馬術稽古研究会

登録ID
1794430
サイト名称
馬術稽古研究会
URL
http://s.ameblo.jp/jq2abv
紹介文
競技馬術にとらわれない、オルタナティブな乗馬の楽しみ方として、身体の動きそのものに着目した「馬術の稽古法」を研究しています。
カテゴリ
  • 武道 (10%) - 16 / 51人中
  • 乗馬・馬術 (60%) - 16 / 48人中
  • 競馬コラム (30%) - 27 / 84人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 一人稽古〜乗らずに練習する方法
    競技選手というわけではない、大半の乗馬愛好者の皆さんにとっては、週一回程度のクラブでの騎乗が、唯一の練習の機会であり、かつ「本番」ということになると思います。 貴重な騎乗の機会を充実したものにするために、あるいはそこで覚えた感覚を忘れないた…05月17日 07時28分
  • 『飛び乗り』の稽古
    初心者向けの乗馬の本などには、馬の背に跨るための『乗馬』の方法として、鐙に足をかけて登る方法が載っていたりしますが、 実際の乗馬クラブでは、乗る時には踏み台を使うのが当たり前になっているようなところも多いのではないかと思います。 最近では、…05月16日 07時08分
  • 『謙譲の美徳』と、慣性力の使い方
    「武術を基にした身体操作の研究家」として知られる甲野善紀先生がご紹介されている身体操作の技の一つに、『謙譲の美徳』というのがあります。 相手を押そうとするときに、足で地面を蹴りながら自分の上体を前に倒して、相手にもたれかかるようにするのでは…05月15日 06時48分
  • 馬と「親友」になるために
    先日、出身高校の先輩にあたる、雑誌『馬ライフ』の編集顧問で「フリーダム・ライティング・クラブ(FRC)」代表の田中雅文氏のお招きにより、東京・新橋で行われたFRC主催の定例の会食会に参加させて頂いた時のお話です。 定例会では毎回、馬に関わる…05月13日 06時44分
  • 駈歩あるある
    このようなブログを続けていると、私程度の者でも、読者の方からご質問やお悩み相談のメッセージを頂くことがしばしばあります。 今回はそんな中から、乗馬の「あるある」的なお悩みとして皆さんにも経験がありそうなものを、いくつかご紹介させて頂きたいと…05月12日 09時28分
  • 軽速歩の奥行き
    あなたもスタンプをGETしよう 私が子供の頃には、「フナ」と言えば近所の川や池などに行けばどこにでもいた最も身近な魚でしたが、 近年では都市化や外来種の放流などの影響もあり、すっかり姿を見かけなくなりました。 今では、フナというのが一体どん…05月10日 07時47分
  • 「小手綱」の効用
    通常の乗馬の馬具しかご覧になったことのない方には、おそらく馴染みがないものだと思いますが、 馬車を輓く馬などに取り付けるハーネス(輓具)の中の一つで、『小手綱(こたづな)』といわれるものがあります。小手綱は、「支頭手綱『しずたづな)」とも呼…05月09日 07時18分
  • 「受け身の稽古法」
    乗馬クラブや、個々の騎乗者がどんなに安全対策を講じても、「落馬」というものを完全に阻止することは、難しいものです。 自然を相手にしている以上、どんなに上手な騎乗者でも、どんなに調教された馬であっても、また、どんなに危険がないように外部環境を…05月08日 20時29分
  • 習熟度別・「軽速歩の立ち方」
    乗馬を始めて、ほとんどの方が最初に習うのは、おそらく「軽速歩」ではないかと思います。 「軽速歩」とは、速歩で走る馬の背中の揺れのリズムに合わせ、一歩おきに騎手のお尻を浮かす、座るというのを繰り返すことで、鞍とお尻が衝突しないようにして、人馬…05月06日 06時19分
  • 手綱の「張り方」と騎乗バランス
    乗馬のレッスン中、手綱がブラブラ揺れてしまい、短く持つように指導されても、なかなか手綱の張りを保つのが難しい、ということはよくあるのではないかと思います。 言われた通りに手綱を短くすれば腕が伸びきってしまうし、肘を曲げて身体につけるようにす…05月05日 06時51分
  • ”【湿布の副作用で「一生治りません」と診断される】”
    05月03日 18時13分
  • 「速歩から駈歩」の稽古法
    乗馬のレッスンの中でも、一番人気のあるのが、『駈歩』のレッスンだと思います。 馬に乗って「駈ける」のは、本当に気持ちの良いものですが、そんな駈歩のレッスンを何度か経験して、スピードや揺れ方にはある程度慣れてきたけれど、馬に駈歩を発進してもら…05月02日 07時12分
  • 「跳ねられやすい」乗り方
    乗馬のレッスン中、駈歩発進のために馬に内方姿勢をとらせ、脚を使った瞬間とか、馬が首を屈撓させた「収縮姿勢」で前へ前へと調子良く踏み込み、気持ち良く乗れているような時に、いきなり尻っ跳ねをされ、放り出されて落馬してしまった、というような経験は…05月01日 08時19分
  • スポーツ活動と、指導者の役割
    日本人選手も大活躍で期待以上の大盛り上がりだった平昌オリンピックも、既に過去の話のような感もありますね。 冬季やパラ五輪の種目というのは、馬術と同じようにあまりメジャーではなかったものが多いですが、そうしたスター選手が出ることで、ずいぶん環…04月30日 07時03分
  • リブログ ”馬乗りは、実は波乗りのようなもの?”
    GWの江ノ島海岸へ、人生初のサーフィン体験に行ってきました。 これまでも、車で海岸沿いを走った時などに、冬でもサーフィンを楽しむ人たちの姿をよく目にしてはいたものの、ちょっと自分とは違う世界のような感じで、自分でやってみようとは思わなかった…04月28日 18時33分
  • 「落ちグセ」と、身体意識
    最近の乗馬クラブは事故防止の意識が随分高くなってきていますから、数ヶ月、数年乗ってもまだ落馬を経験したことがない、というような「幸運な」ライダーの方も少なくないのかもしれませんが、中には短い期間に立て続けに落馬したりして、すっかりスランプに…04月27日 07時13分
  • 乗馬の「セオリー」を考える
    先日のスポーツ番組で、武豊騎手が特集されていました。 武豊騎手と言えば、世界のジョッキーの中でも騎乗フォームの美しさではトップレベルだと評価されていますが、その特徴は、なんといっても重心の位置の安定感だと思います。 競馬のレース中のジョッキ…04月26日 07時15分
  • スポーツ競技と「合わせ」
    『平安時代から続いている日本の「歌合(あわせ)」は、左右に分かれて歌の優劣を競う。 判者のほかに、応援者がいて「念人(おもいびと)」という。 歌だけでなく絵合、扇合、貝合もあり、江戸時代には「宝合」が出現した。自分が宝だと思っているものを持…04月24日 12時33分
  • 鐙を掴む?
    競馬の中継などでは、ジョッキー達がいとも簡単そうに鐙に立った姿勢で馬を操っていたりしますが、実際に馬に乗ったことのある方なら、動く馬の上で鐙に立ったバランスを保つことがいかに難しいか、ということはよくご存知だと思います。 初心者の方では、ま…04月24日 07時22分
  • 「左右対称」に乗れない理由
    ヒトの身体の構造というのは、左右対称ではなく、例えば肝臓の位置や横隔膜のつき方などには偏りがあり、そのことによって、運動時には自然に左回転してしまうような仕組みになっているのだそうです。 陸上のトラック種目やスピードスケート、モータースポー…04月23日 10時08分
  • 真っ直ぐ走る?
    乗馬はやったことがなくても、競馬をよく観る方なら、馬の走り方に左右の「手前」の区別があり、その運動の方向を変えることを、「手前を変える」というように言うのはご存知ではないかと思います。「右手前」「左手前」という言葉は元々、人の姿勢を表す言葉…04月19日 20時53分
  • 「人が育つ」稽古
    乗馬を含めたスポーツや武道、あるいは芸事などの世界にはたいてい、その種目や流派ごとに「〇〇協会」とか「〇〇連盟」といったような団体が存在し、会報誌を発行したりしているものだと思います。 そうした組織の活動によって、それぞれの技術が継承され、…04月14日 18時45分
  • 押し付けない
    スポーツの指導者向けのマニュアルや、学校の保健体育の教科書などにはたいてい、やり方を説明するための「基本の形」とされる絵や写真などが乗っていたりするものです。 最近は動画を使った教材なども増えてきて、昔の教科書などよりはずいぶんマシになって…04月11日 15時03分
  • 馬を「柔らかく」する乗り方
    乗馬をある程度経験されたことのある方なら、速歩や駈歩をした時に感じる乗り心地が、馬によってかなり差があるものだということはご存知だろうと思います。 例えば同じサラブレッドでも、個体によって体格や体型、骨格や関節の柔らかさなどによって、走り方…04月08日 06時31分
  • 「鐙が揺れる」のを直すには
    競馬をよくご覧になる方なら、レースや調教の映像などで、騎手の踏んでいる鐙がほとんど揺れることなく、同じ位置に留まっているのを見たことがあるだろうと思います。 しかし、いざ自分で乗ってみると、ある程度経験を積んだ中上級者と言われるくらいの方で…04月06日 07時20分
  • 「違和感」を生かす
    今年の春は桜の開花が早く、開花後は寒い日もあったものの比較的お天気に恵まれ、お花見日和の暖かい日が続きました。 現在、日本で見られる桜はソメイヨシノが一般的ですが、これは明治時代以降になって広く植え付けされたもので、江戸時代以前には、桜と言…04月03日 23時13分