わたしをさがしていますか

登録ID
1806361
サイト名称
わたしをさがしていますか
URL
https://sagasiteimasuka-poet.theblog.me/
紹介文
いつかの日常から非日常まで綴っています|最新作『わたしをさがしていますか』(pocket.jp)
カテゴリ
  • 創作詩 (100%) - 3 / 59人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 折り紙
    角と角をあわせてずれないように半分こほらできた重ねることをくりかえすだけ簡単でしょう放射状に刻まれていく美しい折り目どうしてもそのとおりに折れなくておっきいおててになりない泣いて母を困らせた角を角を合わせてもずれないように重ねても折り紙のよ…07月27日 07時00分
  • トーザ・カロット岬の毛糸屋さん-7
    トーザ・カロット岬に夏の光がふりそそいでいます毛糸屋さんではひぐらしの悲しみという名のレース糸が入荷したばかりレース糸もうっとりするほど素敵だけどやっぱり毛糸が好きでみかんの蕾の色の毛糸をひとたままたひとたまアルバイトのお給料が出るたびにそ…07月26日 07時00分
  • いつかのライオンのように
    波しぶきのように雲がゆらゆらしていつのまにかどうぶつの格好になりましたキリンや象に似たものやきみの飼い猫にそっくりなのとかスローモーションの海のようにゆらゆらと波しぶきは姿を変えていくのです空がなくなっても海がなくなってもいつかのライオンの…07月25日 07時00分
  • そんなこともある
    世界がキライこの星もこの時代もキライ遠くに行きたいつまり今はそんなに自分のことが好きになれない時期らしいそんな朝もあるそんな夜もあるそんなこともある ランキングに参加しています 07月24日 07時00分
  • 大好きだから
    さっきまで自分の中のやさしさを少しいい気になって見せびらかしてたさっきまで自分の中の喜びを少しやけになって見せびらかしてた今しがたきみがあははって楽しそうに見せてくれた笑顔にはやっぱりかなわなくてぼくはいつものようにちょっぴり落ち込んで「ど…07月23日 07時00分
  • 空とキスして
    空とキスして空に浮かんだ空を抱きしめきみが笑った空とキスして空を泳いだ空を抱きしめぼくも笑った空とキスして空を走った空を抱きしめ心が透けた ランキングに参加しています 07月22日 07時00分
  • 今日この頃
    下向くほうが簡単だし誰とも目を合わさなくていいうつむくほうが 綺麗に見えると誰かれともなく信じてる今日この頃下向くほうが気楽だし自分とも目を合わさなくていいうつむくほうが 知的に見えると誰かれともなく信じてる今日この頃下向くほうが安心だしか…07月21日 07時00分
  • わたしをさがしていますか
    わたしはわたしを生きていますかわたしはわたしを楽しんでいますかおぼつかなくとも今日を歩いていますかわたしはわたしに苛立ってなりふりかまわず罰したくなるそれでもわたしはわたしでいていいですか小さく名前呼んでくれますかわたしをさがしていますか …07月20日 07時00分
  • トーザ・カロット岬の毛糸屋さん-6
    今日は君のため息を拾いにきたよそろそろ泣きたい季節でしょ月が隠れるのも雨の日の約束も今年はどうも早すぎるだから君のため息を拾いにきたよなんだか下向く季節でしょ星の色も毛糸の色も濃くなりすぎるため息つくぐらいで染まるのがちょうどいいんだがね毛…07月19日 07時00分
  • あの頃
    言われたんだすごく美人さんだねって悩みなんかないんだろうってどうにもこうにも苦しくなって家中の鏡を布でくるんだ窓にぼんやり映るぐらいでちょうどよかった言われたんだほんとに優等生だねっていつも正しいんだよなってどうにもこうにも悲しくなって歌ば…07月18日 07時00分
  • アナリーゼ
    思いきりジャンプしたその先に解決なんて見いだせないまま思いきりジャンプしたトニックもドミナントも狂いっぱなしで導かれるなんてまっぴらで思いきりジャンプしたその先に解決なんて見いだせないまま思いきりジャンプしたトニックもドミナントも暴れっぱな…07月17日 07時00分
  • 好き
    例えばおはようを交わすように卵の焼き加減を選ぶように今日の空模様を確かめるように好きそう伝えられたらよかった ランキングに参加しています 07月16日 07時00分
  • 信じてました
    ガマンをすればするほど強くなるのだと信じてました泣けば泣くほど優しくなるのだと信じてました叫べば叫ぶほど気持ちが楽になるのだと触れあえば伝わるのだとかたくかたく信じていました ランキングに参加しています 07月15日 07時00分
  • うわさ
    空がイライラと星を避けていきますなくなるなんてありえないでしょおとなたちもこどもたちもだあれも信じなかったのです空はうねうねと星を避けていきます赤い空も青い空もだいすきだったのにあのうわさほんとらしいよもうすぐなくなるって空のつぎは海なんだ…07月14日 07時00分
  • 梅雨寒の
    梅雨寒の短かき袖に猫を抱く 07月13日 07時00分
  • こぼれていった
    無意味に泳ぎ続けることに飽きて岸にすわりこんだ楽しげなさざめきもうつろな気分も欲望も祈りも憎しみも塊になって流れている水面をのぞきこめばとびきり醜いあたしが浮かんでて慌てて指先でかき回した今は泳ぎ続けるのに飽きてなんとなく岸にすわりこんだ輝…07月12日 07時00分
  • きみの背中が見えなくなるまで
    だいすきだったバツが悪そうに斜め上見あげるとこもとてつもなくウソが下手なとこも白くないと月じゃないそんなふうに言い放つとこもだいすきだった大丈夫 だからありがとね泣かないからきみの背中が見えなくなるまで 07月11日 07時00分
  • 朽ちていく僕らの日常
    干からびていくクリームソーダ朽ちていくきみの笑顔蝉は命を謳歌し空は焼けるほどの青錆びていく心の扉朽ちていくきみの涙蝉は愛を謳歌し風はむせるほどの青干からびていくクリームソーダ朽ちていく僕らの日常蝉は命の果て森は悲しいほどの青 07月10日 07時00分
  • 夢の出口に一人佇む
    本のページを破るように喜びだけをきみに手わたせればいいのにしおりがわりの小さな傷が悲しみを増幅するからぼくはもう表紙を開けることすらできずにいる好きなページに行き着くように心の処理スピードも改善されればいいのにしおりがわりの懐かしい涙がそれ…07月09日 07時00分
  • Calystegia
    手に触れて体をつないで声を聞いた瞬間をくりかえしても悲しみが深くなるだけで心に触れても抱きしめても意味はなかったのだとしたらどうして出会ったのだろう想いを閉じ込められればよかったのにそうして外科手術のようにとりさってしまえたらよかったのにふ…07月08日 07時00分
  • はちみつ色のまあるい子
    はちみつ色のまあるい子生まれてすぐ道端のダンボールでみいみい言ってて助けてもらった人以外には心を開かなかったんだってはちみつ色のまあるい子近づきたいけどイカ耳になっちゃうおかーさん以外は怖い人おかーさん以外は信じないでも世界はおかーさんだけ…07月07日 07時00分
  • ほんの少し夢を見た
    翼ある命に憧れてわたしたちは時々ほんの少し空を借りたどんなに真似ても同じようにはなれないのだしほんの少ぉし夢見るだけで幸せだったある時もう少しだけ空を借りてもう少しだけとどまれないかそんなことをわたしたちは思いついたあと少しほんの少しもっと…07月06日 07時00分
  • ふわふわ
    終わりもしなければ始まりもしない空から閉め出されそうになって星からずり落ちそうになってそれでもそんな声がするだからこころをときどき脱ぐようにからだもときどき風に遊ばせてみる終わりもしなければ始まりもしない大地から閉め出されそうになって海から…07月05日 07時00分
  • もう誰もいない
    月の見える場所にはいない時間軸と待ち合わせの場所をわざとまちがえたから触れ合っても風は動かず夜はふたりを隠してはくれなかった星の流れる場所にはいない波のように光がうちよせ愛した記憶も隠してしまう月の見える場所にはいないもう誰もいない 07月04日 07時00分
  • 塞がる
    遠くでアラーム止め忘れのあわてんぼはだれ遠くでチリンチリン自転車こいできみはぼくを猫みたいだと笑った遠くでなき声それがだれかたしかめるまえに 夢が閉じた 07月03日 07時00分
  • 一度だけなら
    傷つけないですむのならそう思ったのでちいさなかくしごとをしたのです壊さないですむのならそう願ったのでちいさなかくしごとをしたのですだけどそれは傷つきたくないから壊れたくないからそんなわがままでしかなかったのです一度だけならそのときは固く誓っ…07月02日 07時00分
  • それはね
    わずかな苛立ちとあふれる熱とどうしようもなく心配でだけど頼もしくて少しさびしくて結構じーんときてなんかもう嬉しくて大切でそれが愛情の正体なんだってさいっといで母は僕の通学バッグをぽんぽんたたいて"誕生日おめでとう"にっこりした 07月01日 07時00分
  • 命と青
    幸せと不幸せをさきまわりしてしまう喜びにはさびしさを嗅ぎとって遠回りしてしまう規律も陰口も鵜呑みにしてしまう愛も運命も涙に隠れてしまう命は悲しいけれど命は酷いけれど深く青くどこまでも愛おしい 06月30日 07時00分
  • 着信拒否
    きみのために椅子をさがしまわってきみのための場所をととのえて頼まれてもいないのにきみが好きそうなことをほんの少しさきまわりきみのためにお店をさがしまわってきみのためにクタクタになって頼まれてもいないのにきみが喜びそうなことをほんの少しさきま…06月29日 07時00分
  • トーザ・カロット岬の毛糸屋さん-5
    マフラーも手袋もちぢこまって歩いた日もすっかり遠ざかった頃雨の季節がやってきます朝が急になくなったみたいでお昼も灯がほしくなるなのに夜だけはきちんきちんとやってくるしどこもかしこも水っぽくてため息がふえちゃうそんな季節です"遠回りの日没"ト…06月28日 07時00分
  • 少女のひとりごと
    鍵をかけるのが好き秘密と甘美な後悔と崩れそうな日々をひとところにおしこめて鍵をかけるのが好き大好き鍵をかけるのが好き過去と懺悔と壊れそうな感情をひとところにしまいこんで鍵をかけるのが好き大好きそういえばある日鍵がこじあけられて何もかもがあら…06月27日 07時00分
  • 半分以下の物語
    ドラマティックな生き方ですねまるで映画のようなんて華やかなんでしょう悩みなどないですよねあなたにはかなわないそんな人々の罪のない思い込みが彼女を縛りつけてやみませんドラマティックなことも映画のようなことも華やかなことも穏やかなことも少なから…06月26日 07時00分
  • たまご
    しっぽを揺らしてあなたの隣で盗み見た月は思いのほか小さくてまるで生まれたてのたまごみたいまあだだよそんな声が聞こえると背中を撫でてくれながらあなたは真面目な顔で言う雲に隠れた青消える瞬間の恋にもういいよ叫びたかったほんとは生まれたての人間み…06月25日 07時00分
  • 押す
    スイッチをオフにする忘れるのはそういうことでしょ切りかえるってそういう意味でしょ誰だって感情のボタンを隠し持ってるから押せばいいだけでしょ簡単よ心配しないでほんとのほんとに泣きたくなるまでは押さないから僕の胸できみはつぶやいた 06月24日 07時00分
  • 幸せな重み
    さっき小さく文句を言ってすわりなおしたばかりなのに溶け始めたアイスクリームみたいにきみは膝の上でとろけてるふにゃふにゃの姿が心配で名前を呼んでも喉を鳴らして目をとじたままだ夏に向かう陽射しは強くきみは膝の上でだんだん重くなるぼくの心もとろと…06月23日 07時00分
  • 上手に嘘をつきたいのなら
    上手に嘘をつくのなら使ったことのない単語と舌の上で慣れ親しんだ文章を程よく混ぜて涙の一つもこぼせばいい同情されるだけで満足ならそうしておけばいい孤独が好きならそうしておけばいい 06月22日 07時00分
  • 光景
    嘘を紡ぐためじゃなかった初めのうちは名前のない場所で自分さえ知らない名前をなのり見たこともない言の葉を見つけようとしただけだった真実を紡ぐためじゃなかった今だってきみに届けたいのはそんなことじゃないのだしほんとうっていうのはドロドロした心の…06月21日 07時00分
  • 彫像
    汚そうとすることはそこに美を見ているから力強くて近寄りがたい美をどうにか手に入れたくて混乱の末汚そうとする美を欲しているくせにこわそうと躍起になる彼女はそう言ってゆっくり彫刻刀をふりかざした 06月20日 07時00分
  • 生ぬるい風に気持ち乱れて
    地下鉄のホーム生ぬるい風に気持ち乱れて今年も夏が近いと思い知らされる教科書より重いのは手の中を流れるコトバたちで暴力的に脳内を染めあげて突き放してすらくれない傷つくことは正しいのか泣くことはずるいのか本音を漏らす標的を鵜の目鷹の目探り合い切…06月19日 07時00分
  • プロフ
    あの子の独り言を偶然見つけたクラスで人気の笑顔のあの子デジタルな川なんて似合わないスマホをさわってるところも見たことないそんなあの子の独り言を偶然見つけた誰にでも優しくて陰口を舌にのせてるとこを見たことなくて好きな映画と好きな音楽が同じ移動…06月18日 07時00分
  • わたしの好きだったこと
    10年前から すきだったこと映画と本とお月さま3年前もすきだったことドライブと音楽とあなたとの会話 去年まですきだったことかき氷とせまい場所と四角い画面の川のなか 06月17日 07時00分
  • 記憶
    落とさないようにしていたら忘れられるがまんしなさいパパもママもそう言ってたっけお前のためだ強い大人になるように流さないでいれば必ずできるようになる慣れるものだ練習しなさいパパもママもそう言ってたっけがまんと練習をくりかえしているうちに笑い方…06月16日 07時00分
  • さがしているのです
    さがしているのです意味がないと頭で理解してるけどさがしていたいのです意味を求めて心が迷うからさがしつづけるのですあなたを好きだったあたしの感情を 06月15日 07時00分
  • 他己紹介
    首ったけなんですとにかくオンリーワン他は目に入りません誰にも負けない自信あり一途ですだけどそれはあなたのことではないよね半分も気づかなかったんだきみに遠慮がちに言われるまで 06月14日 07時00分
  • ぼくたちのささやかな希望
    どんなときも自分でいること自分で自分を見捨てないことぼくたちの悩みは大抵そんなことから生まれるのだけどどんなときも自分に戻ること自分で自分を見失わないことぼくたちの希望は案外ささやかだどんなときもどんな天気でもどんな気持ちでいても自分でいら…06月13日 07時00分
  • やめられないって君は言う
    知ってるよいつか悲しくなることだけどやめられないんだよね女友達はスカイプの向こうでため息まじりにそう言う恋をやめられないんだよね 06月12日 07時00分
  • ぼくたちの輪郭
    洗濯物にしみた日なたのにおいがぼくの憂うつをつのらせるきみの香りがどんどんかすれていくから洗濯物にしみた日なたのにおいは僕の憂うつを加速するきみの声がだんだん消えていくから洗濯物にしみた日なたのにおいで僕は悲しみつのらせる刻まれたはずのぼく…06月11日 07時00分
  • ふれあいながら消えていく
    とわせつなまじりあってとけ残って永遠一瞬わかりあって忘れあってとおくへそばにふれあいながら消えていく 06月10日 07時00分
  • 形のないもの
    癒やしにはお手軽なのと深いのがあるそうな深いのしか認めないとお手軽が見えなくなるお手軽だけを重ねても深いのにはならないやわらかくて気持ちいいのも癒やしいっときでも苦悩を忘れるのも癒やし見つけられたり掬われたり救われたりこんなにも形のないもの…06月09日 07時00分
  • 酔雨
    雨降りのおひさま泣き虫のおひさままた会えてよかった土砂降りのお月さま笑い上戸のお月さままた会えてよかった街はいつだって逆さまで遠回りしたってあのこは見つからない傘をさすのはもう飽きて今日も空を見つめてる雨降りのおひさま泣き虫のおひさままた会…06月08日 07時00分
  • あなたもどこかで
    あなたも見たのだろうかどこかであなたも知っていたのだろうかいつからかあなたは聴いていたのだろうかあの日もたったひとりで今にも燃え落ちそうな朝焼けの奏でを 06月07日 07時00分
  • 愛しい後悔
    詰め込みすぎてあふれてしまう愛しいと思う感情が口いっぱいに広がって嬉しくて詰め込みすぎたのをちょっぴり悔やんだ好きだ不器用につぶやく癖も笑うなっ首まで真っ赤になるとこも嬉しくて愛しくて胸に詰め込みすぎた詰め込みすぎてあふれてしまう愛しいと思…06月06日 07時00分
  • 空と鍵
    鍵をかけました二重にも三重にもしっかりと誰にも開けられないように誰にも見つからないようにいいえそうではなくて多分誰にもとられないようにそんな気分だったので空に鍵をかけました 06月05日 07時00分
  • きみの嫌いな青い色
    空の色したスカートが好きであの娘がうらやむほどに上手に翻して見せた空の色したスカーフが好きであの娘がため息つくほどに上手に風に流して見せた空の色した便箋が好きであの娘より先に手紙を届けたくちづけをくれたのにきみは青が嫌いだって受けとろうとも…06月04日 07時00分
  • 得意なこと
    不安の種を見つけるのは大の得意バスに遅れたらコーヒーをこぼしたら約束を忘れたらどうしよう空がなくなったらきみに嫌われたら犬が吠えたらどうしよう雨が心を満たしたら闇しか信じられなくなったらきみをおこらせたらどうしようやさしいと甘いの見分けがつ…06月03日 07時00分
  • 宇宙だった
    恋することだけがあたしの宇宙だった誰かを羨むことを覚えるまで憧れることだけがあたしの支えだった誰かを羨むことを覚えるまで新しい宇宙を探すこと古い宇宙を忘れることどっちもお手のものよ強がってみせたきみにはきみだけにはさとられたくなくて 06月02日 07時00分
  • 過去を
    過去を映しているのだとほんとのほんとは気がついてたいまのことではないのだとほんとにほんとに気がついたさらっと悟ってさらっと笑ってそれでも空の下にほんとのほんとはいたかったふたり一緒にいたかった 06月01日 07時00分