正義(主観)ではなく公平(客観)を求めて

登録ID
1820137
サイト名称
正義(主観)ではなく公平(客観)を求めて
URL
http://ameblo.jp/16861769-blueskysea/
紹介文
本ブログでは、著者の海外経験、これまでの研究、そして感性を元に、政治、経済、歴史及び国際関係問題について主観と客観の定義と違いを明確にしながら分析解説していく。
カテゴリ
  • 国際政治・外交 (100%) - 7 / 167人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • あの戦争のこと
    インパール作戦などは典型であるが、戦死者よりも餓死者が多かった事実などから日本の軍上層部の戦略の杜撰さは客観的な事実としてみて取れる。そのことについて、筆者は以前からなんども指摘し、今でも現場の指揮官や兵士のご苦労を考えると胸が掻き毟られる…08月15日 22時28分
  • 72回目の敗戦の日に考えること
    NHKなどをつければあいも変わらず日本の戦争犯罪追求キャンペーンのオンパレードである。南京やら慰安婦の問題ではさすがに杜撰な報道が許されないほど、日本国内では歴史事実が明確になってきているので、それほどまで追求検証がされていない731部隊の…08月14日 20時22分
  • 人間が合理的であるという誤解
    筆者は国際政治経済、及び歴史に関して非常に強い興味関心を持っている。その中でもマクロ経済学は非常に論理的で面白い。しかしながら、経済学という括りで見ると、これまでの様々な経済学者がいかに無茶なことを、つまりは現実とはそぐわない空論をいってい…08月12日 15時07分
  • 消費増税が日本を滅ぼす
    別に目新しい話ではない。マクロ経済学と日本経済を客観的に認識している人にとっては当たり前の話である。高橋洋一氏、上念司氏をはじめとする数量経済学者、経済評論家の多くがそのことを指摘して久しい。現に、2014年4月に消費増税が日本経済に痛烈な…08月09日 22時01分
  • 広島と長崎
    アメリカは、現在日本にとって極めて重要な軍事同盟国であり、同時に経済的なパートナーでもあり、またシナや北朝鮮との関係をめぐっては、協力しあう友好国でもある。(注意:重要か重要ではないかは主観的な視点が入る) その関係の枠組みは、今から72年…08月08日 07時28分
  • 経済オンチが国会議員や大臣職につく悲劇
    経済学に主観はない。あるとすれば、経済政策の目的に、国民経済が活性化して人々の生活が豊かになることをおくか、国民経済を破綻させて国が滅びる方向を持ってくるかの違いがあるくらいである。通常は、人々が豊かに暮らせることを目指すが、中には変わった…08月05日 00時32分
  • 憲法改正を戦後初めて本気で目指す安倍内閣
    現在のマスメディアの異常な安倍叩きは、安倍総理が憲法改正を本気で打ち出してからの後に加速したことは、客観的に見て取れる。 今回、安倍総理は内閣改造をした。これまでの改造内閣では、「なんでこんな人が?」というような人が入閣していたが、それは単…08月03日 22時17分
  • 蓮舫をはじめとする政治家の態度から見えること
    すでに党代表を退いたが、蓮舫元民進党党首が国会及び記者会見で、最大限の侮辱の言葉で安倍総理を罵倒していたことを覚えている方も多いと思う。 この人がしたり顔で安倍総理を侮蔑的に批判しているのを見るたび(テレビ自体それほど見ないので全部見たわけ…08月02日 23時18分
  • イギリスとドイツ
    唐突であるが、筆者はドイツが嫌いではない。むしろ好きである。イギリスほどではないが、ドイツはフランスより好きな国である。これは主観的な感情なので筆者にとって以外はあまり重要ではない。 さて、そのドイツ。筆者はまだ客観的な検証をしたことがない…08月01日 22時03分
  • 日米関係
    日本とアメリカとの関係を客観的に考察したい。 随分前からよくいわれることだが、日本はアメリカの属国であるという見方がある。これは事実か虚偽かの話であって、主観的な良い悪いの話ではない。あくまで客観的に見て、日本という国家がアメリカの属国であ…07月31日 21時04分
  • 日英同盟
    今回は歴史について徒然なるままに。 歴史が好きな方は日英同盟(1902-1923)についてご存知だと思う。日露戦争開戦を見越してその直前に締結された日本と英国との軍事同盟である。 この日英同盟、主観的には賛否両論であるが、客観的にいうと、確…07月28日 07時41分
  • 主観を殺し、主観を犠牲にすることを強制する現代日本社会の闇(亜流の儒教文化の影響…
    来るべき東京オリンピックに向け、新国立競技場で突貫工事が進められているが、その中で労働者の一人が失踪の後、自死を遂げた。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170723-0000…07月27日 21時37分
  • 2015年末の日韓合意に基づく慰安婦財団活動終了へ
    もう話す必要などどこにもない話かもしれないが、下記の報道にあるように、南朝鮮で日韓合意に基づいて設立された慰安婦財団が解散の方向に向けて動きだした。理事長は、国内での強烈な批判に耐えきれず、辞意を表明したらしい。 https://headl…07月24日 07時41分
  • 完全にマスメディアがコントロールする国、日本
    日本人の左翼系の活動家に影響された国連(連合国)の、これまた左翼系の人種差別主義的な人権派職員が、日本を人権や報道の自由の観点から厳しく弾劾する構造は、最近に始まったことではない。日本は報道の自由がないという点で独裁色の強い後進国並みだとい…07月23日 18時07分
  • フランス軍統合参謀長の辞任表明
    マクロン大統領がフランス軍への予算を大幅に減らすことを決めたことに関し、フランス軍の統合参謀長がそれに意を唱える形で辞任を表明した。 これは、フランスの財政政策と安全保障政策の両面から捉えることができる問題である。 フランスの経済状況は、日…07月22日 17時18分
  • 縦(上下)の関係に生きること、横(対等)の関係に生きること
    国際関係も人間関係も、主体が国家か個人かの違いはあるにせよ、関係という意味では同じものである。 周囲を見渡して、極端にペコペコとへり下る人がちらほらといると思うが、そういう人は、相手を自分より上(年齢、肩書き、能力、性別、人種、出身地、et…07月20日 07時32分
  • ついに見えてきた戦後日本の真の闇(安倍総理を巡る報道から)
    先週、青山繁晴氏が参議院の委員会で質問した。加計学園の話を巡って、前川全文科省事務次官と愛媛県前知事の加戸守行氏を参考人として承知し、質問をしたのだが、これが、恐るべきことに、まさにシナ共産党統治下や北朝鮮、ロシア、アフリカ独裁各国、南米独…07月19日 20時41分
  • 聖職者らしくあればあるほど深まる闇
    以下のような報道があった。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000143-jij-eurp カトリックの聖職者による少年への性的虐待というのは昔からよくある話であるが、近年になって…07月19日 07時41分
  • シナで次々と拘束される日本人会社員
    シナ大陸へ進出することを、外務省、経産省などが率先して誘導してきたことは有名な話である。 そして、大企業は別として、中小企業は身ぐるみ剥がされて這々の体で戻ってくることが多いこともよく知られた話である。 にもかかからず、シナへ進出する企業は…07月17日 12時29分
  • アフリカのなんでもあり文化
    このブログでは常々、アフリカや南米、中東や東欧という主観性の極めて高い国々は、その主観性の高さゆえに利益のために手段を選ばない、なんでもありの国家であると指摘してきた。 最近の報道で明確になってきたのは、北朝鮮がロシアやシナ(国連安保理の五…07月15日 23時06分
  • フランス革命記念日(7月14日)
    昨日、7月14日はフランス革命記念日だった。1789年7月14日、かの有名なパリのバスティーユ牢獄が民衆によって襲われたことに端を発し、フランス革命は成就された。この日をもってフランスは国民の祝日とし、毎年盛大に祝っている。フランスがフラン…07月15日 12時12分
  • 人権弾圧大国、シナ共産党国家
    シナでノーベル平和賞を受賞した人物が、癌のため病死したという報道があった。癌と診断されたためシナ共産党はが獄中から病院へ搬送したのち、今回の結果となった。 別に目新しい問題ではないが、シナ共産党の人権弾圧ぶりはいつでも常軌を逸している。こん…07月14日 00時13分
  • 台湾の悲しみ
    少し歴史の話をしたい。主観的な気持ちを述べたい。 個人的な話からで恐縮だが、筆者はこれだけ客観だ公平だと言いながら、実はものすごく涙もろい。感動的な映画を見るとすぐに泣いてしまう。感情を移入し、号泣することもしばしばである。 と同時に、その…07月13日 00時02分
  • 既成事実を作り上げれば嘘も真実にできる方式(南朝鮮)
    正直、世界情勢は非常に活発で、そんな中、あまり南朝鮮の話に時間を割きたくないのだが、南朝鮮(韓国)の慰安婦に関する態度が年を追うごとにエキセントリックになり、さらには朝日新聞や毎日新聞などの日本側の応援団がそれを煽りに煽っているので、残念な…07月11日 20時59分
  • 経済政策(内)と外交政策(外)
    これは筆者の分析だが、当然ながら筆者の主観的価値観が入る話である。 政治の基本は、経済と外交である。国内においては経済政策、国外との関わりでは外交政策。この二つこそが、政策の両大輪であると筆者は分析している。 「農は国家の基本なり」という言…07月10日 23時59分
  • 内閣支持率
    以前も似たようなことを書いたが、報道があまりにもひどいので内閣支持率について一言書きたい。 サヨク系マスメディアは安倍政権が殊の外お嫌いである。彼らは戦後民主主義という特殊な思想を根拠に情報を取捨選択するだけではなく、時に彼らの主観的正義を…07月09日 20時20分
  • シナと南北朝鮮以外の諸外国を異様に美化したがる傾向について
    今回の話は、保守層に多い話である。 ご存知のように、シナと南北朝鮮は押しも押されぬ反日の大国である。自他共に認める反日国家として日々日本の国際社会における評価をとにかく失墜させるべく、全力を注いでいる。客観的事実である。 他にやることは腐る…07月08日 18時44分
  • 「可哀想なお婆さんの証言を疑ってはならない」という主観的判断
    昨日に引き続き、慰安婦の問題について触れたい。 慰安婦の証言のほぼ100%が内容を疑われる証言を残しているが、その中でも色々と酷いものとしてあげられるものがある。 既になくなっている「元慰安婦」の証言ではあるが、実名を出すと色々と問題もある…07月08日 12時20分
  • 慰安婦の問題について
    数学や算数が得意な方はよくお分かりになると思うが、数式を解くのに感情は必要ない。単純に検証作業を進め、解を導き出すだけである。 数学の問いの解を得るのに、感情は本当に必要ない。これは当然の真理である。誰でもそうだが、手順を踏んで検証をすれば…07月08日 00時52分
  • 世界での残忍な現状
    メキシコのマフィアがどういう風に人を殺すか、ここで書くのは憚れる。あまりにも残忍極まりないからである。どうしても知りたい方はご自身で調べられることをおすすめする。ではそれはメキシコだけなのか。中南米のほとんどの国で残忍な虐殺や殺戮、強姦や誘…07月06日 23時43分
  • 安倍首相の欧州出張に対する民進党とか共産党とかの批判
    安倍総理が欧州に出発した。欧州、特に北欧との間の外交のための出張であると言われている。 これに対して、民進党はや共産党は、どうやら本気で「加計学園」の問題と結びつけて批判しているようだ。首相は逃げたと、いっているようである。それも、戦力とは…07月05日 21時19分
  • 安倍政権の金融政策で失業率が急激に低下した事実を理解できないし報道しないマスコミ
    マクロ経済学好きな筆者の見解である。 以前に何度も書いたが、現在、新卒の大学生の就職率は、意図的に働かない人を除けば、ほぼ100%である。また、有効求人倍率が1.5以上であるが、これはほぼ、完全雇用を達成した状況であることも述べた。全て、客…07月04日 21時49分
  • 台湾の現状
    一時期、小林よしのり氏の台湾論などで、台湾へ関心が、保守層を中心にではあるが一気に高まった時期があった。その後、台湾はどうやら親日らしいという話が定着した。現に、日本語世代の高齢者世代は非常に親日的だし、日本語も今でも上手にお話される。 か…07月02日 09時45分
  • 稲田大臣の自衛隊に関する選挙応援発言
    批判や批評は主観である。このブログでも時折それをするものの、今回はブログの趣旨通り、客観的にこの件を観察してみたい。 サヨクマスコミや野党のみにとどまらず、保守側の、特に若い世代からは稲田大臣に発言にうんざりしたという声がちらほらインターネ…07月01日 13時17分