水が苦手な50男の海日記

登録ID
1840838
サイト名称
水が苦手な50男の海日記
URL
http://blog.livedoor.jp/seayasu/
紹介文
水が苦手で、50歳になるまで一切避けて、もっぱら登山をしてきました。とあるきっかけでダイビングを始めたのですが、始めるまでの苦労とその後のダイビングで出会う…
カテゴリ
  • ダイビング (100%) - 3 / 134人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 踊る「帝」! 〜ミカドウミウシ〜
    今日ご紹介するのは、「ミカドウミウシ」です。こちらがミカドウミウシです。和歌山の串本(2013年12月)の出会いです。身体は薄い黄色や赤などかなり個体差があります。触角は赤、二次鰓は白に赤が混じります。外套膜が大きいのが特徴で、全身は最大で…04月19日 05時39分
  • 海の中で見つけた、レモン!
    今日は、素敵な名前なんですが、少し不思議な「レモンウミウシ」をご紹介します。こんなです、全身まっ黄色、まさにレモン色ですね。良く見ると、細かい点が背中全体に広がります。触角、二次鰓も同じ黄色です。色はきれいだし、遠目にも見つけやすいのですが…04月18日 09時23分
  • 素敵なモザイク模様です 〜モザイクウミウシ〜
    今日ご紹介するのは、「モザイクウミウシ」です。こちらです沖縄本島の真栄田(2013年11月)です。背中全体にオレンジ色の網目模様が盛り上がって広がります。その間には細かい茶褐色の細かい斑点が縦横にあります。外周もオレンジで縁取られています。…04月17日 09時14分
  • 金平糖が転がっている?
    今日は、もう1つ食べ物にちなんだウミウシをご紹介しましょう「コンペイトウウミウシ」です。こんな子です、沖縄本島・北部の瀬底島(2016年9月)の1枚です。半透明の白い身体に大きく突き出たような突起がいくつも広がります。その突起の先端は綺麗な…04月16日 05時06分
  • 美味しそうな、パイナップル?
    今日は、ちょっぴり美味しそうな「パイナップルウミウシ」をご紹介しましょう。こちらです、伊豆の海洋公園(IOP,2013年3月)の1枚です。何だか複雑に線が入り組んでいます。黄色やら赤茶色やら...触角と二次鰓は半透明の白に黒のラインが入って…04月15日 06時57分
  • ここにも乙女がいました!? 〜ホソジマオトメウミウシ〜
    今日は、同じ乙女から「ホソジマオトメウミウシ」をご紹介しましょう。観察例はこの1枚だけでした関東の三浦半島・宮川湾(2015年1月)です。体色は昨日のハナオトメ〜に似て薄い黄色ないし乳白色の身体にオレンジの縁取りですね。その背中には、黒のツ…04月14日 06時15分
  • 可憐な乙女? 〜ハナオトメウミウシ〜
    今日は素敵な名前をもらったウミウシ、「ハナオトメウミウシ」をご紹介しますこんな子ですよ。関東の伊豆半島・伊東(2013年8月)の撮影です。薄い黄色ないし乳白色の身体にオレンジの縁取りが鮮やかです。また身体のあちこちに先端がオレンジの筒状の突…04月13日 10時16分
  • 千両、万両! 〜マンリョウウミウシ〜
    ドーリス科のウミウシ、最終回は「マンリョウウミウシ」です。結構迫力ありますよ、どうぞ関東の三浦半島・宮川湾(2013年5月)の撮影です。薄い茶褐色の身体に大量のブツブツがくっついた感じです。そのブツブツからは半透明の白に薄緑の突起が出ていま…04月12日 09時23分
  • 舌をかむような? 〜タリンガ・ハルゲルダ〜
    今日も和名のないウミウシから、「タリンガ・ハルゲルダ」をご紹介しましょう。こんなウミウシですフィリピンのアニラオ(2015年4月)の出会いでした。半透明の白い身体に黄色の形も様々な小さい斑が背中中に広がります。触角は黒、二次鰓は半透明の白を…04月11日 05時57分
  • オシャレな名前ですが... 〜コウメウミウシ〜
    今日は「コウメウミウシ」をご紹介します昨日のインターネットウミウシに少し似た感じのウミウシです。どうぞご覧下さい。フィリピンのリロアン(2014年5月)の写真です。背中の突起とその間に広がる線状の模様、少しインターネット〜を連想しませんか身…04月10日 05時37分
  • 世界に広がるネット網 〜インターネットウミウシ〜
    今日ご紹介するのは「インターネットウミウシ」です関東の八丈島(2015年8月)での1枚です。身体は半透明の薄い黄色。背中に黄色の突起がいくつかあり、その突起から放射線状に茶色の線が無数に広がります。触角、二次鰓は白と黒が混じり合ったような感…04月09日 05時37分
  • フカフカ第2弾はウサギのようです!?
    今日も”フカフカ”系のウミウシ「ゴマフビロードウミウシ」をご紹介しましょう。写真はこの1枚だけです。関東の三浦半島・宮川湾(2015年5月)です。白い身体に茶褐色の触覚、まるでウサギや二十日ネズミのような可愛さですよね。身体がオレンジの仲間…04月08日 10時11分
  • フカフカのウミウシです!
    今日ご紹介するウミウシも可愛いですよ ブチウミウシです。 さあ、見ていきましょう! フィリピンのアニラオ(2015年4月)です。 白い身体はフカフカの絨毯のような毛に覆われています。 その背中には黒白の斑点があちこちにあります。これが名前の…04月07日 07時39分
  • カメに見えますか?
    今日はユニークなお名前のウミウシをご紹介しましょうその名は「シモフリカメサンウミウシ」です。どうしてこんな名前になったか、まずこちらからご覧ください。沖縄の慶良間諸島・奥武島(2014年4月)の撮影です。この背中の模様が『カメ』に見えるから…04月06日 09時18分
  • まだまだいますよ! フジタウミウシ科の仲間
    今日は、フジタウミウシ科の最後にまだ日本名が付いていない仲間たちをご覧いただきましょう。最初は、ネムブロータ・リビングストンイといいます。2014年4月、沖縄の慶良間諸島・阿嘉島での撮影です。白い海底に赤が映えますね続いては、ネムブロータ・…04月04日 08時41分
  • オレンジが奇麗な、 リュウグウウミウシ
    今日は、「リュウグウウミウシ」をご紹介しましょう同じフジタウミウシ科で『リュウグウ〜』の総帥のような名前が付くのですが、少し毛色が違います。こんな子です。沖縄の久米島(2013年5月)です。体色はこげ茶、背中にオレンジのラインが複数入ります…04月03日 11時21分
  • もう一種、イボイボがいました 〜トサカリュウグウウミウシ〜
    今日は、昨日のトサカリュウグウウミウシと同じ、イボイボの「トサカリュウグウウミウシ」をご紹介します。こちらからご覧ください。沖縄の宮古島(2017年3月)です。全身緑のマントはミドリリュウグウウミウシにも似ていますね。イボ状のブツブツは身体…04月02日 11時06分
  • 相模湾がお家? 〜サガミリュウグウウミウシ〜
    今日はフジタウミウシ科の仲間から「サガミリュウグウウミウシ」をご紹介しましょう。なかなかインパクトのある子ですよどうぞ。関東の三浦半島・宮川湾(2013年5月)です。青い身体に黒で縁取られた黄色の大きな円斑が背中中に広がります。この円斑は少…03月31日 05時33分
  • 命名の不思議? コミドリリュウグウウミウシ
    今日はフジタウミウシ科から「コミドリリュウグウウミウシ」をご紹介します。先日ご覧いただいたミドリリュウグウウミウシにはじき出された形で、『コミドリ』なんて命名されてしまったウミウシ こんな子です。関東の三浦半島・宮川湾(2013年5月)です…03月30日 05時20分
  • 可愛さはピカチュー以上? 〜ツノザヤウミウシ〜
    今日は「ツノザヤウミウシ」をご紹介します。先日ご覧いただいたピカチュー(ウデフリツノザヤウミウシ)のホワイト・バージョンみたいな種です先ずは海外(フィリピン)での出会いからです。アニラオ(2015年2月)です。透き通るような白色の身体の背中…03月29日 05時51分
  • 緑のマントを羽織った、ミドリリュウグウウミウシ
    今日は全身緑色のウミウシ、「ミドリリュウグウウミウシ」をご紹介しましょう。この子もフジタウミウシ科です。今日も南方系のウミウシなんですが、和歌山の串本でも見れましたまずはそちらから、2014年1月の撮影です。全身が深緑色で、頭やお尻など数か…03月28日 05時29分
  • フィリピンでは良く見れます、セグロリュウグウウミウシ
    今日は昨日のクロスジリュウグウウミウシに少しだけ似ている「セグロリュウグウウミウシ」をご紹介します。同じフジタウミウシ科です。ほとんどが海外(フィリピン)なのですが、その中から1枚だけ国内での出会いがありました沖縄の宮古島(2017年3月)…03月27日 05時26分
  • 赤の次は黒? 〜クロスジリュウグウウミウシ〜
    今日は、昨日のアカフチリュウグウウミウシに系統が似た、「クロスジリュウグウウミウシ」をご紹介しましょう。同じフジタウミウシ科です。こんな子です。沖縄の慶良間諸島・屋嘉比島(2014年4月)です。白い体地に、名前の通り黒(というより濃い茶色)…03月26日 05時51分
  • 南方限定の、 アカフチリュウグウウミウシ
    今日は同じフジタウミウシ科から「アカフチリュグウウミウシ」をご紹介しましょう初めて見たのは、フィリピンでした。セブ島の最南端にあるリロアン(2014年5月)です。黒の地色に緑の細いラインが浮き出るように何本も入ります。口のあたりや身体の周り…03月25日 05時55分
  • やっぱりピカチューですよね!
    今日は、フジタウミウシ科という種類のウミウシから「ウデフリツノザヤウミウシ」をご紹介しましょう。この名前にピンと来ない方もこちらを見れば、『あー、この子ね』と言う方も多いはず。和歌山の串本(2013年10月)の撮影です。オレンジの身体に、左…03月24日 06時11分
  • 都会のような? ミヤコウミウシ
    今日ご紹介するのは「ミヤコウミウシ」ですなかなかごつい感じの子です、初めて見たのは、和歌山の白浜(2013年4月)でした。茶色の身体に薄茶のイボが無数に広がります。そのイボの間には見水路の斑紋があり、この斑紋がキラリ輝くアクセントです。外周…03月23日 05時48分
  • ニシキにそっくりな、 テヌウニシキウミウシ
    今日は、昨日のニシキウミウシに極似、名前までそっくりな「テヌウニシキウミウシ」をご紹介します。こちらです、今日も高知の柏島(2014年11月)の1枚からです。違いが分からない位そっくりですよねでも1か所、決定的な違いがあるんです。ニシキウミ…03月22日 05時42分
  • ウミウシの王道? 〜ニシキウミウシ〜
    今日はウミウシの主みたいな存在(と私が思っている)「ニシキウミウシ」をご紹介します。こんなウミウシです、高知の柏島(2015年9月)の1枚です。少しこれまでご覧いただいてきたウミウシたちと形が違いますねまず、頭のところが左右に小さく張り出し…03月21日 06時51分
  • マシュマロのような、メレンゲウミウシ
    今日はフワフワの雪のような「メレンゲウミウシ」をご紹介します。ご覧いただくのはどちらも沖縄の慶良間諸島での出会いです。阿嘉島(2015年5月)、嘉比島(2016年4月)、どうですか、このマシュマロのような白い身体、周囲はオレンジのラインで覆…03月20日 05時32分
  • 幾何学模様が並んだウミウシ?
    今日は規則正しい模様の「キカモヨウウミウシ」をご紹介します。この子です。沖縄の慶良間諸島・阿嘉島(2015年5月)です。背中全体が紫がかった黒で、白の小さな粒が広がります。触角、二次鰓は半透明で、先端部分が黄褐色となります。続いて見た物をご…03月19日 05時36分
  • 1000の点を持つウミウシです!?
    今日は、1000の点を持つウミウシ、その名も「センテンイロウミウシ」をご紹介しましょう。この写真からどうぞ。和歌山の串本(2014年8月)です。薄茶の体に外周は赤茶で覆われています。触角は同じ薄茶で赤茶の輪が2,3本入ります。背中には複数の…03月18日 06時52分
  • 「安良里」で見れるのでしょうか?
    今日は少し趣を変えて、「アラリウミウシ」をご覧いただきましょう伊豆諸島の八丈島(2015年8月)です。体は橙色ないしピンクっぽい色、外周は白の帯で、その内側に赤紫のドット柄のような細いラインが覆います。触角、二次鰓は半透明の体と同じ色です。…03月17日 05時51分
  • 「白妙」の衣装をまとったウミウシです!
    今日は、先日のジボガウミウシに少し雰囲気が似た、「シロタエイロウミウシ」をご紹介しましょう。関東の八丈島(2015年8月)の撮影です。半透明の白い体を白の外周が覆います。触角、二次鰓も半透明や白です。背中には白い斑があるのですが、ハートのマ…03月16日 05時38分
  • 綺麗な柄の コモンウミウシ
    今日も関東でのダイビングで出会ったウミウシをご紹介しましょう。「コモンウミウシ」です三浦半島の宮川湾(2015年8月)です。白い体に黄色の斑点が無数に広がります。外周は紫の斑で覆われます。触角、二次鰓も白と紫です。ここから順に見ていきましょ…03月15日 05時44分
  • 気品あふれる? ジボガウミウシ
    今日は透明感たっぷりの「ジボガウミウシ」をご紹介します。こちらです、関東の三浦半島・宮川湾(2013年5月)です。透明かと思うような美しい白の体に、同じ白のぶつぶつが入ります。何だかお餅のようですね外周は波打つようになっています。触角、二次…03月14日 05時28分
  • 王妃のような気品が... 〜ダイアナウミウシ〜
    先日ミゾレウミウシをご紹介しましたが、少し似た配色なのがこちら、「ダイアナウミウシ」です。フィリピンのアニラオ(2014年7月)です。背中は薄い水色で白の細かな点が密在します。外周は白のラインで覆われます。触角は黄色、二次鰓は白で先端部が黄…03月13日 05時12分
  • 更紗があるなら縮緬も
    今日は、昨日のサラサウミウシに似ている「チリメンウミウシ」をご紹介します。先ずはこちらからご覧下さい。沖縄・本島の有名どころ、恩納村の真栄田(2013年11月)です。サラサ〜と同じように白い体、網目模様は少し違って赤茶色。触角、二次鰓は白と…03月12日 05時42分
  • 綺麗な生地です 〜サラサウミウシ〜
    今日は、見た目綺麗ですよ。「サラサウミウシ」です。関東の三浦半島の入り口、逗子(2013年2月)です。白い体に茶色の網目模様が入ります。外周は黄色で覆われます。触角、二次鰓は白と赤が混じり合っています。この背中の模様がインドの染め物『更紗(…03月11日 06時46分
  • こんな所でもんじゃ焼き?
    今日はキャラメルウミウシ、タヌキイロウミウシに似ている、「モンジャウミウシ」をご覧いただきましょうこちらです、沖縄の慶良間諸島・座間味島(2015年5月)です。体地色は薄い茶色、その真ん中が濃い茶色で、少しブツブツな感じもあります。触角、二…03月10日 06時55分
  • キャラメルの次は... タヌキイロウミウシ!?
    今日ご紹介するのは、「タヌキイロウミウシ」です。昨日のキャラメルウミウシに色合いは少し似ています。それでは見ていきましょう初めて見たのが、関東の八丈島(2015年8月)でした。背中はキャラメル〜をもう少し薄くしてざらついた印象です。外周は背…03月09日 05時26分
  • 納得の・・・ キャラメルウミウシ
    今日ご紹介するのは「キャラメルウミウシ」、正にキャララメルなんです。八丈島(2015年8月)なんですが、納得のネーミングですよね『そだね〜』て声が聞こえてきそうキャラメル色の背中に細かな点が無数にあります。外周も白の包み紙(?)を間に挟んで…03月08日 05時38分
  • 触角がミゾレなんです!
    今日ご紹介するウミウシは「ミゾレウミウシ」です。割合と見かける機会が多い種なのですが、なかなか綺麗なんですこちらからどうぞ。八丈島(2015年8月)の1枚です。背中は薄い水色、3本の黒いラインがあり、両側の2本は端でくっつきます。また背中に…03月07日 05時38分
  • 生物豊富な北谷の海です
    今年初めての北谷の海、透視度15mほどの世界でたっぷりと遊ぶことが出来ました。最初に出迎えてくれたのは、ロクセンスズメダイの群れ、餌付けでもされているのか、エントリーしてすぐに周りをずっと付きまとっていました。そして北谷・砂辺といえばこのポ…03月06日 05時13分
  • 今年の初ダイビング、いやー苦労しました!
    昨日の日曜日、久しぶりに砂辺・セルフダイビングに行ってきました。前日のチェックでは風も弱く、天候も晴れ予報、後は当日の朝、現地判断と決めて土曜夜は早めに就寝しました。朝8時頃に砂辺に着いてみると、すでに堤防沿いの駐車区域はほぼ満杯、少し離れ…03月05日 05時38分
  • 痛くはないのでしょうが... 〜イガグリウミウシ〜
    今日ご紹介するウミウシは「イガグリウミウシ」です。とても特徴のある姿をしていますどうぞご覧下さい。関東の三浦半島・宮川湾(2015年5月)です。鮮やかな黄色の体にイボイボが無数にあります。イボイボは白で先端はピンク、触覚は白で異常に長いです…03月04日 05時38分
  • マダライロなんて...
    オトヒメウミウシにはもう1種、良く似た仲間がいます「マダライロウミウシ」です。こちらです。和歌山の串本(2015年7月)です。背中は薄茶色、その中に白い輪で囲まれた黒斑が無数にあります。外周は紫の細いラインが覆っています。触覚は体地色に近い…03月03日 06時44分
  • 乙姫と豹? 〜ヒョウモンウミウシ〜
    昨日のオトヒメウミウシにちょっぴり似たウミウシ「ヒョウモンウミウシ」をご紹介しましょう。今回改めて見返してみると、すべて和歌山の串本で見たものばかりでした順にご覧いただきましょう。2013年10月背中は茶褐色、その背中に不規則な形で黒の斑が…03月02日 09時37分
  • 弟姫(オトヒメ)ウミウシ?
    今日は、綺麗な名前のウミウシ「オトヒメウミウシ」をご紹介しましょう。こちらです。和歌山の紀伊半島の最南端・串本(2013年4月)の出会いです。淡い黄色の地色に、紫の斑点が無数に散らばります。その紫の斑点は白っぽい輪で囲まれています。外周は、…03月01日 05時46分