  • 「三ツ池古墳」
    画像は、葛飾区高砂7丁目にある「理昌院」を南から見たところです。このお寺の裏手にかつて所在したといわれるのが「三ツ池古墳」で、『東京都遺跡地図』には葛飾区の遺跡番号10番として登録されています。 この古墳は、昭和24年(1949)11月に可…11月04日 22時13分
  • 「宝木塚」
    「宝木塚」は、江戸時代初期からの古い地名で、「掃塚(ほおきづか)」とも「宝樹塚」、「仏塚」とも書かれたようです。この地域は古くは堀切村と篠原村の境にあり、立石村から分かれて小字から一つの村に独立したものだといわれていますが、この宝木塚村の一…11月03日 22時50分
  • 「葛西清重墓(清重塚)」―葛飾区指定旧跡―
    画像は、葛飾区四つ木1丁目に所在する「葛西清重墓(清重塚)」です。すでにマウンドは削平されて消滅しており、『東京都遺跡地図』には未登録の塚ですが、この墓所内には葛西三郎清重の墓と呼ばれる五輪塔が所在します。 この清重塚について、江戸時代の地…11月02日 01時16分
  • 「鬼塚」―葛飾区指定史跡―
    画像は、葛飾区奥戸1丁目にある「鬼塚」を南東から見たところです。『東京都遺跡地図』には、葛飾区の遺跡番号25番の塚として登録されています。 この鬼塚については、以前にこの『古墳なう』で紹介しましたが、その後調べて判ったこともあり、書き加えて…11月01日 21時40分
  • 「葛飾区遺跡番号23番 無名塚」
    画像は、葛飾区奥戸3丁目にある「葛飾区№23遺跡」を南から見たところです。『東京都遺跡地図』には、葛飾区の遺跡番号23番の「時代不明の塚」として登録されています。 この塚については以前にもこの『古墳なう』で紹介したのですが、その後、最訪した…10月31日 00時44分
  • 「入定塚」
    画像は、葛飾区奥戸2丁目に所在する「入定塚」を南から見たところです。画像の右側は「南葛大師」で、左側が入定塚であるとされる「森市地蔵尊」です。森市地蔵尊の祠の前には「入定塚」の石碑が建てられています。 この場所には、村の古老の間で語り伝えら…10月30日 00時02分
  • 「一里塚」(葛飾区指定旧跡)
    慶長九年(1604)、徳川家康は秀忠に命じて東海道、東山道、中仙道の三街道を整備させ、江戸日本橋を起点に沿道一里毎に一里塚を設けられました。そして、この亀有の一里塚はその後、水戸街道中の千住松戸両宿間に、日本橋より三里の地点の塚として設置さ…10月29日 00時34分
  • 「曙町古墳(鶏声塚)」
    「曙町古墳」は、文京区本駒込1丁目に所在したとされる古墳です。『東京都遺跡地図』には、文京区の遺跡番号13番の古墳(円墳)として登録されています。 この場所はかつては土井大炊頭利勝の下屋敷だったところで、この地域の地名の由来ともなったある伝…10月27日 09時04分
  • 「実盛塚」
    画像は、文京区湯島3丁目にある「実盛坂」を東から見たところです。 この坂は、湯島天満宮の青銅の鳥居からお茶の水方面にまっすぐ向かった、中坂と三組坂の中間を東に下る石段坂です。この坂下方面には首洗いの井戸とともに「実盛塚」と呼ばれる塚があった…10月25日 01時15分
  • 「下戸塚遺跡(下戸塚古墳群)」
    「下戸塚古墳群」は、新宿区西早稲田3丁目の「No.49-4遺跡(下戸塚遺跡)」内で確認された2基の古墳の総称です。『東京都遺跡地図』には古墳としての登録はなく、新宿区の遺跡番号49番の遺跡として「No.49-4遺跡(下戸塚遺跡)」が登録され…10月23日 00時38分
  • 「富塚古墳」その2
    前回に続き、「富塚古墳」の続編です。 画像は、新宿区西早稲田3丁目の水稲荷神社社殿を東から見たところです。この社殿の背後に富塚古墳の石室が移されており、また境内に高田富士が移築されています。 画像が、水稲荷神社本堂の西側に移築された、現在の…10月22日 00時52分
  • 「富塚古墳」その1
    画像は、新宿区西早稲田1丁目にある「宝泉寺(ほうせんじ)」を南東から見たところです。 このお寺は、西暦810年頃の草創と伝えられ、また承平年間(931-938)に平将門の乱を平定した藤原秀郷の草創とも伝えられる天台宗の寺院です。かつては、早…10月21日 00時34分
  • 「穴八幡宮」
    画像は、新宿区西早稲田2丁目の「穴八幡宮」を東から見たところです。 この神社の祭神は応神天皇、仲哀天皇、神宮皇后で、寛永13年(1636)、武士、松平左衛門尉直次が射術の練習のために的場を造営、弓矢の守護神である八幡神の小祠を営んだことに始…10月20日 00時05分
  • 「箱根山」
    画像は、新宿区戸山町2丁目の戸山公園内に所在する「箱根山」を北から見たところです。標高44.6mと、山手線内で最も標高が高いとされる人造の築山です。 この一帯は、江戸時代は、徳川家御三家の一つである尾張家の下屋敷でした。このお屋敷は、寛文7…10月19日 01時16分
  • 「下落合横穴墓群跡」
    「落合横穴墓群」は、新宿区下落合2丁目に所在したとされる古墳です。『東京都遺跡地図』には、新宿区の遺跡番号6番の「横穴墓」として登録されています。 この横穴墓群は、薬王院の南西側、西から東へ流れる妙正寺川左岸の落合台地の南裾の台地先端で宅地…10月17日 00時35分
  • 「牛嶋神社隣の古墳」
    画像は、墨田区向島1丁目にある「牛嶋神社」を南から見たところです。貞観年間(859-79)に慈覚大師が建立したと伝えられる神社で、本所総鎮守として知られています。かつては牛御前社と称しており、『江戸名所図会』によると、牛島の出崎に位置するこ…10月15日 00時00分
  • 「業平塚」
    都営浅草線本所吾妻橋駅を地上に出て東に100mほどの、墨田区吾妻橋3丁目6番地付近にはかつて南蔵院という天台宗の寺院がありました。東京スカイツリーのたもとの街として観光客で賑わうこの地に所在したという南蔵院の寺域には、かつて「業平塚」と呼ば…10月13日 19時23分
  • 「吾嬬神社」
    画像は、墨田区立花1丁目にある「吾嬬神社」を南から見たところです。 この吾嬬神社の祭神は弟橘媛命を主神とし、相殿に日本武尊が祀られています。 この神社の創始については次のような伝説が残されています。景行天皇の皇子日本武尊が妻の弟橘媛とともに…10月11日 03時19分
  • 「御殿町古墳」
    「御殿町古墳」は、文京区白山2丁目に所在したとされる古墳です。『東京都遺跡地図』には文京区の遺跡番号20番に登録されています。画像は、御殿町古墳の跡地とされる現在の東洋大学京北高等学校を北西から見たところです。 この御殿町古墳は、人類学・民…10月07日 21時17分
  • 「簸川神社」
    画像は、文京区千石2丁目の「簸川神社」を南から見たところです。 この神社の祭神は素盞嗚尊で、第五代孝昭天皇の頃に、小石川植物園の御殿坂周辺にあった貝塚の中の古墳の上に創立されたと伝えられています。承応元年(1652)に白山御殿造営のため原町…10月07日 00時18分
  • 「追分一里塚跡」―文京区指定史跡―
    画像は、追分一里塚の跡地とされる文京区向丘1丁目1番地周辺を南東から見たところです。 この場所は、旧中山道(現本郷通り)と日光御成道(旧岩槻街道)との分かれ道で、中山道の最初の一里塚があったといわれています。但し、この一里塚は明和三年(17…10月04日 23時55分
  • 「擂鉢山」
    画像は、新宿区西新宿1丁目25番地の新宿センタービル周辺を南東から見たところです。 この一帯は、幕府旗下渡邊氏の下屋敷だったところで、「擂鉢山」と呼ばれる小丘があったといわれています。擂鉢山という名称からは前方後円墳を連想したくなるところで…10月02日 00時15分