ほんのむし

登録ID
1828056
サイト名称
ほんのむし
URL
http://honno64.com/
紹介文
さくらの極私的書評ブログ。紙の本を愛し電子書籍は食わず嫌い。愛読書と気に入った本だけレビューします。書評の名を借りた自分語り炸裂。ネタバレ注意。褒めすぎ注意?
カテゴリ
  • 書評・レビュー (100%) - 3 / 198人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 角谷敏夫「刑務所の中の中学校」
    生徒は受刑者。日本で唯一、世界でも例のない刑務所の中にある中学校。 昭和30年に誕生した刑務所の中の公立中学校、松本市旭町中学校桐分校。そこには義務教育を修了していない受刑者たちが全国からやってくる。35年の長きにわたり...10月18日 11時52分
  • ジーン・マルゾーロ「ミッケ!ゴーストハウス」
    こわいけどおもしろいかくれんぼ絵本。もういいかい?かぼちゃが3つどこにある?ゆうきをだしていりぐちへ!さあミッケ。 (「BOOK」データベースより) 超なっつかしい絵本、というかゲームブック。 一時期、私の周囲で微妙に流...10月17日 12時43分
  • 高野和明「幽霊人命救助隊」
    浪人生の高岡裕一は、奇妙な断崖の上で3人の男女に出会った。老ヤクザ、気弱な中年男、アンニュイな若い女。そこへ神が現れ、天国行きの条件に、自殺志願者100人の命を救えと命令する。裕一たちは自殺した幽霊だったのだ。地上に戻っ...10月11日 16時22分
  • 若竹七海「さよならの手口」
    仕事はできるが運の悪い女探偵・葉村晶が帰ってきた! 探偵を休業し、ミステリ専門店でバイト中の葉村晶は、古本引取りの際に白骨死体を発見して負傷。入院した病院で同室の元女優に二十年前に家出した娘探しを依頼される。当時娘を調査...10月07日 16時11分
  • 椿いずみ「月刊少女野崎くん」
    無骨な男子高校生「野崎梅太郎」。彼に恋をした女子高生「佐倉千代」は勇気を振り絞って告白するものの、何故か恋人ではなく少女マンガ家のアシスタントになったのでした…。男子高校生でありながら人気少女マンガ家でもある野崎くんの日...10月04日 12時08分
  • 東野圭吾「超・殺人事件−推理作家の苦悩」
    新刊小説の書評に悩む書評家のもとに届けられた、奇妙な機械「ショヒョックス」。どんな小説に対してもたちどころに書評を作成するこの機械が、推理小説界を一変させる―。発表時、現実の出版界を震撼させた「超読書機械殺人事件」をはじ...09月17日 11時21分
  • 井上夢人「魔法使いの弟子たち」
    山梨県内で発生した致死率百パーセント近い新興感染症。生還者のウィルスから有効なワクチンが作られ拡大を防ぐが、発生当初の“竜脳炎”感染者で意識が戻ったのは、三名だけだった。病院内での隔離生活を続ける彼ら三名は、「後遺症」と...09月03日 13時18分
  • スティーブン・キング「グリーン・マイル」
    時は1932年、舞台はアメリカ南部のコールド・マウンテン刑務所の死刑囚舎房。この刑務所で死刑囚が電気椅子にたどりつくまでに歩く通路は、床が緑のリノリウムであることから、通称「グリーン・マイル」と呼ばれている。ここで起こっ...09月02日 10時11分