青と黄色の研究所

登録ID
1856925
サイト名称
青と黄色の研究所
URL
http://blog.livedoor.jp/chobisuke777/
紹介文
ようこそいらっしゃいませ。BL妄想小説書いてます。苦手な方はご遠慮下さい。
カテゴリ
  • 恋愛小説 (100%) - 3 / 140人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 指先の魔法 32
    大野さんは戸惑った表情を見せたけど寝室を共にしたいという俺からの申し出には首を横には振らなかった。だから、俺は風呂に入ってから早速、自分の枕を持って大野さんの寝室に向かった。和「お邪魔しまーす。」智「んふふふっ。そんなよそ行きな 言い方しな…12月15日 15時00分
  • 指先の魔法 31
    翔「大野さんが不思議な力を持ってるのは もう知ってると思うんだけど… 怪我とか病気の人に手当てする時に 時間短縮の為に相手を裸にする必要が 有るんだけど、その時にどうやら 相手の昨日までの過去も 見えちゃうらしいんだよね。 本人は勿論そんな…12月14日 23時00分
  • 指先の魔法 30
    大野さんと二度目のキスをした。勿論、まだそれ以上の事は出来なかった。だけど、そういう関係になるのも正直時間の問題かもしれない…だって、好き合っていれば心も身体も繋がりたいって思うのは当然のことだから…今回はお互いの気持ちを確かめてそれでなん…12月13日 15時30分
  • 指先の魔法 29
    智「 ニノのこと…好き…なんだ…」そう言いながら、凄く切ない目で俺のことを見つめた。俺も大野さんの言葉に自分の耳を思わず疑った。もしかすると意識してくれてるのかな…それは少しだけ感じてたりもしたけどまさか、ここで、今のタイミングで告られるな…12月12日 22時30分
  • 指先の魔法 28
    智「ちょっと、、いいから座って。」大野さんが俺の手を掴んで俺の事をソファーに一旦座らせた。和「な、何?」智「ちょっと俺の話聞いてくれる?」和「はぁ…」智「俺さ、芝居とかマジで無理なんだ。」和「でも、今のは完璧でしたよ? 知念君に対しては…」…12月11日 16時30分
  • 指先の魔法 27
    相葉さんと飲んでマンションに戻ると玄関に大野さん以外の靴が揃えて並んでて、誰か来客かなってリビングに向かうと、なんとあの知念君だった。和「た、ただいま…」智「あ、お帰り。早かったね。」和「う、うん…」早かったら悪いわけ?俺はちょっと不服そう…12月09日 18時20分
  • 指先の魔法 26
    雅「あ、ニノ、こっち、こっち!」和「ゴメンね。待った?」雅「ううん、そうでもないよ。 まぁ、座れよ。」和「話って…?」雅「そう、慌てなさんなよ。 ニノは何飲む?ビール?」和「うん…」雅「すみませーん。生を一つお願いします。 …食べ物は適当に…12月08日 15時30分
  • 指先の魔法 25
    はぁっ…駄目だ。全然眠れない。ベッドに横になって目を瞑っても、浮かんでくるのは大野さんと交わしたキスの事ばかり。何度も何度も寝返りをうっては深い溜息をつく俺…そうしてるうちに長い夜は明けてとうとう一睡も出来ないうちに朝になってしまった。マズ…12月07日 21時30分
  • 指先の魔法 24
    んっ、んんっ…酔い潰れていると思ってた大野さんが俺にいきなり覆いかぶさってキスをした。大野さんのキスは鼻から抜ける吐息はアルコールの匂いが混じった酔っ払いのキス。だけど今は、例え酔っていようがそれがお芝居だろうとなんだろうと俺は全然構わない…12月07日 02時10分
  • 指先の魔法 23
    ん?待ってよ?俺に嫌われたくないからそんな事出来ないって思ってるの?それって、言い返せば実は大野さんも俺の事意識してるってこと?何だよ。だったら戸惑うことないのに。じれったいな。どうしよ…こんなチャンス、なかなか巡ってこないかも。でも、なん…12月05日 21時30分
  • 指先の魔法 22
    マンションに戻った俺達は買って来た食材で夕飯の鍋の準備を始めた。さっきの部長と瑞穂の話には全く触れないで俺に気を使ってくれてるのが分かる。和「俺、何すればいいです?」智「しないんだっけ?料理…」和「しませんね…。普段は外食とか コンビニ弁当…12月04日 19時00分
  • 指先の魔法 21
    そして、夕飯を一緒に作って食べようという事になり、俺と大野さんは、近所のスーパーまで食材の買出しに出掛けた。俺は出来るだけ大野さんが俺の事を意識してくれるようになるだけくっ付いてみたり甘えるように話し掛けたり…色々頑張ってはみるんだけど大野…12月04日 00時30分
  • まだ見ぬ世界へ 26
    そして、予定日よりも2日早く陣痛が始まった。リーダーには電話していよいよ産まれるってことを伝えると、夜中にも関わらずタクシーを飛ばして病院に駆けつけてくれた。智「ニノ!大丈夫か?」和「あっ、リーダー。 ゴメンね…寝てたのに…」智「なに言って…12月03日 21時00分
  • 指先の魔法 20
    大野さんの顔がゆっくりと俺に近付いてくる…もう、顔の全体が見えなくなるほど近くなって、俺は自然に目を閉じていた。だけど…幾ら待っててもその唇は俺に触れようとしない。 何?どーした?しないの?俺は完全に受身の体勢を整えてた。じれったささえ感じ…12月02日 23時00分
  • 指先の魔法 19
    俺が居ると話が出来ないと言われ自分の部屋に戻ったものの大野さんと知念君が一体どんな話をしてるのか気になって仕方なかった。少しだけ部屋のドアを開けて様子を伺ってみると何やら、大野さんに知念君が泣きながら責め立てているようだ。話の内容までは分か…12月02日 01時59分
  • 指先の魔法 18
    そんな事が有ってから1週間後、俺は松本さんがイタリアに行く日から大野さんのアシスタントとして雇われる事になった。アシスタントの仕事は時間的に不規則な事も有るって聞いて俺は松本さんに言われた通り留守の間はゲストルームで生活するって事になった。…12月01日 12時30分
  • 指先の魔法 17
    ゴソゴソ……ん?あ…起きたのかな?ゴソゴソと布団の中で俺の腰を撫で回す。なっ、何してんだろ?俺は寝てるフリをしてたけどさすがにその撫で回す大野さんの手がいい加減、お尻にまで及んでるから俺は、パチリと目を開けて見上げると俺のことを抱き枕のよう…11月30日 14時00分
  • まだ見ぬ世界へ 25
    智「あのさ、おいらのこと信用出来ないの?」和「勿論、信用してますよ。 だけど、これ実際あなたホテルに 行ってますよね?」智「うん…行った。行ったのは確かだけど。」和「やっぱり行ったんじゃん。 何で黙ってたの? 言わなきゃバレないから?」智「…11月29日 14時00分
  • 指先の魔法 16
    俺は大野さんの自宅のゲストルームで転倒し再び怪我を負ってしまった。裸にはならなかったけど大野さんとベッドの上で手を繋いで仰向けに寝てる…普通に考えたら可笑しな光景だ。和「あ、あの…」智「ゴメンな、俺のせいで…こんな事に。 でも、大丈夫だから…11月28日 17時00分
  • 指先の魔法 15
    結局、俺はその夜松本さんが振舞ってくれたすきやきを腹一杯ご馳走になり、勧められるままに酒も飲んでちょっとだけほろ酔いになった。今日は大野さんの特殊な力の話を聞かせて貰うことが目的だったんだけど話の流れで仕事までお世話になることになりまさにこ…11月27日 20時00分
  • Surprise Present 後編
    雅「もしもし、ニノ?着いたよ。 時間が無いから直ぐに出てきて!」和「マジかよ?俺行かないって言ってるのに…」雅「パーティ会場に連れてくなんて 誰も言ってないでしょ。 いいから、早く!」和「分かったよ…面倒臭いなぁ。」 相葉さんは悪い人じゃな…11月26日 23時00分
  • Surprise Present 前編
    本日は自担の37回目のお誕生日ということで…通常のお話はお休みさせて頂き昨年と同様に『Happy Birthday祭りでぃ2017』と題して特別企画なお話を描いてみたいと勝手に思ってますといいましても…思いつきなんで、たいした事ないかもです…11月26日 16時00分
  • 指先の魔法 14
    夕方から松本って人が夕食のすきやきの準備を始めた。自分に構わず、話を続けてくれって言ってくれたけど、怪我を治すのに、何故裸にする必要あるのかって話題はさすがに人に聞かれたくないからその話は中断したままだった。和「アシスタントって?」智「ああ…11月25日 10時00分
  • まだ見ぬ世界へ 24
    その週刊誌はかなりデカデカと見出しを付けて3頁にも及ぶ記事を掲載していた。和「なっ、何、これ?」姉「智ったら、何やってんのよ。」和「いや、これはガセですよ。 だって、あの人、外泊なんて 俺に黙ってしたことないもの。 俺も子供も居るのに 誰と…11月24日 15時30分
  • 指先の魔法 13
    俺は大野さんに会社を辞めた事情を話して聞かせた。俺の事知ってるといってもあの事故以降に起きた出来事に関しては全然分からないらしい。俺に触れた瞬間から過去の記憶は分かるみたい。普段の俺なら自分からプライベートな事をペラペラ話すって珍しいことだ…11月23日 20時30分
  • まだ見ぬ世界へ 23
    出産予定日まで1ヶ月を切った。今回は裕也のときみたいに緊急事態なんてことにならないようにかなり、用心してたけど念には念を入れて俺は今日から早目の入院をする事になった。裕也は歩きもお喋りもシッカリしてきてもう直ぐお兄ちゃんになるなんてことはま…11月22日 13時00分
  • 指先の魔法 12
    和「そ、そんなに笑わなくても…」智「あはははっ…ご、ゴメン…だって…」和「だって、一緒に暮らしてるんでしょ? しかもあの人、俺を見てヤキモチ妬いてた。 誰がどうみたってそういうことでしょ?」智「ふふふっ…気になる?」和「えっ?やっ、そんなん…11月21日 17時00分
  • 指先の魔法 11
    そして、その翌日…俺は約束通り、大野さんとの待ち合わせ場所に向かった。駅の出口付近に着くと俺より先に大野さんが待ってて寒そうに身を縮めて立っていた。俺は車を彼の目の前に停めた。パワーウィンドウを降ろして運転席から、そのまま俺は大野さんを呼ん…11月20日 17時30分
  • 指先の魔法 10
    雅「ねえ、お会計あの人払ってくれてるよ。 ニノ、ちゃんと御礼の電話しといてね。 さっき、携帯の番号聞いてたよね?」和「えっ…うん…」雅「奢って貰って、知らん顔も出来ないでしょ? 俺からも宜しく伝えておいて。 俺、仕事戻らなきゃ…また連絡する…11月19日 23時10分
  • 指先の魔法 9
    えっ…俺、今シカトされた? 確かにシッカリ目が合った筈なのに。それって…あの人、この俺に対して疾しい事が有るって証拠だよな。うそ…俺、気絶してる間にあの人に一体何をされたっていうの?俺はそれを考えた途端に恐怖を感じて、逃げるように相葉さんの…11月19日 09時00分
  • 魔法の指先 8
    べつに隠れる必要ないんだけどどうも、あの時の状況説明不足ってのが引っ掛かってて…この先関わんないならいいってあの人が言ってたわけだし…携帯の番号だって教えてくれなかったんだ。まぁ、無理にこっちから声掛けなくても、向こうが俺に気付いて、声掛け…11月18日 09時00分
  • 指先の魔法 7
    恋人の瑞穂からプロポーズを断られた俺は、自宅に戻って辞表を書いてひたすら酒を飲んで酔い潰れて眠った。次の日、出社した俺は真っ直ぐ部長のデスクを目指してた。和「おはようございます。」部「ん?ああ、おはよう…」和「部長、これを…」俺は部長の目の…11月17日 14時55分
  • 指先の魔法 6
    次の日、俺と相葉さんは早速ミーティングルーム に来るようにと部長から呼び出される。雅「いいか、とにかく謝り倒すんだ。 もう、それしか俺達にここで 生き残る手段は無いんだぞ!」和「オーバーだな…」雅「オーバーなもんか。何を言われても すみませ…11月17日 09時00分
  • まだ見ぬ世界へ 22
    医「二宮さん、お腹の赤ちゃんは とても順調に育ってますよ。 そろそろお仕事の方は控えて頂かないと 一人目の時の様に、どんな事態が 起きるかも分かりませんからね。」和「もう7ヶ月目ですもんね。 今回、あまりつわりもなかったし お腹もさほど目立…11月17日 00時00分
  • 指先の魔法 5
    雅「ナイスショット! 流石は社長〜お見事なスイングですね〜」社「うん、今のはなかなか自分でも イイ感じに飛んだなぁ…」雅「ここまで2アンダーだなんて、 もうプロの方とご一緒させて 頂いてるみたいで、光栄ですよ。」社「はははっ…君もうまいこと…11月16日 15時00分
  • 指先の魔法 4
    そして翌日、俺は通常通り会社に出社した。雅「おはよ。ニノ、お互い無事で良かったな。 俺、暫く空港でおまえのこと探したんだよ。 全然電話も通じないし、てっきり 病院に運ばれたんだって思ってた。」和「あ、そうそう…相葉さん。 俺さ、着陸した時っ…11月15日 23時30分
  • 指先の魔法 3
    東京都内の高級ホテルの一室を出て食事に行こうと俺を誘いさっさと俺の前を歩き出す。ここらの地理に詳しいとみえ何も悩むことなく1軒の料理店を目指して歩いてく。 そして、何ともレトロな風潮のカレー屋に連れてこられた。店の外にまで、旨そうなカレーの…11月15日 17時00分
  • 指先の魔法 2
    意識が回復して、目を開くと俺はどうやら何処かのホテルの一室のベッドの上に寝かされててしかも真っ裸の状態で俺の隣には…確かさっき飛行機の後部座席に座ってたあの男性が、やっぱり裸で俺と手を繋いで目を閉じて眠ってた。俺はその可笑しな状況に驚いて、…11月14日 22時00分
  • 指先の魔法 1
    ***はじめに***何時もご愛読頂き、有難うございます。まずは、ニノちゃん紅白白組司会の内定おめでとうございます当初、智君とか翔君が噂されてたからギリギリまで二人のどちらかかな?と予想していたので、ちょっと驚いちゃいましたがニノちゃんなら安…11月14日 15時00分
  • まだ見ぬ世界へ 21
    二人目を妊娠して5ヶ月目…まだその頃は、俺のお腹もさほどは目立ってなくて、仕事も激しい運動みたいな事は避けて レコーディングとか、スチール撮影とか前倒しで出来る仕事をとにかくぎゅうぎゅう詰めのスケジュールでこなしてた。そんな中、ショックなこ…11月13日 16時00分
  • まだ見ぬ世界へ 20
    俺が貧血で倒れたことで二人目を妊娠していることが分かったんだけど 、今回は裕也のときと違ってつわりの症状も無かったから自分でもまったく気付かなかっただけにその驚きと嬉しさといったら言葉では表現出来ない程のものだった。智「ホント、良かったな。…11月10日 09時00分
  • お話のあとがき
    いつも拙い私のお話を読んで下さり有難うございます 画像を取り払ってからも引き続き沢山の方に読んで頂きまして大変、感無量でございます「まだ見ぬ世界へ」と平行してお届けした「月見草純愛日記」いかがでしたでしょうか?月見草・・・の方がサクサクと進…11月08日 18時30分
  • 月見草純愛日記 45(最終話)
    その翌日、俺達は風磨の案内でその火事の現場へと向かった。風「ここが話してた現場ですよ。」そこは屋敷の骨組みすら残っていないほど全焼してしまった、見るも無残な光景だった。翔「ここに、本当に和君が居たのかな?」智「和が本当にここで焼死してるなら…11月08日 18時00分
  • 月見草純愛日記 44
    俺と翔君は知り合いから馬を借りて水戸へと向かった。水戸には翔君の親戚が住んでるらしく和也の手掛かりが分かるまではそこに寝泊りさせて貰うことになった。水戸に辿り着いたのは日暮れ近くだったので俺達はとりあえず、その親戚の家に直行した。翔「智君、…11月07日 21時10分
  • 月見草純愛日記 43
    和也が自害したと聞かされた俺はどうしてもまだ納得出来ないでいた。だけど、その翌日、再び上様の遣いの侍が和也の遺品を持って、相葉君の家にやって来た。その遺品は、和也が着ていた着物やあの守り札やお気に入りだったけん玉とかだ。そして、和也が書いた…11月07日 08時00分
  • 月見草純愛日記 42
    和也が姿を消してから俺は和也からの手紙を待つ為に実家から毎日、寺へ通い詰めた。だけど、待てども待てども愛しい人からの手紙は届くことはなく俺の苛立は募るばかりだった。かといって、水戸までむやみに和也を追い掛けて行ったとしても何処を目指していけ…11月06日 12時30分
  • 月見草純愛日記 41
    和也が俺の前から又姿を消した。和也の身に何が起きたというのか全く見当がつかない俺はとにかく、相葉君なら何か手掛かりになる事を知ってるかもしれないと相葉君の帰りを待った。夕餉の食材を買出しに行っていた相葉君が戻って来たのが夕方近くだった。智「…11月05日 21時05分
  • まだ見ぬ世界へ 19
    結局、妊娠検査薬は反応が出なくてあっという間に1ヶ月が過ぎていった。とにかく俺達はやれるだけのことはやった。実家と元の家の往復も大変だったし正直どちらも寝不足になるくらいこの1ヶ月は頑張ったと思う。これで二人目妊娠してなかったらもう、きっぱ…11月05日 00時05分
  • 月見草純愛日記 40
    母親が倒れたと聞いた俺は和也のもとに帰れなくなってしまいその日は仕方なく実家に泊まることにした。父「智、ちょっと来なさい。」俺は親父に呼ばれた。父「ちょっと、そこに座れ…」どうせまた、説教でも始まるんだろうと腹を括って構えていたんだけど意外…11月04日 14時00分
  • 月見草純愛日記 39
    side kazu智のお母さんが病に倒れたと知り俺との関係とか話している場合じゃないと察して、即座に寺に引き返す事にした。おばさんの病はきっと智が家出した事からの心労だ。そこに持って来て、俺と関係を持ってしまった。…なんてことを聞かされたら…11月04日 00時20分
  • 月見草純愛日記 38
    咄嗟な俺の決断で、俺は和也を連れて実家に戻り両親を説得して二人の関係を認めて貰うことにした。立会人として、居てくれた方が助かるだろうと、翔君と茜にも着いて来て貰う事にした。和「ねえ?確かにさ 実家に帰るようには勧めたけど どうして俺達まで連…11月02日 16時00分
  • まだ見ぬ世界へ 18
    俺とリーダーの二人目の子作りの為の限定1ヶ月が始まった。最初の1週間くらいは大好きな人と愛し合うのは勿論嫌な事じゃないから普通に、順調にいってたんだけどさすがにそれ以降は完全に受身の俺が疲れてしまってて少し愚痴っぽくなり始めてた。その日も、…11月02日 11時30分
  • 月見草純愛日記 37
    翌朝…布団中で和の温もりを抱き締めて心地良く眠っていた俺は襖の向こうから聞こえた相葉君の呼ぶ声で目を覚ました。相「大野さぁん、起きてる? 大野さんにお客さんだけど…」智「え?おいらに…?」あ、まさか茜が母ちゃんにここを教えたとか?智「だ、誰…11月01日 14時30分