どんぴんからりんすっからりん

登録ID
1797091
サイト名称
どんぴんからりんすっからりん
URL
http://blog.goo.ne.jp/ogawasaito
紹介文
昔話、絵本などなど
カテゴリ
  • 絵本 (50%) - 19 / 168人中
  • 童話・昔話 (50%) - 3 / 21人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ハエをのみこんだおばあさん
    ハエをのみこんだおばあさん/シムズ・タバック・作 木坂 涼・訳/フレーベル館/2002年 おばあさんがハエを飲み込み、ハエを捕まえようとクモを飲み込み、クモをつかまえようとトリを飲み込み、ネコ、イヌ、ウシ、ウマを次々に飲み込んで、どんどん体…04月23日 13時00分
  • バラ姫・・トルコ
    世界むかし話 中近東/こだま ともこ・訳/ほるぷ出版/1988年初版 昔話では、生まれたとき、とびっきりの贈り物をするのが妖精です。 三人の妖精が、木こり夫婦の赤ちゃんにおくったもの。一つは娘が悲しむとき涙のかわりに真珠がこぼれるというもの…04月20日 13時00分
  • 野生のチューリップ
    野生のチューリップ 月刊「たくさんのふしぎ」/前嶋昭:文・写真/福音館書店/2017年5月 目を楽しませてくれたチューリップも咲き終わり、やがて来年に向けて、休眠へ。 いま見ているチューリップは、人間が畑でつくってきたもの。 作者は、野生の…04月19日 13時00分
  • 大根はエライ
    大根はエライ/久住 昌之:文・絵/福音館書店/2003年 「たくさんのふしぎ」2003年9月号が、たくさんのふしぎ傑作集として2018年1月に発行されています。 大根おろしはいろんな料理にあい、煮てよし、干してよし、相手の味をひきたてたりと…04月15日 13時00分
  • ねずみのくれたふくべっこ
    ねずみのくれたふくべっこ/文・松谷 みよ子 絵・丸木 俊/童心社/2000年 毎朝、ご先祖様にあげた水をのんでしまうねずみ。 ばさはおこって、熱い湯をご先祖様にあげると、ねずみは あれっという顔で、回れ右してかえっていきます。 ところが、ば…04月13日 13時00分
  • 長ぐつをはいたねこ・・絵本
    「長ぐつをはいたネコ」の絵本は、各社から出版されていて、絵をみるだけでもいろいろあって楽しい。 マーシャ・ブラウンの絵は、線がうまくつかわれ、ウオルター・クレインは中世ヨーロッパを思わせるように描いています。ガルドンのねこは、プスという名前…04月06日 13時00分
  • このよで いちばん はやいのは
    このよで いちばん はやいのは/作:ロバート・フローマン・原作 天野祐吉・翻案 あべ 弘士・絵/福音館書店/2011年 カメとウサギの競争から、ウサギ、イヌ、ウマ、ダチョウ、ネコ、カモシカ、人間の競争。 さらに、チータより早い海のさかな。 …04月03日 13時00分
  • まいごになったおにんぎょう
    まいごになったおにんぎょう/アイゲルダ・アーディゾーニ・作 エドワード・アーディゾーニ・絵 石井 桃子・訳/岩波のこどもの本1983年 岩波のこどもの本は、原文が大分前のものがおおく、絵はシンプルな感じ。ほぼ二色で黄色がアクセントになってい…04月01日 13時00分
  • うめぼしさん
    うめぼしさん/かんざわ としこ・文 ましま せつこ・絵/こぐま社/2015年 花が咲いて、実ができ、おもしで塩漬け。天日干しされ、お酒をふりかけられ、瓶の中。うめぼしができるまでが、わらべ歌風になっています。 四行の文が3ページ。あとは全部…03月30日 13時00分
  • 漁師と魔人・・アラビアン・ナイト、グリム「ガラスびんの中のばけもの」
    ・漁師と魔人(子どもに語るアラビアンナイト/西尾哲夫 訳・再話 茨木啓子・再話/こぐま社/2011年初版) 一人の貧しい漁師が漁をしていたとき、網にひっかかった壺のなかからでてきたのは、何百年も壺にとじこめられていた魔人。 漁師は魔人に殺さ…03月24日 13時00分
  • ふしぎなサンダル・・ペルー
    ふしぎなサンダル/世界むかし話 中南米/福井恵樹・訳 竹田鎮三郎・絵/ポプラ社/1979年 ネットも電話もなかった時代の情報伝達手段としてインカ王国で使われていたのが飛脚。 縄で結び目をつくった結縄で伝言をおくっていた時代。 ウアラチという…03月22日 14時00分
  • 新世界へ
    新世界へ/あべ 弘士/偕成社/2012年 「新世界」と、なにかワクワク感がひろがるタイトル。 北極で育ったカオジロガンのヒナたちは、9月にはこの地をはなれ、親たちと一緒に飛んで、南の越冬地へ旅立ちます。3000キロ以上も遠く、一か月も飛び続…03月20日 13時00分
  • 大どろぼうと王さま・・パキスタン
    魔法のゆびわ/世界むかし話13 インド/光吉夏弥・訳 畠中光亨・絵/ほるぷ出版/1979年 チャンドーという大どろぼうとチャコーラという王さまのかけあいが楽しい話です。 チャンドラーは動物や鳥の言葉までわかるという大どろぼう。泥棒など一人も…03月18日 13時00分
  • ネズミのおおてがら・・チベット
    魔法のゆびわ/世界むかし話13 インド/光吉夏弥・訳 畠中光亨・絵/ほるぷ出版/1979年 おはなしのろうそく30(東京子ども図書館編)にも入っているので、語る方も多いようです。 文字通りネズミがおおてがらを立てる話。 作物の出来が悪くて、…03月14日 13時00分
  • 100まんびきのねこ
    100まんびきのねこ/ワンダ・ガアグ:文・絵 石井 桃子・訳/福音館書店/1961年 むかし、あるところにすんでいたおじいさんとおばあさんは、きれいな家に、花に囲まれていましたが、ふたりは幸せではありませんでした。ふたりはとてもさびしかった…03月09日 13時00分
  • トリモチでできた人形とウサギ・・トーゴ
    アフリカ<トーゴ>の昔ばなし きのどくなハイエナ/江口一久・採話 田主誠・絵/小峰書店/1984年 題名から内容が推測できる昔話です。 王さまが人々を集めて井戸を掘らせましたが、ウサギは協力しません。しかし、いざ井戸ができるとウサギは水を汲…03月06日 14時00分
  • てんごくにいったのうふ・・スリランカの昔話、白いゾウ・・インド
    てんごくにいったのうふ/プラサンサ・カルコーッテゲ 再話・訳 イノーカ・デ・シルバ 絵/福音館書店 こどものとも/2016年 ひとりの農夫が、稲刈りをしようと田んぼに行ってみると、稲が倒れ、あちこちに丸くへこんだ跡がありました。丸い跡は農夫…03月05日 14時00分