つれづれムシウム

登録ID
1845437
サイト名称
つれづれムシウム
URL
http://s.ameblo.jp/art00art/
紹介文
見たもの思ったこと。気の向くままに描いて書いて。理系の美術館・博物館めぐりも。たまに漫画でお届けします。
カテゴリ
  • 美術館・ギャラリー (30%) - 18 / 173人中
  • アート (70%) - 27 / 288人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • お急ぎのかた
    猫郵便。ちゃんと届くかあやしい。先日久しぶりに速達の郵便物を受け取った。差出し住所からは現代、普通郵便でも翌日に届く。どんな急ぎかと。差出人は某大学教授である。じっさいの発送は秘書殿で、その後電話で話した。おなじ頃の到着でも“速達”なら“急…06月27日 10時00分
  • 心地よき寝床
    手の調子が戻らず。以前の画を持ち出す。スウェーデンのベッドメーカ、DUXIANAのベッドに横になってみたときの感想画である。スウェーデン鋼のスプリングが特徴なんだとか。断面模型によるとバネの段が重なっている。てつきり綿やスポンジの層がブアツ…06月26日 10時00分
  • 刻印再度
    再び、篆刻遊び。トいうのも、購入の篆刻キットには石材が2つ入っていたのだ。先般、目的の印は大きいほうに。このたび小さいほうで自画用の判子を作ってみた(写真下)。手が疲れて(目もね)、また暫く使いものにならない気配である。さっそく冒頭画に押し…06月25日 11時00分
  • 皐月の再訪
    昨日、旧暦5月29日は月の末日であったが、本日はまた旧暦5月の初日である。閏5月だがね。もう6月も終わりになりなんとするに5月再び。悠長なものである(?)。行事慣習の類は暦で日取りが定まるものも多い。たとえば5月10日がある祭事の日として。…06月24日 12時00分
  • 栗鼠つかい
    お家賃いかほど。レジデンシャルの問合せが来たりして。世界一(高さ)の自立式電波塔として華々しくデビウするはずが、東京タワー再認識の単なるキツカケになってしまった。そんな哀愁漂う印象(よく雲がかかるからかしら)の東京スカイツリー、しかしワタク…06月23日 10時00分
  • 夏至日和
    昨日21日は夏至であった。入梅からいちばんの雨降り、太陽はたいへん弱い。お天道様は高くおられるのだろうが日照はなく、夏至らしくない。ずつと梅雨らしくない態度を見せながら、一日限りの夏至の日にはざあざあ降る。この日にと定めて稽古したのに本番は…06月22日 10時00分
  • 草中の脳
    昨日はペパーミントの日だそうで、それとは関係なくであるが土産にお菓子をいただいた。奇遇ね。開封前から香りが流れ出ている。鞄のなかに清涼感あり。梅雨どきにちょうど?外国土産はチョコレートがひとつの定番だが、単体と、なにかとの複合体がある。この…06月21日 11時00分
  • 味噌づくし
    先日はお味噌をつかったお料理をいただいた。生のお野菜、焼いたお野菜、ヌタあえ、鯵なめろう、焼きジビエ。すべて味噌だったか、否お刺身はお醤油だったワ。ウママのそらまめ。こちら右手は味噌塩なるもの。のちにお豆腐。この上にあるは先般の味噌塩と勘違…06月20日 10時00分
  • 印を彫る
    思い立ち、石に彫っております。石の篆刻は中学の美術以来、彫刻は数年前にやはり思い立って木板で判子を作ったのがさいご(年賀状用)。お手軽な、ひと揃い箱詰め商品ヨ。きつとインタネットのほうが安いのだけれど、気の向いているうちに動きます。待つうち…06月19日 10時00分
  • カーボンナノキヤツプ
    強度は鋼鉄の百倍以上とも、かつ柔らかくしなやか。化学的・熱的に安定で、銀よりも電気を伝え、ダイヤモンドよりも熱を伝える。トいえば、“夢の材料”と呼ばれた、カーボンナノチューブ(CNT)である。また構造が美しい。物理的(機械的)な強さは構造の…06月18日 10時00分
  • 陳腐の森の真新しき
    日光、緑の小道を歩く。鳥がチュンチュン鳴いて、見事にお決まりで常套、典型の森の風情であった。奇を衒(てら)う必要なし、自然は自然(ありのままの意)である。山水を“自然”とククるはあまり好まないけれど(とくに自分がつかう場合ね)。地口ユウセン…06月17日 11時00分
  • 雨去り来る
    梅雨の晴れ間というのは雨と雨の間にさしこむものと思っていたが、こちらばかりつづいても“梅雨の”晴れ間なのね。猫が出てきたら、雨が上がった合図という。身近のとある猫はたいそう濡れるのを嫌い、水がかかると大声をあげていた。思い出しても、“蛇蝎の…06月16日 10時00分
  • チャノキの蔓延
    猫舌喫茶昨日も話に出た香港に引っ越した友人、そのまえは英国ロンドンにいた。英国も中国も(日本も)共通して茶は定番のひとつね。小学校でだったか、抹茶も煎茶も紅茶も烏龍茶も原料は“チャノキ”と聞きおおいに驚いたものです。中国茶に紅茶あり、紅茶屋…06月15日 10時00分
  • ネコ目クマ科
    かつてはパンダ科があったそうだが。香港に引っ越した友人に手紙、ジャイアントパンダの子誕生の報道を聞き中華服の猫と子パンダを描いたところ興が乗り、あらためて猫熊熊猫(ねこくまぱんだ)図。パンダの漢字表記、もとは“猫熊”だそうで“ぱんだくまねこ…06月14日 10時00分
  • 秘めたる可能性
    企業は自社やその製品のロゴを備えたものを、よくプロモーションのため配布する。モノは多様、典型的にはたとえばボールペンである。あるカナダ人留学生が、某企業のノベルティで3色+黒鉛のボールペンをもらい感激していたこと、その後いろいろな粗品ペンを…06月13日 12時00分
  • 音楽の人に
    先月、音楽を愛する友人のご結婚をお祝いした。彼女は音楽の仕事をしている(演奏にあらず)。紆余曲折あっての選択で、苦しみもあり、またいまも“学ぶ”身で。音楽に“仕える”といった姿勢、とても真摯である。モチロン至極の楽しみも。音楽について話す彼…06月12日 10時00分
  • 麒麟たわむれ龍のぼる
    栃木県は日光に。東照宮にてさまざまな神獣にお目見えしたが、なかでも麒麟(きりん)はその後もよくお会いした。諸賢お察しのとおり、麦酒である。東照宮、拝殿の御杉戸にすまう麒麟もじゃれつくようなお姿が印象的でかわいらしい。また明治期ラベルも見慣れ…06月11日 11時00分
  • あやしい樹
    よく通る道沿い、ある民家の樹が目を引く。くるりと巻いた白い花弁、中心の赤と黄、深い緑の葉。暗めかつ派手である。葉は表面に細かく綿毛があり、ホコリをかぶったようでも。友に尋ねたところ、フェイジョアなる植物だそうだ。数十年前に流行もあったという…06月10日 10時00分
  • 過程と結果
    (テーブル)テニス好きの友人に会った。数日間、夜の数時間を観戦に費やしていた人である。その話題になると、彼女は不満げであった。試合に関してデハナク、ポータルサイトに対して。世界卓球と全仏オープンは、同一局が放送した(民放)。卓球の激戦(於独…06月09日 10時00分
  • にたもの、にせもの
    オカワカメを見かけ、買ってみた。葉っぱである。厚くて丸くて、棘なしの大葉みたいである(遠い)。店員さんに勧められたとおり、湯掻いてぽん酢でいただいた。切るとヌメリがでる。しかし大きく切りすぎたか、茹で時間のかんけいか(長過ぎた感あり)、これ…06月08日 10時00分
  • こうもり天気
    外出の予定(仕事)をどこに入れるか、悩む。雨は嫌である。気を遣う荷物があるとなおさら。晴れたら。暑く、これも嫌である。陽射しが強くて、上下から照らされ眩しい。曇りがよいのだが、季節柄ずれてどちらかに転びやすい。この日と指定されれば先のことは…06月07日 10時00分
  • 芸事はじめ
    芸事は6歳の6月6日から始めるとよいそうだ。ある元教授センセイ、退官時は「ご隠居になるぞー」と張り切っていたが飽きたらしく、先日お会いしたとき「6月6日をもって何か始める」とノタマっていた。還暦でリセットしてちょうど6歳だからと。論理知れぬ…06月06日 11時00分
  • 揃って揃わず
    昨日の記事にある食事会、お店はなんどか使ったところでお湯呑がかわいい。鳥獣人物戯画の兎と蛙、ほかに以前いちど出て“博士”とお呼びするものがある。久しぶりにお会いした。これも兎と蛙のものと同じ形状、色味で、同じ“高山寺”のロゴが入る。しかしこ…06月05日 10時00分
  • 仄明るい夜
    夕食を終えてお店を出ると、雲がくつきり白くあった。背景の天は対照的に黒々と晴れている。と思いきや、月はぼんやり。うつすらと雲がかかっている。そう思うと急に、背景が仄白く見える。いいかげんなものである。モノクロームに近い(加工なし)比較して視…06月04日 13時00分
  • ほうれんそうをそのまま
    ほうれんそうを生のままいただく。湯がきは手間で、栄養素が損なわれる。それが避けられる生食は好きだが、サラダ用のものはワタクシの行動範囲で希少である。年に数回しか見かけない。しかしたまに使うお店、先日アクが少なくて美味なるを店員さんに伝えたと…06月03日 10時00分
  • ところ変わりて
    また名前のおはなし。先日ご登場のマグパイ、豪州ではべつの鳥を指して呼ぶことが多いそうだ(教わり知った、感謝)。カササギフエガラスなる鳥で、マグパイ(カササギ)とはおなじスズメ目だが科が異なる。名前(言葉)はかんたんに混じるね。栄螺(さざえ)…06月02日 11時00分
  • ペットボトルドコーヒー
    この頃、ペットボトル入りのコーヒーが目につく。サントリーのボスシリーズである。4月発売のよう。ブラックコーヒーのペットボトル製品、しかも500mlあたりの容量のものは珍しい。750だか1000mlならあるのにね。http://www.sun…06月01日 13時00分
  • お気に召すまま
    パソコンなどのブランド“ASUS”は、公式“エイスース”のほかにも、その読みにバリエーションがある。ワタクシも過去に“エイサス”と心中呼んでいて(自信なく発声は避けて)、友人数名が“エイスース”と呼ぶを聞いてコソと改めた。5年前までとくに限…05月31日 12時00分
  • 窓辺のからす
    ときどき真犯人上方に気配をかんじて目をやった。窓辺。ひとが窓を開けるか、そのあたりかと思いきや。カラスであった。まえにカラスを描いて以来、気になる。大きい。黒々と美しい。そばを歩いたり、飛び立ったりすると毎度飽きず思います。ごみさえ漁らなけ…05月30日 11時00分
  • 通りかかる日
    昨日は通りかかって英国市をのぞいた。年に一度の市だそう。こぢんまり。小道に面した、50m四方もないところに、お店が10弱くらい開かれて。まわるのにホンのチョト他のひとが気になるくらいの賑わいテよいね。所用のため滞在はごく短く、パパパと見て、…05月29日 12時00分
  • 日割り誤算
    モバイルルータをひとつ解約した。数ヶ月まえ店頭にて、5月いっぱい解約金なしの旨と、使用料は日割りせず月額満額かかることを聞いていた。その5月になっても急がずともト悠長に構え、さいきん月末も近いことに気づき行った。強い引き止めにあうと聞き身構…05月28日 10時00分
  • トマトの的
    先日、スーパマーケットでミニトマトを買った。それを昨夜食べて。とてもおいしかった。嗜好の主流か、皮がやわらかく、すこぶる甘いものがよく普及している。いっぽう、昨夜のトマトは、皮がしつかりとしていて、すつきりと甘い。野菜然としている。凛々しい…05月27日 10時00分
  • 竹輪の面接
    採用活動マツタダナカのよう。就活生をよく見かける。カフェなど社外での面談もおおい。たまに緊張が伝わるノヨ。学生のスーツはよく目立つ。技術系では入社3年目にしてスーツは就職時とおなじ1着のみという人もいて、しかし社会人らしく見える。単純にリク…05月26日 10時00分
  • 包むひと
    賄賂の話ではない。先日ラップフィルムをいただいた。二大ブランドのものにあらず。非常に薄くて、コシがなく、カッターの切れが悪い。こんなに違うか、と驚嘆する。「安物ですが」と持たされ、さらに「加熱には向きません」と助言を受けた。融けたように貼り…05月25日 11時00分
  • なにしおはば
    日本で食される栄螺(さざえ)、長きにわたりナンカイサザエなるべつの巻貝と混同され、じつは学名をもたなかったという。さいきん命名され、話題になった。棘ありと棘なしがある18世紀半ばにある人がナンカイサザエに名付けた学名を、60年ほど後にべつの…05月24日 11時00分
  • 居所うつろい
    お昼間、ある場所でよく見かける猫がいて。この頃見なくなった。ト思ったが、すぐそばの物陰にいた。きじ柄で紛れる、気づく感覚は脳によい刺激かしら。ひと月もまえには、まだ日向で丸まっていたのに。なるほどイヨイヨ陽を避けるようになったよう。なにかを…05月23日 12時00分
  • 音楽の表情
    昨日は重い用事を終え、疲れた。ドウシテモ重要かというとそうでもないのだが、臨むなら全力でトあたり。がつぷり、微動だにせず。フヌヌ。長時間集中がもつかどうかも危ぶんだけど、それはイザとなるともつノね。しかしその後の疲労がつらいノ。(ところで“…05月22日 11時00分
  • オフィス滝行
    引き続きDMM.com本社、余談を。昨日もすこしご紹介したエントランス部、ナント滝行機能搭載である。壁近くの物を感知して、映像中の水がそれを避けるように落ちる。ある木はずっと滝行されていた。体得した? マア滝行せずともおおくの植物は“悟って…05月21日 10時00分
  • 木は六本に限らず
    DMM社がこの春、オフィスを六本木に移した。お引越先は六本木1丁目駅、泉さんのお庭の新タワービルである。所用で永田町にいて、二駅スイスイかと思いきや両駅ともなかをよく歩かされた。↑会議室の外壁なり。テーマはジャングルだそう。各室に動物が配さ…05月20日 10時00分
  • おいしいはなし
    気分転換の方法が話題にあがった。ある人が、料理映画を観ると言った。限定的ネエとべつの人が言い。対して、おいしそうなものを見ると元気がでませんかと返した。よく納得した。猫は客ならうるさそうワタクシはあまり食に執着がなく、とくべつなものを食べる…05月19日 10時00分
  • 福なる黒
    平安の世、宇多天皇は父(光孝天皇)から受けた猫をたいへんかわいがったという。日記「寛平御記」には、丸まれば黒黍のように小さく、伸びると長き弓張りのようだとか、音もなく歩き、その姿は龍のようだとか、綴られている。平安の龍は、現代思い描くものと…05月18日 10時00分
  • 酔いどれの濡れ衣
    先日の365日猫は、目黒雅叙園「福ねこat百段階段」展にて観た。同展は浮世絵の名猫の、ナント立体版をいちの目当てとして行った。こちら歌川国芳「其のまま地口・猫飼好五十三疋」。奥のシンプルなお顔の方は“張子”、毬子の猫なり。ここにあってひじょ…05月17日 10時00分
  • きつぱり
    ツツジがよく咲いていた。白のなかに紫。近くではもう終わりの頃と思っていたけれど、まだ咲くものもある。梅や桜は何もないところに花が咲き印象的だが、ツツジの緑がブワと花に圧されるのもハとする。ひとつの木でもこの違い。日陰が遅い、ともいかぬよう。…05月16日 10時00分
  • 天下の祭と美味の酒
    日曜は神田祭があった。神田あたりは仕事でたまにいく。4月の下旬から、街にポコポコとチョトずつお祭りのものが出現し増えていくのがおもしろい。いつか見た浮世絵、太鼓にニワトリがのった山車の祭りのものが印象に残っていた。神田祭を描いたものとはさい…05月15日 11時00分
  • 雨問い
    昨日の午前はある公共施設、外壁が一面ガラスの喫茶室にいた。窓(壁)沿いの席で、ついつい外を見てしまう。和式の小庭があるのも一助ね。大粒の雨がダバダバと筋になって落ちて、よく降るネエと言い合っていて気づいたことには、奥の池の波紋はそうでもない…05月14日 10時00分
  • とりの尾の警告
    5月の連休明けは注意すべきことが三つあるという。ひとつは五月病、ひとつは別れ話、あとひとつは酒の話だそうだ。別れ話はバレンタインだかホワイトデイだかから間が空いて“よい頃合い”と。そんなことあるかね?さいごのお酒は、カクテル・デイ(本日5月…05月13日 10時00分
  • 森の女神
    サテ上野つづき。東京藝大に行ったあとはてくてく上野公園に。森のはずれ、ひとの喧騒遠きあたり。そこで女神に遭遇した。樹々の空いたところにドーンとおわす。もともと石や金物の作品があるようなところではあるが、白さと高さでよく目につく。ビツクリ笑っ…05月12日 10時00分
  • 塔の時間
    昨日のバベルの塔展記事、観覧から間が空いて俄かに書こうと思ったのは、かんれん展示について書くためである。今日はそれを。連休中、東京藝大で開催の「study of BABEL」展に行きまして。ヒジョウにおもしろかった。複製画について、塔の時間…05月11日 10時00分
  • 攫う塔
    先月中ごろは東京都美術館、ブリューゲル「バベルの塔」展に。平日で、入館から展示室入り口は人疎ら、しかし展示室内はやや人多き。小さめの作品がおおく気になることもあった。ミュシャ展の巨大作品ばかりならよいのだけれど。展示はとてもドラマチック。ネ…05月10日 11時00分
  • しめてしまる
    先日は夕食に日本料理を。さいごにお薄をいただいた。そのまえに甘味と煎茶がだされ、それがシメと思いきや。気楽にどうぞと言われ、そのとおり寛いだ気持ちでいただくが、やはりすこし背筋がシャンとする。なるほど、しまる。お箸置きやお茶托もそんな効果が…05月09日 11時00分
  • 月、昼日中
    この連休はよく晴れた。いちど雷雨があったがちょうど屋内にいて、いますごいですよと言われマアたいへんと言ううちにまた晴れた。そしてふと、気を抜いてもヒュウと月が目につく連休であった。この写真も、中央チョイと右下に月がおわす。昼の月、うっすら雲…05月08日 10時00分
  • 英国の小さな球体
    友人夫妻に招かれ宴にいった。みなで英国料理と英国ビールを楽しむ(ワタクシはワインばかりだったが)。友人のご夫君がスコットランド人と聞き、冒頭の猫はスコティッシュフォールドに。白黒は珍しいそうね。なにも考えずに描いてしまったが、それも要因とな…05月07日 10時00分
  • 捕らえんとす
    蝶がいて。撮りたくなってスマトホンを構えたが撮れず。追いかけまわし、捕らえられず。蝶はごくごく狭い範囲をくるくるひらひら動く。手で捕まえられないのならわかるが、カメラの視野に入れられないとはおかしいト友人は首をかしげていた。草の写真(角度が…05月06日 11時00分
  • ゾンビのマント
    ばらの美しき。ばらの名前を見るのが好きである。しかしマツタク覚えられない。こちらまだまだ蕾。一見して“ゾンビーマント”と読んでしまった。同じ間違いを数年まえにもおかした、思い出深い花である。独語表記のとおり英語なら“summer wind"…05月05日 10時00分
  • 茶茶の色色
    用事が長引き14時過ぎ、昼食の営業を終えるお店もおおく半端で。思案のころ渡りに船と誘われて、アフタヌンティを利用した。提供が14〜16時と、ふだんは使いにくいという。このたびにはうってつけ。季節にあわせ緑色。緑茶や抹茶、ほうれん草、ピスタチ…05月04日 11時00分
  • 電話が鳴らない
    昨日は某オフィスビルに出勤した(午後のみ)。100席弱の部屋に、4人しかいなかった。ワタクシに充てがわれた席の前方などマツタクの無人である。なんだかウレシくなる。Do not make a sudden sound.さらに嬉しいことには、い…05月03日 10時00分
  • 神秘も溶け込む
    三菱一号館美術館、オルセーのナビ派展に。ナビ派とは19世紀末のパリ、ゴーガン(ゴーギャン)の影響を受け活動した芸術家たち……とは観覧直前に聞いて知った。自らを“Les Nabis”(預言者)と称したと聞くと、近寄りがたきオカルトワールドかと…05月02日 12時00分
  • なつきにけらし
    雲がもう夏らしい。春過ぎて、夏来にけらし“白妙”の印象か、真っ白に濃い雲を見て頭をよぎる。白いシャツが干してある様のほうが近いのに、ただしこちらでは連想しないノヨ。洋の衣だから?“夏も近づく”八十八夜をまえに夏の様相である。この歌、もと(万…05月01日 12時00分