滴と花の世界

登録ID
1843880
サイト名称
滴と花の世界
URL
http://blog.goo.ne.jp/dream90723
紹介文
花には愛を滴には夢を合言葉に撮影していま す。写真て本当に楽しいですね!!
カテゴリ
  • 日記・雑談(その他) (100%) - 78 / 524人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 実る稲穂と彼岸花
    奈良県一言主神社の彼岸花は今が見頃ですよ〜曇っていましたが気持ちの良い一日を過ごしました。09月22日 14時40分
  • 餌をゲット
    山雀がエゴの実を取って飛び立て行く処〜09月21日 17時37分
  • 爽やかな色彩
    台風一過の爽やかな風の中で彼岸花がところ狭しと咲いています。09月20日 18時13分
  • 艶やかな花
    百日紅も花はもう終わりましたネ〜今は初秋の彼岸花が満開に近いですね。!季節は夏から秋に衣替えです。09月19日 21時57分
  • 花舞
    葛の風 吹き返したる 裏葉かな 高浜虚子 09月19日 07時15分
  • 花刀
    草合歓の花と種が見られる時期ですね。(注)9月10日前後位までです。09月17日 14時35分
  • しべの滴
    ムクゲ の花の蕊に雨露が付き綺麗な滴花が咲きました。09月16日 14時12分
  • 楚々と咲きて
    秋の擬宝珠の花が咲いてきました。ヨ〜〜09月15日 15時16分
  • シャルウィダンス
    エゴの実をくわえて踊るように飛び立つ瞬間です。09月14日 23時01分
  • 天狗のお花
    アレチヌスビトハギの花は可愛いのですが、花が終わった後が厄介です。草むらを歩くと靴やズボンにくっついて取るのが大変です。09月13日 13時57分
  • 艶やかな花
    百日紅はもう終わりですね。今年最後の華やかな姿を見ました。09月12日 13時21分
  • 小さなお花
    小さなお花は蔓植物でヤマイモ科に属しています。名前は楓野老(カエデドコロ)と書きます。09月10日 23時02分
  • 初秋の小道
    見慣れた場所も季節が変わると新鮮に見えてきます。09月10日 13時37分
  • 葉裏の花滴
    久しぶりの雨の中での撮影は楽しかったです。蓮の葉の裏に水滴がいっぱい付ていてその中に蓮の花が綺麗でした。ヨ〜09月08日 18時16分
  • 双子花(双頭蓮)
    1本の茎から2つ花をつけ100年に一度とも50年に一度ともいわれる「吉兆の花」・「吉祥・瑞兆の花」とされる珍しい蓮です。09月08日 17時43分
  • ひとやすみ
    ノシメトンボが枯れ木に止まりひとやすみ。09月07日 23時28分
  • 暑中彩々あり
    暑さも峠を越えてやっと朝晩は涼しくなり、ほっとしますね〜09月06日 17時46分
  • 夜景
    約20キロ先の夜景が綺麗なので思わずパチリ!!09月05日 17時03分
  • 小さな力持ち
    米粒を小さな体の蟻が一生懸命に引っ張って巣に持ち帰ろうとしています。凄いですね〜〜09月04日 22時19分
  • 双子花
    蓮の花の双子は大変珍しいですね。長く生きて来ましたが見るのは初めてです。09月04日 16時21分
  • ラジオ体操する野鳥
    山雀(ヤマガラ)の飛び立つ前のウォーミグアップをしているのかな〜?09月03日 13時25分
  • 綿花
    しらぬひ 筑紫(つくし)の綿は 身につけて いまだは着ねど 暖かに見ゆ 万葉集 沙弥満誓(さみまんぜい)09月02日 16時36分
  • 仔馬の嘶き
    木々の形が色々な物に見えますね〜写友のY氏の発見です。私は親にまとわりつく仔馬を感じました。09月01日 22時48分
  • 夏しずく
    先日の雨後の撮影です。夏水仙の滴が爽やかでした。08月31日 07時09分
  • 花指輪
    ヤブガラシの蕊に水滴が付いて指輪が出来ました。08月30日 22時31分
  • 飛んで飛んで〜
    野鳥のヤマガラがエゴの実を取りにやって来ました。08月29日 15時30分
  • 夕日
    今日8月27日の夕日です。六甲山に沈み行く太陽を見ていると季節が少し変わってきています。08月27日 23時07分
  • カラフルな蝶
    ナガサキアゲハの雌です。色がとても綺麗ですね。!!08月27日 13時50分
  • 夏の花園
    草叢に夏の太陽の日差しを浴びて咲く水仙は一服の清涼剤ですね。08月26日 17時11分
  • これでも花やで〜
    蘿藦(ががいも)は薬用としても用いられています。種子は,羅摩子(らまし)といい、強壮、強精薬に使われ、白い毛は止血の作用があり,切り傷に用います。蔓の繊維は強靱なので,弓弦や釣り糸に使われたりします。生の葉茎をちぎると白い汁が出ますが、この…08月25日 14時51分
  • 花蜘蛛の雄姿
    ヤブガラシに花蜘蛛の雄姿が可愛いでね!!08月24日 17時12分
  • 求めて
    台湾ホトトギスに蜂が蜜を求めてやって来ました。08月23日 15時41分
  • 竹林の妖精
    竹林の妖精は暑さの中でも涼し気に咲いていました。08月22日 17時42分
  • 食花
    茗荷の花は日本独特の野菜で、晩夏に土から出たての花穂は茗荷の子と言って、摘んで料理に用いる。花穂はそのままにしておくと伸びて唇形、淡黄色の花が咲く。08月21日 22時39分
  • 水溜りの夏花
    夕立の後の水溜りに真夏の花向日葵が咲いていました。08月20日 16時55分
  • 毛深い花
    鏡蓋(ががぶた)葉っぱが、板状の鏡の箱の蓋に似ていることからです。 ?08月19日 16時17分
  • 帆掛花
    カリガネソウ、花の形が「雁」をほうふつさせることからこの名前になったとのことです。08月18日 17時18分
  • 庵から眺める
    拾翠亭(茶室)の中からの景色は暑さを忘れさせてくれます。08月18日 17時14分
  • 寺町御門の夏花
    京都御所の寺町御門の百日紅は一段と艶やかです。08月17日 15時06分
  • もののけ橋
    もののけが住んでいそうな苔むした橋が風情がありますね〜08月13日 09時25分
  • 庵の百日紅
    拾翠亭の百日紅は猛暑の中でも爽やかに咲いています。08月12日 22時54分
  • 水鉢の夏花
    京都御所内の拾翠亭は百日紅の花が綺麗です。水面に映る風情は暫し暑さを忘れます。08月12日 15時50分
  • 清涼の水面
    今日の京都の暑さは酷暑そのものです。俄雨の後はムシムシとジメジメでした。それでも、爽やかな景色を見ると少し癒されますね。08月11日 23時11分
  • 雨滴
    急な雨に見舞われて濡れましたが素敵な滴の写真が撮れました。08月09日 15時58分
  • 蓮葉のしずく
    急な雨で撮影は中断して雨宿り、雨が上がり再度撮影、蓮葉の縁に雨滴が綺麗に並んでいました。08月08日 17時03分
  • 夏夢
    暑いこの時期に夢のような画像が一服の清涼剤になればいいですね。08月07日 12時22分
  • 玉屋〜鍵屋〜
    花火大会でよく耳にする、そしてそれ自体が夏の風物詩と呼べるような、あまりにも有名な掛け声ですね。 この掛け声の「玉屋」「鍵屋」というのは実在した江戸の花火屋さんで、当時、大川(現在の隅田川)の橋を挟んで上流と下流に分かれて、互いに花火の技を…08月06日 14時40分
  • 滴の花景色
    蓮の花をバックに落ちる滴の中に花景色、綺麗ですね〜08月05日 15時29分
  • 花バルーン
    蓮の花も盛花を過ぎましたが最後の花を咲かせていました。08月03日 23時15分
  • 桔梗の花が咲く里
    桔梗の花が咲く里は花いっぱいの里でした。08月02日 16時49分
  • 夏美人
    猛暑に涼花ありですね。08月01日 17時36分