Blue あなたとわたしの本

登録ID
1825416
サイト名称
Blue あなたとわたしの本
URL
http://btomotomo.hatenablog.com
紹介文
言葉と写真。感受性が豊かで、傷つきやすく、ひとりが好きで、そして優しすぎる、そんな「あなた」のサイトです。
カテゴリ
  • 写真詩 (100%) - 3 / 24人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 限界を超えるための簡単な方法
    Blue あなたとわたしの本 204 ? ? これ以上のことは もうできないだろうっていうのは 単なる 思い込みなんだよね。 ? 限界は 超えられるんだ。 ? どうやって超えるかっていうと 「超える」って 決めてしまうの。 ただ決めちまうん…01月09日 16時00分
  • ニュースにすべき、あなたのそんな今日
    Blue あなたとわたしの本 203 ? ? 耳を疑うような悲惨な ニュースが 続けざまに聞かれることもあるでしょう。 ? でも 今日、 あなたは誰かに やさしくした。 ? やさしさとは 思いやることです。 思いやるとは、 想像力を働かせる…12月15日 16時00分
  • 小説「記憶のたわむれ」? 完結
    ? ? 話は──終わったのだ。 なんと言えばいいのかわからなかった。知らないうちに僕も右の手の甲で意味もなく口もとをこすっていることに気づいた。膝の上に手のひらを戻した。藤堂さんは同じ姿勢のまま、動かなかった。 「つまり──」と僕はひそめた…12月03日 16時00分
  • 小説「記憶のたわむれ」?
    ? ?? 「翌日の──京都を離れる日──俺はもういちどおばちゃんの店に立ち寄ることにした。好きだった蕎麦ぼうろを持ってな。フリーのライターというのはうそで、児童劇団の営業をやっていることなんかもちゃんと話そうと思った。本当にやりたい仕事を、…12月02日 16時00分
  • 小説「記憶のたわむれ」?
    ? ? 店の正面まで来た。もう迷いはなかった。俺は硝子の引き戸に指をかけ、その覚えのある重みを──ゆっくりと横へすべらした。 甘い菓子の匂いとともに、クレヨンをぶちまけた色彩が魚眼レンズを覗いたみたいに目に飛び込んできた。なにもかもが変わっ…12月01日 16時00分