カトリック情報 Catholics in Japan

登録ID
1852202
サイト名称
カトリック情報 Catholics in Japan
URL
http://blog.goo.ne.jp/catholic_info
紹介文
聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。
カテゴリ
  • 世界史 (10%) - 33 / 54人中
  • 日本史 (10%) - 118 / 126人中
  • キリスト教 (10%) - 45 / 79人中
  • カトリック (70%) - 14 / 19人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 1-3 トロイア発掘
    『古代ヨーロッパ 世界の歴史2』社会思想社、1974年 1 エーゲ海の発見 ――ホメロスをめぐって―― 3 トロイア発掘 ここまでなら彼の一生も、ありふれた成功物語の一つでしかない。 しかし、それから彼のやったことが、彼を「世界史的」ともい…01月20日 20時33分
  • 克己 十字架の聖ヨハネ
    精伸的実りをもたらすためには、欲望を克服することが必要である。このことをしないなら、いくら完徳において、また、神と自分自身を知る道において進歩したいと思っても、耕されていない土にまかれた種のようなもので、実りをうることなどできない。 十字架…01月20日 20時16分
  • 洗礼式の意味
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆18-2、洗礼式の意味 誰が洗礼をさずけることができますか? 洗礼の通常の奉仕者は、司教、司祭、あるいは助祭です。しかし、その必要があるときは誰でもさずけることができます。洗礼を受け…01月20日 20時15分
  • 1 エーゲ海の発見 ――ホメロスをめぐって――
    『古代ヨーロッパ 世界の歴史2』社会思想社、1974年 1 エーゲ海の発見 ――ホメロスをめぐって―― 2 少年の夢 「ホメロスにつかれた男」「夢の都を掘りあてた男」「少年の夢を実現した男」などといわれているハインリヒ・シュリーマンの物語を…01月19日 18時23分
  • 洗礼式の意味
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆18、洗礼式の意味 洗礼式のときに用いられるいろいろなしるしは、それぞれ、その意味をもっています。 十字架のしるしを、式のはじめにしますが、これは、救いがイエズスの十字架の功徳によっ…01月19日 05時42分
  • 言葉の中に必要な物 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)
    全ての言葉には、愛徳が含まれていなければなりません。話すとき、行うとき、忠告するとき、柔和にするならば、全ての人の心を勝ち得るのです。 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)01月19日 05時39分
  • 聖王カヌト4世殉教者 St. Canutus IV.M.
    聖王カヌト4世殉教者 St. Canutus IV.M. 記念日 1月19日 天主より受けた主権を乱用せず、人民を正しく治め、之に諸徳の模範を示す国王こそ、真に尊敬すべく心服すべき仁君であると言わねばならぬが、聖カヌトもそういう一人であった…01月19日 05時33分
  • 『古代ヨーロッパ 世界の歴史2』社会思想社、1974年
    『古代ヨーロッパ 世界の歴史2』社会思想社、1974年 1 エーゲ海の発見 ――ホメロスをめぐって―― 1 ホメロス 古代ギリシアにホメロスという偉大な詩人がいたと伝えられている。しかし彼が、本当にいたかどうか、またいたとすれば、それはいつ…01月18日 19時32分
  • 真の義務 聖アウグスティヌス
    我々は知る、神を信じない人々の中から我々を選び、神の真理に導きたもうたことを大きな恩恵として神に感謝するのは真の義務であり、敬虔な習慣であることを。 聖アウグスティヌス 『手紙』217・501月18日 18時59分
  • 私たちに必要な勇気 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)
    善を行うためには、ちょっとした勇気が必要です。そしてどんな犠牲も耐え忍ぶ覚悟と、誰も傷つけたくないという深い愛情を絶えずもっていることです。 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ) 01月18日 18時54分
  • 13-2 死滅した文字の解読
    『文明のあけぼの 世界の歴史1』社会思想社、1974年 13 文字の発生と古代文字の解読 2 死滅した文字の解読 使われなくなり読めなくなった古い文字を解読した物語はたくさんある。 そして、それはいわば一種の暗号解読物語なので、それぞれおも…01月17日 18時44分
  • 入信の秘跡
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆16、入信の秘跡 それは、洗礼、堅信、聖体のこの3つの秘跡でず。つまり、この3つがキリスト教生活の土台となっているのです。つまり、洗礼によって神の恵みに生まれ、堅信によって信仰を強め…01月17日 16時09分
  • しなければならないこと 聖マキシミリアノ・コルベ
    しなければならないことや、しなければならなかったことで、結局はしなかったことを究明せよ。 聖マキシミリアノ・コルベ01月17日 16時05分
  • アントニオ修道院長 St. Antonius Abbas
    アントニオ修道院長 St. Antonius Abbas 記念日 1月17日 今月の15日のくだりに述べた聖パウロ山修士の如く、ローマ帝国の迫害時代に、難を荒れ野に避けて、一人孤独寂静のうちに天主とともなる山修士生活を営んだ人は、他にも幾人…01月17日 16時04分
  • 13 文字の発生と古代文字の解読
    『文明のあけぼの 世界の歴史1』社会思想社、1974年 13 文字の発生と古代文字の解読 1 文字のはじまり 長い人間の歴史には、すばらしいものを発明したり、学問の体系をととのえたり、すぐれた記憶力をもっている人、なみはずれた頭脳をもった天…01月16日 22時38分
  • みことばと聖霊 十字架の聖ヨハネ
    神の御子なる聖言は、御父と聖霊とともに霊魂のいちばん奥深くに、本質により、現存により隠れ住んでおられる。それゆえかれを見出そうとする霊魂は、愛情と意志に関して、すべてのものから出て、いっさいのものをまるで存在しないかのように思いながら自分の…01月16日 19時54分
  • 聖パウラ寡婦 St. Paula Vidua
    聖パウラ寡婦 St. Paula Vidua 記念日 1月16日 裕福な人々は大方貧しい人々の真剣な死にもの狂いの生活を知らぬ。それで別に悪い人でなくても、自然人生に対する真面目さを失い、その日常も兎に角奢侈贅沢を追うて遊戯的享楽的態度に流…01月16日 19時49分
  • 3 インカ帝国のなぞ
    『文明のあけぼの 世界の歴史1』社会思想社、1974年 12 アメリカ大陸の文明 3 インカ帝国のなぞ 文字による記録のないため、インカ帝国に関してはわからないことばかりで、たくさんの謎がある。 まず第一のなぞは、なぜこのように立派な国家組…01月15日 17時43分
  • 聖霊 聖ジャン・マリ・ヴィアンネ
    美しい真っ白な鳩が水から飛び出して、陸に上ってはばたくように、聖霊は神様の完徳の砂茫たる大洋より飛び出し、清らかな霊魂の上に来てはばたき、馥郁たる芳香をまきちらすのです。 聖ジャン・マリ・ヴィアンネ01月15日 16時00分
  • ミラノの聖ヴェロニカ修道女 St. Veronica a Mediolano V…
    ミラノの聖ヴェロニカ修道女 St. Veronica a Mediolano V. 記念日 1月14日 聖ヴェロニカは1445年、イタリアのミラノ市の近傍に生まれた。父母は貧しい人々であったが、極めて信心深く、キリスト教信者たるに恥じぬ立派…01月15日 15時59分
  • 教会の7つの秘跡
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆15、教会の7つの秘跡 キリストによって定められた新約時代の秘跡は7つあります。洗礼、堅信、聖体、告解、終油、叙階、婚姻。この7つの秘跡は、キリスト信者の生活のすべての段階と重要な時…01月12日 15時12分
  • 神の味方 十字架の聖ヨハネ
    人々の前で、わたしの味方だと宣言することを恥じる人を、わたしは父の前で宣言するのを恥じるであろうと、主はおおせられた。 十字架の聖ヨハネ01月12日 15時00分
  • 聖マルグリット・ブルージョワ修道女
    聖マルグリット・ブルージョワ修道女 記念日 1月12日 1620年フランスのトロワに生を受け、33歳の秋、当時フランス領植民地であったカナダ大陸に渡る。荒涼とした未開の地ヴィル・マリー(現在のモントリオール)の土を踏んだマルグリットは、戦火…01月12日 14時59分
  • 12-2 インカ帝国
    『文明のあけぼの 世界の歴史1』社会思想社、1974年 12 アメリカ大陸の文明 2 インカ帝国 メキシコ地方がスペイン人のコルテスによって征服されたのは一五二一年のことだった。 その後「征服者(コンキスタドール)」は南の方に黄金国があると…01月11日 23時23分
  • 本当に信頼すべきもの 聖マキシミリアノ・コルベ
    自分自身を信頼するな。あらゆることにおいて、お前を汚れなき聖母を通じて導いて下さる神のあわれみに全く信頼せよ。 聖マキシミリアノ・コルベ 01月11日 08時56分
  • どこでミサをささげますか
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆14、どこでミサをささげますか ミサ聖祭は、どこででもささげられまするしかし、迫害の時代が過ぎ去ると、教会は、典礼のためにだけ、特別な建物をつくるようになりました。これが聖堂です。 …01月11日 08時54分
  • 12 アメリカ大陸の文明
    『文明のあけぼの 世界の歴史1』社会思想社、1974年 12 アメリカ大陸の文明 1 マヤ・アズテック コロンブスが大西洋を横断してサン・サルバドル島に達したのは一四九二年だった。 それはやがて「新大陸」とよばれるようになるアメリカ大陸の沿…01月10日 23時55分
  • ご絵、ご像と聖人の祝祭日 2
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆13-2、ご絵、ご像と聖人の祝祭日 死者のためのミサには、特別な規則があります。その人の死を知るようになったとき、また、お葬式には、主日や祭日にあたらないかぎり、必ず死者のミサを行い…01月10日 06時20分
  • 信仰の次に大切なこと 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)
    第六章 授業や自習の時の態度について 一、信心の次に大切なのは勉強である。従って第一の務めは決められた宿題や課題をやることである。ただこれを終えた後に読書や他の趣味に移ってよろしい。 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)01月10日 06時18分
  • 11-4 ストーンヘンジとギリシア人
    『文明のあけぼの 世界の歴史1』社会思想社、1974年 11 巨人の積み石遊び――巨石記念物―― 4 ストーンヘンジとギリシア人 ストーンヘンジが完成した紀元前一四〇〇年ころ、このような巨石の建造術を知っていたのは、ミケーネ文明人で、その影…01月09日 22時39分
  • 聖母に賛美 教皇レオ13世
    私たちが天使の言葉によって聖寵満ちみてる聖母に挨拶を申し上げ、この繰り返しの賛美をもって聖母の王冠を作るとき、私たちが聖母にどれほど快いものであるか、どれほどの喜びを聖母に差し上げるのかは言い尽くせないほどである。実に、私たちが聖母の崇高な…01月09日 06時05分
  • 異教のお守りを持つことは罪なのか 聖書
    ユダは軍をふたたび集め、オドラムの町にきた。第七日に近づいたので、慣習どおり身を清めて安息日を祝った。次の日、ユダの人たちはーもうそのことはさし迫っていたのでー殺された人たちの屍を集め、先祖の墓、親戚の者のかたわらにそれらを葬ろうとした。す…01月09日 06時04分
  • 11 巨人の積み石遊び――巨石記念物――
    『文明のあけぼの 世界の歴史1』社会思想社、1974年 11 巨人の積み石遊び――巨石記念物―― 3 どのようにして造られたか ストーンヘンジのつくられた新石器時代末期には、もちろん今日の土木工事に使われている起重機とか、パワーシャベル、ダ…01月08日 21時50分
  • 節制はほどほどに 聖イグナチオ・ロヨラ
    イエズス 私たちの主にある私たちの主 主キリストの至高の恵みと永遠の愛が、つねに私たちをいつくしみ、絶えず助けてくださいますように。 あなたが霊的な事柄に調和させて、身体にかかわる事柄をも、ご自分の霊的な進歩に役立たせようとしておられること…01月08日 06時04分
  • ぺニャホルの聖ライムンド司祭
    ぺニャホルの聖ライムンド司祭 記念日 1月7日 ライムンドは1175年スペインのカタロニア州ぺニャホルで生まれた。幼時から秀才で、バルセロナで勉強を始め、イタリアのボローニャ大学に留学して、民法と教会法を学んだ。卒業後、その大学教授となった…01月08日 06時02分
  • 聖バジリオとナジアンズの聖グレゴリオ司教教会博士
    聖バジリオとナジアンズの聖グレゴリオ司教教会博士 記念日 1月2日 バジリオとグレゴリオは2人とも、カイザリア市で生まれたが、彼等が出会って親しい友となったのは、アテネ大学の学生時代であった。バジリオは頭が良く大学教授になったが、まもなく倦…01月05日 01時36分
  • 柱の行者聖シメオン St. Simeon Stylites
    柱の行者聖シメオン St. Simeon Stylites 記念日 1月5日 聖会の初代には厳しい苦行に従う山修士や修道者が沢山あった。それは自分の罪を償う為である場合も勿論あったが、大抵は若い時から正しい生活を送り、さほどの罪もない人々で…01月05日 01時31分
  • 宣教の機会を逃すな 聖マキシミリアノ・コルベ
    汚れなき聖母のみ国を拡めるいかなる機会も逃すな。また、これを通じてイエズスのみ国の拡まりも。ペンをもって、言葉をもって、模範によって、苦しみによって、軽蔑を受けることなどによって。 聖マキシミリアノ・コルベ 01月04日 23時43分
  • イエズスの御名
    イエズスの御名 記念日 1月3日 イエズスの御名は天父御自身天使の口を経て御母聖マリアに示し給うたもので、いかにも主に相応しいと言わねばならぬ。聖会はイエズスの御名の記念を本日3日に行う。 即ちイエズスという御名は「救いなる天主」または「援…01月04日 23時42分
  • 典礼をどのように行うべきか
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆12、典礼をどのように行うべきか 典礼をどのように行うべきかという点についても、教会の当初からきめられていました。時代によって、いろいろの変更があったにしても、それは形式的なことにっ…12月31日 01時53分
  • 小さなことを大きな愛で 聖マキシミリアノ・コルベ
    小さなことを大きな愛で行え。功徳の大きな泉である。目的に目をすえよ。あまり価値のない事が、時としては知られない一つの良いこと、悪いことの中の一つの悪いこと。 聖マキシミリアノ・コルベ12月31日 01時52分
  • 天国に行くのは難しくない 聖ジャン・マリ・ヴィアンネ
    世俗の人々は、救霊を得ることは、余りにも難しいことだと申します。しかしながら、これ位、たやすいことはないのです。天主の十戒と聖会の掟を守り、七つの罪源を避けましょう。あるいは、善をなし、悪を避けようとすれば、それだけで結構です。 聖ジャン・…12月30日 05時13分
  • 聖トマス・ベケット大司教殉教者 St. Thomas Becket Archie…
    聖トマス・ベケット大司教殉教者 St. Thomas Becket Archiep. Mart. 記念日 12月29日 主が嘗て御弟子達に向かい「わが為に汝等、官吏帝王の前に引かれて、彼等及び異邦人に証となることあるべし」と仰せられた御預言…12月30日 05時08分
  • 人に知られぬ善行の価値 十字架の聖ヨハネ
    たといどのように小さなものであっても、人に知られようという望みなく、ひそかに行なった行為は、人々に知られようとして行なう千のわざよりも神のみ心を喜ばす。 十字架の聖ヨハネ 12月28日 01時15分
  • 両形態での聖体拝領
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆11、両形態での聖体拝領 おん血の入ったカリスを祭壇の上に置き、信者が、自分の手でご聖体をとって、自分の手でこれをカリスのおん血にひたして拝領するという方法をとる人がいます。あるいは…12月28日 01時11分
  • 使徒聖ヨハネ福音史家 St. Joannes Ap. Evangelista
    使徒聖ヨハネ福音史家 St. Joannes Ap. Evangelista 祝日 12月27日 第四の聖福音を著した使徒聖ヨハネは、鷲をその象徴とされている。これは何故かというと他の三福音史家マタイ、マルコ及びルカ等は、いずれも主イエズス…12月27日 02時39分
  • つぐないの義務
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆9、つぐないの義務 ご聖体に対してこれほど恐ろしい沢山の不敬と侮辱と涜聖が犯されていることを知った以上、そのために、つぐないをする義務が生じます。 ご聖体に対するこれらの涜聖は、最近…12月26日 03時20分
  • みことば
    全ての人を照らす真の光は、まさにこの世に来るところであった。みことばは世にあり、世はみことばによって創られたが、世はそれを認めなかった。みことばはご自分の家に来られたが、その人々は受け入れなかった。しかし、その言葉を受け入れた人々にはみな神…12月26日 03時17分
  • ご聖体に対する涜聖いろいろ 5
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆8-5、ご聖体に対する涜聖いろいろ ご聖体についての涜聖は、聖体拝領のときだけではありません。最近外国では度々、ご聖体が盗まれることがありました。1982年4月10日から9月19日ま…12月25日 02時01分
  • 天使の御告げ 聖書
    「恐れることはない。全ての人々の為に大きな喜びの知らせを告げる。今日、ダビドの町で、あなた達の為に救い主が生まれ給うた、すなわち主キリストである。あなた達は、布に包まれてまぐさおけに寝ているみどり児を見るだろう。それがしるしである。」すると…12月25日 01時58分
  • 世の終わりの義人の霊魂 聖ジャン・マリ・ヴィアンネ
    世の終りに、天国の芳香を漂わせる霊魂が、永遠に神様を享受するために、自分の体を探しにくるとき、義人の幸福はいかばかりでしょう。そのとき、私共の体は丁度洗濯を終えた布のようになって、地中から出てくるでしょう・・・義人の体は、天国に於いて、美し…12月24日 03時19分
  • ご聖体に対する涜聖いろいろ 4
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆8-4、ご聖体に対する涜聖いろいろ もうひとりの人がこう断言しています。 1970年7月9日の朝でしたが、わたしが、ご聖体をいただくために前に進んでいったとき、司祭は急にご聖体を配る…12月24日 03時18分
  • 悲しむ人や義に飢え渇く人は幸い 聖書
    心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。憐れみ深い人々は、幸…12月23日 06時14分
  • ディセンベルクの聖ユッタ修道女
    ディセンベルクの聖ユッタ修道女 記念日 12月22日 11世紀の終わり頃、ディセンブルクのユッタは、スパンハイム候メギナルドの妹としてドイツで生まれた。彼女は神に一生涯身を献げた信者の女性たちを集めて小さな修道院を作り、その院長となって22…12月23日 06時14分
  • ご聖体に対する涜聖いろいろ 3
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆8-3、ご聖体に対する涜聖いろいろ またもうひとりの司祭が次のようにいっています。わたしも、ズーリッヒ市の聖堂に聖体訪問したとき、床くずにパン屑がちらばっているのに気付きました。最初…12月21日 04時20分
  • 行いにおいて大切なこと 聖マキシミリアノ・コルベ
    よい事はよく果たせ。行動を決定づけるのは目的である。すみやかさ、愛をともなう浄い心、秩序、勤勉さ。 聖マキシミリアノ・コルベ12月21日 04時17分
  • ご聖体に対する涜聖いろいろ 2
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆8-2、ご聖体に対する涜聖いろいろ オランダでは、これよりも恐ろしいことがありました。ある学生たちが、ご聖体を手に受けて、それをかくして持ち出し、商売をしていたのです。 それだけでは…12月20日 12時50分
  • あらゆる行動の目的は 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)
    行うすべてのことにおいて、神の光栄を目指しているかどうかを考えなさい。 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ) 12月20日 12時48分
  • 全方位の警戒を 教皇ピオ12世
    わたしたちの生涯のすべての瞬間と環境にまで及ぶような警戒は、絶対的に必要です。まことに「肉の望むことは霊に反し、霊の望むことは肉に反する」からです。 教皇ピオ12世 回勅「サクラ・ヴィルジニタス」12月19日 13時44分
  • ご聖体に対する涜聖いろいろ
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆8、ご聖体に対する涜聖いろいろ これは、ドイツのある町の食堂で起きたことですが、その少し前に手でご聖体を受けた青年がいました。かれは、この食堂で先ほど頂いたこ聖体をとり出して、これを…12月19日 12時35分
  • 聖マリア・ディ・ローザ修道女
    聖マリア・ディ・ローザ修道女 記念日 12月15日 マリア・ディ・ローザは自分の故郷北イタリアのブレシアで、17歳の時から貧しい人々の為に奉仕し始め、わずか42歳で亡くなった時には弱い体を全く使い果たしていた。 貧しい人、困っている人の為に…12月19日 12時29分
  • 悪魔の子 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)
    嘘は神に対する侮辱であるばかりでなく、私たちを偽りの君主である悪魔の子とするものです。 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ) "Memorie Biografiche 3",p.166 12月18日 23時17分
  • 聖ワインバルド修道院長
    聖ワインバルド修道院長 記念日 12月18日 8世紀のイギリスで重要な地主であったサクソンのリチャードは、ウィリバルドとワインバルドという2人の息子を連れてローマへ巡礼に行った。 ウィリバルドはローマから聖地に行き、歴史上イギリス人として最…12月18日 23時15分
  • 御聖体は手か口か
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆7、教皇パウロ6世の時から ところで、教皇パウロ6世が、最近ご聖体を手でうけるようにと命じたのではなく、やむを得ずこれを許されましたが、その理由も考えなければなりません。〃やむ得ず〃…12月14日 09時18分
  • お金を墓でも地獄でもなく天国に持っていく方法 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)
    あなた達は自分の金銭を墓の中ではなく、永遠の地獄ではなく、永遠の天国へ持っていくのを望みますか。それなら、貧しい人びと、特に彼らの霊魂の救いを助け合う時に施しをしなさい。 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)12月14日 09時16分
  • ◆6-3、教会の古代のならわし
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆6-3、教会の古代のならわし ローマでは、もちろん、この習慣が守られてきたのです。440年から461年まで在位だった大聖レオ教皇は、ご聖体は口で受けなければならないと、明らかに宣言し…12月13日 06時06分
  • 神に対する最も大きな犠牲 聖マキシミリアノ・コルベ
    感謝や言葉だけでなく、行動と意志をともなった愛。神に対する最も大きな犠牲、犠牲と償いは、規定を遵守するに当たっての厳密さである。 聖マキシミリアノ・コルベ12月13日 06時04分
  • ◆6-2、教会の古代のならわし
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆6-2、教会の古代のならわし また、いわゆる使徒伝来教会規律(380年頃)をしらべてみますと、その中に、助祭以外の下級奉仕者は、助祭のようにご聖体を配ってはならないときめられています…12月12日 05時59分
  • シャンタルの聖フランシスカ修道女
    シャンタルの聖フランシスカ修道女 記念日 12月12日 フランシスカは1572年、フランスのディジョン市の貴族の家に生まれ、1592年熱心なカトリック信者シャンタル男爵と結婚して6人の子供の母となり、幸福な家庭を営んでいた。しかし29歳の時…12月12日 05時55分
  • ◆6、教会の古代のならわし
    アロイジオ・デルコル神父『信仰の道 ー 秘跡について』 ◆6、教会の古代のならわし ご聖体を手で受けることを主張する人たちに、昔の教会では、そうしていたという人がいます。ローマ典礼委員会会長もこの意味の記事を書き、その役がら大きな影響を教会…12月11日 06時39分
  • 平和の必要条件 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)
    神との平和な関係を持たない者は、自分自身との平和な関係もなく、他の人々との平和な関係も保てません。 聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ) "Memorie Biografiche"17,p.113 12月11日 06時36分
  • 友情に優るものなし 聖トマス・アクィナス
    第一に、すべての現世的なもののうちで、貴き友情に優ると思われるものはなにもない。有徳者を一致和合させ、徳を保ち、推進させるものはすなわちこれ友情である。およそ人がどのような仕事に従事しようとも、万人に必要とされるのはまさしくこれであって、順…12月10日 05時53分
  • 聖ペトロ・フーリエ司祭証聖者 St. Petrus Fourrier C.
    聖ペトロ・フーリエ司祭証聖者 St. Petrus Fourrier C. 記念日 12月 9日 フランスの聖人の中、華々しい活動を以て特に聞こえているのはペトロ・フーリエである。 彼は1565年、まだ独立国であったロレーヌ州に生まれた。父…12月10日 05時52分
  • 無原罪の御宿りのおとめ聖マリア Festum Immaculatae Conce…
    無原罪の御宿りのおとめ聖マリア Festum Immaculatae Conceptionis B. Mariae V. 大祝日 12月8日 楽園にいた最初の人間は、成聖の聖寵に包まれていた。しかし遺憾なことには不従順から一つの罪を犯し、自…12月08日 06時22分
  • 拝領したとき 聖ジャン・マリ・ヴィアンネ
    聖体拝領をしたとき、何かの異常なものを感じます。体中を駆け回る何かを、爪の先までも広がっていく満足を感じます。この満足とは何でしょうか。それは、体のあらゆる部分と交わりあって、欣喜雀躍せしめ給うわが主です。聖ヨハネのように「主だ」と言わざる…12月07日 07時10分
  • 聖アンブロジオ司教教会博士 St. Ambrosius E., D. E.
    聖アンブロジオ司教教会博士 St. Ambrosius E., D. E. 記念日 12月7日 聖会初代の偉大な教父達の中で、一際頭角を抜きん出ている聖アンブロジオは、340年ドイツのトリールに生まれた。父はその地の総督を務めていたが、まだ…12月07日 07時03分
  • 主は誰のために死なれたか 聖イグナチオ・ロヨラ
    主は、私たちをあがなうために売られることを、私たちに名誉を与えるためにはずかしめられることを、私たちを富ませるために貧しくなることを望まれ、ついに私たちに不滅の幸いな生命を与えるために、あのような屈辱と苦悩にみちた死を選ばれたのです。それに…12月06日 23時17分
  • 聖ニコラオ司教 St. Nicolaus E.
    聖ニコラオ司教 St. Nicolaus E. 記念日 12月6日 キリスト教国の子供達に最も人気の或る聖人といえば、誰しも気がつく通り聖ニコラオ司教であろう。世に言うサンタ・クロースのお爺さんが即ちそれで、日本やプロテスタントの国などでは…12月06日 23時14分
  • ダマスコの聖ヨハネ証聖者 St. Joannes Damascenus
    ダマスコの聖ヨハネ証聖者 St. Joannes Damascenus 記念日 12月4日 シリアの都市ダマスコは、先に大使徒聖パウロが主イエズスの御出現を蒙り、奇跡的に改心した所として有名であるが8世紀に至り又偉大なる教父の聖ヨハネが出て…12月04日 06時34分
  • 退くも地獄 聖マキシミリアノ・コルベ
    天国で最も高い位置をしめることができるよう努力せよ。地獄では天国に行くために苦しんだよりも大きな苦しみがある。 聖マキシミリアノ・コルベ12月01日 22時58分
  • 使徒聖アンドレア St. Andreas Ap.
    使徒聖アンドレア St. Andreas Ap. 祝日 11月30日 洗者聖ヨハネが悔悛を説き勧める熱烈火の如き弁舌もさることながら、彼の峻厳極まる贖罪苦行の生活は、それにも増して世の人々を驚倒させずにはいなかった。アンドレアもその禁欲克己…12月01日 08時52分
  • 聖エリジオ司教 St. Eligius E.
    聖エリジオ司教 St. Eligius E. 記念日 12月1日 聖エリジオはフランス王朝に仕えた聖人が少なくない中でも、一際すぐれた人物である。彼は590年に生まれた。父母は共に信心深く、わが子を宗教の旨に従って教え育てたから、彼もすこぶ…12月01日 05時52分
  • このブログについて
    管理人、及びこのブログについて、情報を書かせて頂きます。 私は東京大司教区内のあるカトリック教会に通っています。要するに、一介のカトリック信者です。そして、フェイスブックのカトリックグループに幸か不幸か、毎日、欠かさず投稿をしています。どの…12月01日 04時05分