正義(主観)ではなく公平(客観)を求めて

登録ID
1820137
サイト名称
正義(主観)ではなく公平(客観)を求めて
URL
http://ameblo.jp/16861769-blueskysea/
紹介文
本ブログでは、著者の海外経験、これまでの研究、そして感性を元に、政治、経済、歴史及び国際関係問題について主観と客観の定義と違いを明確にしながら分析解説していく。
カテゴリ
  • 国際政治・外交 (100%) - 9 / 172人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • リアリズムなき政治は国を滅ぼす
    日本共産党や社民党、立憲民主党などは、安倍総理をはじめとするリアリストの政治家の政策を頭ごなしに罵倒して批判している。戦争法?というどこにも存在しない法律を批判し、「政治を国民の手に取り戻すため安倍政権を倒す」と叫んでいる。 そもそも、安倍…10月20日 21時47分
  • コミュニケーション能力のない日本共産党と社民党
    今回の衆議院選挙で、日本共産党の志位委員長の街頭演説を聞いていて、また社民党の吉田氏の街頭演説を聞いていて思ったこと。 この人たちにはリアリズムという言葉が通じない。また、コミュニケーションという言葉も通じない。以上の二点である。 憲法9条…10月18日 23時22分
  • 憲法守って国滅ぶか、憲法変えて命(国)を守るか
    前回のブログでも話した内容について、ポイントをさらに明確にしたい。 簡単な話である。現行憲法9条には明確に「いかなる理由であっても国の交戦権を認めない」と書いてあり、そうである以上、国民の生命や財産、領土というものは外国に侵略されることで殺…10月14日 08時48分
  • 政治の基本は優先順位の付け方
    昨日に続いて、憲法9条改正の問題を例にしながら政治の基本について話したい。 政治とは、すべからく主観的判断をすることである。もちろん、判断した後は実行される。実権がない場合(野党の立場など)では、主観的判断意見を主張することで終わる。 主観…10月13日 22時36分
  • 左の政党(立憲民主、共産、社民)が「卑怯」と言われる理由
    もちろん全ての人が言っているわけではないが、昔から言われていることに、「左翼系の政党や言論人は卑怯だ」というものがある。その理由は、憲法9条を守れというのだが、「もし敵が攻め込んできたらどうするのだ」という質問には一切答えず逃げ続けているた…10月12日 23時27分
  • 消費増税について
    このブログの目的は、正義(主観)ではなく公平(客観)を求めて、というところにある。ということで、主観的な好き嫌いは置いておいて物事を客観的に公平に見ていきたい。 筆者は主観的に安倍政権を支持している。もちろん是々非々で、南朝鮮の前の大統領と…10月11日 21時28分
  • 思想信条を選挙のために即座に変更する希望の党、立憲民主党の議員たち
    各方面から既に問題視する声が上がっているので目新しい話題ではないが、今回の総選挙で解体した民進党の議員たち。彼らの一方は希望の党へ、一方は立憲民主党へ、また少数は無所属として今回の選挙の臨んでいる。この際、彼らはこれまでの信念や思想信条を全…10月11日 10時57分
  • 完全に終了しているモリカケ問題で安倍政権を批判する空気を作る野党とマスコミ
    平成29年7月25日、国会閉会中に開かれた予算委員会で、安倍総理、愛媛県元知事、売春宿に入り浸っていて文科省をクビになり、さらには安倍総理を厳しく批判している元文科省事務次官の前川氏などが全て集まって、また関係する官僚なども集まって加計学園…10月10日 23時03分
  • ユリノミクスって......本気で言っているのか?
    選挙をめぐる各党のあまりのレベルの低さに触れることすら躊躇していたが、最近、希望の党という選挙のために急遽設立された国政政党(?)の党首である小池百合子氏がテレビで自分の口から「ユリノミクス」と言っているのを見て思わず唖然とした。 これにつ…10月09日 22時42分
  • 独裁の発展途上国、民主主義の先進国
    住む人々の主観性の度合いが高ければ高いほど、経済は発展せず、治安は悪く、政治体制は独裁制になる。筆者が長年世界の情勢を客観的に観察してきて到達した結論である。 その主観性の高さは個々人の個性によるというよりも、主に文化的要素によって決まるの…10月08日 10時11分
  • 独裁の発展途上国、民主主義の先進国
    住む人々の主観性の度合いが高ければ高いほど、経済は発展せず、治安は悪く、政治体制は独裁制になる。筆者が長年世界の情勢を客観的に観察してきて到達した結論である。 その主観性の高さは個々人の個性によるというよりも、主に文化的要素によって決まるの…10月05日 16時30分
  • 沖縄独立という人たちの主張内容について
    先回の話題に続いて、世界各地で盛り上がっている民族独立運動に関連して、今回は琉球(沖縄)独立を叫ぶ人たちの問題について客観的に分析したい。主観的な好き嫌いからではなく、あくまでも客観的な観察と分析である。 琉球は、法的にも文化的にも日本の一…10月03日 13時51分
  • スペインとイラクでの独立運動
    民族独立の機運が世界の各地で盛り上がっている。その最たるものはスペインのカタローニャ地方、中東イラクにあるクルド人自治区である。カタローニャではすでに住民投票が施行され、結果を巡って、また投票自体を巡ってカタローニャの地方政府と中央政府との…10月01日 10時21分
  • 日本を地図から消した国、自ら消滅した政党
    国内外での情勢変化が活発な中、南朝鮮(韓国)が冬季オリンピック公式サイトの中で日本を世界地図から消した。さすがにヤバいと感じたのか、慌てて訂正、謝罪をしたようであるが、その理由が単純な「ミス」。 今回のこの南朝鮮の日本消し、客観的に見てミス…09月29日 10時04分
  • 日本と諸外国とを分けるもの
    サヨクが好んで使う言葉に「人間は皆平等である」というものがある。人間が平等であるか不平等であるかは、実はこれ、全くもって主観的な判断意見の話で、客観的に平等か不平等かを判断する基準などない。だいたい判断が主観的なものである以上、判断が客観的…09月23日 21時21分
  • 「大義なき解散総選挙」という妄言
    来月の衆議院議員解散総選挙のニュースをうけて、内外から今回の選挙には大義がないという批判が出ている。 これほどお花畑な話があるであろうか。 隣国の北朝鮮ではひっきりなしにミサイルを日本上空に向けて飛ばし、水爆(核実験)を成功させ、日本を火の…09月20日 21時10分
  • 朝日新聞や毎日新聞の醜態
    今回の衆議院解散総選挙のニュースを受けて、戦後民主主義的左翼マスメディアの断末魔のような醜態が目を覆うばかりである。 客観的に見て、来月の選挙でどうやら情勢的に自民党に有利だと見るや否や、一斉に森友学園や加計学園を持ち出して「なんとなく」の…09月19日 19時58分
  • 海外の常識からは到底理解できない日本の戦後左翼思想
    先日、アフリカのベナンという国の若者と話をした。特に日本の政治状況については知らない様子で、多少説明したところ、やはり最後まで理解できていないようであった。 当然であろう。経済学者の森永卓郎氏は、「仮にとんでもない奴が攻めて来たら、もう黙っ…09月18日 20時36分
  • 天佑神助の解散総選挙
    常日頃からいっているように、別に筆者は安倍晋三内閣総理大臣になんの個人的な借りも貸しもない。あちらも聞かれれば同じことを言うに違いない。面識すらないのであるから、当然のことである。また、安倍総理の政策に関しても、是々非々であり、賛同すること…09月17日 22時27分
  • 嘘が通用しない時代の夜明け
    筆者が長い間の歴史や世界情勢に関しての戦後民主主義的洗脳から解き放たれたのは、およそ20年程前である。その頃はまだ、シナや朝鮮が声高に主張する「従軍慰安婦の強制連行」やら「南京大虐殺」やらが世間一般では「歴史の事実」として漠然とであるが当然…09月15日 07時18分
  • 世界で信任される五つの通貨
    日本が実は世界でもトップクラスの経済大国であり、そのためにG7(実質G5:米日独英仏)の重要な一角であることは何度か述べてきた。先進7カ国というのは単に経済力だけではなく、実質的に政治制度で民主主義を採用していることもメンバーとしての前提で…09月13日 23時13分
  • 想像力の欠如が戦争(悲劇)を呼ぶ
    日本が先の大戦で敗北してからすでに72年が経過した。この間、日本国はひたすらに眠り続けた。眠るという表現が不適切ならば、日本国は、その間ただひたすら、現実世界を直視せず、現実逃避を続けてきた。一歩世界に出ればそこにはカオスが広がっているのに…09月10日 08時50分
  • 経済政策への取り組みからわかる政治家の見分け方
    歴史問題あるいは安全保障問題で、政治家は改憲であるとか護憲であるとか、大きく二つに分かれるが、これはもうある意味人生哲学に関わる話になるので、主観的に日本が諸外国からバカにされても舐められてもあるいは攻め込まれて領土を奪い取られても、それで…09月05日 20時11分
  • 一に経済二に経済、三四がなくて五に経済
    ほんの少しだけ注意を向ければ、日本の財政が別に危機的状況でもなんでもなく、赤字もほぼ無きに等しく、国債をどんどん発行して日銀が紙幣を刷ることこそが今の日本経済に求められることで、かつ、消費増税がまったく必要ないばかりか、日本経済の進展にとっ…09月04日 21時49分
  • 儒教文化を捨てる覚悟
    儒教とは、客観的にいって孔子の教えである。そして、支那大陸と朝鮮半島、及びベトナムで文化の中心、主流となっている価値観でもある。長幼の序、孝の精神、忠の精神と、先祖崇拝の精神と、シナ人や朝鮮人やベトナム人が誇らしげに語る倫理的美徳が連なる。…09月03日 22時27分
  • 先進7カ国(G7)の真に意味するもの
    欧米の若者、ある程度の教養と兼ね備えた若者たちでもあっても、物事を客観的に観察することはなかなかできない。主観的な感情が客観的な観察をすることを阻むからである。日本の若者も同じであるが。 G7(Group of Seven)のメンバー国をす…09月03日 16時09分