水が苦手な50男の海日記

登録ID
1840838
サイト名称
水が苦手な50男の海日記
URL
http://blog.livedoor.jp/seayasu/
紹介文
水が苦手で、50歳になるまで一切避けて、もっぱら登山をしてきました。とあるきっかけでダイビングを始めたのですが、始めるまでの苦労とその後のダイビングで出会う…
カテゴリ
  • ダイビング (70%) - 8 / 144人中
  • アウトドア(全般) (30%) - 13 / 192人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ダイバーに快適なホテルを見つけました 〜宮古島〜
    楽しかった宮古島、今日は陸上での出来事をお伝えしますね。2日間のダイビングを終えて、ショップでログ付けをしていると、こんな素敵なケーキが出てきました。海の中でもお祝いをしていただきましたが、パートナーの誕生日と私の400本記念でした。お世話…03月30日 07時56分
  • 神秘的な空間に出会えました 宮古島2日目3本目
    宮古島の最後の1本となりました。最後は、マリン・レイク(最大水深15m、透視度20m、水温23.6℃)へ行きました。沢山の地形ポイントで有名な宮古島ですが、私にとってはこれまでで最高の地形を楽しむことが出来ました。長い洞窟を抜けていくと見え…03月29日 07時58分
  • 400本記念ダイブ 宮古島2日目2本目
    イルカを堪能した宮古島の2日目、2本目は中の島チャネル(最大水深15m、透視度20m、水温23.4℃)で潜りました。迷路のような水路が次から次へと続きます。その中で見つけたウミウシたちです。クロスジリュウグウウミウシや、極小のテンテンウミウ…03月28日 07時49分
  • イルカが目の前に! 宮古島2日目1本目
    宮古島での2日目は、天候今一つながら、海況は良いとのことで、3大有名ポイントの一つ、アントニオ・ガウディで潜ることになりました。ポイントについて、ブリーフィングを終えてボート上で器材のセッティングをしていると、何やら周りのボートから声がしま…03月27日 07時49分
  • ウミウシ祭り開催!! 宮古島3本目
    宮古島での3本目は白鳥幼稚園(最大水深19.4m、透視度30m、水温23.4℃)で潜りました。エントリー前には、イルカが泳ぐ姿を見ることが出来ました。幸先の良さに期待値が上がります。ここでは沢山のウミウシとの出会いがありました。主な出会いを…03月26日 08時53分
  • 何と奥歯がありました 宮古島2本目
    宮古島での2本目は、白鳥湾(最大水深24m、透視度30m、水温23.2℃)でした。ここには、奥歯(デンターロック)があるんです。ちょっと、歯槽膿漏気味の歯ですかね。そして今日は私のパートナーの誕生日、この岩の前でお祝いをして頂きました。ご一…03月25日 07時29分
  • 赤やらブタやら 宮古島1本目
    それでは今日から宮古島でのダイビングの様子をお伝えします。初日1本目はオーバーハング(最大水深20m、透視度30m、水温23.4℃)。宮古島の西隣、伊良部島にあるポイントです。オーバーハングとは棚状に突き出た場所を表す言葉で、その名前の通り…03月24日 07時53分
  • 宮古島へ行ってきました!
    沖縄の離島、宮古島に行っていました。本島から南西に約290?、飛行機で1時間弱の宮古群島の1つです。人口は6万人弱、若干減少傾向にあるとのことですが、最近ドンキホーテが出来たり、街は発展を遂げ続けているようです。地形ポイントが数多くあること…03月23日 07時35分
  • 快適なスーツ探してます
    以前ダイビングスーツのことで書きました。その時私は水温で気分けてるとお話ししましたが、皆さんはどうしてますか。先日沖縄で潜った時に、現地のガイドのお一人は出来れば年中ドライスーツが良い、濡れないから。という話をされていました。確かに体が濡れ…03月20日 22時16分
  • いかつい顔ですね オオセ
    今日は、サメ繋がりで「オオセ」をご紹介します。このオオセは 、テンジクザメ目オオセ科という種になります。体は昨日のネコゼメのように、サメの形なのですが、顔が扁平な変わった形をしています。それでは見ていきましょう。初めて見たのは、この後姿でし…03月19日 06時53分
  • 海の中にネコが!?
    今日は、変わった生き物「ネコザメ」をご紹介しましょう。ネコザメ目ネコザメ科に属します。正面から見た時に、頭の隆起が猫の耳の形に似ていることが名前の由来のようです。上手く撮れたものがないのですが、ご覧ください。 こんな感じです。関東・伊豆の入…03月18日 12時01分
  • これがイノシシの赤ちゃん? コロダイ
    今日は「コロダイ」をご紹介します。昨日までと同じスズキ目イサキ科の仲間です。コロダイの由来は、和歌山ではイノシシの赤ちゃんのことを『コロ』というのですが、幼魚の背中がイノシシの赤ちゃんと似ていることだそうです。 でもどうして、和歌山での呼び…03月17日 07時56分
  • こちらもコショウダイ? ムスジコショウダイ
    今日もコショウダイの仲間から「ムスジコショウダイ」をご覧ください。昨日までと同じように、スズキ目イサキ科です。この子も幼魚の頃と大人とは全く違います。それでは見ていきましょう。本州最南端・和歌山の串本(2016年8月)フィリピンのマクロ天国…03月16日 07時43分
  • 蝶々がいた!?
    今日は、「チョウチョウコショウダイ」をご紹介します。昨日と同じスズキ目イサキ科のコショウダイの仲間です。こちらも幼魚の頃は大変な人気者です。フィリピン・セブ島の南端リロアン(2014年5月)での撮影です。この白いヒレをヒラヒラさせながら、ま…03月15日 07時55分
  • この子がこんな姿に! アジアコショウダイ
    海の生き物のご紹介に戻りましょう。今日ご覧いただくのは、「アジアコショウダイ」です。スズキ目イサキ科の魚です。このイサキ科には幼魚の頃にはその可愛さで人気がある仲間が多いです。先ずは人気の幼魚から見ていきましょう。和歌山・串本( 2016年…03月14日 07時55分
  • 過ごしやすいリゾートです アニラオ最終回
    今日はフィリピン・アニラオのリゾートの様子をご覧いただきます。今回利用したのは、「ヴィラ・マグダレナ」というリゾートで3度目の訪問となります。日本人のご夫婦で経営されていて、 手作りで増築中、2年ぶりの訪問だったのですが、レストランがとても…03月13日 07時50分
  • ハナイカは? アニラオ7
    いよいよフィリピン・アニラオでのダイビングも最後の1本となりました。最後もロナルド・ガーデン(最大 水深19m、水温25.8℃)でした。同じポイントなのは、私が見たことがない「ハナイカ」をリクエストしたからでした。エントリー前には、ガイドの…03月12日 09時50分
  • ミジンベニハゼも元気です! アニラオ6
    フィリピン・アニラオの2日目2本目はロナルド・ガーデン(最大水深19m、水温25.8℃)でした。ここも砂地で小さな生き物を探して泳ぎます。可愛い生物が沢山いましたよ。最初に見たのは、コロダイのbabyでしょうか。いつも見る幼魚とは体色が異な…03月11日 08時47分
  • 驚愕の2日目が始まりました アニラオ5
    フィリピン・アニラオの2日目です。今日の1本目は、シークレット・ベイ(最大水深17m、水温26℃)からスタートです。名前からして、なにやら期待のポイントですね。そして、いました、いました、順に見ていきましょう。葉っぱかな、と思ったら動いてい…03月10日 07時51分
  • 砂地を這う生物があちこちに! アニラオ4
    フィリピン・アニラオでの初日3本目となりました。3本目は、ショップに戻って昼食 を食べてから出かけます。ショップからボートまで1分、各ポイントまで遠くても15分、こんなに近いので、のんびりしても4本だって昼間に潜れます。潜ったポイントは、ロ…03月09日 08時13分
  • 小さな壁にこれでもかと小さな生き物が! アニラオ3
    フィリピン・アニラオでの2本目の様子をお届けします。1本目の後、風よけに入り江に入って水面休息し、すぐそばのポイント、マトトギル(通称マト、最大水深14m、水温25.8℃)へ行きました。ここは平均5.6mの浅い水深が続くポイント、でも壁沿い…03月08日 08時07分
  • テーブルとベンチがあるんです アニラオ2
    フィリピンのアニラオでのダイビング、1本目は「ビスタマール」(最大水深25m、水温25.6℃)というポイントでした。浅場の砂地とその周りのウォールを楽しむところで、その浅場にはテーブルとベンチがあります。安全停止はここで座って迎えても良いか…03月07日 07時55分
  • アニラオに行ってきました!
    昨日までフィリピンのマクロ天国「アニラオ」に行ってきました。アニラオはフィリピンの首都マニラから?で約3時間、マニラと同じルソン島の南端にあります。バラヤン湾とバタンガス湾という二つの湾に挟まれた半島のバラヤン湾側にあり、内湾のため、豊富な…03月06日 07時27分
  • お姫さま! ヒメアイゴ
    今日ご紹介するのは「ヒメアイゴ」です。こちらもスズキ目アイゴ科の仲間です。『ヒメ=姫』でしょうか、とても綺麗な名前を付けてもらっていますね。これまでご紹介してきたアイゴの仲間と似ているのですが、名前が良いと何だか可愛く見えてくるから不思議で…03月02日 04時57分
  • サンゴの中にいなくても... サンゴアイゴ
    昨日に続いて、スズキ目アイゴ科からご紹介します。今日は「サンゴアイゴ」です。 同じアイゴ科なので、昨日のヒフキアイゴに似ています。ただ口がそこまで伸びていない、体色が黄色一色、その体表に細かな斑点がある、などが違いでしょうか。では順にご覧く…03月01日 07時48分
  • 火吹きは任せて!? ヒフキアイゴ
    今日は、目先を変えて「ヒフキアイゴ」をご紹介します。スズキ目アイゴ科の魚です。この魚、とても綺麗で目立ちます。沖縄に多く生息するのでしょうか。ご紹介するのは全て慶良間諸島でのものです。ではご覧ください。阿嘉島(2014年4月)阿嘉島(201…02月28日 07時25分
  • 海には危険も ゴマモンガラ
    今日ご紹介するのは「ゴマモンガラ」です。昨日と同じフグ目モンガラカワハギ科に属します。仲間の中では、結構大型です。顔にブツブツのような斑点があるのが、名前の由来でしょうか。それではご覧ください。最初に見たのは、沖縄の離島・久米島(2014年…02月27日 07時29分
  • サッカーボールかな? モンガラカワハギ
    今日は同じフグ目から「モンガラカワハギ」をお伝えします。このモンガラカワハギはフグ目モンガラカワハギ科に属します。 この子も遠くからとても目立ちます。それでは見ていきましょう。初めて見たのは、沖縄の慶良間諸島でした。座間味島(2013年11…02月26日 09時51分
  • 長い鼻? テングカワハギ
    もう一つ、同じフグ目カワハギ科の仲間をご紹介しましょう。「テングカワハギ」です。一度見たらファンになってしまいますよ。結構見れるはずなんですが、写真を見返してみるとあまりありませんでした。サンゴの間にさっと隠れてしまうからでしょうか?それで…02月25日 12時04分
  • 名は体を表す? アミメハギ
    アオサハギと来れば、やはりこちらでしょう、今日はアミメハギです。このアミメハギもフグ目カワハギ科は同じです。名前の由来は、体を見れば「なるほど」と思います。ではご覧ください。西伊豆・井田(2015年8月)と三浦半島・城ヶ島(2016年10月…02月24日 07時32分
  • 扁平だけど可愛い! アオサハギ
    今日はフグ目の仲間、カワハギ科の生物をご紹介します。ご覧いただくのは、「 アオサハギ」です。カワハギの仲間って、扁平な体が特徴ですが、その中でもこのアオサハギ、 小型で可愛いんです。それではご覧ください。(2013年10月)(2015年7月…02月23日 07時58分
  • フードベストを購入してみました
    先日、フードベストを購入しました。前々から興味はあったのですが、2月の慶良間ダイビングで お世話になった「潜水屋」で借りることが出来ました。これ1枚があるととても暖かいんですね。海から上がった後も、いつもだとスーツを脱ぐと気温によっては寒い…02月22日 07時39分
  • 小型のフグならお任せ!? シマキンチャクフグ
    今日もフグ目フグ科からご紹介しましょう。今日は「シマキンチャクフグ」です。先日のキタマクラと同じように、小型のフグの代表格のような魚です。それでは見ていきましょう。 初めて見たのは、沖縄本島でした。先ずは本島での出会いからご覧ください。 北…02月21日 07時47分
  • 大人の貫禄? サザナミフグ
    フグ目フグ科のご紹介を続けましょう。今日は「サザナミフグ」です。フグの中では比較的大型で、白い小さな点が体中にあること、胸鰭のあたりに大きな渦巻き状の斑紋があること、が特徴です。お腹の部分に波のように縦帯が何本もあり、これが名前の由来になっ…02月20日 07時36分
  • 名前、いやじゃないですか キタマクラ
    今日もフグ目フグ科からご紹介します。「キタマクラ」です。いたってフグらしい体つき、比較的小さめ、 どうしてこんな名前なのでしょうか。どうやら、毒が強くて、食べると必ず死んでしまう(=遺体は北枕で寝かせられる)というのが、由来のようです。他の…02月19日 09時57分
  • 愛嬌があります、コクテンフグ
    フグ目の魚を続けましょう。今日はフグ目フグ科から「コクテンフグ」です。日本でも良く見かけるのですが、何故か写真は海外でのものが多かったです。最初にみたのも、フィリピン・セブ島の南端リロアン(2014年5月)でした。この体中の黒い斑点が名前の…02月18日 12時59分
  • ハリセンボンの仲間 ネズミフグ
    今日も、引き続いてフグ目ハリセンボン科の仲間に登場してもらいましょう。今日ご紹介するのは、「ネズミフグ」です。この種も私は国内では見たことがありません。これまで見て頂いた仲間に比べて体が長い印象があります。身体の棘は延ばしたり、縮めたり、で…02月17日 07時37分
  • ハリセンボンの仲間 メイタイシガキフグ
    今日もハリセンボンの仲間をご紹介しましょう。「メイタイシガキフグ」です。昨日のイシガキフグと似た名前ですが、外見はあまり似ていません。同じように体中の棘をしまうことが出来ないのですが、イシガキフグに比べて大きめの棘があるように思います。日本…02月16日 07時54分
  • ハリセンボンの仲間 イシガキフグ
    今日からは、フグ目ハリセンボン科の仲間をご紹介しましょう。先ずご覧いただくのは、「イシガキフグ」です。顔はハリセンボンたちに似て可愛いです。体に棘があるのですが、短く、立てたり、ひっこめたりはできないようです。名前の由来は... 石垣島で初…02月15日 07時53分
  • こんな違いがあるんです! ハリセンボンとヒトヅラハリセンボン
    2日に渡ってハリセンボンをご覧いただきましたが、良く似た2種、ちょっとした違いが分かれば見分けは簡単です。ポイントはこの2か所ではないでしょうか。1枚目がハリセンボン、2枚目がヒトヅラハリセンボンです。最初のハリセンボンには目を通る横帯は同…02月14日 07時38分
  • 顔のアップも見てね 〜ヒトヅラハリセンボン〜
    今日は昨日に続いてフグ目ハリセンボン科からこの子をご覧いただきましょう。とても良く似た「ヒトヅラハリセンボン」です。まずはこちらから。 フィジー(2015年1月)に出会ったのですが、とっても可愛い顔してますよね。きっとこの人懐っこい顔が名前…02月13日 07時50分
  • コントの話題じゃないですよ 〜ハリセンボン〜
    生き物の紹介に戻りましょう!今日は、先日お伝えしたフグ目の中から、「ハリセンボン」をご紹介します。このハリセンボン、フグ目ハリセンボン科に属します。潜らない方でも、ハリセンボンという名前をお聞きになったことがある方は多いのではないでしょうか…02月12日 08時43分
  • 那覇のホテル、お食事どころ
    2月の慶良間ダイビング、今回は那覇からボートで遠征したのですが、那覇でまず悩むのがどこに宿泊するかです。同じ本島・北部と違い、高級ホテルからコンドミアムタイプまで何十もの施設があります。今回私たちがお世話になったのは、「CLASS INN …02月10日 07時53分
  • グルクンやらシモフリタナバタウオやら 慶良間3本目
    2月の沖縄・慶良間の最後の1本は、渡嘉敷島の北側ポイント・自津留(ジヅル、最大水深23m、透視度20m、水温23.4℃)でした。北風が吹くことが多い沖縄の冬、この時期に北側のポイントに行けることはめったにないそうで、今日は驚くほどの微風、最…02月09日 07時56分
  • カメに会えました! 慶良間2本目
    2月の沖縄・慶良間での2本目は「カメキチ」(最大水深15m、透視度20m、水温23℃)というポイントでした。その名前の通り、目指すのはカメです。沖縄と言えば、カメと並んでもう一つの目玉、クマノミに会うことが出来ました。沖縄では6種類のクマノ…02月08日 07時54分
  • 慶良間に行ってきました
    先週末、沖縄に潜りに行ってきました。今回は、那覇からボートで1時間弱、慶良間まで出かけました。先ず1本目は渡嘉敷島・野崎(最大水深23m、透視度20m、水温23.4℃)でした。 潜降すると、先ず目に入るのはエダサンゴの群生です。続いては、サ…02月07日 08時04分
  • ヨウジウオ科の仲間を一気に!
    続いていたトゲウオ目ヨウジウオ科の最後に、これまで出会ったそのほかの仲間をご紹介させてください。最初は綺麗な、オビイシヨウジです。沖縄本島北部・水納島(2015年10月)の撮影です。この縞模様目立ちますね。ウミヘビに擬態しているのでしょうか…02月06日 07時49分
  • タツノオトシゴ、親戚がいるんですね!
    今日も、トゲウオ目の魚をご紹介しましょう!先日タツノオトシゴをご覧いただきましたが、このオトシゴには親戚がいるんです。タツノイトコとタツノハトコです。こんな親戚がいるなんて、本人(?)は知っているのですかね。命名の理由は良く分かりません。タ…02月03日 07時49分
  • 極小サイズも ピグミーシーホース
    今日もトゲウオ目からお届けしましょう。昨日までと同じトゲウオ目ヨウジウオ科なのですが、何と言っても”小さい”!!!!そう、ピグミーシーホースです。外見は他の種と似ていますが、擬態のためかイボイボがあります。それではご覧ください。最初に紹介し…02月02日 07時55分
  • こんなにも仲間が... タツノオトシゴ
    昨日はハナタツという『タツノオトシゴ』の仲間をご紹介しました。今日は同じような(?)姿の仲間たちをご覧いただきましょう!先ずはこの子からでしょう。タツノオトシゴ(2016年10月)です。多分、とんがった頭とトゲトゲがないのが特徴でしょうか。…02月01日 07時54分