Wein, Weib und Gesang

登録ID
1792412
サイト名称
Wein, Weib und Gesang
URL
http://blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein
紹介文
ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)
カテゴリ
  • 海外永住 (100%) - 18 / 136人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • とても峻別し難いロマン派歌劇
    ミュンヘンの新制作「タンホイザー」二日目を体験した。今後まだ四回の公演があり、最後のオペラフェスでのものは野外中継且つネット中継されるので、また初日の録音等が存在するので、演出面を加えて音楽面では初日との差異などを中心に先ずはメモ代わりに書…05月27日 00時00分
  • 昇天祭のミュンヘン行
    昇天祭だった。ミュンヘンに新制作「タイホイザー」二日目に出かけた。それほど暑くもなく、陽射しも手頃で、朝10時に出たので、一時間ほどは道中でピクニックをするつもりだった。しかし、折からのシュトッツガルト21にも絡む工事渋滞で、途中で車を止め…05月26日 16時20分
  • 先ずは週末までを準備する
    就寝前に鍵盤で合わせ乍らタンホイザー三幕の変二の音符を見ていると、これは移調楽器でないと吹き難いだろうなと思った。だから半音階的なパッセージを合わせてなるほど楽匠が最後までこだわった意味合いが分かって来た。またはロ長とか五つもシャープが付い…05月25日 00時00分
  • 鍵盤の音出しをして想う
    鍵盤の音出しをした。合わせて10時間ほど掛かっただろうか。ソフトシンセサイザーを使うのは初めてであり、無料のソフトを使うのだから、なかなか難しい。ネットの助けを借りて、先ずは有線で音出しが可能となった。無線の方は、使用しているノートブックが…05月24日 04時00分
  • 楽匠の心残りから救済されたか
    (承前)「タンホイザー」新制作のミュンヘンからの中継を聞いた。前番組で中継事故があったので心配になっていたが、一幕は数十分ごとに二分間ほど中断された。冒頭から数回の中断と放送事故を防ぐためのテープが流れた。そのようなことで二幕、三幕も危ぶま…05月23日 00時00分
  • 異次元の大ヴィーナス像
    (承前)少し興奮状態で朝起きした。夕刻の初日の総稽古風景を観たからである。快晴になって横になってはいられない。早くから出かけるとパン屋がまだ開いていなかったのでその前に一汗かいた。まだまだ「タンホイザー」は頭に入っていないが、自身にとっても…05月22日 00時00分
  • 愈々初日のタンホイザー
    (承前)バレンボイム指揮の2014年ベルリン制作「タンホイザー」を最後まで観た。楽譜はパリ版のように始まり、結局はドレスデン版の演奏であった。ゼンガークリーグでパリ版に直された部分があったが、古臭いロマンティッシュオパーのレチタティーヴが異…05月21日 04時00分
  • 2015年産のお見事な出来
    二年ぶりのザール行だった。昨年は急遽取り止めになったからである。そして、2015年産のリースリングは、ナーヘだけでなくザールでも偉大な年になっていたことを再確認した。大成果である。他のより日照時間の長い地域に比較すれば2015年陽射しがとて…05月20日 00時00分
  • ドイツを代表する花崗岩のワイン
    デュルバッハ訪問は二十数年ぶりだった。片道150キロほどでそれほど遠くはないのだが機会がなかった。高速道路から少し離れていて、谷の奥が行き止まりのような場所であるからだ。何よりも、その土壌が綺麗に反映するリースリングは当時はなかった。 VD…05月19日 00時00分
  • プロフィール画像をアップ
    プロフィール欄に画像を入れた。子供が学校で製作した紙切りである。長く探していたが、古い雑誌類を整理していたら見つかった。道理で手紙類や写真アルバムを探していても見つからなかった筈だ。自身のプロフィールにしようと思って探していたのだ。 製作し…05月18日 00時00分
  • 教育がナットラン!
    床屋に行った。どうも二月以来でまたまた三か月経過しているようだ。子供のころは毎月行っていたような気もするが、こちらでも二月間隔だった筈だ。本当に三ケ月於きになったとすると何かが変化している筈だ。髪の伸び方が遅くなったのか?それとも常時短くす…05月17日 00時00分
  • 1861年版のドイツ語上演とは
    (承前)週末はやくざな上演モンテカルロからの録画「タンホイザー」で腹立たしい思いをした。結局三幕まで通して観て、楽譜に目を奪われていて観ていない演出動画は美しそうだが、短縮のヴィーン版というものをフランス語で上演したものと理解した。ヴィーン…05月16日 00時00分
  • モンテカルロのやくざな公演
    (承前)モンテカルロの「タンホイザー」は偉大な詐欺公演だった。パリ版と銘打ってフランス語上演されたそれはどうもヴィーン版をフランス語で歌っただけというお粗末なものだったようだ。勿論フランス語の歌詞はヴァークナーが1861年のパリでの上演のた…05月15日 00時00分
  • 新たなファン層を開拓する齢
    (承前)ブルックナー交響曲の版にまでは話は及ばない。しかし三楽章のスケルツォでどうしても、今回は演奏会前半に演奏された変ホ長調のそれを思い起こしてしまうのは仕方がない。ひき続けて交響曲演奏会などに出かけると、どうしても古典派から後期ロマン派…05月14日 00時30分
  • 様々なお知らせが入る
    戦後西ドイツを代表する音楽評論家ヨアヒム・カイザーが亡くなったようである ― アドルノやシュテュッケンシュミットはについては今ここには含めない。詳しくは改めるとして、確かにエッセイストとして文章は上手いが ― 吉田秀和よりはましかもしれない…05月13日 00時00分
  • 現時点最高の2015年リースリング
    先日購入した「ハルガンツ」を開けた。これはグランクリュ「ハレンベルク」のセンカンドとなる。2015年のこれは昨年の秋の試飲会でも評価は高かったが、結局「フリュータウ」を購入した。理由は、そのファーストである「フリューリングスプレッツヒェン」…05月12日 01時15分
  • 「白鳥の歌」は常動曲の主旨
    (承前)ブルックナーの交響曲の前にモーツァルトの交響曲を置いたプログラムであった。90歳になる指揮者ブロムシュテットは、この組み合わせで方々で客演しているようだ。来シーズンもベルリンで同様なコンサートを行うようである。秋にも生誕九十歳記念と…05月11日 00時00分
  • 身を焦がすアダージェット
    (承前)日曜日に録音したキリル・ペトレンコ指揮フォアールベルク交響楽団演奏マーラーの第五交響曲を流している。不思議なことに繰り返し聞くと目立つ筈のあらよりも音楽的な構成や作曲の真意が聞こえて来る。更に不思議なことに繰り返し聞いているうちに実…05月10日 00時00分
  • 時間の無駄にならないように
    週末は天候が悪く、重い空気の中で汗を掻いた。相変わらず調子が出ない。毎年この時期は運動能力が落ちている。理由は分からない。 キーボードを発注した。25鍵盤のMIDI鍵盤である。二オクターヴで和音を鳴らすには充分だろう。従来使っていたROLA…05月09日 00時00分
  • ブルックナー交響曲の真意
    ブルックナー交響曲4番「ロマンティック」を聴いた。今年90歳になるヘルベルト・ブロムシュテット指揮ヴィーナーフィルハーモニカ―の演奏だ。19世紀後半を代表するブルックナーの交響曲はその後のマーラーの交響曲に比較すると今でも世界的には充分に理…05月08日 00時00分
  • 2015年産の売れ残りを購入
    ナーヘのシェ―ンレーバー醸造所に試飲に行った。例年は秋に行くのだが、今年は都合が悪そうなので、予約価格でグローセスゲヴぇックスを注文出来ることもあり、先ずは駆け付けた。ジュニア―の家族が増えたこともあり立派な新居が出来ていた。所謂二世代家族…05月07日 05時40分
  • LEKIの皿留め部品を入手
    シュヴァルツヴァルトに発注していたLEKIの部品を入手した。早速ストックに嵌めてみる。先ずは一番細い内径10ミリの留めを差し込んだ。予想に反して、恐らく力を掛けて差し込んでも3?ほどしか嵌まらないようで、皿から下がそれだけ短いと雪渓でも使い…05月06日 00時00分
  • 芸術の行つくところ
    新聞に新しいドレスデンのコンサートホールが紹介されている。民主主義共和国文化宮の中のホールが、ワインヤード型に一新されたようである。多目的に使われるようだが、ドレスデン市の名門フィルハーモニーカーがそこを本拠地としているらしい。そして興味深…05月05日 00時00分
  • 2016年産の果実風味への期待
    本格的な試飲会シーズンが始まる。その前に情報が集まって来る。速報としては先月20日から24日にかけての寒気の霜で大分やられたようだ。少なくともブルグンダーは壊滅的だろう。リースリングも収穫量が落ちそうである。霜が降りる場所と風通しが良くて寒…05月04日 00時35分
  • 感動したメーデーの女の影
    メーデーの晩は、楽劇「影の無い女」を観た。ヴィデオは手元保存してあるので、折角ARDの中継だからと、録音だけをした。染物師バラックと嫁さんのいい場面を観ていて気が付いた。今まで観ているものとはカメラアングルが異なることに気が付いた。嫁さん役…05月03日 00時00分
  • 特別効果の「さすらう若者の歌」
    日曜日晩は予定通りフォアールベルクからの放送を聞いた。4月16日にモンタフォンの谷の出口にあるフェルトフォキルヒェでの演奏会実況中継録音である。演奏するのはフォアーベルク交響楽団で指揮するのは同地へと移民してきたヴァイオリン奏者の息子キリル…05月02日 00時00分
  • あり得ないような燃焼の時
    ウーリ・シュテックが亡くなったとある。メスナー以降未だにアルピニズムが存在したとすれば、この人とアレクサンダー・フーバーの存在は欠かせなかったと思う。少なくともこの人がアルプスの三大北壁などのクラシック課題を単独超高速で走りあがる姿は人類の…05月01日 00時00分
  • 索引 2017年4月
    ストックの石突きを購入 2017-04-30?|?生活 天才の白鳥の歌と呼ばれた交響曲 2017-04-29?|?音 遊園地のようなラムぺ 2017-04-28?|?生活 「タンホイザー」パリ版をみる 2017-04-27?|?音 力尽きそ…04月30日 22時00分
  • ストックの石付きを購入
    「メルケル首相は、二か国国籍について、その忠心度は変わらないとして理解を示した」というのが、ニュースで流れていた。当然だろう、そもそもそのようなことが問題ではなくて、寧ろ被選挙権や権利について論じていかなければいけない。移民の子供が通う学校…04月30日 00時00分
  • 天才の白鳥の歌と呼ばれた交響曲
    (承前)一週間後に迫った。モーツァルトの交響曲39番変ホ長調K543が演奏されるコンサートである。この曲は天才作曲家の白鳥の歌と呼ばれていても、ト短調やハ長調交響曲に比較して苦手な曲だったのだ。それ故かポケットスコアも所持しておらず、今回初…04月29日 00時00分
  • 遊園地のようなラムぺ
    工事終了したバイパスの新しいラムぺを走った。先日開通式典の様子だったが、結局式典が終了していなくて通れなかったのだ。買い物帰りにワクワクしながら突入した。突入というのは事実で、今までドイツ国内否欧州でこれ程急坂のラムぺは見たこともなかったの…04月28日 00時00分
  • 「タンホイザー」パリ版をみる
    (承前)シノポリ指揮のパリ版「タンホイザー」を聴き始めた。案の定序曲から第一幕へとバレーが続き、そして二場に加えて、三場になって羊飼いが「Schauen」と歌うと、ドルチェのイングリッシュホルンを一節書き加えてから、オリジナルへと戻る。更に…04月27日 00時00分
  • 力尽きそうになる石切り場
    久しぶりの石切り場である。最近ザイルを組んでいる地質学の二メートルのパートナーからのお誘いだ。職探し中なので自宅にいるので天気が良くなるとお誘いが掛かる。寒い合間に気温が上がることは分かっていたが、お誘いが無ければ買い物の序にボールダーに出…04月26日 00時00分
  • 美学的に難しい話し
    引き続き寒気が居座っている。それどころか週の中半にかけてアルプス圏は大雪になるそうだ。ワイン街道に住んでいてよかったと思う。五月になろうかというのに冬タイヤが離せないなどとはシュヴァルツヴァルト周辺でも住みにくい。 だから、朝起きも辛く、ラ…04月25日 00時00分
  • 時間と共に熟成するとは?
    先日購入したブルゴーニュのサントネー2009年を開けた。色は思っていたよりも濃い目で、タンニンも効いていたが、時間と共に酸化して丸くなって来る。それでも土地柄か、ボーニュのように長持ちしそうなワインである。20ユーロ以下の価格帯からすれば、…04月24日 00時00分
  • 細身の四年ぶりのジーンズ
    ジーンズを発注した。前回のものは四年前の購買になる。まだ痛んでいないと言われる。それでも流石にオペラの立ち見などに履いていくのは憚られる。ウィッシュリストに入れてからでも半年ぐらいになるが、その時よりも3%安くなったので手を出した。サイズが…04月23日 00時00分
  • なにか目安にしたいもの
    ランニングコースの沢沿いは霜が降りていた。駐車場の車も霜取りの痕があった。沢の流れも叢が凍っていたようにも見えた。しかし車の外気温計は摂氏四度である。今年の記録的に暖かい二月の天候のようだ。それでも異なるのは明るさで、春の太陽だった。だから…04月22日 00時00分
  • 入場者二万五千人、占有率93%
    バーデンバーデンとザルツブルクでの復活祭が終わり、各々がその成果が発表されている。先ず前者は25000人の入場者を迎え占有率93%、後者は24000人、95.5%と、どうしても二者が比較される。後者の会員とその歴史から比較すれば、五年目の前…04月21日 00時00分
  • フェイクニュースの脅し
    朝七時半のアポントメントだった。タイヤ交換である。だから車中で七時のニュースを聞いた。トップニュースは北朝鮮問題でのフェイクニュースである。空母が北朝鮮向かうと大統領までが語って、北朝鮮に圧力を掛けたのに、実際には反対方向のインド洋へと向か…04月20日 00時00分
  • 需要供給が定めるその価値
    早い春開けから、初めての本格的な冷え込みである。霙のところも多く、霜が降りたり、凍結の心配もあるようだ。走る手が冷たくなった。パンツも脱げないので、真面なスピードも出ない。復活はまだまだ遠い。 そろそろと思って二年になろうかとする2014年…04月19日 00時00分
  • 明るく昇っていく太陽
    先週も三回走った。最後の峠攻めはゆっくり上がった分早く下りれて33分28秒で帳尻を合わせた。このところの不調は四旬節の食事が絶食まではいかなくても肉食が普段より減っているのでもう一つ意気が上がらなかったこともあるのかと思う。菜食でも先日のク…04月18日 00時00分
  • 殆んど卑猥な復活祭卵の巣
    朝からパンを買いに行って、一っ走りしてきた。峠への上りはブルックナーの交響曲四番を頭でさらっていた。それでもまだ四楽章を勉強していないので紛らわしいが、最後のコーダまでなんとなく動機の連結は描けた。交響曲とはこのように作曲していくのだと体感…04月17日 00時00分
  • 曇天の聖土曜日の騒々しさ
    聖土曜日は朝早くから買い物客が押し寄せた。例年の如く、厚い雲が覆う聖土曜曜日の天候だが、復活祭で火曜日まで休みになるからだ。先ずはパン屋で並び、八百屋に行くのに遠めのところで駐車した。おばさんが牛蒡を渡すのを忘れていたので帰宅後電話した。帰…04月16日 00時00分
  • 聖金曜日のブルックナー素読
    オバマ前大統領が五月にベルリンを訪問するという。プロテスタントの教会大会に出席してメルケル首相と面談して、その足でメディア賞を授与にバーデンバーデンを訪れるらしい。子ブッシュとは異なりその世界的影響力は健在のようだ。 ラディオは、電気代が上…04月15日 00時00分
  • フランスのチーズとワイン
    バーデンバーデンへの途上でワインを二本購入した。一本はブルゴーニュだが、もう一本は白ワイン代わりにロゼを購入した。いつもはプロヴァンスの安く軽いものを購入するが、魚などに合わしたいので探してみた。あまり飲んだことのない、フランスで最も高価な…04月14日 00時00分
  • 復活祭音楽祭のあとで
    次のコンサートとオペラに向けてのお勉強準備である。オペラの方は、もう一つドレスデン版と、パリ版と楽譜を両方を用意して、欠けるのはドレスデン版でのメディアマテリアルだけだ。コンサートの方は、ブルックナー交響曲4番とモーツァルト交響曲39 番で…04月13日 00時00分
  • 今日か明日かの衣替え
    衣替えの季節である。毎年四月が目安になっている。半年もつという虫除けを購入して納めると十月までは効果があることになる。そのような計算である。今年もスーパーでぶら下げる紙を10枚購入した。箪笥にこれを吊るせば先ずは大丈夫だ ― 更に昨年から使…04月12日 00時00分
  • 運命の影に輝くブリキの兵隊
    (承前)グスタフ・マーラーの最高傑作交響曲六番の冒頭はブルックナー作曲第一交響曲の行進曲の引用である。それゆえにポストモダーンの時代にマーラーの交響曲は最も人気が出たとするのは正しいだろう。そして、その引用が謡曲にも及んでいるのは、丁度途上…04月11日 00時00分
  • 鼓動を感じるネオロココ趣味
    (承前)高揚感の中で目覚めた。このままでは血圧が上がっていけないと思い、無理してパン屋に出かけ、峠まで走って下りてきた。準備体操をして走り出すと、悲愴交響曲のファゴットが鳴り響く。何時も馴染みのダニエル・ダミアーノの素晴らしい響きである。そ…04月10日 00時00分
  • あれやこれやと昂る気分
    とても気分が昂っている。私事もあるのかもしれないが、土曜日のキリル・ペトレンコのバーデン・バーデンデビューがここまで気分を昂らせるとは思わなかった。自分が演奏する訳でもなく、なんら理由はないのだが、いつものように分析的に冷静に居れるのかどう…04月09日 00時00分
  • 漸く時差ボケから解放される
    木曜日の走りは疲れが残っていた。早く走れるとは思っていなかったが、走るうちに攻める気持ちが出て来ていたので、ひょっとすると真面な数字が出るかもしれないと期待していた。しかし結果は、25分30秒往復とジョギングテムポで、往路に12分も掛かって…04月08日 00時00分
  • オンドラ、東京オリムピック否定?
    久しぶりに南プファルツの岩山を登った。前回は肩を痛めている時だったと思う。気温は摂氏20度には満たないまでも陽射しもあってアウトドア―に快適な条件だった。肩を痛める心配も少なく、それでいながら比較的乾いていて。陽が陰ると寒くなるような天候だ…04月07日 00時00分
  • ギリギリの悲愴交響曲
    (承前)悲愴交響曲である。予想以上に難しかった。動機の扱い方と曲の構成との関係から運弓指示などのアーティキュレーションなどが係っているからだろう。この曲に関しては、土曜日の本番で体験してから改めて纏めたいと思うが、23日の演奏から分かったこ…04月06日 00時00分
  • 価値のあるなしを吟味する
    サヴィニー・レー・ボーヌを開けた。一月にバーデン・バーデンへの途上で購入した2014年物である。一口で言うと甘い、果実風味というよりも甘みを感じた。だから口当たりがよくて飲み過ぎて明くる日に残った。決して悪いものではない筈だが、ミネラル風味…04月05日 00時00分
  • FFmpeg出力でハイレゾ
    雨が降りそうだった。その前に走り終えるつもりで出かけたが、結局まとまっては降らなかった。金曜日の疲れが残っていて、軽く流して峠まで上がって下りてきた。20分40秒で峠、下りて来て33分5秒は、この冬の走り具合だが、足元が異なるので気分は大分…04月04日 04時00分
  • Ich war noch nie in Japan. Das ist..
    ミュンヘンからの中継を見た。新シーズンのプログラムお披露目である。11月にプッチーニの三部作、2018年6月に「パルシファル」となる。前者は想定内だったが、後者は想定外だった。まだまだ時間を掛けると思ったが、やはり後のことを考えると早めにや…04月03日 00時00分
  • 購入したDMM社PIVOT
    夕方ボルダーに出かけた。気温は高いが週末にかけて湿度も上がって来た。身体が動きやすくなっているので、少しでもこの条件を見逃すことはないだろう。買物を済まして、その足で向かうと、二輪車などは多かったが、ハイキング客などはまだ見かけない。不思議…04月02日 00時00分
  • もう一つの第六交響曲
    もう一つの第六交響曲のお勉強を始めた。グスタフ・マーラーの悲劇的と呼ばれる交響曲である。バーデンバーデンでは、キリル・ペトレンコ指揮の悲愴交響曲の翌日サイモン・ラトル指揮で演奏される。この曲は、ベートーヴェンやシューベルトチャイコフスキーな…04月01日 00時00分