常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった

登録ID
1784497
サイト名称
常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった
URL
http://ameblo.jp/kappa1959
紹介文
「まつろわぬ」というキーワードから常陸国の歴史を見つめなおします。常陸国は東海道の東のはずれ、鹿児島から始まる中央構造線の終点です。
カテゴリ
  • 古代史 (100%) - 1 / 42人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 番外33.建御名方は事代主であり、磐鹿六雁である−そして未来への希望
    常陸国の神社探検記で記しておくべき重要な神社は残すところ鹿島神宮ぐらいになってきました。これまでに無謀にも浅薄な知識で書き綴ってきた神社について、もう一度進化しつつある解釈でまとめておかなければならないと、赤面しながら思う今日この頃でありま…10月20日 19時53分
  • 135.羽梨山神社探検記(笠間市:旧岩間町上郷)
    134.筑波山探検記で、筑波は波が着いた場所だから着く波だという説を紹介しました。さらに闇オカミが非難のために船出した大分県の闇無浜からの連想で、羽梨は葉無で葉(加葉=加用=カガヨウヒメ=ミカボシに対応する女神=コノハナサクヤヒメ)がいなく…10月10日 16時07分
  • 134.筑波山神社探検記-筑波、足尾、加波山の秘密
    足尾山、加波山と続いてきた筑波山塊の神社探検は、最高峰の筑波山でとりあえずの完結となります。新解釈系図で推測した、スサノヲ系統の流れを確認するために、常陸国で吉備〇彦の痕跡を探したことからこの探検は始まりました。探検隊会議でのブレーンストー…10月03日 18時25分
  • 番外32.ワタは海であり綿であった−大幡主は大山祇である論の序章
    ワタツミ(海神)を綿津見と書くからわれわれが綿と結び付けたと単純に考えてはいけません。われわれの考察はそんなに低レベルではありません(笑)通説も一通り引用しておきましたが、現在流布されている通説は、経済至上主義東インド会社(ハザールマフィア…09月16日 19時34分
  • 番外31.ワタツミとはなにか。
    「番外30.神籠石考-綿花栽培の可能性について」で最も重要な事を書き漏らしていました。金山彦-スサノヲ系統から、秘密の綿花栽培施設であろう神籠石をお得意の「武力」で略奪したと考えられる、イカスリ劉一族は、また津の渡しでもあります。瀬戸内海を…09月10日 16時54分
  • 133.加波山三枝祇神社(親宮)探検記
    足尾山から尾根伝いに林道を北上すると、加波山に到着します。加波山は茨城県南部では筑波山に継ぐ高さがあり、名前のユニークさもあって足尾山よりもメジャーだと思います。?ユニークさだけではなく加波山事件があり、明治初期の自由民権運動の黎明時におい…09月04日 12時21分