水が苦手な50男の海日記

登録ID
1840838
サイト名称
水が苦手な50男の海日記
URL
http://blog.livedoor.jp/seayasu/
紹介文
水が苦手で、50歳になるまで一切避けて、もっぱら登山をしてきました。とあるきっかけでダイビングを始めたのですが、始めるまでの苦労とその後のダイビングで出会う…
カテゴリ
  • ダイビング (100%) - 2 / 145人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • コールマンウミウシ祭りです!
    今日は、各地で出会った「コールマンウミウシ」をご覧いただきましょう。関東ではこの1枚だけでした八丈島(2015年8月)です。背中に特徴のシミがありますね。これ以外は全て沖縄での発見です。本島・中部の宜野湾(2016年5月)ここからは慶良間諸…02月24日 06時41分
  • アンナに似たコールマン?
    今日からは、昨日のアンナウミウシにちょっと似た仲間たちをご紹介します第1回は「コールマンウミウシ」ですご覧下さい。身体の周りを覆った3色(白→黄→白)は同じです。ただはっきりと黄色のラインが太いですね。触覚と二次鰓も同じくオレンジ。薄い水色…02月23日 05時30分
  • 何故だか海外での出会いが多い、アンナウミウシ
    今日は、ウミウシといったらこんな色でしょ、という感じの「アンナウミウシ」をご紹介します。先ずはこちらから。身体は水色、その水色の中には黒い点がドット柄のように細かく入ります。そして黒いラインがその水色をぐるっと囲むように回っています。また背…02月22日 05時48分
  • 各地で見たゾウゲイロウミウシをご紹介します
    昨日ご紹介した輝くようなゾウゲイロウミウシ、各地での写真をご覧下さい。最初は、和歌山の串本(2013年10月)、半分陰に鹿児島・南さつまの坊津(2015年6月)、交接中でした同じく鹿児島の徳之島(2015年11月)ここからは沖縄での出会いで…02月21日 05時37分
  • 象牙のような?ウミウシです
    今日は、「ゾウゲイロウミウシ」をご紹介しましょう。何となく、『綺麗かな?』と想像をしたくなる名前ですよね。こちらです。いかがですか。体地色は輝くような白、その身体の周りは白いラインで囲まれています。触覚、二次鰓はいずれもゴールドのような色を…02月20日 05時29分
  • シンデレラがいるなら「かぐや姫」だっています!?
    昨日はシンデレラウミウシという素敵な名前のウミウシをご紹介しました。海外の物語『シンデレラ』があるなら、という事でもないのでしょうが、今日は「カグヤヒメウミウシ」をご覧いただきましょう。こちらです。そして昨日のシンデラウミウシはこちらです。…02月19日 05時33分
  • 舞踏会での出会い 〜シンデレラウミウシ〜
    今日は素敵な名前が付いたウミウシをご紹介しましょう。その名は「シンデレラウミウシ」ですどんなウミウシかというと、沖縄の慶良間諸島・阿嘉島(2016年4月)で見ました。淡い紫の身体に周りを白で囲まれています。両方の境目には小さな斑点が広がって…02月18日 05時56分
  • 卵色ですよね? 〜フリエリイボウミウシ〜
    今日もタテヒダイボウミウシ似の仲間をご紹介しましょう。「フリエリイボウミウシ」です。こちらをご覧下さい。こうなると何がなんだか分かりませんね黄色いイボ(突起)を薄い青の円と黒のラインで囲まれています。半円状に囲んだイボが身体の周囲をぐるっと…02月17日 06時32分
  • 海外で見た、ソライロイボウミウシ
    今日は「ソライロイボウミウシ」の海外編です。先日のタテヒダイボウミウシもそうでしたが、今回もフィリピンのアニラオでの出会いがほとんどです先ずはそのアニラオでの写真からどうぞ。2014年7月です2015年4月2017年3月そしてアニラオ以外で…02月16日 05時49分
  • またまた似た物登場です 〜ソライロイボウミウシ〜
    今日は、昨日までのタテヒダイボウミウシにとても良く似ている「ソライロイボウミウシ」をご紹介します。この子です。体地色は薄いブルー、イボ(突起)は黄色、黒のラインが縦に入ります。触覚はイボと同じ黄色です。てっ、ほとんど昨日の説明をなぞってしま…02月15日 05時34分
  • アニラオでも多くの出会いがありました 〜タテヒダイボウミウシ〜
    今日は、昨日に続いて「タテヒダイボウミウシ」、海外編です。海外と言っても同じ場所でしか見ていませんフィリピンのアニラオという場所です。フィリピンの首都マニラから車で3時間ほどの移動にも便利なところです。外洋に近いので、非常に多くの生物がいる…02月14日 05時40分
  • 黄色がチャームポイント!? 〜タテヒダイボウミウシ〜
    今日からはイボウミウシの同じ色合いの定番たちをご紹介します。『定番たち』というのは、似たような仲間が色々といるからなんですその中から先ずは「タテヒダイボウミウシ」をご覧いただきましょう。こちらです。体地色は薄いブルー、イボ(突起)は黄色、黒…02月13日 05時42分
  • 海で見る「雪山」です!
    今日は、「これもイボウミウシなの」と思わず言ってしまうような「ユキヤマウミウシ」をご紹介します。こちらをご覧ください。沖縄の本島北部・水納島(2014年10月)の撮影です。『イボ』には見えないでしょう。体地色は薄い青、『雪山』を思わせるよう…02月12日 10時29分
  • ここまでイボが多いとは 〜ツノキイボウミウシ〜
    もう1種、イボウミウシから綺麗な色の仲間をご紹介しましょう。「ツノキイボウミウシ」です。この写真からご覧ください。ご覧のようにツノ(触覚)が鮮やかな黄色です。背中のイボイボ(突起)の先端も同じ黄色ですね。体地色は薄いグレー、間には小さな白い…02月11日 18時21分
  • ここにもソックリさんがいました!
    コイボウミウシのソックリさんとしてツブツブコイボウミウシをご紹介しましたが、ソックリさんがまだいました。「アメイボウミウシ」です。ではこちらから見てみましょう。復習の為?にコイボウミウシにもう一度登場してもらいます。そしてこちらがアメイボウ…02月10日 05時09分
  • コイボ君にはソックリさんが!
    昨日ご紹介した「コイボウミウシ」にはソックリさんがいるんです。それは「ツブツブコイボウミウシ」です。ご覧下さい和歌山県の串本(2013年10月)での写真です。そしてこちらが昨日のコイボウミウシです。どうですか、そっくりでしょう体地色は黒、表…02月09日 05時32分
  • 「イボ」の定番と言えば 〜コイボウミウシ〜
    ウミウシで「イボ〜」といえば、この子を忘れてはいけませんというくらいの定番、今日は「コイボウミウシ」をご紹介します。沖縄で海に潜ったことがある方なら一度はご覧になったことがあるんじゃないでしょうか体地色は黒です。背中にはグレーもしくはピンク…02月08日 05時30分
  • もう一つの「キイロ」 〜キイロイボウミウシ〜
    昨日はキイロウミウシをご紹介しました。『キイロ』つながりで、今日は「キイロイボウミウシ」をご覧いただきましょう鮮やかな黄色の身体ですね。背中一面に白の突起(イボ)、身体の周りには同じ白の小さいイボがぐるっと回っています。背中のところどころに…02月07日 05時45分
  • キイロウミウシ、海外での出会い
    キイロウミウシ、海外編をお届けしましょう。といっても私が見たのは、サイパンとフィリピンだけです先ずはサイパンでのものがこちらです、2014年2月の写真です。続いてフィリピンのマクロ天国アニラオでの出会いです。2014年7月と2015年4月、…02月06日 05時32分
  • 青、白、黄色 〜キイロウミウシ〜
    青、白と来れば同じように色が名前に付いた「キイロウミウシ」をご紹介しましょう。こちらです、体地は黄色というよりは、むしろ白に近い「黄白」色ですかね。その周りは黒の細い線で波打つように覆われています。触覚は黒に身体と同じ黄白のラインが入ります…02月05日 05時44分
  • 青の次といえば「白」? 〜シロウミウシ〜
    ウミウシのご紹介、「アオ」と言えば次に来るのは「シロウミウシ」でしょうね。こちらです。触覚は黄色、二次鰓は白にやはり黄色のひだひだ。白い体地に黒の斑点が数多くあり、身体の周りは黄色で覆われています。あれっ、どこかでこんな身体見たことがあるよ…02月04日 07時09分
  • 定番は定番ではなかった? 〜アオウミウシ〜
    最近ウミウシをご紹介していたら、ふと気づきました。定番のウミウシをご紹介していなかったことをそこで今日は定番のウミウシといえば「アオウミウシ」でしょう。こちらです、鮮やかな青(アオウミウシですから..)の体地に周囲は黄色。身体の中央に1本の…02月03日 06時52分
  • 墨で染めたような、スミゾメミノウミウシ
    今日もミノウミウシの仲間ですが、少しこれまでとは違います。「スミゾメミノウミウシ」をご覧下さい。関東の西伊豆・黄金崎(2016年3月)の出会いです。身体は暗褐色、いわゆる墨を塗りつけたような色です。『墨で染めた」ウミウシ、的をついたネーミン…02月02日 05時18分
  • 宙に浮いたような、ミチヨミノウミウシ
    今日もミノウミウシの仲間から「ミチヨミノウミウシ」をご紹介します。今日もなかなか綺麗ですよフィジー(2014年12月)の撮影です。薄紫の身体に突起は先端にいくに従って、濃い紫→黄色に変わります。この1枚、何だか宙に浮いているように見えますね…02月01日 05時12分
  • 1本筋が通った、セスジウミウシ
    今日はミノウミウシの仲間から「セスジミノウミウシ」をご紹介します。先ずは写真をご覧下さい。関東の西伊豆・大瀬崎(2017年1月)で出会いました。背中の中心をラインが1本通っているのが特徴ですが、残念ながら一部しか見えていません良く見ると、突…01月31日 05時26分
  • 口紅のような、ルージュミノウミウシ
    今日もミノウミウシの仲間から、「ルージュミノウミウシ」です。綺麗ですよルージュ(口紅)のような色かどうかは別にして、目立ちます。八丈島で見たのですが、こんな可愛い子を目の前にしたら、釘づけ、動けなくなりますね。身体は薄い紫、突起は身体の外周…01月30日 05時16分
  • とても艶やかな色彩の、アデヤカミノウミウシ
    今日はミノウミウシつながりから、「アデヤカミノウミウシ」をご紹介します。名前の通り、艶やかですよ関東の八丈島での出会いでした。透き通ったような赤紫の身体に突起が沢山あります。突起は赤紫→紫→白という順に色がついています。触覚は太めのオレンジ…01月29日 05時33分
  • 輪っかが綺麗な、ケラマミノウミウシ
    今日は先日に続いてウミウシの仲間から「ケラマミノウミウシ」をご紹介します。とっても綺麗なウミウシなんです。こちらからどうぞ、鹿児島の南さつま・笠沙での出会いです。背中側に輪っかのように突起がいくつもあります。その突起の先端近くがオレンジの輪…01月28日 05時57分
  • そろそろドライスーツの出番です!?
    沖縄に移住してきて、当然ながら沖縄でのダイビング機会が増えました(というより、基本沖縄でしか潜っていません)。こちらに来る前は、冬場でも水温が20℃を下回ることが滅多にないので、ドライスーツなんて着る機会はないだろう、持っていくのはやめよう…01月27日 06時32分
  • バリエーション豊富な、ニシキウミウシ
    今日はウミウシの中から「ニシキウミウシ」をご紹介します。見たのは鹿児島の南さつま・笠沙の海です。こちらです。なかなか綺麗でしょうエラのような左右の張り出しと真ん中あたりに突き上げるような突起があるのが特徴です。オレンジを主体に前半の周囲は紫…01月26日 05時31分
  • 海のギャングって? 〜トラウツボ〜
    今日はウツボの中から「トラウツボ」をご紹介します。こちらがそうです。派手な色でしょうこの模様がまさに名前の由来です。ウツボ達って鋭い歯を持っていて、魚から貝まであらゆるものを食べてしまいます。そばに行くと、大きな口を開けて威嚇されます。そん…01月25日 05時38分
  • 鹿児島のお魚? 〜シマギンポ〜
    今日もイソギンポの仲間から「シマギンポ」をご紹介します。こんなお魚です。頭に2本アンテナのように皮弁が伸びているのが特徴です。全身を表すとこんな姿をしています。胸のあたりに円形斑があるらしいのですが、確認できませんでした。口元も粉をふいたよ…01月24日 05時31分
  • にらんでほしくないですね 〜ニラミギンポ〜
    今日は、同じイソギンポ科から「ニラミギンポ」をご紹介します。とっても綺麗なお魚なんですよ。身体は黒に近い青、尾の部分がオレンジ、目はクリクリっとして可愛いですよねでもこんな子がどうしてニラミギンポなんて名前が付いたのでしょうか。その秘密はこ…01月23日 05時27分
  • 虹のような?? 〜ニジギンポ〜
    今日は「ニジギンポ」をご紹介します。先ずは写真からご覧下さい。鹿児島の南さつま・笠沙での1枚です。イソギンポ科という種類のお魚ですが、イソギンポの仲間はこうして筒や岩穴などから顔をのぞかせていることが多いです口元から1本濃い茶色の縦縞がある…01月22日 05時41分
  • 七変化? 〜ブチススキベラ〜
    今日もベラの仲間から「ブチススキベラ」をご紹介しましょう。お魚には、成長に従って変わっていくものが結構いるのですが、このブチススキベラもその1種です。しかもかなり変化します。先ずは赤ちゃんの画像からです。分かり辛いですが、真ん中あたりでひら…01月21日 07時02分
  • 最近のお気に入りです! 〜トカラベラ〜
    今日はベラつながりから、「トカラベラ」をご紹介します。先ずは幼魚の姿をご覧下さい。白地に黒い横帯、背びれには黒い眼状斑、何だか輝くように可愛いですね最近、見かけると必ずといって良い位カメラを向けています。割合と良く目にするのですが、お気に入…01月20日 06時26分
  • 特徴がない... 〜タコベラ〜
    今日は少し地味系に戻って(笑)、「タコベラ」をご紹介します。まだ幼魚で、鹿児島の屋久島でガイドの方に見つけて頂きました。取り立てての特徴はないですよね。他所で見た成魚がこちらです。やっぱり微妙ですよねどこを拠り所に見分ければ良いのでしょうか…01月19日 05時26分
  • 「トゲ」なんですか? 〜トゲチョウチョウウオ〜
    今日はチョウチョウウオの仲間から「トゲチョウチョウウオ」をご紹介します。この子です。背びれの最後の部分が糸状に伸びています。これを「トゲ」に見立てての命名でしょうか目元の黒いライン、白い身体を走る斜めの複数本の黒筋、身体の後ろ部分の黄色、背…01月18日 05時40分
  • ゴマを振りかけたような?! 〜ゴマチョウチョウウオ〜
    今日も黄色つながりのお魚をご紹介しましょう。ゴマチョウチョウウオです。かなり黄色が薄くなりましたね。何よりの特徴が体中を覆った黒いドット、名前の通り、『ゴマ』をちりばめたようです。尻びれは昨日のシテンヤッコに似て、鮮やかな白と黒い縁。目元は…01月17日 05時24分
  • 鮮やかで目立つ魚、シテンヤッコ
    今日は、鮮やかな黄色つながりから「シテンヤッコ」をご紹介します。こんなお魚です。頭の上、目の後ろにそれぞれ黒とグレーの斑があり、左右合わせて4つの斑で「シテン〜」ということのようです。全身は黄色で尻びれが白と黒い縁、尾びれは湾曲状、そして何…01月16日 05時27分
  • 鯛ではないですよ! 〜トノサマダイ〜
    今日は「トノサマダイ」をご紹介します。「〜ダイ」ですが、チョウチョウウオの仲間です。鹿児島の屋久島での撮影です。目の所を通る黒いラインと身体の黒い大きな斑が特徴ですね。体色も黄色でザ・チョウチョウウオですよね。ところで色々な所で見ていると、…01月15日 05時35分
  • 誰をだますのでしょうか? 〜ムナテンベラダマシ〜
    今日は少し変わった名前のお魚、「ムナテンベラダマシ」をご紹介します。こちらです。鹿児島の屋久島での出会いでした。白い腹びれが長く伸びていること、背びれに黒斑があること、身体の前半分は黒っぽく、後ろ半分が黄色っぽいこと、が特徴でしょうか。一見…01月14日 05時30分
  • 地味と言われますが、結構綺麗ですよ 〜ミゾレチョウチョウウオ〜
    今日は「ミゾレチョウチョウウオ」をご紹介します。鹿児島の屋久島で出会った写真です。以前にも1度ご紹介したことがありますが、チョウチョウウオって派手な色のお魚が多いのですが、その中では比較的地味な色合いですでも1つ1つ見ていくと、・頭の所を通…01月13日 06時20分
  • 天然シャワーがあります 〜屋久島〜
    屋久島のダイビング、生物が豊富でカメにも沢山出会えます。おまけに透明度も良く、ダイバーには最高の場所の一つです。さらにはこんな楽しみがあるんです。天然のシャワーを浴びれるんです海の潮を流して、冷たい水に打たれて邪念も追い払いましょうか。永田…01月12日 09時11分
  • 擬態上手な、ピグミーシーホース
    今日は「ピグミーシーホース」をご紹介します。この名前にピンと来ない方も「タツノオトシゴ」と言えば、『あー、そうか』となるのではないでしょうか。そうなんです、タツノオトシゴの1つの種がピグミーシーホースなんです。いまだに日本名はありません。こ…01月11日 05時22分
  • 丸くて平たい魚? 〜マルヒラアジ〜
    今日は「マルヒラアジ」をご紹介します。鹿児島の屋久島・一湊「ゼロ戦」エリアでした。ゼロ戦の周りに群がる小魚たちを狙うでもなく、悠然と泳ぎ、カメラに入りきらないほどのすぐ近くまで来てくれました。体長は30?ほどあったでしょうか、銀色の身体をゆ…01月10日 05時23分
  • 髭が生えたお魚? 〜タカサゴヒメジ〜
    今日はヒゲが生えたお魚、「タカサゴヒメジ」をご紹介します。こんなお魚です。写真の1番下のように、ヒゲを海底に刺すように泳ぎます。このヒゲでカニなどの甲殻類を探り当てて、エサにしているんですね。少し分かり辛いですが、身体の真ん中あたりに小さな…01月09日 05時34分
  • 運命を感じる名前? 〜セソコテグリ〜
    今日は「セソコテグリ」をご紹介しましょう。こちらですスズキ目ネズッポ科という種類のお魚です。この種で1番有名なのが「ミヤケテグリ」ですね。こちらがそうです。セソコテグリはこのミヤケテグリに比べると、色が地味で顔が少しふっくらとした印象でしょ…01月08日 06時49分
  • 子供の頃は縞々が目立ちます 〜ヨコシマクロダイ〜
    今日は「ヨコシマクロダイ」をご紹介します。名前の由来となった横縞が目立ちます。目がぱっちり、名前の横縞と合わせて可愛いお魚ですよね。一見スズメダイの仲間にも見えますが、フエフキダイ科のお魚です。この太い黒と細い白の縞々が目印なのが、幼魚の頃…01月07日 05時20分
  • 改めて気づくコンパスの重要性 〜セルフダイビング〜
    セルフダイビングを始めてみると、これまで以上にコンパスの重要性に気づかされます。講習でコンパスの使い方を教わり、コンパスナビゲーションでコンパスを使っての往復、三角形での位置取りなど一通りはやったのですが、実践ではガイドに付いていけば良いや…01月06日 07時08分
  • クマノミ 私の1番人気「ハナビラクマノミ」
    日本では6種のクマノミを見ることが出来ますが、その中でも私が1番好きなのがこの子、「ハナビラクマノミ」ですこのピンクの身体に胸びれと背中の白いライン、見とれてしまいますよね。クマノミは気の強いお魚なのですが、このハナビラクマノミは比較的臆病…01月05日 06時03分
  • ミズタマサンゴには珍しい生き物がいます!
    今日はとっても小さな仲間「バブルコーラルシュリンプ」をご紹介します。こちらです。バブルコーラル(=ミズタマサンゴ)に棲むシュリンプ(=エビ)です。まだ和名はありません。全身透明で各脚の先端が紫でとても綺麗なのですが、大抵はこのサンゴに身体を…01月04日 05時47分
  • 白雪姫のような気品 〜メレンゲウミウシ〜
    今日はウミウシの仲間から「メレンゲウミウシ」をご紹介します。「メレンゲ」から想像する通り、乳白色の綺麗な体色です。ご覧下さい。水納島での出会いでした。全身乳白色で、周囲がオレンジで囲われています。割合と大型で、最大だと10?くらいまでなるそ…01月03日 05時46分
  • 墨を付けてしまいました!? 〜スミツキベラ〜
    今日ご紹介するのは「スミツキベラ」です。可愛い姿にいつも見とれてしまいますこちらがそうです。沖縄の方では比較的良く目にする機会があります。黒地に白の斑点、目立ちますし、可愛いですよね。この子は幼魚なのですが、岩陰などに単独で泳いでいることが…01月02日 05時59分
  • 2018年はこの子から 〜チンアナゴ〜
    皆様、明けましておめでとうございます。2018年、最初に登場頂くのは「チンアナゴ」です。水族館でも人気が高い種の一つなので、ご存知の方も多いですよね。この子です。沖縄本島・北部の水納島での撮影です。砂地が広がるところで、目をじっと凝らすと彼…01月01日 06時08分