鹿島県アント市ラーズ町

登録ID
1813708
サイト名称
鹿島県アント市ラーズ町
URL
http://antlers12.seesaa.net/
紹介文
鹿島アントラーズを応援するブログ。試合雑感やスタジアムの雰囲気等を中心に、日々や子供の成長なんかも。
カテゴリ
  • 鹿島アントラーズ (100%) - 4 / 32人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 2017ACL Round16第1戦 ”希望”スタメン
    明日のACLアウェー広州恒大戦『悲願』とされるアジア王者を狙う為の新たなステップを踏み出す1戦だが、DFを中心に怪我人が多く、とてもベストメンバーを組める状態ではないとは言え『鹿島のアイデンティティ』として、全ての試合で狙うのはもちろん勝利…05月22日 21時35分
  • 『らしくない』鹿島らしさで勝点を
    ACLラウンド16を控え、中国広州へと向かった我らがアントラーズ帯同メンバーから植田と西が外れ、ブエノは登録されていないという事で中盤から後ろはかなり苦しい台所事情となっているさすがにここまで来ると単純に『勝て勝て』言っても選手達にとって状…05月21日 23時47分
  • 川崎戦 雑感
    リーグ戦を戦い優勝を勝ち取るために必要な事として『連敗をしないこと』とはよく言われることだが、リーグ戦1/3を消化して、鹿島は遂にその連敗を喫してしまった決して勝てない試合ではなかったと思う試合序盤から優磨にビッグチャンスが訪れ、流れは鹿島…05月20日 23時44分
  • 川崎戦 速感
    シュートセレクトならぬプレーセレクトが悪いファーに振れば無人のゴールという場面が何度もあった逆にさっさと撃ってしまった方が良い場面もあったカウンターに対して戻りが遅く、相手のプレーを遅らせるより取りに行ってしまった良いディフェンスはシュート…05月19日 21時15分
  • 2017Jリーグ第12節 ”希望”スタメン
    怪我人が多く、台所事情が気になる状態のなか、明日はリーグ第12節、川崎Fをカシマに迎えての一戦が行われるFWは紅白戦で金森と鈴木が並んだとのこと金森は今季即戦力と目されて加入した選手でありスタメンが予想されるのであれば素直に期待したい遠藤が…05月18日 21時39分
  • プロ選手にとってはこの状況をチャンスと捉えて欲しい
    鹿島は本日、変則的な(?)リーグ日程で金曜日に開催される第12節、ホーム川崎F戦に向けて紅白戦を実施したとの事主力メンバーだけでも遠藤、レオ・シルバ、植田が離脱し、金崎、PJ、山本が別メニューがちだったりする中ほぼそのままスタメンとなる紅白…05月17日 21時54分
  • 怪我の責任と監督の真意を天邪鬼的に考えてみる
    先日の神戸戦何度も書いているように、前日練習の時点で植田が太ももの張りで練習を回避し試合を欠場したまた、試合前半に遠藤が、そして後半にはレオ・シルバが負傷退場したムアントン戦では試合終盤に昌子が負傷したし、慢性的な足首痛を持っている金崎も含…05月16日 13時43分
  • 神戸戦 雑感
    『戦術・金崎』からの脱却が出来ていない事を感じさせられた試合だったと思う前半、ボールに対するアプローチが遅く球際で勝てない状況が続き、その状況が試合を難しくしてしまった出足が良い時には、もちろんボールを奪えるだけではなく、ボールがどこで、ど…05月15日 14時07分
  • 神戸戦 速感
    負ける試合の典型の様な試合で1−2で敗戦三日天下とは言わないが、浦和が6−1で新潟に勝利し切なくも悲しい1週間での首位陥落となってしまった【典型的な負けパターン】まず第一に出足が悪い試合の入りで『まず1歩』のダッシュが甘く、相手に主導権を渡…05月14日 19時14分
  • 2017Jリーグ ”希望”スタメン
    明日の神戸戦特に意識していなかったのだが、近年あまり神戸に対しての対戦成績は良くないようだリーグ戦では2014年に神戸がJ1に再昇格して依頼ホームカシマで3連敗中ナビスコ杯(現ルヴァン杯)で勝っているので、『カシマ3連敗』とまでではないのだ…05月13日 23時44分
  • 次世代エース達
    ムアントン戦から中3日で迎える神戸戦エースである金崎の怪我に加え、そのムアントン戦ではディフェンスリーダー昌子も負傷した昌子自身は出場に意欲を燃やしているらしいが正直ここで無理して欲しくはない神戸には同世代のCB岩波がおり『ライバル対決』な…05月12日 23時56分
  • ムアントン戦 雑感
    逆転でグループ首位塚を決めたムアントン戦他の方々も言うように、優磨の2点目はハンドがあったように見えるまあそれを自己申請で取り消させることは無いのであれは優磨の演技力(>)の賜物だろう1点目は上手く相手GGKを動かし足を広げさせたところで狙…05月11日 23時54分
  • ムアントン戦 速感
    グループ首位の座を決める戦いは2ー1で鹿島が勝利し、見事1位で決勝T進出を決めた今日は汚名返上、雪辱に燃える二人が活躍してくれたアウェーのムアントン戦でPKを外し、事実上『戦犯』となった優磨は、前半にGKを交わし、角度のないところから落ち着…05月10日 22時11分
  • 2017ACL GS最終節 ”希望”スタメン
    本日行われたACLグループステージグループHでは3点差で勝利すれば決勝Tに滑り込みで入れたG大阪だったが逆に済州ユナイテッドに2−0で敗れGS敗退が決まった逆に川崎Fは香港のイースタンSCに4−0で快勝し、グループ3位から逆転して首位で決勝…05月09日 23時48分
  • グループステージ、1位をとるか2位をとるか
    水曜日のACLグループステージ最終節鹿島が属するグループEは既に決勝T進出チームは決定しており選手の疲労度も考えると、勝つことを優先するのか、それとも休息も考えてオーダーを組むのか悩ましいところ石井監督は会見で、目の前の試合を勝利するだけと…05月08日 23時58分
  • 『お家芸』の復活
    今期Jリーグも既に10説まで終了した現仙台の野沢が在籍した2011年まで鹿島の『お家芸』と言えばFKから直接を含むセットプレーだった野沢は2013年に一度復帰したが、一時的に改善はしたものの実質的に彼が神戸に移籍した後その『お家芸』は廃れて…05月07日 23時53分
  • 浦和戦 雑感
    1−0で競り勝った『頂上決戦』浦和戦鹿島にとって大きかったのは柏木と遠藤(航)という浦和の攻撃を組み立てる二つの軸が欠けていた事だろう興梠もダニエル・シルバも『使われる側』の選手であり使う側、ましてや攻撃を組み立てる選手ではなかった浦和の攻…05月06日 23時53分
  • 事実なら・・・
    今日の浦和との試合後半33分頃、相手陣内コーナー付近でキープする土居に対して興梠と槙野がボールを奪いにかかり、興梠が土居を突き倒してボールを奪ったシーン小笠原が激昂しており、これはパフォーマンスにしては長いなと思っていたらどうやらそういう事…05月05日 00時00分
  • 浦和戦 速感
    前半23分、少々苦しい体勢から金崎が放ったシュートは槇野に当たってコースが変わって?ゴールネットを揺らした※森脇だったみたいその後決定機を難度か逸して苦しい時間が続いたものの最後まで守りきって1ー 0で『頂上決戦』を勝利した!あまり書きたく…05月04日 17時04分
  • 2017Jリーグ第10節 ”希望”スタメン
    いよいよ明日は待ちに待ち、されど結果を見るのは怖い気もする浦和戦”希望”スタメンは、奇をてらわず『正攻法』なベストメンバーで臨みたいFWはペドロと金崎エース金崎がボールに絡み、シュートを放つことで鹿島にゲームが傾いてくる逆に言えば金崎がボー…05月03日 23時46分
  • 浦和戦 展望
    さて、世の中はGW後半の5連休が始まるそしてその2日目、5月4日は言わずと知れた浦和戦チケットもほぼ完売という事で、絶好の完全アウェーでの試合となる完全アウェーの埼スタといえば、『奇跡の逆転優勝』を呼び込む2007年第33節の勝利や、記憶に…05月02日 23時56分
  • 鳥栖戦 雑感
    前半金崎がこの試合最初にネットを揺らした場面録画を見直せば、永木がボールを蹴った瞬間金崎は完全にオンサイドまた2016年に示された指針※を考えれば、相手DFがシュートブロックして跳ね返ったボールをシュートしているのだから二重にオフサイドルー…05月01日 23時54分
  • 鳥栖戦 速感
    ホームに鳥栖を迎えてのJリーグ第9節前半にPKで1点を失うも、鹿島もPK、そしてくにきら2点を奪い逆転勝利!暫定ながら2位となり、首位浦和が敗れたため、次節『直接対決』の舞台を整えることが出来た鳥栖にPKを与えた場面確かに昌子の手に当たった…04月30日 18時45分
  • 2017Jリーグ第9節 ”希望”スタメン
    Jリーグ第9節となるホームでの鳥栖戦例年GWはあまり勝率が良くないが、安定感がある首位浦和を独走させないためにもしっかりと勝って追いかけたいところだが、その浦和とは次節アウェーで直接対決があるある程度選手を入れ替えた上で勝利を奪えればベスト…04月29日 16時16分
  • 夏のセビージャFC戦
    以前報じられていた、今夏の国際交流試合鹿島はリーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)プリメーラのセビージャFCと対戦が決まったJリーグインターナショナルシリーズ 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017「鹿島アントラーズ vs セビージャ…04月28日 07時00分
  • 蔚山戦 雑感
    金崎の先制弾、PJの追加点、更に金崎のダメ押し弾に極めつけのレオ・シルバのスーパーミドル磐田戦、あれだけゴールが遠かったというのに、決まるときはこれだけ決まるんだなと思えた試合と、言ってしまえば簡単だが、今後に繋がるヒントもあった様に思う先…04月27日 23時54分
  • 蔚山戦 速感
    先日の磐田戦、1得点も出来ずに完敗した事から心配された今日の蔚山戦だったが、終わってみれば後半怒涛の4得点で4−0の完勝を収め、その後行われたグループEのもう1試合で首位ムアントンがブリスベンを下し鹿島の決勝T進出が決まった次節首位通過をか…04月26日 23時50分
  • 2017ACL GS第5節 ”希望”スタメン
    ACLグループステージ第5節いよいよ今回のACLのGSも佳境を迎える前節はブリスベンと対戦し、ミスからの失点でリズムを崩し追い上げムードは漂いつつも結果として1−2で負けてしまいグループ順位は2位に後退現時点で1位から4位まで全てのチームに…04月25日 23時53分
  • 柴崎、電撃復帰?
    今シーズン開幕前、急転直下でスペイン2部テネリフェに移籍した柴崎だが、体調面など諸々の事情で出場時間を伸ばせず、チーム事情も相まって、彼の地のシーズン終了となる今夏に退団、一転Jリーグへ復帰する可能性が出てきたとの事この情報、喜んでいいもの…04月24日 22時19分
  • 磐田戦 雑感
    片や19本ものシュートを放っても得点を奪えなかった鹿島と、半分の8本しかシュートを撃たないでも3点を奪った磐田決して相手GKが神セーブを連発したわけではない『確実に決められる』場面も1度や2度ではなかった昌子が試合終了後のコメントで『完敗』…04月23日 22時42分
  • 磐田戦 速感
    ひどい負け方磐田はお手本の様なクロスからのヘッド弾こぼれ球をダイレクトミドルをズドン、シュートコースが無いところでGKの頭上を抜くダメ押し弾どれも素晴らしい得点を奪った対して鹿島は、後半だけでもPJがGKと1対1になるも正面に蹴って弾かれ、…04月22日 17時38分
  • 2017Jリーグ第8節 "希望"スタメン
    ジュビロ磐田をホームに迎えるリーグ戦第8節浦和からさっさと首位の座を奪うためにも負けられない試合報道によれば、紅白戦で中村が負傷し安部がリーグ戦初スタメンを迎えるとのこと中村には悪いがこれは面白いかつての10番、本山にも準えられる逸材は、初…04月21日 23時03分
  • 土居と優磨
    前節、右足の負傷からベンチ外となった優磨が戦列に復帰したとのこと優磨はデビューから今まで、言動は若者らしい部分もありながら、その実姿勢は謙虚であり、志は非常に高いそしてプレーではゴールへの欲を前面に出しながら、それ以上にチーム勝利の為に献身…04月20日 23時30分
  • 植田の強さを見せて欲しい
    熊本地震か発生から1年が経過した原発問題もあり、東日本震災の方が語られる機会が多いものの、未だに仮設住まいに暮らす方々もおりこちらも依然として現在進行形の震災であることに間違いない震災直後の試合では、試合終了後のインタビューで植田が涙ながら…04月19日 23時57分
  • 熱い磐田戦
    GWも間近に迫るなか、今週末はホーム鹿島でジュビロ磐田戦磐田との対戦は、かつて『ナショナルダービー』とまで言われ、(もっとも根拠もないメディアの煽りとしか思えないが・・・)『ライバルチーム』同志の戦いは、勝つにせよ勝てぬにせよ胸を熱くする試…04月18日 23時56分
  • 仙台戦 雑感
    昨日行われた仙台戦は、4−1と『快勝』と言っていいだろうスコアで勝利を収めたこれまで首位をキープしていた神戸が遂にというか、ある意味予想通り陥落し、変わってこれまた予想通り浦和が首位に躍り出た調子に乗らせるとめんどくさい相手でもあるので、隙…04月17日 22時06分
  • 仙台戦 速感
    リーグ戦連敗を避けたいアウェー仙台戦は、前半の西のゴールからラッシュが入り、1点を失ったものの4−1と今シーズンリーグ戦初めて点差を着けての勝利をもぎ取り曽ヶ端、小笠原の500試合出場同時達成に華を添えた先制点となった西のゴールは、元トップ…04月16日 22時31分
  • 2017Jリーグ第7節 ”希望”スタメン
    ユアテックに鹿島が乗り込んで行われるJリーグ第7節、vsベガルタ仙台戦第6節、ACLと公式戦連敗中のアントラーズここで踏ん張らないといけないこういう時に聞いてくるのが『ベテランの力』というモノかもしれない私自身、ベテランという言葉はあまりチ…04月15日 23時51分
  • 切り替えて仙台戦に
    ブリスベンとは最後に意地は見せたものの不甲斐ない試合をしてしまい、これで公式戦2連敗大会が違うとは言え、選手達にとっては『切り替えろ』と言われても、簡単には難しいだろうだがそれでも切り替えなければいけないルヴァン杯もそうだろうが、リーグ戦と…04月14日 22時42分
  • ブリスベン戦 速感
    自滅というのはこういう試合の事だろう金崎、PJを欠くとは言え、試合を見ていれば全体的なレベルでは鹿島の方が上だと感じられ、勝利を手にするのが困難な相手というわけではなさそうに感じたもちろんボールが転がらず、荒れた(様に見える)ピッチは鹿島に…04月13日 05時43分
  • ACL GS第4節 ”希望”スタメン
    今日はACLグループステージ第4節オーストラリアのブリスベン・ロアーとアウェーでの戦いとなるそれだけでも厳しい状況というのにFW陣で金崎に続いてPJまでもが相次いで離脱となり現在首位とは言え、一つの正念場を迎えようとしているそんなFWには、…04月12日 06時53分
  • サッカーではないけれど
    ※今日はサッカー分0ですフィギアスケートの浅田真央が競技から引退との事(競技としての)スケート人生に悔いはないとの事で彼女の本音は判じかねるものの、そう思っているのならいいなと素直に思うただ、私にとって彼女は大人の決めたつまらないルールによ…04月11日 21時02分
  • 大きなチャンス!
    ACL GS第4節、アウェーでのブリスベン戦に向けオーストラリアのクイーンズランド州に旅立った鹿島の選手・スタッフ達だが、左足首痛の金崎に加え、PJも怪我の為渡豪しない事態となった模様これをピンチと捉えるか、ある意味チャンスと捉えるか前回の…04月10日 23時51分
  • C大阪戦 雑感
    500試合出場に、お預けを出された小笠原と曽ヶ端二人は昨日の試合をベンチでどう見ていたのだろうか?個人的には、ある意味負け試合で二人が出場しないで善かったかと言う気持ちもないではないだが、すべての試合を、一戦一戦の勝負にこだわり積み上げた勝…04月09日 23時56分
  • C大阪戦 速感
    こんな試合もあるか・・・小笠原不在の影響とは考えたくないが、全体的にメリハリがなく、大事にいきすぎて正直攻撃に迫力がなかったそんな中後半開始すぐにカウンターから山村が上げたクロスがクロスバーに当たってそのままゴール4月9日追記ゴール裏からは…04月08日 17時47分
  • 2017Jリーグ第6節 "希望"スタメン
    明日はJリーグ第6節ホームにC大阪を迎えての一戦が行われる79年組の二人、小笠原と曽ヶ端が出場すれば共にリーグ戦500試合出場がかかる試合となる紅白戦では次のACLブリスベン戦を見据えてか共にサブ組という事で出場はないのかもしれないが私とし…04月07日 22時38分
  • 週末はC大阪戦
    今週末迎えるJ第6節、ホームでのC大阪戦C大阪は現在リーグ8位と出遅れてはいるものの、柿谷や清武、杉本、関口、山口等々前線を中心に豊富なタレントを揃えており、決して侮るとことは出来ない相手と言える加えて最近は、アントラーズファミリーである山…04月06日 23時56分
  • 小笠原と曽ヶ端
    週末のセレッソ戦で、小笠原と曽ヶ端が通算500試合出場を達成するとのこと同じ1998年に鹿島に加入した二人ではあり、そこから約20年、史上6人目(と7人目)となる500試合出場を同じ日に迎えることはおそらく鹿島がオリジナル10にJを連ねる可…04月05日 22時23分
  • 決意も新たに邁進して欲しい
    金森が23歳の誕生日を迎え、決意も新たに出場に意欲を燃やしているとのこと今期福岡から加入した金森は、『博多のネイマール』と呼ばれるテクニカルなドリブルとスピードと甘いマスクで即戦力として期待されるもここまで公式戦で出番はない日本人の感覚とし…04月04日 21時57分
  • 落ち着いてみれば良いスタートダッシュをきれた
    今期公式戦、ここまで8戦6勝2敗(ゼロックス入れれば7勝2敗)という近年では稀に見るスタートダッシュに成功している開幕戦、FC東京に惨敗し、ACLではタイのムアントンに敗戦を喫するなどで石井監督の手腕を疑問視し、選手層に懐疑的な言葉も聞こえ…04月03日 23時43分
  • 大宮戦 雑感
    さて昨日の大宮戦前半早々から鹿島の連携が見られ、真ん中あたりまで下がったPJからPAを横切るように走りこんだ遠藤に縦パスこれを落として土居が直接巻いたミドルを放つこれはコントロール、カーブともイマイチで得点にはならなかったが、いきなり見せて…04月02日 23時44分
  • 大宮戦 速感
    待ち望んだ瞬間は後半終了も近くなった80分過ぎお互いオープンになっており、優磨が高い位置でボールを受けるとそのままドリブル公式戦3試合連続の優磨に相手ディフェンスの意識が集中すると、優磨の左を駆け上がる土居にスルーパス土居はこれを、『変な』…04月01日 23時55分